2015年1月22日木曜日

とりあえず前進前提で。

更新が遅れてしまってすみません。
書こう書こうとは思っていたものの、書くことが定まりきらず書くに至らないままずるずると時間がたってしまいました。結局今もとくに定まってはいないので適当に箇条書きで逃げさせてもらいます。


・ 一年の計は元旦にあり
とは言うが、僕は特に元旦に一年の計画を立てることなかった。それは、僕は普段から明確な目標と、それに至るまでの確実なプロセスを常に胸に抱いているからだ、というのは嘘であり、本当は大晦日の遅くまでバイトをしていて年末特有の番組を観なかったために元日も特に歳を越した感じがなかった上に、元日は起きた時点ですでに日は高く、朝と呼べる時間ではなかったためそもそも僕に元旦というものが存在しなかったからだ。とはいえ今年の目標をはっきりとしないままだらっと2015年に入ったところで実のある一年にはなりがたいと思うので、のちにこの場を借りて抱負の表明でもしようかと思う。



 ・ 成人式
先週の月曜は成人の日だったということで、ア式の現役合格の二年と一浪の一年の多くは成人式に参加したことと思う。成人式とは何をする式なのだろうか、僕には参加の経験がないためわからない。なぜ参加しなかったかというと、成人を迎えた年の僕はセンター試験を一週間後に控えた浪人生であり、応援・心配してくれる母親や、教師、友人たちに報いるために予備校で缶詰になって必死こいて勉強していたからだ、というのはいうまでもなく嘘であり、本当は「東大ぐらい余裕」と吹聴していた手前、かつての同級生たちに浪人という肩書のまま会うのがはずかしかったからだ。
その日は予備校に行く、と告げ家を出たのちともに二浪していた悪友たちと予備校の裏手にあった書店兼遊技場で「俺たちは大人になんかならないぞ」と言い合いながらビリヤードに興じていた。ちなみにその書店の名前は「おとなや」である。この友人たちとはビリヤードののち初詣にいき、「アウトローに生きよう」と誓い合った。この誓いを本気で守っているわけではないだろうが、三人ほどいまだに浪人している。先日センター試験を受けていたはずだが、どうだっただろうか。僕は彼らを心から応援しています。



・高校サッカー選手権
今年は久々に高校サッカー選手権の決勝を見ることができた。 残念ながら地元の鹿児島城西高校が早々に負けてしまっていたため決勝以外は見ていなかったが、それを少し後悔してしまうほど面白い試合だった。印象に残ったのは負けた前橋育英のGKだ。あんなパントキックを蹴ることができればGKから攻撃が始められるようになり、もっと試合が楽しくなるだろう。あわよくばパントキックでアシストしたい、というのが半年ほど前までFWだった僕のひそかな野望である。もっとも僕はキックが絶望的に下手でありゴールキックも飛ばないためまだまだ練習が必要なところであるが。


・改めまして今年の目標
だらだらとくだらないことを書いて文字数を稼いできたが、そろそろ目標を表明してこのfeelingsを締めたいと思う。今年は一部昇格のためにチームにたいしてやれることをすべてやっていきたいと思う。一人の選手として、成長すること、具体的にはゴールキックを飛ばす、DF陣に的確な指示を普段の練習からやっていく、ハイボールの処理、最近練習に取り入れられたフットワーク、1対1の技術をものにする、などあげていけば枚挙に暇がないが、ひとつひとうクリアしていきたい。ピッチ外ではデータ班として昨年以上にスカウティングの質を上げたい。feelingsを書くたびに実感することではあるが、気持ちを文字におこすのがとても苦手であるため伝わらない部分も多かろうが、伝わらない部分は行動で示すということで。
まあ、なんにせよ全身全霊で。



今年は年男&厄年
3年 FW→GK 池田濯




0 件のコメント:

コメントを投稿