2015年9月19日土曜日

ア式の和式な男たちと洋式な私

世の中には流行があるように僕の中にも流行はあるし、僕らア式部員の中にも流行があります。


僕の中では高木正勝の音楽が流行ってます。知らない人はとりあえず聴いてみてください。知ってる、って人は仲間ですね、音源持ってたら貸してください(唯一音源持ってると思われるある男はちょうど僕がハマった頃にアメリカに逃亡してしまいました)。


そんな中、ア式で流行ってるものがあります。部室でなにやらスマホをみてぶつぶつ言いながらやってます。定食屋さんでも料理がもうきているというのに料理に手をつけることなくやってます。体調が悪い中で乃木坂のライブのDVDを観る会に参加してきたにもかかわらず、DVDを観てる最中にもやってます。一体何をやっているというのでしょうか。


彼らがやっていること、それは将棋です。今日ではスマホ一つで世界中の人と将棋ができるそうで、彼らはそれに夢中になっているのです。普通に話していたら将棋に夢中になっていて全く話を聞いていない、なんてこともよくまります。とても迷惑な話です。これが、俗に言うア式の中の和式な男達です。


そんな男達が将棋をする中で、マイノリティとなってしまった洋式な僕は何をしているかというと、チェスをやります。いや、正確にはしません。ア式にはまだその文化は伝わっていないようなのでやる相手もいません。だから僕は代わりにパズドラをします。


他のマイノリティな洋式な人々は何をしているかと言うと
いくつもの国を渡り歩いて日本にやってきたたタダケンことKくんはひたすらしょうもない話をしてます。
吉祥寺を占めていたと名高いSさんはピアノとバイオリンと自慢のオナラで多彩な音を奏でています。
帰国子女とは名ばかりのHくんは何もせずぼーっとしています。*1
まあ、こんな感じですね。


ところで、洋式と言えばトイレが思い浮かんだ人も少なくないでしょうが、それについて少し触れておくと、僕は今和式ではなく洋式のトイレしか使いません。洋式に忠実でとても好感が持てますね(膝を負傷したため膝に負担をかけられないために和式は使えません)。


話を戻します。どこに戻すのやらって感じですが。将棋にハマっているア式部員ですが、何と言ってもサッカー男児たちの集まりです。日々サッカーに励んでいます。そんな頑張れる環境が用意されていることは素晴らしいことで、僕もサッカーに真摯に取り組みたいと常日頃思っております。綺麗な言葉は一番危ないみたいなことを言った大先輩がいますが本当にその通りだと最近思うようになったのでここで真面目にはもっていきません。


しかし何と言っても前述の通り膝を負傷した僕はいまサッカーができないので、手を横に開いて鳥のモノマネをしたり、ダンゴムシのモノマネ*2をしたりしながらみんながサッカーをしてるのを見守っています。早く復帰したいものですね。復帰したら今のサッカー欲を爆発させてやろう思ってます。


以上、徒然なるままに文を連ねましたが特別何か言いたいことはないのでここら辺で終わりにしておきます。明日は一橋とのア式対決ですね。学力でもサッカーでも品格でもこっちが上だと示してやりましょう。


*1はっとり
*2ケガ人に与えられたスーパーハードな筋トレ



日本の銭湯が好きです
吉岡龍弥





あとがき
ア式には中華な男が一人だけいます。彼はある部位が異常なまでに発達していることからあ◯人間と呼ばれたりしています。名前はFuu Takana◯といいます(本人の許可を得ていないので最後の文字だけ伏せておきます)。グランドに足を運べば彼の魅力はすぐに伝わると思うので皆さん是非いらして下さい!

0 件のコメント:

コメントを投稿