2014年9月22日月曜日

ア式に恋して。

部員がサッカーに打ち込む姿に入れこんで、3年半。みんなのサッカー歴と比べたらまだまだだけど、私のア式生活もようやく最後を迎えようとしている。
まだリーグ戦の途中だし、達成感もなにもないけど一応最後のフィーリングスなので最後っぽくまとめます。笑

もともと私にはスタッフの同期が他に4人いた。1人減り2人減り、この間一足先にもう1人が引退してついに2人になってしまった。
最後まで残ったえりには色々助けてもらっていた。入部当初は私がトレーナーで彼女がマネージャー、仕事がかぶることがなく衝突せずにそれぞれの分野でお互いを補い合ってこれた。(京大戦で引退してしまったけど、同じトレーナーだった愛とは割とよくけんかした、実は入部して直後もけんかした笑)
全く違うタイプだからこそここまで平和にやってこれたのかもしれない。自分が気付けなかったところはフォローしてくれたし、自分しかできないと思ったら迷わず行動した。まさに補い合っていたという言葉がピッタリくる関係だと思う。

ア式の中にいると、この人には絶対適わないな、と感じることが多くあった。この人相手に私なんかにできることはあるんだろうか、、と。例えば前主将の添田君。有名進学校出身、名門チーム所属、東大現役合格、1年の時からAチーム、経済学部進学、、、経歴だけみても超一流企業が欲しがる人材に違いない。絶対勝てない。(しかも大学在学中はサッカーに集中するためストイックにも彼女を作らない。)
そんな人を前にすると私は萎縮してしまった。私なんかがサポートしなくても、1人でなんでも出来ちゃうし、むしろ足を引っ張ってしまうのでは、、他大学のスタッフがいることで、対戦相手から「インカレサークルなの?」と言われて悔しい思いをしたこともあった。下級生の時はできることが少なかったから特に悩んだ。

そんな私に転機が訪れたのは、3年の時から最上級生として頑張ってくれていたトレーナーの先輩が引退してからだった。体制変更でそれまでもATという役職がなくなり、いままでできなかったマネージャー業をするようになった。同時に、学生トレーナーとしてテーピングやリハビリで頼られる場面も増えた。先輩がそれまで培ってきた信頼のお下がりだったけど、チャンスにはなった。先輩が引退してやっと、自分がいままでやらなければいけなかったことに気付き、出来ていなかったことに気がついた。そして自分が萎縮してしまっていた理由がわかった。ア式には自分に自信のない、自信をつけるための努力をすることから逃げてしまうスタッフなんて必要なかったのだ。
スタッフだって一緒に戦ったっていいじゃないか。内側から盛り上げてみよう。そう意識することにした。

前振りが長くなってしまったけど、私はみんなにできないことをやっている。オフザピッチでの選手の負担を補うことができる。その代わり私は頑張るモチベーションを選手からもらっている。最高にドキドキするのは公式戦だけど、その試合に出るために毎日自主練を頑張る人、ケガを治すためにリハビリを頑張る人や、チームを盛り上げようと声を出す人。
それぞれ役割はちがうけど、自分にしかできないことをちゃんとやっているはずだ。

残り1ヶ月、絶対に残留できるように頑張りましょう。


4年 スタッフ 石井 瑞妃

0 件のコメント:

コメントを投稿