2015年1月29日木曜日

ダッスンゴレダイ


どうも、ラ行がダ行になっているとよく言われる金瀬です。


まあ別にラ行ってそんなに重要じゃないですし。困らないですよね。

「サッカー」
「ア式」
「一部昇格」
「就活」
「内定」
「単位」
「卒業」

自分のこれから一年のキーワードを挙げてみましたが、ラ行は一文字もありません。

そもそもア式入るまで誰にも指摘されたことないって程度ですから、特に支障はないかと思われます。



くだらない話はさておき、最近いよいよ「就活」の二文字が脳内プレゼンスを高めてきています。
就活っていうと面接が重要ですが、どのようなことを話せばいいのでしょうか。

手元の就活本によると、
・自己PR
→「真面目さと根気ならだれにも負けません!」的なやつですかね。どことなく薄っぺらい。

・大学で頑張ったこと
→サッカーしかやってきていない(と自分では思っています)ここまでの大学生活の一体何を語れというのでしょうか。



まあここらへんのことは追々考えるとして、そもそも企業が求める能力ってなんでしょう。

手元の就活本によると、

・パーソナリティ
・コンピテンシー
・モチベーション

だそうです。とりあえず横文字が流行ってるみたいです。

和訳する限りでは、品行方正で仕事ができてやる気のある人がいいとのこと。

身もふたもない言い方をすれば、そのような人材であると企業に思わせることが重要ということです。

限られた面接時間のなかでそのようなことが可能なのか、正直よくわかりません。



まあそこらへんのことも追々考えるとしましょう。


・企業から必要とされる人間であること
・その企業が自分の能力を発揮できる場所であること

結局はこの2つかな、と思っております。




このようなことを考える中で、自分にとっては「必要とされる」ということが思いのほか大きな意味をもっているのだと気づかされる。

組織・集団において必要とされる限りは、他者から自分の存在意義を肯定されている。
存在を肯定されることにより安心感を得るとともに、新たな責任を負う。


責任というと「重荷・負担」といったマイナスイメージを持たれがちだが、責任は前に進んでいく糧でもあると個人的に思っている。

大きな仕事・重要な役割を任されたとき、使命感にも似た感情に突き動かされた経験は多くの人にあると思うが、根底にあるのは必要とされることで生じる責任である。

「立場が人を変える」という言葉は、このことを端的に示している。

主将、メンバー、各役職の責任者、最上級生

このような責任ある立場におかれることで、未知のエネルギーが内側から湧きあがってくる。それを糧に前進し、周囲を巻き込んでいく。



このような、必要とされることで得られるエネルギーが自分の中で大きな割合を占めていると感じる。
元々持っているエネルギーから置き換わったのではなく、単純にエネルギーの総量が増した、ということ。
(例えるなら、もう目一杯だと思っていた容器の中に隠れた大きな隙間があって、そこが満たされた状態)


このように言うと、「自分で自分を最大限追い込めないやつ」だと思われるかもしれない。

まったくその通り。金瀬はそういうやつなのである。

少なからず責任ある立場・状況におかれて初めて、最大限のキャパシィを発揮する人間なのである。

「自分で自分を最大限追い込む」

これができるのは、本当にすごいことだ。ア式に入ってからの3年間、これができている(と金瀬が思っている)人は何人かいて、その人たちは皆、学年関係なく尊敬に値すると思う。



他人の評価なんて気にしない、がむしゃらに頑張る、自分で自分を信じて前に進む、

これらは理想的な在り方であり、こうなりたいと思ってきた。

大学に入ったときは、頑張ること・自分を追い込むことには多少の自信を持っていた。
少なくとも高校まで自分がいた集団においてはそうだったし、周囲からもその点(だけ?)は評価されていたと思う。

ア式に入ってしばらくすると、その自信はどこかに消え去っていた。
自分よりもサッカー好きで上手くなることに貪欲である、と感じる人間は同期に限っても多くいた。

ア式とはそういう集団なのだと悟ったし、そこに所属してサッカーをする環境を享受する以上は自分もそうでなければ、というプレッシャーを感じた。

そのプレッシャーに尻を叩かれながらここまでやってきたのだと思う。本当にしょうもないやつである。

でもそうしてやってきた積み重ねの上に今の自分にあるのだから、それ自体は無駄ではなかったと、途中で辞めなくて本当によかったと思う。



自分で自分を最大限追い込める人間だけが、ア式にいるわけではない。彼らを遠く感じて、自分との間に線引きをしてしまう人間だっているかもしれない。

そうした人間を巻き込んで、背中を押していく立場におかれているのだと感じている(自意識過剰ですかね)


まあ偉そうなことを書きましたが、必要とされていることの責任に見合った行動をせよ、という自戒も込めております。
こうして目に見える形で残しておくことでまた責任が生じていくのかな、と。


責任をエネルギーに変えていきましょう。(←まとめのつもり)




意外と人前でしゃべるのは得意

新4年 GK  金瀬 宇彦(「たかひこ」です。「うひこ」じゃないよ、一応)

0 件のコメント:

コメントを投稿