2014年10月9日木曜日

集客の秘訣

昨日ラーメン屋で聞いた話。


店の売り上げを伸ばすにはどうすればいいか。集客力?人件費カット?大量生産?これらをしようと、外部からコンサルティング会社を呼び、そこからマニュアル化したとしても多くの場合、業績は伸びない。その理由は単純だ。それはその土地に合った商品でないからだ。
   商品が売れない売れないと言っても、それは自分自身で売れなくしてるだけであり、ちゃんとその土地にある文化、人、環境に合わせて作れば、自ずと客は集まり、売り上げは伸びる、というのである。

ここで、前者では、本当にお客さんのことを考えて商品を作っているのかが疑わしい、といえるであろう。お客さんの幸せを第一に考えるのならば、外部の人には頼らず、店の周囲の人たちと関わりながら、商品を彼らのために、と思いながらつくるだろう。そして、その思いは必ず客に届き、またこの店に行こう、と彼らは思うようになる。

いま、東大や京大などはオックスフォード大学との交流戦を企画中であるが、この話を参考にしながら、素晴らしい企画をつくり、今後も交流戦が続くようになって欲しい。



最近様々なことを考えています
1年 田中 絃貴

0 件のコメント:

コメントを投稿