2015年3月29日日曜日

考えること


プレー中に何を考えているのか。
考えて闘うことがア式の哲学であるが実際に試合中にいつ何を考えているのだろうか。掘り下げていけばどこまでもややこしくなる気もする...ので、まあなんとなくプレー中の考えることから判断ミスについての雑感。

まず何を考えてプレーしているのかということ。もちろんプレー中に夕飯のことだとか実験のレポートのことだとか気になるあの子のことだとか超弦理論のことだとか...を考えているわけではない。(実際にはたまにそういうことを考えているときもある。が、そういう時はたいていその'冷静さ'や'余裕'でうまくプレーできている。) そうではなくて、プレー中に考えていることは、どこでボールを受けるかいつ動きだすかどんなパスやシュートをするかといったこと。もう少しマクロな視点では、チームとしてボールをどう動かしてゴールに迫るか、試合の流れを読んでどう試合を運んでいくかということなどかな。

ワンプレーに関してもう少し列挙すると
味方、スペースを考慮したポジショニング
動きだすタイミング
受けてからパスまでのボールタッチ
相手の逆を取るためのフェイント
次にパスを出す相手
パスの質
...

いつも全てを考えているわけではないしこれだけでもないと思うけどだいたいこんな感じか。もしかしたらとワンプレーに関しては考えているというより感覚的にプレーするのに近いかもしれない。オフ・ザ・ボールの時に次のプレーの構想をすることはできてもオン・ザ・ボールの時にはあれこれ考えている時間はあまりないことが多いと思う。そういう意味でワンプレーに関してベターなプレーを選択できなかった時は感覚的にうまくないなと思ってしまう。

オン・ザ・ボールの短時間のなかでより良いプレーをするためには頭でプレーするよりは反射的に体を動かさなければいけない。誰もが外から見てればミスだと思う判断ミスもいざピッチでプレーしている人からすればそのミスを上手く避けられなかったりする。その要因の一つがその感覚的な下手さかなと思う。レベルの高い人がするセオリーのようなプレーができないことに起因するとでも言えるかな...  他のミスの要因には、周りが見えていないこと、さらに一つ先のプレーを予測できていないことなどがあると思う。後者についてもよく思うことだけど、自分のプレーがあたかも'成功'しているように見えても、次のプレーヤーが困るようなパスであったり、ベターなプレーを逃してあんぱいなプレーをしていることが多い気がする。これについては判断ミスなのにミスだと認識できないことが多いからタチが悪い。少しマクロな視点も必要だけれど、そこに出したら詰まる、という認識が少し弱いのかなと思う...


何を書きたかったというと本当はプレー中における「考える」ことについてもっと考察したかった、けど上手くまとめられなかったのでみなさん考察して言語化してみてください。あとは「考える」ということをテーマに掲げている以上は判断によるミスをもっと減らさないと技術ミスをカバーできないよということですかね。


もうそろそろピッチに戻ります
新3年 酒井加里武






























0 件のコメント:

コメントを投稿