2015年7月2日木曜日

最後の小言

皆さんオフ満喫してると思います。文章にするのに大分時間がかかってしまいました…投稿遅れてごめんなさい。


前期リーグをもって、スタッフは一足先に幹部代を3年生にバトンタッチすることにしました。


…引退まで時間がない。そんな焦りと心配もあって、ここ最近後輩達には、口を開けばあーだこーだと口うるさく小言ばかり言ってしまっていた。
とやかく言い続けることは、やっぱりしんどい。そして何より、後輩達自身で考える機会を奪ってるんじゃないか…等色々考えることもあって、布施と少し早めの代替わりを決めた。(もちろん丸投げは絶対しない)


今、思うこと。


4年には4年分の経験と思いがある。
でもそれは後輩達も同じで、
3年生には3年分の、2年生には2年分の経験と思いがある。年月の差はあれども、どれも等しく尊いものだ。
…頭では分かっていても、いつの間にか、ミスなくやる事を優先して下級生の事を信頼して任せきれていない所があった。結局の所、自分達のミスとなることが怖いという気持ちがあったことも否めない。反省。
下級生が上手く出来ないのは当たり前だ。どんどん失敗していい。たくさん挑戦して、失敗して学んで、成長していければいい。責任は上が持つから。責任が持てるだけの度量を身に着けていたい。


あともう一つ。
怖い先輩って、皆多分いるよね。
私にも怖いなって先輩はいた。
でも怖いから何??
その人に認めさせるぐらい、自分がやればいいだけ。人に厳しい人は自分にも厳しい人かもしれないよ。よく見て学べる所は学んで、ちょっとな…って所は反面教師にすればいい。拒絶した時点で何も吸収できなくなる。
全部、自分の糧に変えていけると思う。


話してみたら、意外と不器用だったり実は優しかったり、熱い想い持ってたり…そんな面が見えたりするかも。その人の本質を見逃さないようにしていけたらいいよね…!
だからコミュニケーションってすごく大事だと思う。(そういう私は選手に対して、圧倒的に足りてないって実感してます。今からでも遅くないかな…頑張ります。笑)


なんか偉そうなこと言ってるけど、自分は布施に引っ張られて押し上げられてきた未熟者だ。
本当はfeelingsに反省なんて書いてる場合じゃない。残り僅か、精進します。


なんだかんだ言っても、スタッフの後輩はやっぱり無条件に可愛いんです。大好きです、本当に。
来週からまたよろしくお願いします。


4年スタッフ 奥田紗季

0 件のコメント:

コメントを投稿