2014年10月11日土曜日

爽快感


個人的な話になってしまうが、僕は足が遅い、身長も低い、体重も軽い、身体能力のかけらもない。1vs1も弱い、裏もとられまくる、ヘディングも勝てない、ドリブルも不得意だ。(DFの選手なのに)高校の時の監督に「お前のDFにはあまり期待していない」的なことを言われたことがある。噂によると、僕はT間さんに100回ドリブルで抜かれた男らしい。フィジカルで相手に勝ったことは片手で数えられるくらいしかない(一応2~3回はある、はず)。自分のマークの方が自分より足遅いなと思ったことは一度もない。自分より身長の低い相手が自分のマークの時はどうせ足の速いドリブラー。毎回毎回苦戦を強いられる。だからこそ色々考えながら、工夫を凝らしながら、サッカーをやらなければならない。身体能力では絶対に勝てないからせめて相手よりも頭くらいは使おう、と思っている。


相手の選手が自分のマークしている選手にパスを出そうとしている状況を考えてみる。まず、裏を取られると失点してしまう可能性が高くなるので裏をまずケアする。しかし、ボールホルダーが自分のマークの足元にパスをいれてきたら、インターセプトするかせめてドリブルをさせないくらいの距離まで寄せないとそれはそれでやられてしまう(1vs1が究極的に弱い)。ここで相手との駆け引きが始まる。まず、足が遅いので自分のマークよりも早く動き出さなければ絶対に先にボールをさわることなんかできない。そのために、ボールホルダーと自分のマークの視線や体勢や得意なプレー、味方のプレスの強さ、試合の局面、いろいろなことを考えて細かくポジションを変えなければいけない。この相手との微妙な駆け引きに負けて出足が遅れると確実にやられてしまう。だが、この駆け引きが楽しい。駆け引きに勝って、予想通りのところにボールがきたときの爽快さはたまらない。これがサッカーの楽しいところだと思っている。


もう一つ爽快感を味わえる場面をあげると、オフサイドを取ったときだ。オフサイドを取ったときといっても少し特殊で、右SBにしか味わえないものだ。ボールが逆サイドにあるとき、SBの選手がDFの中でボールから一番遠く、DFラインが一番よく見える。しかも、自分の後ろに味方の選手がいることは少ない。だから自分がラインを操作して相手のFWをオフサイドポジションに陥れることが割と簡単にできる。あとは、「ほら、そこにパス出して!ほら!!出して!!!」と心の中で叫ぶ。予想通りパスが出ると心の中でガッツポーズ。この爽快感は左SBでも味わえるような気もするが、実は味方DFラインの延長に副審が見えるのは右SBだけなのだ。副審の旗があがるあの瞬間がこれまたたまらない(とてもマニアックな話になってしまったが、せめてDFの人だけでもわかってほしい)。


正直今の自分は身体能力でも頭でも相手に劣っていることが多い。まだまだ相手との駆け引きに負けてばっかりだ。自分の思い描いているプレーもなかなかできない。将来的には、身体能力で劣っている分相手を頭で圧倒できるような選手、そんな選手になれたらいいな~と思っている。もちろん体を鍛えることもやっていこうと思っている。


 


明日の大一番、なにがなんでも勝ちましょう。


 


期末試験の成績開示により文章を書くことが下手だと証明された
1年 服部直弘

0 件のコメント:

コメントを投稿