2016年11月29日火曜日

曲がらない膝はない


私の最近の悩みは怪我した膝が曲がらないことです。今まで膝を怪我した人が曲がらないと言ってるのを怪しいと思ってたのですが、実際曲がらないです。


失って初めて大切さに気付くではないですけど、膝って本当に大切なんだと日々感じてます。膝は日常生活に欠かせないものです。膝が曲がらないと普通に歩けません。階段は飛び跳ねながら降りないといけないのでとても恥ずかしいです。電車に乗って座ると膝が曲がらないから伸ばしてるのに外見では怪我してることが分からないのでただ態度の悪いやつだと思われます。優先席に座ってると若者がなに座ってんだと睨まれるので、優先席に座るまで足を引きずって歩きます。そして、次第に普通の歩き方を忘れます。呼吸を意識すると胸が苦しくなるように歩き方を考えれば考えるほどぎこちなくなります。この様に日常生活に支障が出ます。

まとめると怪我なく健康に過ごすことが一番いいということです。正直健康な時は気付きづらいとは思いますが、当たり前じゃないので日々健康に感謝して過ごしましょう。怪我に気をつけて今年もあと1ヶ月頑張りましょう!







最近の一番の悩みは肥えてきたことです
三年山岐豪憲

2016年11月23日水曜日

悩み事


僕の名前は小寺柊斗(こでらしゅうと)。今日は自分の名前にまつわる悩みを書こうと思う。僕は6月中旬からバイトを始めた。先輩たちは優しく、時間外労働も皆無、いわゆるホワイトバイトだ。

だがバイトにやっと慣れ始めた8月下旬あの出来事が起こった。はじめは聞き間違いだと思った。だがその後1カ月ほどよく耳を澄まして聞いてみたが間違いない。ある先輩が僕のことを小寺(おでら)君と呼んでいるではないか。しかもよりによって圧倒的なコミュ力と元気によってバイト内で多大な影響力を振るう人に毎回間違われてしまうのだから事態は深刻だ。誰よりも大きな声でおでらくんと呼び続ける。その声を前にしては他の人のこでらくんという正しい声も虫けらのように掻き消されるだけでなく、その人たちの脳裏にも段々とおでらが侵食し、僕がおでらということがバイト内で既成事実化してしまいそうな勢いである



なら早くその先輩に本当の名前を伝えればいいと思うだろう。まさにその通りである。だがそれはかなり難しいのだ。大縄跳びでなかなか中に入れない人を想像してほしい。端から見ればどのタイミングでも中には入れる。当人もそんなことは承知している。だが最初のタイミングを逸したがために以降全てが自分のタイミングでなくなる。ただ時だけが虚しく過ぎていく。まあそんな感じだ。
なら最初のタイミングで間違いを指摘すれば良かったのではと思うだろう。だがそれはできない。なぜなら8月末まで先輩は間違えることなくこでらくんと呼んでいたからだ。だがそこからAha!体験のごとくゆっくりとおでらくんとなっていったが為に間違いに確信したときにはとっくの昔に縄跳びは回り始めてしまっていたのだ。



時がたつにつれ縄跳びはゆっくりになるどころかますます速くなっていく。どんどん指摘しにくくなる。指摘しないとおでらがはびこる。おでらと呼ばれる度にその名がメリーゴーランドのように頭の中をぐるぐる回る。あれっ、俺の名前ってこでらだっけ、おでらだっけ、と迷う日はもう近い、何てことあるわけないけどそろそろなんとかするか。
よし、今日こそ勇気を出して縄跳び跳んでやろうじゃないか。



PS.今日のバイトももちろんおでらくんとして1日を終えました。まあ人生なんてそんなもんだよね明日も1日頑張ろ

2016年11月22日火曜日

第二章


前書き



 約1か月前、リーグ戦最終節帝京戦をもって4年間に及ぶア式での選手生活を終えた。その少し前にリレーブログfeelingsが復活して、せっかくなら引退後落ち着いて書こうと考えていたわけだが書くことがない…feelingsを直訳すれば、「感情」とか「気持ち」とかになるわけだが、どうしても「感情」や「気持ち」を書き起こすことが出来ない。4年間ア式に所属して様々な経験をし、同時に様々な感情を抱き、それらが今の自分にとってあまりにも大きすぎて、複雑すぎて書くことができない、ということであると思われる。あるいは文章力不足か…



 今回は自分が書く最後のfeelingsになるわけで、最後くらいfeelingsの名に相応しいものを書きたいと思っていたが、先に述べたような状態である。では何を書こうか…思案の末出た結果、後輩達にメッセージを伝えよう、というありきたりなものになってしまったが、自分としては誰か一人でも伝わってくれればそれで満足である。後輩たちのこれから先のア式生活が少しでも実りのあるものでありますように。







本文



 大学サッカーでは卒業・入学に伴って毎年選手・部員の入れ替わりがあり、ア式では毎年約20人が入れ替わる。したがって、4年間で現役部員とだけで140回もの出会いを経験することになる。途中でやめる人や、3学年離れた人のように、共に過ごす時間の短い人たちを除いても、その数は100回になる。



 彼らとは出会うだけではない。同じ時間を、空間を共有し、大学時代における自己資源―時間、エネルギー、情熱、知恵、経験、技術―を捧げて目標達成を目指す。先に別れを告げた彼も、今横にいる彼も、次に出会う彼も、おしなべてそれをする。だからこそ目標に近づくことができると、目標を達成できると信じて、安心してさらに自己資源を捧げることができる。



 100回もの出会いがあれば、当然その良し悪しがある。



本当に良い出会いはかけがえのないものである。なにものにも替え難いものとしていまなお輝きを失わない。彼らの存在そのものが、あるいは彼らと過ごした日々がいつでも自分の心の支えであり、行動の指針であり、目標あるいは憧れであった。ア式とは、単に組織の呼称であるというだけでなく、大きな目標に本気で立ち向かう強い人間を集める場でもある。だから、ア式にいればこうしたかけがえのない出会いを必ず経験するはずである。



 誰よりもうまく、誰よりも泥臭かった人

 強い意志と向上心を持っていた人

 想像力があり、常に誠実であった人

 自分の仕事に誇りと拘りを持って取り組んでいた人

 目先の人間関係を顧みず勝利に向けて発信できる人

 人の助言に素直に耳を傾ける人



 私にとってかけがえのない出会いは当然これが全てではない。しかし、残念なことにこれが100行に達することは決してない。自分に限った話ではないし、全員そうなのではないだろうか。





 横にいる部員との出会いを大切にしよう、そんなことが言いたいのではない。一つの出会いがその人にとって大切かどうかなんて初めからわかるものではない。



 お前がア式で過ごす時間は、断じてお前一人の時間ではない。上でも述べたが、お前が目標に向かって自己資源を投資するという信頼があるから、別のお前もそれができるのである。グラウンドでの振舞い、部室での何気ない発言、試合後の合コン、日々の生活習慣、オフ…大げさかもしれないが、ア式に所属した以上その全てがお前だけの時間、空間ではなくなる。合コンに行くな、酒を飲むな、オフ中に遊ぶな、ということではない。リフレッシュも大切なことである。ただ、一緒にいる時間、空間、そうでない時間、空間、どちらも決してお前だけのものではないということを自覚して行動しろ、ということである。この意識があれば、おのずとお前の行動は決まるはずである。その行動の積み重ねが、お前を別のお前にとってかけがえのない存在へと押し上げる。



 大切な出会いとは、ア式においての大切な出会いとは、こういうものでないだろうか。



 ア式部員一人一人に、数多のかけがえのない出会いがありますように。







あとがき



 今年のリーグ戦は悲惨な結果であった。

後期第5節大東戦での敗戦をもって事実上降格が決まった。心が折れかけたが、試合後沢登と話をして「バカになろう」と決めた。普通に考えれば残留はありえないが、そんなことを考えずにただひたすらサッカーに集中した。

しかし、次節の亜細亜戦で引き分けたことにより降格が決まった(数字の上では可能性はあったが、残り3試合で勝ち点だけでなく、20近い得失点差もひっくり返す必要があった)。今度は完全に心が折れた。闘う意味を失った。



 闘う意味を求めて何人かの人と話をした。彼らからもらった言葉は自分にとって本当に大きかった。ア式に所属する者として、その行動全てが決して自分だけのものではない、ということを痛感した瞬間であった。ここでは具体的な言葉は書かないが、色んな部員の思いを聞いてみると良いと思う。



 本文では色々と書いたが、自分が書いたことに本当に気付いたのは引退間近の話である。もっと早く気付けていたら違う世界が見えていた気もするが、最後に気付けただけ良しとしよう。



少しばかりの後悔と後輩達への激励、そして彼らへの多大なる感謝の念を込めて長々と書かせて頂いた。





第三章では必ず成功する

4年 OB 北山 淳

2016年11月19日土曜日

イスタンブールの奇跡



今でも鮮明に覚えている。


2005年5月25日、当時9歳だった僕は今にも閉じそうな目を擦りながらテレビをつけた。欧州CLの決勝、ACミラン対リバプールだ。前半を終え、3-0でミランのリード。誰もがミランの勝利を確信していた。そんな中、ハーフタイムにスタジアムがリバプールサポーターの大合唱で包まれていた。「お前らは1人じゃない」と唄い続けていた。僕には異様な光景に写った。前半でこんだけ力の差が出てしまえば結果は見え透いていると思っていたからだ。
しかし、リバプールの選手たちは誰1人として諦めていなかった。サポーターの声援を背に後半から猛攻を開始する。そして、ジェラードのヘディングシュートを皮切りにわずか6分間で3点を決め、あっという間に試合を振り出しに戻したのだ。結局、リバプールはPK戦を制し、ヨーロッパチャンピオンとなったのだった。世に言う「イスタンブールの奇跡」である。

圧巻だった。あまりにも。興奮は止まなかった。奇跡が起こった瞬間を目の当たりにしたのだ。早朝のことだったが、眠気などどこかへ吹き飛んだ。と同時に、試合途中で結果を決めつけた自らの浅薄さを恥じた。






サッカーは本当に面白い。いや、サッカーに限らずスポーツ全体に言える話だ。勝負に勝つために日々鍛錬し、試合という戦場で双方の本気がぶつかり合う。お互い本気だからこそ、そこには数々のドラマが生まれる。そんな中で思惑通りに相手を崩しゴールを決め、勝利を得る快感は他では決して味わえないものである。

こんな経験がしたかった。イスタンブールの奇跡のような試合がしてみたかった。大逆転劇を演じたいわけではない。そういうこれ以上ない絶頂の空気の中でサッカーをしてみたかった



高1の選手権の都大会で1度だけ、似たような空気を味わうことができた。ピッチ上の22人が各々の最高のパフォーマンスをして、最早ゾーンに入った状態でサッカーをしていた。1つのパスが、1つのドリブルが、全て洗練されているものに感じるくらいに。僕の高校よりも明らかに格上の相手だったが、互角以上に戦えていた。結果負けてしまったので苦い思い出ではあるが、あのときピッチで味わった空気感と言うのは病みつきになるものだった。


何故そこまでの試合ができたのか。それは試合までの準備期間、つまり練習がこれ以上ない状態でやれていたからだ。全員がお互いに厳しく、かつ良いプレーが出たときは盛り上げる声も出た。精神論に傾倒することなく、技術的なところの拘りも欠かしていなかった。本番で最高の、いや、最高以上の状態でサッカーする為にはそれだけ練習を追い込むことが欠かせないのだと思う。




では、今の自分はどれだけできているだろう。チームはどれだけできているだろう。うまくいかないときに足を止めて他人のせいにしていないだろうかがむしゃらにやることを無思慮に肯定して考えることをやめていないだろうか。自分ができないからといって、他人に要求することを避けてはいないだろうか。球際の強さを追い求めるあまり技術への向上心が薄れてはいないだろうか。

全てを満足いくほど拘れてこそ、個人は成長し、チームは強くなり、今まで勝てなかった相手に勝てるようになる。



きっと何もかも足りていないのだろう。試合後にOBコーチに必ずといっていいほど言われているが、多分今の一人一人の中の常識を覆すくらい追い込まないと結果は出ないのだろう。そして、今の勝てていない状況で公式戦のピッチに立てていない選手は、絶望的に足りていないのだろう。言葉では分かっていても心の底からそれに気付くのは簡単なことではない。

新人戦1週間前に怪我をして、やっと巡ってきたチャンスを棒にふる可能性のある状況になった。自分以外の同期全員がこの時期にサックスのユニホームを着てピッチに立つ。正直悔しすぎて落ち着かないくらいであるが、これも今まで自分が本当に追い込んで練習できていないからだというお叱りなんだろうなと思った。甘さが怪我という結果をもたらしたのだろう。気付いてからでは後の祭りであるが、逆に怪我したからこそ自省できたこともある。今まで先輩に言われてきたことでようやく本当の意味を理解できたこともある。これをきっかけにしたい。


そして来年こそはリーグ戦に出場して絶頂の空気の中でサッカーをしたい。必ず。


いや、まだ新人戦諦めてません!
2年 藤山晃太郎

2016年11月18日金曜日

"Make ASHIKI Great Again"




最近たまたま読んだ記事によると、ドナルド・トランプはアメリカが世界の平和を守る特別な国だという考えは持っていないそうだ。

米国第一主義というのは、アメリカが「普通の超大国」を目指すということらしい。

なにか引っかかるものがあったので少し考えてみると、僕とア式の関係が思い当たった。僕はア式のことを特別だとは思っていない。ただ、自分の所属するチームとして、愛着があり、強くあってほしいというだけ。



支持するとか支持しないとかいうことは関係ないけれど、僕はトランプと似た考えを持っているのかも。トランプは今後なにをしていくんだろうか


いや、その前に、自分はなにをしていくんだろう




高3の夏、僕はア式の練習に参加し、その後は勉強の合間にFeelingsを読みながらア式での生活を楽しみにしていた。

ア式しか頭になかった僕は、他の部など見向きもせずまっしぐらに入部。そしてサッカーするだけ。これはなにも考えてなかったなと思う時期。

様々な感情がうずまいていくア式にいる中で、「関東昇格」「2部降格」「スポーツ推薦のない東大」「機会損失」「チームへの貢献」「限られた資源」このような言葉に囲まれ、自分はなぜア式にいるのかわからなくなってしまったこともある。これは考えすぎてたなと思う時期。



今後振り返ったらまた違う風に感じるかもしれないけれど、今の率直な気持ちは、結局はシンプルに考えることが大切っていうこと。1人の部員として、チームを良くしたいという気持ちに基づいて考えてできることをするしかない。


この部と僕を繋いでくれたFeelings、これからもつないでいくこと。軽い文章の背後の情熱、思いっきり気持ちの入った文章、部員にいい影響与えられると信じているし、何より自分が見たい。


部員が楽しんでくれるような広報をすること。飽きるような事せずに自分が楽しむことで、みんなが飽きないでくれるはず。


そして、自分がプレーして、勝つこと。強くあってほしいこのチームを、直接的に強くする。課題と向き合って、試合で活躍できるプレーヤーに。言葉にするのは簡単だけど、行動にするのは難しい。だけどもう最高学年で、逃げてばかりではいられない、やるしかない。


目指せ、「普通に強いチーム


3 Feelingsプロデューサー 箭川展

2016年11月17日木曜日



想像してみる。

観客であふれかえる農学部グラウンド。その中には、OGやお世話になった方々、男子部の部員の方々もいる。

期待が高まる中、試合終了のホイッスルが鳴り、ア式女子のリーグ昇格が決定。グラウンドは歓喜に包まれる…



 実際は、東京大学ア式蹴球部女子の置かれている状況は厳しい。部員は現在12人と少なく、合同活動チームである文京LBレディースの大学生(お茶の水女子大など)に加わってもらって出場しているため、今年度のリーグでは昇格の権利すらない。また他大学と比べ初心者の割合が高く、上位チームとの対戦では歯が立たない。昇格圏内に入ることは夢のまた夢である。



 そんな中でも私は今シーズンの目標を、入れ替え戦圏内である「3位以上」とした。全く自身がない訳ではなかった。文京LBレディースのメンバーは経験豊富で頼もしく、未熟な部活にも関わらず入部してくれた1年生は初心者ながらみんなセンスに溢れていた。可能性はゼロではないと本気で思っていた。

 しかし現実はそう甘くはなかった。迎えた初戦、1-10で大敗。今年から入部は「サッカー推薦者のみ」となった昇格の有力候補に、手も足も出なかった。その後も大量失点での対戦が続き、ホームグラウンドでの落とせないゲームでも1点差で勝ちきれず、開幕戦から怒涛の6連敗。総失点数は22となった。もちろん順位は下から数えた方が早い。自分の認識の甘さと、もっとできることがあったのではないかという後悔を日々感じながら、一つでも順位を上げるため必死で対策を練り、練習を重ねた。そして7戦目にして初勝利を掴んだ。喜びよりも安堵の方が大きかった。連勝目指して臨んだ8試合目、相手フリーキックの際、壁に入った自分のミスで失点してしまい、その後追いつくも決勝点は奪えず引き分けに。ホーム最終戦となった先週の9試合目、多くの方が応援に来てくださりなんとしても勝ちたかったが、後半残り20分で2点差をひっくり返され鮮やかな逆転負け。悔しさに涙を流すメンバーもいた。

 ざっと振り返ってみても「3位以上」という目標達成とは程遠いシーズンであった。勝つことの大変さ、昇格の厳しさは分かっていたつもりだったが、壁は思っていた以上に高かった。



 目標の設定ミスだと言われてしまうかもしれない。現実味のない目標は意味を成さないとは思う。それでも私は、懲りずに来年も「3位以上が目標だ」と言い続けていると思う。そうしたいと思う。それは中高時代の恩師が話してくれた、夢を叶える秘訣を心に刻んでいるからだ。
【夢を叶えるの「叶」という字は、「口」という字と「十」という字でできている。これは、夢は「十分に口に出す」ことをしないと叶わないということだ。堂々と夢を語って、それに見合うだけの努力をしなさい。】
 特に根拠のない恩師の持論だが、私はこれを実践してきた。日本には言霊という概念もあることだし。すると、学校の成績はとびぬけて優秀というほどでもなく、親も最初は不安な顔をするほどだったが、「東大に入りたい」といい続けてこの大学に合格した。将来の夢を聞かれるたびに濁さずはっきり答えていたらいろいろな方からアドバイスを貰った。彼氏は欲しいと言い続けてもできないけれど、代わりに()新歓で新入生を口説きまくった結果、今までで一番多くの1年生が入部してくれ、多すぎたかと心配しながらも言い続けていた入部数目標を達成した。
 口に出すことで夢に近づく。一歩一歩は小さいかもしれないが、口に出さなければ少しも進めない。ここで宣言しておきたいと思う。来年も大学リーグの目標は「入れ替え戦圏内の3位以上」である。ただしチーム目標は代替わりした主将が決定するため、これはおそらく個人目標となる。(ただ、ここでこんなことを書いていると次の主将がプレッシャーを感じて来年の目標設定の参考にしてくれるかもしれない)

当初は人数も揃わなかったチームが、3部から2部へ昇格する。
初心者がほとんどのチームが、上のレベルのチームと互角に戦う。
強いア式女子に憧れた女子高生が、それをきっかけに受験勉強を始める。
全国に、東京大学ア式蹴球部女子の名が知れ渡る。

 いつになるかは分からないが、叶うまで口に出し続けようと思う。そして今はまだ遠い夢への小さな一歩として、目の前のリーグ最終戦、勝利で終われるよう全力で挑む。


2016関東大学女子サッカーリーグ3部最終戦は、【11/20()13:00k.o. vs東京学芸大学@東京学芸大学グラウンド】です。今年卒業される先輩方の引退試合となります。応援よろしくお願いします!
女子部3年 大坪佳夏子

2016年11月16日水曜日

Command + Z


自分の使っているパソコンでは、選択対象をコピーするにはCommand + C、カットするにはCommand + X、ペーストするにはCommand + Vを押す。パソコン作業を多く行う大学生ならば日常的に使うコマンドである。他にもCommand + Tabはクールにアプリケーションの切り替えができるし、Chromeのタブ切り替えはCommand + option + (or )でできる。



しかし上のコマンドよりも数段頼れる、そして便利なコマンドがある。Command + Zである。Command + ZUndo機能のショートカットであり、編集した内容を元に戻す時に用いる。

プログラミングを行う際Command + Zのおかげで、自分はプログラムのビルドを行い、失敗したらCommand + Zで元に戻し、再編集する、というような作業を行うことができる。Command + Zを使用した記録はプログラムには残らない。完成品は無傷のピッカピカな新品なのだ。



対して、人生は、特にサッカーはどうだろうか。

無論、Command + Zなど存在しない。時の流れは常に一定で元に戻すことなどできない。

「あのシュートを決めていたら」

「あそこでファールしなければ」

「もっといい練習ができていたら」

5歳からサッカーを続けていれば後悔することなどいくらでもある。サッカーにおいて、一つのプレーを失敗することでどれだけのチャンスを無駄にしたか、信頼を失ったか、立ちたい場所に立てなくなったか。ふとした瞬間にそういうことを思い出し、Command + Zを押したくなる。プロになって活躍している友達、選手権に出て活躍する友達、高校選抜のレギュラーとして活躍する友達。彼らを見るたびに頑張って欲しいと思うが、心の片隅にはいつも羨望、嫉妬がある。



これまでの自分のサッカー人生を現時点での完成品(決して完成をしているわけではないが)とすれば、それは傷だらけの中古品である。一つ一つの失敗が積み重なり今の自分がいる。しかし失敗というものは時間と共に風化していく。確かに積み重なっている傷はいつの間にか見えなくなったように錯覚する。そしてある時、ふとその存在に向き合った時に傷がついてしまったことを後悔し、同時に思い出したくない過去としてまた風化を待つようになる。



先に述べたようにサッカーにCommand + Zは存在しない。しかし、コンピュータが一瞬で行うCommand + Zの処理を長い時間をかけて、できてしまった傷の埋め合わせのために必死に自分を磨くことはできる。自分はこのことを理解するのが遅すぎた。いや、理解していたのに、していないふりをしていたのかもしれない。なんにせよ遅かった。



これからいくら傷の埋め合わせのために自分を磨いても確実に傷だらけの中古品にしかならない。いつ自分のサッカー人生が完成品となるのかはわからないが、あっという間にその時は来てしまうのだろう。

そうであるならば今の状況下での最善を尽くすしかない。今までの傷をできるだけ埋め合わせる。新しい傷を風化させない。たとえ傷が残っていたとしても自信を持って完成品と言える、そんなサッカー人生にこれからしていきたい。





追記: この文章作成で一番多く使ったコマンドはCommand + S(保存)でした。

1年 古賀樹

2016年11月15日火曜日

誓い


日曜日の試合

初めて公式戦の舞台に立った















相手は今年の1部昇格を争うライバルである上智大学

何人かを欠いてるとはいえ、負けは絶対に許されない試合だった





結果は11PKによる敗戦







狙い通りのサッカーができず、押し込まれる時間が多かった、あまり収穫のない敗戦











個人としてはどうだったか

球際では激しくいけず、ドリブルで突破してもチャンスまで結び付けられない

効果的にボールもさわれなかった







このままではダメ

そう突きつけられた試合









思えば去年の10月に脛の骨を両方折るという大怪我をして、今年の6月に復帰した。

あんなにDLがんばったし、サッカーも多く見た

んだ、きっと大丈夫だろう

それだけを励みにプレーしても、全く体は動かないし、右足もすぐ痛くなる







一時期、俺はこのままプレーしていてもア式に貢献できるのだろうか

本気でそう考えたけど、前OBコーチである行天さんに説得されてプレーを続けた







少しずつ調子も上がって、Aにあげてもらえた。

今思い返せば、公式戦に出るイメージがわかない時期があって、それを乗り越えただけで現状になんとなく満足していたのかもしれない。

それではダメだ

そう突きつけられた試合













目の前のできることに向き合って1つずつやっていこう

リーグ戦で目に見える結果を出すために









まずは今日からの練習声出して盛り上げて、インテンシティー高くやっていきましょう!

新人戦も絶対勝ちましょう!

俺はDLかもしれないですけど笑







2年日野雅奈


2016年11月11日金曜日

奇跡



201555日、僕の左膝の前十字靭帯は損傷した。

怪我をした瞬間、何が起こったのか全くわからなかった。

数日後に症状が判明した時には、もう将来自分がサッカーをしている姿がイメージできなかった。





それから11ヶ月後、何とか東京大学に入学することができた。しかし、1年間の不養生は僕の体を大福のように情けない体にしてしまったらしい。同じ高校出身の先輩にかけられた第一声は、

 「太った?」

だった。



それでも、もう一度サッカーがやりたくてア式に入部した。



最初の練習日、けが人として筋トレをした。恥ずかしい話だが、腹筋がなさすぎたため首の筋肉が痛くなった。眠りにくいほどに。

同時に、このままトレーニングに自分の体がついていけるか不安になった。







そんな僕が、もうすぐ復帰する。僕にとって、これは奇跡だ。

確かに、僕が復帰するということは奇跡と言うには大げさすぎるかもしれない。

都会に憧れを抱き、巫女として田舎で暮らす美人な女子高生と体が入れ替わる奇跡と比べたら、なおさらである。

だが、怪我をした時の心境を思い出してみると、やはりこれは僕にとって大切な奇跡だ。自分一人では絶対に不可能だ。手術をしたお医者さん、リハビリをサポートしてくださったトレーナーの方、僕のトレーニングを見守ってくれた先輩方、家族、一緒にトレーニングをした仲間。これらのうちどれか一つでもかけたら、僕はもうサッカーを続けられなかったかもしれない。



復帰に際して、不安が全くないわけではない。再断裂の危険もある。技術も相当落ちてるだろう。

しかし、もう一度小さな奇跡が起こせるかもしれない。そんな気持ちになっている。そのためにはこれからも頑張らなければ。







1年 GK    熊谷賢人







P.S  とはいえ、美人な女子高生と入れ替わるような奇跡があっても、嬉しいのだが。






2016年11月8日火曜日

謙虚さ


人が生きていく上で大切なものとして「謙虚さ」があると思っている。



謙虚な姿勢で物事に取り組めば、自分の能力におごらずに、常に成長のための努力を続けられる。また、他人をリスペクトし、相手の良いところも悪いところもすべて素直に受け入れて、冷静さを保つことができる。謙虚な姿勢は信頼につながる。傲慢な人を信頼しようという気にはあまりなれないだろう。



高校時代のサッカー部の監督もいつもこのようなことをおっしゃっていた。



「うまくいったときは他人のおかげ、失敗したときは全部自分のせい」



人はうまくいくとどうしても自分のおかげだと思ってしまう。自分が点を入れたとする。たしかに最後にボールをゴールに入れたのは自分かもしれないが、その前はどうだろうか。相手からボールを奪ってくれた人、パスをつないでボールを前に運んでくれた人、相手を引き付けて走ってくれた人。チーム全員の努力が最終的にゴールにつながっただけで、自分は最後のおいしいところを任されただけだ。これを勘違いして、自分がうまかった、と思ってはいけない。それは調子に乗るきっかけとなってしまい、この先の成功を阻害してしまう。自信と過信は紙一重だ。過信は慢心に、慢心は失敗につながる。過信することなく、謙虚に成長のための努力を続けろ、という意味だと理解している。

さらに、人は失敗するとどうしても他人のせいにしたくなってしまう。自分に非はないと決めつけ、なぜうまくいかなかったのか反省する心を持たなくなってしまう。反省がなければそこから成長するのは難しい。他人を批判するのではなく、まず自分にできることがなかったのかを考えるのが大事だと思う。



もう一つ、高校時代のサッカー部の監督の言葉。大会パンフレットのチームのプロフィール欄。各チーム「一戦一戦全力で戦います」「チーム一丸となって優勝を目指します」と書く中、我が母校はただ一言



「目の前のゴミを拾える人間になる」



と書いていた。しばしば周りからは「なんだこれ」「サッカー関係ないじゃん」「ここに書くことじゃないだろ」と馬鹿にされるが、実は意外と奥が深いと思っている。

まず、文字通りの解釈をすると、ゴミは汚いし、臭いし、ましてや他人のゴミとなると普通は絶対に拾いたくない。拾おうと思うとしたらよほど機嫌の良いときだ。それを拾えるくらい心に余裕を持て、寛大な心を持て、という意味である。

これをサッカーまで拡大して解釈する。例えば、チームメイトがボールを奪われたとする。そうすると他の全員は攻撃しようと思っていたところから切り替えて、今度はボールを取り返さなければならない。正直、切り替えるのは疲れる。しかし「失敗したときは全部自分のせい」である。直接そのプレーに関与していなくても切り替えなければならない。チームメイトが捨てたゴミを全員で拾う。サッカーとはそういうスポーツだ。もし、自分のせいではないと言って誰もボールを取り返しにいかなかったらどうなるだろうか。失点するのは目に見えている。チームの失敗は自分のせいだ。目の前にゴミが落ちたら自分が拾わなければいけないんだ。謙虚にそのように考えることができれば必然的にチームの失敗をカバーしようと思えるだろう。



これらはもちろんサッカーでなくとも当てはまる。仕事で何か失敗があったときにはすべて自分のせいである。自分が何かをしていたらその失敗を未然に防げなかったか、まず考えなければならない。仕事は信頼のもとに成り立っていると思う。むやみやたらに他人のせいにしていたら信頼関係は築けない。



謙虚な気持ちを常に忘れない人。そんな人になりたいです。


3年 服部直弘

2016年11月5日土曜日

太平洋を平和に


サッカーは複雑だ。実に複雑だ。
 
戦術、フォーメーション、個々の能力、フィジカルコンディション、監督の指示、その日の気分、身体の向き、試合前に食べたもの、応援の一声、絞り出した大便、彼女との喧嘩、チントンシャンテントン。様々な要素が複雑に絡み合い勝負の結果を左右する。ちょっとした行動が勝ちにも負けにもつながる。神は細部に宿るから、こっちよりこっちのほうが勝利につながるかもしれない。でもそんなの関係ない。
サッカーは単純だ。結果が全て。良くも悪くも。


はいっ!オッパッピー!

3年DF 寺内大貴

2016年11月3日木曜日

筋トレのススメ


今回のfeelingsでは筋トレについて大事な点を取り上げていこうと思う。 

 まずは筋トレの大原則、「Big3から取りかかる」  何故かというと、もし先にアームカールなど部分的な筋トレをやってBig3をやると、Big3が体幹含め全身の大部分の筋肉を使うのに、先に部分的な筋肉が疲弊してしまっていることになるのでBig3の効果が出づらいからである。これは筋トレニスタにとって常識中の常識なのだがビギナーにとってはそうでなかったかもしれない。今一度確認してほしてほしい。 

 ここからは筋トレの目的をダイエットと身体を大きくムキムキにするの2つに分けて 筋トレについて語っていきたい。 

forダイエット 

 筋トレ有酸素運動の順でやる。 

筋トレをすることによって基礎代謝があがる、つまりカロリー消費しやすくなり、

あらゆる運動の中で一番脂肪を燃やせる有酸素運動をするわけだ。このとき筋トレはスクワットなど下半身中心のがいいだろう身体の筋肉の7割は下半身にあり、基礎代謝を上げるだけならスクワットの方が腹筋よりも容易だからだ。またお腹の脂肪というのは一番燃えにくいものなので、なかなか成果が目に見えなくても着々と努力を続けていくべきだ。 

forムキムキ 

上げるのは素早く下げるのはゆっくり  

 これは下げる動作つまり重さに耐える動作では速筋をより多く使うので負荷を高くし、速筋を大きくするためである。 

毎回筋肉を追い込んでから止める 

 ベンチプレスを例にとると10×3セットにおいて、各セットラスト2,3回はもう補助なしではあげられないくらいにするととことん筋肉を追い込めるので筋肉の成長が早くなる。  




 以上これらのことがそれぞれ大切なのだがどちらも一番大切なのはこれから述べる食事である。ダイエットにとっては(摂取カロリー)<(消費カロリー)が常に成り立つようにする。ムキムキになるには不等号の向きが常にこの逆向きにならなければならない。また摂取する食事の質も大事だ。バランスの取れた食事に、forムキムキにはタンパク質が必須である。自重の2倍グラムのタンパク質を1日に摂取する必要があるのだがこれにはプロテインを2,3回は飲まないとまず無理である。筋トレはしてるけど身体が大きくならないという人はタンパク質が欠けているのかもしれない。  




 上に述べたことは筋トレについての最低限の知識であり、これらは知っておいてほしい。 




参考図書 Tarzan
濱田広輝


2016年11月1日火曜日

おかか


昔、友人がこんなことを言っていた。



「ぼく、おかかのことおかか(⤴︎)って呼ぶ人嫌いなんだよね。おかかはおかか(⤵︎)でしょ。」



私は心底どうでも良いと思った。

そんな些細なこと…





いや、些細なことって大事なのかもしれない。

些細なことをきっかけに信頼を失うこともある。



サッカーに関してもそうだ。

1歩のポジショニングの違いが後の展開に大きな影響を与えることもあるし、トラップしてボールを置く位置が少しでずれただけで次のプレーの幅は大きく変わる。



些細なことが持つ力は大きい。



些細なことを大事にしていこう。

サッカーが上手くなるためにも。1人の人間として認められるためにも。





1年 岡田拓巳



P.S おかだはおかかをおかか(⤴︎)と言う。