2014年9月11日木曜日

ふぃーりんぐす ケータイのメモに残された手がかり(落書き)


以下 文章にすることを放棄した者のつぶやき

議題 生きるために食べるのか食べるために生きるのか

好ましい

人と話すという行為

ひとりで思索にふける朝、昼、夜

冷房の効いた部屋で深夜までテレビを見る

角を曲がると

目の前で泣いている少女

どうやって笑わせる

目の前に立ちはだかるディフェンス

どうやってゴールを決める

思ってたより未熟な20歳

閉鎖的なコミュニティ

溜め込むストレス

投げ続ける49歳

球界のレジェンド

回る続けるコマ(映画インセプションより)

走り続けるプレイヤー

食べ続ける兄

親の偉大さ

自信は失わずに、だけど

謙虚に、謙虚に、謙虚に

ときには大胆に









今日は夜風が気持ちいい  もう少し走ろう

昔通っていた小学校

家に帰ったらすぐにボールを持って校庭へ

ひとりでひたすら左足の練習をした日
金属の味がする水道
サッカーと出会った場所

あの頃のような純粋な気持ちでボールを蹴りたい(なんてことは言わない)

思ってもない


帰りの電車
疲れて座った僕の前に立つ一組の男女

女 「男さん、筋肉すごいですね」
男 「まあ毎日腹筋300回やってるからね」
女 「え!300回も!すごー 僕 「DLじゃないか」
男女 「……え?」
 
僕 「それじゃまるでDLじゃないか」

Bチームの役割
Aチームで闘えないと判断された者
Cチームでは敵なしの者

みんなそれぞれに背景を持つ

なぜア式にいるか

なぜ生きているか

風がまだ(僕の中で)吹いているから

生きねばならぬ 蹴らねばならぬ

病床六尺を寝床六尺で読む

冒頭 
病床六尺、これが我世界である。しかもこの六尺が余には広すぎるのである。

我世界のピッチも余には広すぎる

自己満足のふぃーりんぐす

自己満足のプレー

方法論

ある歌の歌詞

「ドデカイ 嘘をつきとおすならそれは本当になる」

関東昇格?一部残留?レギュラー?日本代表?Jリーガー?

どんな嘘をつきとおそうか

どんな嘘をつきとおすかも決まっていない

以上

質問、意見、感想等あれば 二年 山田郁也 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿