2015年12月31日木曜日

KYOKUGEN

12月31日大晦日です。

面白い特番が放送される時期です。今日は、様々なアスリート達がその分野における極限に挑戦するという番組が放送されており、その中でもラグビー日本代表の五郎丸選手とサッカー元日本代表の遠藤選手が、徐々に幅が狭まるポールとポールの間にボールを蹴り込んでいくというコーナーが興味を引きました。結局は五郎丸選手が幅50cmの間を40mくらい離れたとこから蹴り抜いて勝利したわけですが、途中で五郎丸選手があることを口にしていました。

「サッカーをやっていた経験が生きてます」

なるほど。ボールの形状なんかはラグビーとサッカーでは全く異なるけれど何かしら共通するコツなるものが存在するのか。ここでふと先日セパタクローのボールでリフティングをしたことを思い出しました。セパタクローのボールはサッカーのボールよりも小さく素材も全く違います。そのリフティングに苦戦していたところ、ゴブリンことア随一のリフティングマスターのH君が登場し、いとも簡単にセパタクローのボールを手懐けてしまったのです。なるほど。サッカーの技術が高ければ、セパタクローのリフティングもそれなりに上手にこなすことができるのか。きっと共通する何かがあるに違いない。

こうしたことはボールの扱いだけにとどまる話ではないと思う。一見サッカーとは関係ないスポーツや運動にはサッカーにつながる何かが隠されている。そんな気がします。息抜きがてらに、はたまた何かに行き詰まった時にはこうして視野を広げてみるのも面白いかもしれない。

良いお年を。
2年 直原

0 件のコメント:

コメントを投稿