2015年10月22日木曜日

瞬間、心、重ねて

エヴァンゲリオン初号機、弐号機共に破れた相手、第7使徒イスラフェル
エヴァと使徒単体では使徒の方が上だったかもしれない
1機では勝てない相手

前期のリーグ戦で唯一敗戦を喫した相手、武蔵大学
個々人の能力は相手の方が上かもしれない
1人では勝てない相手


では勝つためにはどうすれば良いか?
シンジとアスカは二人の心をシンクロさせ、2機によるユニゾン攻撃で使徒を殲滅した

ア式はどうだろうか?
試合に出ている11人が勝ちたいというその一心に心を重ねれば勝てるのか?

違う

スタートの11人、ベンチ入りしたメンバー、応援に回った選手、選手を支えるスタッフ、指揮を取る利重さんや星さん、選手のケアをするトレーナーさん、ベンチや応援席から見守ってくださるOBコーチの皆さん、
そしてア式を応援している全ての人が
「勝ちたい」
その一点に心を重ねなければ勝てない
僕はそう思う


「俺は、私は試合に出ないから」
こんなことを考えている人が1人でもいるチームは強くはなれないし、そもそもそんなものはチームとは呼べない

ア式はどうだろうか?
もちろんチームの勝利をみんな願っているしそれぞれが与えられた役割を一生懸命果たそうとしている
しかし、それで限界か?それ以上のことは出来ないか?どこかで妥協はしてないか?
ア式は昇格に値するチームか?


後期残された試合はあと2試合、残された日数はあと10日
1人1人がそんなことを自らに問い続け、真のチームであり続ければ
その先に「昇格」の二文字があると思う


絶対昇格
1年プレイヤー兼ア式TVMC   糸谷 歩

0 件のコメント:

コメントを投稿