2015年2月16日月曜日

この1年

最近同期の選手やスタッフの先輩がア式を去ってしまったり、高校の後輩や浪人中の友人が大学に合格した報告を受けたりして、新しい季節がまもなくやってくることを実感させられます。もう1年がたとうとしているんですね。
昨年の今頃は、正直春から東京で大学生しているなんて想像していませんでした。実家から通える大学はたくさんありましたが、自分の学びたいことを追究するためにやっと夢をかなえたのに、実際にはそこに厚い壁があって、消化しきれないことが多く存在して、時には演奏や技術を否定されて涙目になって家に帰ったり・・・、果たして自分はここにきてよかったのだろうかと考えることがあります。高望みであったことを現実のものとしてしまったのかもしれないと感じます。それゆえひどい現実をつきつけられることは多いですが、一方でその恩恵も多いことは事実です。だからこそ、がんばることができます。
贅沢な悩みをもてるのも、好きなことを追究できるのも、意識の高い方々に刺激をもらえるのも今のうちかもしれません。そして同様に、文武両道、ア式で仕事ができる人になることも、美しい女性になることも、高望みではなくて現実にします。がんばります。




新2年スタッフ    谷口    紗彩

0 件のコメント:

コメントを投稿