2014年10月19日日曜日

夏が終わって秋が来た

秋は個人的に果物を食べたくなる季節。一人暮らしの貧乏生活を始めて果物はあまり買えなくなったので、実家から野菜や果物がおくられてくる友人がとてもうらやましい。秋の季語の中に、「桃」がある。もちろん桃の旬は秋ではなく、6月から9月が旬らしい。桃の味は、栽培技術と環境で決まる。収穫直前の環境が、収穫される桃の糖度に大きく影響するそうだ。収穫前に大雨などの悪い環境になると糖度は上がらず、良い気候に恵まれると糖度が上がる。桃に限らず、環境は生き物に影響を与える。わずかな環境の変化で死に至る生き物もいるため、生存のためにより良い環境を常に追い求めるのが生き物である。
スタッフの主な仕事のひとつは、選手がより良い練習・試合をするためにその環境を整えることだ。試合結果に直接かかわることはできないが、スタッフが作る環境がわずかだとしても何かに影響を与えていると思う。ア式に入ったばかりの頃はピンとこなかった先輩の言葉もようやく理解できるようになったり、一方でまだ自分に多くの課題があることを認識させられて道のりの遠さを感じる日々だが、同時に仕事の重要さを感じている。
糖度の高い桃を育てるには良い環境が求められるように、最高のサッカーが生まれるためにはより良い環境が求められるだろう。穏やかな気候、美味しい空気や水、時には虹!を生み出せるように・・・
それが自分の仕事。

残り2戦、その輝きをみたい!

1年スタッフ  谷口  紗彩

0 件のコメント:

コメントを投稿