2014年11月25日火曜日

世界進出?!

 最近、世の中ではグローバル化が叫ばれている。色々な文化が日本に流入し、世界をより身近に感じることが出来るようになっている。そんな中、その波はとうとうア式にも押し寄せてきている。留学生やPEAK生が相次いでア式に入部してくれたのだ。ニュージーランドから来たかと思えば、スイスからも来て、もう時差ボケで眠くなりそうだ。
 このグローバル化の流れを僕は不安と期待の中で受けとめている。今の1年は何故か普通の学部生なのに、英語がペラペラの奴が多くて、いつしかア式の公用語が英語になるんじゃないか?という不安がある一方で、彼らと積極的にコミュニケーションをとって行けば、ESSに入らずとも、英語の勉強が出来、外国の文化を身近に感じられるのでは?という期待感もある。また、彼らは拙い日本語であっても、積極的にコミュニケーションを取ってくるし、日本のサッカーに適応してくるし、本当にタフで見習うべきところが多くて、長らく日本人で構成されてきたア式に新たな刺激を与え、新たな視点をもたらしてくれるという期待感もある。
 また、さらにリクルーティングの面で言うと、これを機に海外に対しても、ア式をプロモーションしていけば、のちのち、バルセロナのカンテラ出身の留学生など、とんでもないクラブ出身の部員が入ってくるかもしれない。そんな、未来を想像するだけでドキドキしてきてしまう。いずれにせよ、ア式のグローバル化はア式を一つ上のステージに進ませてくれる可能性を秘めているように思える。

1年 山岐豪憲

0 件のコメント:

コメントを投稿