2015年8月25日火曜日

Hic Rhodos, hic salta!


ある男は言いました。




後ろを振り返るなよ

努力したとか

頑張ったとか

口にするな

今の自分見せてみろ

Hic Rhodos, hic salta!





“今”出来なければ、それまでの努力なんて何の意味もないし、過去の成果なんて関係ない。

残酷なようですが、これが現実だと思います。

結果が出て初めて、過程が評価されて、達成感が生まれて、自分を納得させることができる。




よくfeelingsで目にする文言ですが、最近になってようやく理解出来るようになってきました。
そんな気がします。







グダグダすいません。
何が言いたいかっていいますと、
「“今”を大事にしましょう」ってことです。
“今”は過去の結果であり、将来の成果は“今”の結果です。
自分の“今”に満足している人はいないはずですが、それは過去の自分のせいにして飲み込みましょう。
過去を思い返すことに意味はありません。終わってからで十分です。



そんなことより、“今”に投資しましょう。
どんなに辛くても。
少しでも結果が出る可能性が高まるように。
貪欲に。




『don’t look back』で『前のめり』にいきましょう。
大学四年間を無駄な時間として『失いたくないから』。




秋元康ってすげぇ

3年  平田 拓也

0 件のコメント:

コメントを投稿