2015年3月4日水曜日

強いチーム

俺はとてもアマチュアな人間である。
目標から逆算して毎日を律することは苦手だし、
辛いことがあるとすぐに力を抜いてしまう。
チームメイトの多くを自分より上手いなあと思っているし、
あーすごいメンタリティだなと思っている。

そもそもあんまり勝負事が好きではない。
新宿よりも高円寺が好きだし、
パンクよりもクラシック音楽が好きだ。
辛いマラソンよりも日向ぼっこをしながら本を読んだほうが良いに決まってる。

勝ち負けや強弱が決まるものよりも、
多様な価値観や美しさを大切にしたい。


でもサッカーをやっている。
上手い・下手。強い・弱い。
そこには解釈の違いなんて存在しない。
じゃあなんでサッカーをやってるかなんて考えたことないし
別に答えを出す必要もないからね。 

自分にはとても不満がある。
もっと背が大きかったら、もっと足が速かったら、良かったなと思う。
まあそんなこと言ってもしょうがないんですけどね。

本当に徒然なるままに書いているので、まとまりがない。
わかりにくくて申し訳ない。
感情なんてものは整理した時点で感情ではないので。


初めに言った通り俺は考え方がアマチュアである。
主将や副将、フロントの言う理念や考え方が全く納得できないこともとても多い。

ミスしても良くね?とか、本当に普通に思っている。

だから息苦しい。
プロフェッショナルであろうとする人の基準、
プロフェッショナルなチームにしようとしている人の基準、
そういうのが息苦しい。
だってプロじゃねえし、俺。


ただチームとしてもっと強くありたい。今日のチームが昨日のチームより少しでも「強くて」、「良い」チームであるようにしたい。

やらなければいけないことはたくさんある。
相手の分析、運営、他にも色々。
でもまずは自分たちのチームをソリッドなものにすることだ。
他のチームと比較するとか、去年はこうだったとか、東大は毎年こうだからとか、本当にいい選手はこれもしてあれもしてとか。
飛びつきやすいけどナンセンスだ。
普段口から出まかせばかり言いすぎてあまり信じてもらえないかもしれないけど、
少なくとも「今の」俺は、チームメイトと信頼し合いながら戦うことが一番大事だと思っている。

実力がないやつは信頼できない、って思ったそこの君。
君はプロの世界でやれるメンタリティの持ち主。おめでとう。
昨日のミスが今日一個でも減ってると思ったら評価してやればいいじゃないか。
ロナウドはベイルが嫌いと聞くけれど、
そんなの絶対に嫌だね。

たとえミスが許せなくても、
一個下の階段に降りて対処できるか、
たとえ信頼できなくても、
相手に信頼してもらえる態度をとれるか、
たとえ自分の基準が高くても、
チームメイトの基準に考えを及ばせているか、

その上で、共に助け合いながら高みを目指せるか(最重要)






最近とても信頼しているC君が読んでいた本を俺も読んだ。
「強い」ってのは、「速い」とも「力がある」とも違う、と書いてあった。

今の俺たちにとって、強いってのはどういうことだろうか。
東大の攻撃ってぶあち~よな、
東大の守備ってかて~よな、
あいつのドリブルがとまんね~んだよな、
お~あいつ光るセンスがあるね、

違うでしょうよ、そらぁ。
東大、なんか、めっちゃ、、、、、、「つえぇ」
こういう感じだろ。アトレティコ・マドリーみたいな感じ。
 

俺たちはみんなファミリー。チームメイトは兄弟。
そんなチームと戦いたくなくね?
そんなチームで戦いたくね?

きつい時に、チームメイトのために走りたいと思えるチームでリーグ戦いたくね?
自分の得点が、11人いや90人のものだと思えたらよくね?
新4年生は特に最後のシーズン、このチームの一員だったことを誇れるような集団をつくりたくね?


もう一度考える必要がある。
良いチーム、強いチームとは。
リーグ戦で勝てるかどうか、ではなく、勝つに本当に値するか。



とても恥ずかしいが、俺はこのチームが好きだし、チームメイトを信頼している。
どんな状況でも、裏切らないし、常に味方に立つ。
家族と同じ。






そんなチームを作りたい。
  


新4年   坂本晋悟

0 件のコメント:

コメントを投稿