投稿

僕はきっと旅に出る

山根萌々子(3年/テクニカルスタッフ/国立高校) 文章を書くのは苦手だし、自分の考えてることを言語化するのはもっと苦手だ。 このままお得意の言い訳で卒部までfeelingsを免れることができるのではないかと思っていたが、8月をもってア式蹴球部を休部することになったので、一旦さようならの気持ちを込めて、書くことを決めた。 feelingsを提出してくださいと初めて言われてから、一年以上経ってしまった気がする。担当の方々、遅くなってしまいご迷惑をおかけしました。 なぜ休部かというと、2022年の9月中旬から約10ヶ月間、イギリスのサウサンプトン大学に交換留学へ行くことになったからだ(feelingsの公開が先か、吐き出し場所で吐き出すのが先かわからないけれど、直接伝えられない人もいると思うので、ここで書かせていただきます)。 留学を決めた理由は、ア式への入部を決めた理由と同様だ。なんとなく、面白そうだから、という軽いものである。 なんとなくで決断するには規模が大きすぎるかもしれないが、大学生の今挑戦しないでいつする、という思いもあり、留学を決意した。 書くことが全く思いつかないので、このなんとなくが何なのか、少し考えてみた。 2010年 イギリスへ もう12年ほど前の話になる。 親の転勤のため、英語が全くわからないまま、イギリスの現地校に放り入れられた。 学校では友達もできて、そこそこ楽しい生活を送っていた一方で、家に帰ると暇だった。 というのも、外国の小学生の登下校は基本的に大人の送迎付きで、友達と一緒に帰宅したり、放課後にちょっと遊んだりする機会は、日本よりはるかに少ない(ような気がする)。 テレビをつけても、知らない言語かつ異国のバラエティ番組ほどつまらないものはなく、選択肢は必然的に二択だった。 幼稚園児向けのアニメか、スポーツか。 言語がわからなくても、ルールさえわかれば世界中誰もが楽しめる、それがスポーツだ。実際向こうの授業でも一番最初に楽しめたのは体育だし、言葉の垣根を越えるスポーツは本当にすごいものだと思う。 園児向けにはすぐに飽きて、ひたすらスポーツ番組を見ていたところではまったのがサッカーだった。 こうして私は、イギリスの地でブンデスリーガを追うことになったのである。 (イギリスならプレミアでは?との声が聞こえてきそうだが、プレミアリーグはうちのリビ

理想

宮川旭(1年/DF/武蔵高校)  feelings が回ってきてしまった。正直、他の⼀年⽣の feelings がどんなものかを⾒てから書きたかったが、こういうのは当たるなと願うほど当たってしまうものである。  さて、何を書こうか・・・何も思いつかない。まぁ⼀年⽬は様⼦⾒の⼊部の経緯とかか、ということで⼿堅くいかせてもらおうと思う。来年の私が何か書きたいことがあるのを願うばかりである。  とは⾔ったものの私の⼊部に明確な理由はないので⽂字数が⼼配である。ア式には、ア式 に⼊るために東⼤を⽬指し、勉強をかんばってきた⼈が少なからずいるだろう。とても尊敬している。  私は浪⼈したらしょうがないけど特にやりたいこともないし、どうせなら⽇本⼀やし東⼤⽬指すかーという軽い気持ちで東⼤を⽬指し、試験の出来には全く⾃信がなかったがなんかヌルっと受かってしまった。ア式には先輩が何⼈か所属していたので存在は知っていたが、受かる気があまりなかった私は⼊学後のことなんて全く考えていなかった。  ここで⼀⼈の⼈を紹介しよう。同じ⾼校のサッカー部であり、⼀緒にア式に⼊部したO 君 だ。彼の feelings が既に掲載されていて、そのなかで私が気持ち悪いぐらい褒められていた ので、彼を褒め返してやろうと思う。  まず、トラップがクソうまい。残練のシュート練でどんなに汚いパスを出しても完璧なトラップをする。そして、周りがめちゃくちゃ⾒えていて、そう簡単にボールを取られない。 最⾼学年になった時はチームで⼀番声が出ていたし、毎週ミーティングを開く⾏動⼒も兼ね備えていた。  ⾃分は⾃分がうまくなればチームが強くなるという思想のもと残練は誰よりもやったが、 声を出したり⼈に要求したりするのが苦⼿で、彼のことは深く尊敬していた。  そんな O 君が東⼤に受かったと聞いて、あーこれは多分流れでア式に⼊部するなぁ 、10 年の付き合い確定やんと思った。  ⼀度決めたら⾏動の早い私は、合格発表から⼀週間後、新しいスパイクを買いに出掛けていた。  基本的に未知の環境に⾝を置くのが苦⼿な陰キャの私にとって、友達と⼀緒に⼊部するのは⼤きな⽀えだった。先輩に 4 ⽉のうちは他のサークルも⾒ておけよ、と⾔われていたのにも関わらず、気づけばア式の練習に全参加していた。そしてあっという間に⼊部式、というわけだ。  まぁ⼊

ギアサードって見た目弱そう

矢島隆汰(3年/DF/国立高校) 何事も最初が肝心と言われるが、この文章の冒頭から一つ謝罪しなければならないことがある。それはタイトルについてである。最近の世間やア式内でのワンピースの流行に完全に乗っかり内容に関係ない完全なる釣りタイトルをつけてしまった。僕はあまりワンピースに詳しくない。僕の中のルフィはギアサードまでで止まっていたが今ではギアフィフスなるものまで使えるらしい。ギアフィフスの見た目は強そうであることを強く期待している。ワンピースについて熱く語られる文章を楽しみに読み始めてくれた人がもしいれば、そのようなことは一切ないのでそっと文章を閉じワンピース本編を読むことをおすすめする。他人の考察より本編を何度も読んで自分で考える方がよっぽど楽しいという個人の見解をそっと述べてこちらも本編に入っていきたい。 あと、長編漫画の映画ってどこか冷めてしまうと感じるのはきっと僕だけじゃないはず。 今シーズンはなんとか最初からaチームに入ることができた。しかし冬オフ最後の日にコロナにかかりみんなから2週間も遅れるという最悪のスタートを切った。コロナ明けのなまった体で練習に参加して足首を捻挫しさらに復帰に時間をかけてしまった。やっぱり何事も最初が肝心である。 それでも復帰してからは結構調子が良かった。去年一瞬だけaに上げてもらった時や、育成にいながら試合だけはセカンドに呼ばれるという謎の時期には周りに合わせてしまっていた部分が大きかったが、今シーズンからは主体性をもって練習に取り組めている気がする。 そんな中、プレシーズンのとある練習でトップチームのビルドがいつにも増してとても酷い日があった。するとビルド練の途中で急遽トップ側のビルドに入れてもらえるというセカンドの人間から願ってもないビッグチャンスが来た。特にトップのCBは固定だよねーみたいな雰囲気があったので、本当に奇跡と言っても過言ではない。 少しツイていなかったのは、CBのうち特に酷かったのがヤシロだったこと。僕がいつもプレーしているのは左CBであるのに対してヤシロは右CBであった。もう一つツイていなかったのはトップのビルドが可変システムを採用していたこと。右CBに対して手前を取りに行くのがセカンドでは右SBであるのに対してトップでは右IHが手前を取りに行くというシステムであった。 上に書いたのはただの無意味な言い訳

がんばりましょう

吉田恵梨(2年/スタッフ/高崎女子高校) 2年スタッフの吉田恵梨です、はじめまして。 こういうふうに何かを書き残しておいたり当時の気持ちを書いておいたりすること、すごくいいなと思います。でもやっぱり、強制力がないとなかなかできないものでもありますね。 日記とかもなかなか続かない、という話をよく聞きます。 高校生の時は年に1回日記を書いていました。それって年記? 毎年2月くらいになると受験のモチベが高まる日があって、そういう日は来年の自分に向けて文章を書くという、あんまり人に言えなさそうなことをしていました。「もっと頑張ってください」っていうのが大概言いたいことで、でもそれが結構原動力になったりしていたのを覚えています。 大学生になってから、そういう熱い何かから離れてしまった気がします。ある意味、受験という分かりやすい勝負・目標に向かっていたことは、幸せだったんじゃないかなと思います。結果ありきなのはそうですが。クラスの人が前に、「高校の時は勉強だけしてればよかったもんね〜」と言っていたのがどこか印象的で忘れられません。 大学生になってから、何に比重をおくべきか悩むことが多くなったと思います。なんでもできる、時間もある、エネルギーもある、環境も整っている。授業、サークル、バイト、遊び。全部頑張ろうとするとバランスが崩れそうで、でも自分から始めないと無為に時間が過ぎていってしまうような、そんな感じでした。それから東大生ってすごいなと思うのが、大体みんな何かを頑張っていることです。能力と環境を確実に活かしていく感じ。やっぱり私もいろいろ頑張ってみよう、そう思うような1年間でした。 ア式のことを知ったのはそんな冬で、友達のところにきた勧誘のLINEがきっかけでした。元々サッカーを見るのは小学校高学年ごろから好きで、高校生の時は最初サッカー部に入ったくらいだったので(3日でやめます)、少し惹かれていました。昔からサッカーに関わりたいという気持ちはあったのですが、プレーヤーとしての可能性しか考えたことがなかったと、この時気づきます。「スタッフっていう手もあるのか!」とはっとしました。でも、マネージャーという存在の印象が正直最初はよくなくて、あまり現実的には考えていませんでした。 とりあえず見学に行ってみよう。そう思えたところが大きな転換点だったと思います。実際の仕事内容を聞いて

怪我

西洸(1年/スタッフ/不二聖心女子学院高校) ドリブルでゴールへ一直線! 立ちはだかるディフェンス陣を巧みにかわし、ゴール目指して走る私。 (行ける、行ける!)と思った瞬間、ボールはカットされた。その瞬間、私は足を踏み外し強く捻った。しばらくは痛みを感じなかった。そのまま試合続行。   試合が終わると、足がだんだん痛み出してきた。我に返った。そして痛みが我慢できなくなった。(ああ。やっちゃったぁ。捻挫かも。)体育の授業が終わり、痛む足を引きずりながら、保健センターに行って湿布薬を貼ってもらった。   「病院にいって検査してもらってください。」 (ええっー。今日は、ア式のシフトはいってるのに。どうしよう・・・。) (選手ならいざしらず、私はスタッフ。スタッフが足怪我して、グランドに行ってなんの役に立てるのだろう。本当に私はマヌケ。マヌケすぎる。) 体育の授業で足を捻挫した私は、後悔の嵐に包まれていた。しかも授業でやっていたのはバスケットボール。(足の捻挫じゃなくてせめて突き指だったら、ボール蹴れたのに・・・。) 後悔してもしきれない。   4 月に入部し、 5 月、 6 月とシフトに入り、やっと大学生活の中にア式のあるリズムに慣れてきたところだ。スタッフとして先輩の皆さんの仕事を減らせるように役に立っているどころか、足手まといなところばかりだろう。空気読めてないところも沢山あるだろう。ログなんてまだまだ全然書けない。それでも、私はグランドに立って、サッカーしている皆さんと時間を共有することが楽しかった。だから今日もグランドに行きたかった。でも行っても何もできない・・・。私は欠席届を出した。   予期せぬお休みを頂くことになり、本来なら学期末試験に向けて勉強や学期末レポートの準備を始めるべきであっただろう。しかし何も手につかない。スタッフの私でさえこうなんだから、いわんや選手においてをや。何も手につかない私は、スマフォ片手にサッカー選手の怪我について調べてみることにした。   “サッカーは格闘技だ、と言われるくらい激しいスポーツ。怪我を恐れていたら思い切ってプレイができない。怪我は当たり前”、らしい・・・(汗)。サッカーが格闘技だなんて、知らなかった。プロのサッカー選手でも怪我することは絶対ある。怪我との向き合

ザコキャラになる勇気

馬屋原翔(1年/MF/千葉高校) 春から短いながらも大学生としての生活を送ってきて、常々感じていることがある。   なぜ自分は大学に通っているのだろう、ということである。まだ見つけられていない夢を見つけられるように自分から教養を身につけ関心分野を探っていこうという気概は早くも薄れてしまったし、講義中に睡魔が襲ってくることも増えた。   僕には妹がいて、大学に通っている理由について考えるようになったのは妹の影響である。正直に言って、妹はとてつもなくバカである。高校を卒業できるのか、将来は果たして大丈夫なのか、など割と真剣に心配になってしまうくらいに。   ただ、そんな大バカな妹にどうしても敵わないと思うことが一つある。妹はすでに夢を見つけていて、それに向かって走り出しているということだ。明確な夢が決まっていないから周りの多くの人がしているようにとりあえず大学に通っている僕とは違って、妹は夢を叶えるべく専門学校に入ろうと着々と準備を進めている。自分の方が頭がいいということを仮に認めたとしても、人間としては完全に負けているのである。将来が大丈夫でないのは僕の方なのである。   ここまでの内容に如実に表されているかもしれないが、僕は何かと一人で考えることが多いタチの人間であり、自己分析をすることが多い。そんな中で気がついたのは、僕を知っている人にとっては意外かもしれないが、僕は中身がアツい人間だということである。   好きな曲は何かと聞かれれば、流行りの曲ではなく絶対に『栄光の架橋』(ゆず)などの自分を鼓舞するような歌を答えるし、難化したと言われた今年の東大入試の一日目の帰りの電車内では、二日目への気持ちを奮い立たせるために『勝って泣こうゼッ!』( T-Pistonz+KMC )を聞いたりもした。   このような自己分析を日々繰り返しているわけだが、サッカーだけには全力で取り組めていると思う。まだまだ遠くはあるけれども、いつかリーグ戦に出場してチームに貢献するという目標だけはブラさずに持っていたいと思う。   前置きが長くなってしまったが、ここでどうして僕が大学に入ってまでサッカーをしているのかについて話したい。実際、高校時代のチームメイトでサッカー部に入ってサッカーを続けている人はほぼいない。   僕は、小学

回顧

谷晃輔(2年/MF/横浜翠嵐高校) ⾼校 2 年の3⽉にコロナで休校になった当初は、全く悲観していなかった。それこそ、春休みがいつもの夏休みくらい⻑くなったと喜んでいた。この期間に勉強もサッカーも頑張って、万全の状態で進級を迎えよう。そう意気込んでいた。 実際3⽉中は結構充実した⽣活が送れていたと思う。中学時代のチームメイトと集まって、 公園で割と真剣にサッカーをしたり、1 ⼈の時も⾃主トレを続けたりして、4⽉から始まる関東予選やインターハイ予選といった春の⼤会に向けてコンディションを落とさないようにしていた。サッカー以外の時間は受験まで 1 年を切っていたということもあり、塾の⾃習室に通い詰めていたので、勉強時間も⼗分に保つことができていたと思う。 ただ、事態はそう簡単には好転しなかった。未知のウイルスは世の中を不安の渦に巻き込 み、4⽉には初の緊急事態宣⾔が発出された。休校期間は⼤幅に延⻑され、その期間に⾏われる予定だった2つの⼤会は中⽌となった。  ⾼校サッカー最後の年に、⼤会が中⽌になったのはかなりショックだった。代替わり以降⾃分が主将になって、様々な困難に直⾯したけど、やっとまとまりつつあった今のチームでどこまでいけるか試してみたい。⼼の中で密かに抱いていた期待は中⽌という予想だにしない形で打ち砕かれた。代わりに脳裏に浮かんだのは「引退」の2⽂字。このまま選⼿権予選も中⽌になってしまうのではないか。先⾏きの⾒えない未来に対する不安が、モチ ベーションを低下させた。4⽉、5⽉と時が経つにつれて、段々とサッカーをする時間が減っていった。塾も閉じてしまったので家にいる時間が増えた。もうこのまま受験かなぁと勉強に集中しようにもなかなか⾝が⼊らなかった。  こんな具合に、休校期間の終盤は空虚な時間を過ごすことが多くなってしまったからか、 6⽉に学校が再開して、部活を続けるか否かの選択を迫られた時、すごく迷った。幸いにも、残された最後の⼤会である選⼿権予選は9⽉に開催されることが決まっていた。しかし受験を考えると、部活をしていて⼤丈夫なのか、という不安があった上、1ヶ⽉以上まともに動いていない状態だったから復帰しても調⼦が上がらないだろうし、中途半端に数ヶ⽉復帰してわざわざきつい思いをしたくなかった。要するに、やる気が失せていたのだ。 もう辞めようかなぁと思い、親にも