投稿

繋ぐ

4年 大矢篤(MF/FCトリプレッタ U-18)  卒部feelingsまで執筆エネルギーを溜め込んでおく予定だったけど、まさかのこの時期に担当が回ってきてしまった。せっかくの機会とポジティブに捉えて、昨季を振り返り文字に残しておきたいと思う。 怪我でまだ今季リーグ戦に出れていなかったし、気合を入れ直すためにもちょうどいいタイミングなのかもしれない。 昨年、自分たちの力は1部で全く通用しなかった。そのリベンジは、1部でしか果たせないと思うし、いつまで経ってもこの悔しさは残るだろう。だけど、後輩たちにあの厳しく刺激的な舞台を残すため、1年での1部復帰を絶対に成し遂げなければいけない。今年は、2部の全てのチームにリスペクトを払った上で、自分たちが残せる最善の結果である「優勝」を必ず達成したい。 今まで良くしてくださった先輩たちも、そしてもっと上の代の偉大なOBの方々も、きっとこんな思いで最後の一年を戦ったのだろうな、と思う。どんなに人が入れ替わっても、”受け継がれる意志„は止まらないのだろう。 そして、それこそが部活の良さなのだと思う。4年間という限られた活動期間のなかで、自分が組織に残せること、自分が楽しめることを、両立しながら行なっていく。そして、4年間で結果や形に残せなくとも、その意志を後輩に託していく。同じ意志や目標を受け継いで、違う性格や能力をもつ人間が実現を目指して活動を続けていくのはとても美しいことだと思う。 サッカー部なのだから、ピッチ上で紡がれた想いが受け継がれていくのは当たり前かもしれない。だが、様々な活動に力を入れている近年のア式なら、ピッチ上の11人に限らず、ピッチ外でもそんな場面はたくさん多くあると思う。 例えば、5年以上前に上手くいかず、無くなってしまった東大トレセン。横のつながりが薄い進学校の生徒たちの交流の場を創出して、文武ともに刺激を与え合う機会にして欲しいという想いが背景にあった企画だ。1年の頃の自分は、当時の担当者であった森本さんから話を伺い、改善してこれを復活させようとした。だが、コロナで2、3年次はなかなか動けずにいた中で、新2年の希一が主導して実現に向けて進めてくれている。10年間以上あった想いをどうにか今年結実させ、持続可能なイベントとして残せたら、と思う。 完全に脱線してしまった。 ここまでで言いたかったことは、部活は4年

本郷美食紀行

3年 小林和鼓(スタッフ/桜蔭学園高校) こんにちは、スタッフ3年の小林和鼓です。 文章を書くのは得意ではないのでのらりくらりと避けてきたfeelingsですが、書かざるを得ない状況に追い込まれつつあるので書き始めてみます。当初の提出期限を大幅に過ぎていることを深くお詫び申し上げます。 今回は東大周辺のおすすめご飯屋さんを紹介していこうと思います。この辺りに住んでいる方もそうでない方も、参考にしていただけると嬉しいです。 ・はん亭(根津/串揚げ) まずはこちら。根津の町で一際目を引く木造の日本家屋。風情ある建物の中で絶品の串揚げが楽しめる。昼も夜もコースのみ。私の推し串は生麩のゆず味噌塗り。食事メニューの海苔のお茶漬けもおすすめ。 ・釜竹(根津/うどん) うどんつるつるで美味しい。色々な薬味を順番に入れていって何通りにも楽しめる。建物は隈研吾さんが設計したものらしい。 ・バブバル(根津/ベトナム料理) 裏路地にあるので見つけにくい。全メニューにパクチー満載。パクチー好きは是非。営業日がよくわからなくて、行くと大体閉まっている。 ・お好み焼きいちえ(根津/鉄板焼き) 根津神社の向かい、非常にアットホームなお店。サービスで余った焼きそばやウインナーを貰えることも。 ・兆徳(白山/中華) 有名な中華料理店。たまごチャーハンがおすすめ。大体行列ができているが、雨の日は狙い目らしい。最近テイクアウト専門の店舗も近くにできた。 ・福招門(白山/中華) 兆徳から徒歩1分のところにあるので、兆徳が混んでいて入れない時に行く。絶対入れる。提供遅め。かなり遅いが、「オマタセー^_^」と持ってくるので怒れない。会計後は「アリガトー^_^」と送り出してくれる。 ・also(白山/台湾料理) 本格台湾料理が楽しめる。缶の飲み物のパッケージが可愛い。 ・表参道生春巻倶楽部(東大前/生春巻き) 腕くらいある生春巻きが出てくる。非常に食べづらい。 ・小松庵(東大前/そば) 昼練後、そばの気分の時はここ。部室からのアクセス抜群。 ・ビサール(東大前/カレー) ア式部員には説明は不要でしょうか。困った時のビサールという言葉に嘘はなく、クローズしていてもなぜか入れてくれる。 ・牛星(白山/焼肉) これもおそらく説明不要。焼肉に行く時の謎の高揚感を、手軽に楽しめる。東大運動会部員いがち。 ・旬悦(東大前/

不変信者

 4年 内田龍吾(DF/筑波大学附属駒場高校) 大学に入学してはや3年が経ち、4年目に突入しているわけだが、最近高校同期はじめ久しぶりに見る顔ぶれに会うと「うっちーちょっと変わったね」と言われることが増えたように思う。大方、高校同期からすれば、文化祭での逆ナンを「LINEやってないっす」とはねのけた男に彼女が出来たことを揶揄しているだけだったろう。自分自身もはじめは変わってるつもりなんて毛頭ないわと思っていたが次第に妙に納得してしまった。 確かに、中高6年間とゴリゴリの男子校という閉鎖環境で醸成された不変の美学のようなものは今の自分の中では綻びを見せているように思う。そしてその変化を肯定している自分がいるのも事実である。6年間こじんまりとしたコミュニティにいるのは心地良かったし、一生の友達になるんだろうなぁという人達と出会えた。だがそのような閉じた集団の中では過度に一貫性やら不変性が求められていたのかもしれないし、変化するエネルギーをもちあわせていなかっただけかもしれない。 高校時代を振り返ってみよう。 ---「ジャージ一筋」「坊主一筋」「サッカー一筋」--- 一途であることは高く評価されるらしい。間違いない。一貫している、不変であるということは誰しもが分かる特徴やアイデンティティを与えてくれる。それも素晴らしいことだ。しかし、その居心地の良さに満足してしまっては意味がない。特にそれが狭いコミニュティの中の場合その中でしか適応できないような考え方になっているかもしれない。一貫性という杭に縛られ、自己がこうありたいという欲求がこうあるべきという義務に変わったとき、そこに成長はないのだろう。一度不変の島に執着し取り残されれば、見事にガラパゴス化した異形の怪物の完成である。 とここまで自己紹介である。 そんな悲しき化物が冒頭で言われたように変化の兆しを見せている。それは紛れもなくア式という環境のおかげだろう。 大学に入り環境が大きく変わった。正直、大学でサッカーをするには未熟過ぎた。何も考えずがむしゃらにやってきたサッカーもミスをする度、心が折られた。あってはならないことなのに試合中に折れたことが何度あったことだろう。 サッカーをするには自分が変わらなければ。 異形の怪物は僕の中に未だ居座っているものの狭いガラパゴスを抜け出し、変化を求めているように思う。 周りから変わっ

神聖なる地

3年 奥谷勇樹(MF/西大和学園高校)  東京で一番好きな場所といったら僕の中では一つしか思い浮かばない。東京都文京区後楽 1−3−61 。ここに構える東京ドームだ。東京ドームといえば、有名ミュージシャンがコンサートを行う場所でもあるが僕にとっては野球場であり、読売ジャイアンツの本拠地である。  関西生まれ関西育ちの僕と東京ドームの出会いは小学一年生まで遡る。きっかけは父親が見ていた野球中継だった。たまたま見たその試合で野球、そしてジャイアンツの虜となった僕は巨人ファンになり、ドームに試合を見に行きたいという思いを強く募らせるようになった。しかし、甲子園の近くで生活していた僕の周りには当然阪神ファンしかいない。どうやら後から聞くと関西にもそこそこ巨人ファンはいたらしいが自分の近くにはおらず、まるで異端者かのような目で見られていた。だが、長崎のキリシタンが迫害されながらも信仰を深めたように、僕の中のジャイアンツ愛もどんどん深まっていった。  そして、遂に小学 3 年生の春。東京ドームと初めて対面することになった。地図も満足に読めない方向音痴な小学生が一人で東京まで向かったのだ。新幹線のチケットを無くして泣きながらも東京に辿り着いた僕にとっては聖地巡礼であり、その時の感動は今でも心に残っている。その時に行ったスカイツリーやサッカーミュージアムの記憶は無いが、 12 年経った今でも試合の内容を鮮明に思い出せるほどである。その後も定期的に東京ドームを訪れ、東京といえば東京ドームという認識を抱いていた。  しかし、中学生ともなると部活や塾などの用事が増え、まとまった休みは家族で旅行となり東京を訪れる機会がなくなった。再び東京ドームは僕から遠いものとなってしまったのだ。何とかしてもう一度東京ドームに行きたい。もう甲子園では満足できない体になってしまった僕は大学生になったら東京ドームの近くに住み、巨人の試合をしこたま見ることを決意し、勉学に励むようになった。  晴れて東京で大学生活を送れるようになり、駒場を勧める不動産屋をよそにドームまで自転車で行ける距離の物件を確保。こうして思い描いていたように、毎日東京ドームへ向かい、溺れるほど巨人の試合を見に行けているのかというと、年 10 試合ちょっとしか見に行けないのが実情である。ドームの座席に座っているはずだった時間東

確かなこと

杉山弘樹(2年/MF/駒場東邦高校) 4/21 ア式に入ろうと思う   部屋の隅に置いてあったノートのとあるページにこう書いてあった。去年の自分によると、僕はこの日に入部を決めたらしい。なんでこんなことが記されてあったのかというと、受験生時代の習慣によるものなのかもしれない。     現役時の受験には失敗し、ひどく落ち込みながらも、悔しさから来年こそはぶっちぎって受かろうと意気込み、もう一年の受験勉強が始まった。勉強する中で、何となく理解していたところを原理から深く理解できたときや知識が頭の中で体系化されていく感覚を得たときには楽しさを感じた。しかし、入試が近づいてくると不安は大きくなっていった。一度解けた問題も入試の極限状態では解けなくなるかもしれない、模試では偶々解ける問題が出ただけで本番では解けない問題が出るかもしれない。浪人した以上、絶対に落ちることはできないというプレッシャーも感じていた。そんなネガティブなイメージで頭がいっぱいになり、何度も不安に襲われた。   そんなとき、自分の気持ちを紙に書いて吐き出すようにした。自分が何を恐れているのか見えるように。そして、今までの自分を肯定し、これからの自分を鼓舞する言葉を書いた。特に、 2 月に入ってからは毎日のように書いている。ある種の日記みたいだ。でもそれだけ不安が大きかったのだろう。結局、大きな失敗はなく無事に合格することができた。     合格後、ア式の HP に訪れる回数が増えた。また、新歓の情報収集のために Twitter で東大ア式蹴球部をフォローした。ア式の存在自体は、以前ふとした時に東大サッカー部について調べたことがあり、さらには高校同期が入部していたこともあり知っていた。 HP の記事を見たりツイートを遡ったりしているうちに、東大ア式への興味が強まっていった。まず、ボールを保持しながら前進し攻撃を組み立てていくゲームモデルに惹かれた。こんなサッカーをやってみたいと思った。サッカーについて詳しくなりたい気持ちもあった。ほかにも、ア式でスポーツ科学を追究するフィジカルコーチがいたり、サッカーを切り口に世界一周した人がいたり、さらには、テクニカルスタッフの分析、元 J リーガーの監督の招聘、企業とのスポンサー契約など、しかもこれらを学生主体でやっているとい

私にとって

光内優花(4年/スタッフ/不二聖心女子学院高校)  feelingsの提出を依頼されたある日、『卒部まで書かないだろうな』なんて勝手に思っていたから不意打ちだった。締め切りは刻一刻と近づいている。 昨年11月 1つ上の代が引退して、私たちがこの部の最上級生となった瞬間。虚無感と不安に襲われた。憧れでキラキラ輝いていた先輩方の姿、親しく接してくれた先輩マネの方々がア式にいる日常は過ぎ去り、これまでの部活を純粋に楽しむ気持ちから、責任感とやるしかないって気持ち。それだけが大きくなっていった。 3月 まだまだ上がいる感覚と寂しさが抜け切れていないのか、違和感しかないまま。 4月 ア式に入部してとうとう4年目に突入。 こんな気持ちだった私もついに最上級生という自覚が湧いてきた。遅いって思うかもしれないけど本当にそう。先輩方が居なくなって、肩書きが変わって初めて自覚が湧いたのだ。大学生活って本当にあっという間。まあ、ここ2年間はコロナもあって特に時間が過ぎるのが早かった。 16名の新たな部員を迎え、私の残り1年のア式生活がいよいよ始まる。 数ある部活、サークルからア式を選んでくれたことに感謝でいっぱいだ。新入生には、自分で選択したのなら、思う存分楽しんで自分なりのやりがいを見つけてほしいし、ア式に入って良かったと思う瞬間をたくさん感じて欲しい。そう感じてくれたのならそれだけで、ここにいる意味があるのではないだろうか。私はそう思っている。 私の理想とする先輩像とは何か。それは、何事も卒なくこなし誰からも憧れられる人。これに当てはまる歴代のスタッフの方々には尊敬と憧れしかなかったし、当時の私は『そんなかっこいい先輩になりたいな』とただ漠然と思っていた。 でも、私にはそんなかっこよさは持ち合わせてないし、憧れる反面、部活と向き合う姿から、優花さんはこんな人って、私なりの先輩像を確立していきたいし、後輩たちに伝えていきたい。 スタッフはモチベを保つのが難しい時期が人それぞれある思う。ただ、そんな時に、私とシフト同じで嬉しな!なんて思ってもらえたり、辛い時や何かあった時に私になら少しでも話を聞いてもらいたいって思われる先輩でいたい。 そう思うのは、弱音を吐いたり心配事を親身になって聞いてくれた先輩たちがいたからだ。本当にありがとうございました。 実習期間中は、部活に顔を出せない日が多く

良いプレー

中山凛(3年/テクニカルスタッフ/静岡高校) プロの試合を観ていると、今のはナイスプレーだ、と思ったら監督は激怒していたり、それは微妙かな、と思ったらチームメイトは拍手していたりする。こういうことが起きるのは、チームによってするべき(でない)プレーが異なるからだろう。ゲームモデルが違うからとも言える。   では、試合中のプレーの是非は、そのチームのゲームモデルを知っている人達にしか判定できないものなのだろうか。   答えは多分ノーだろう。グアルディオラもクロップもシメオネも森保さんも、どんな哲学を持つ人でも「良いね」と言うプレーがきっとある。どんなチームにいても、どんな相手との対戦でも、それができれば自分や味方が少し楽になるようなプレー。もしもそういった普遍的な良いプレー(の定義・基準)を整理して選手に伝えることができたら、そしてさらに実践に落とし込めたら、チームを勝たせるというテクニカルの目標に大きく近づくはずだ。   この夢を叶えるべく、最近はずっと「良いプレーってなんだろう」と考えているけど、この答えはそう簡単には出ないと思う。一緒に悩んでくれる人がいると心強いし、そういう仲間は1人でも多い方が良い。この文章を読んでいる人達が、その一員になってくれることを願っています。そしてもし答えを思いついたら、ア式テクニカルスタッフとしてピッチに還元してくれると最高です。   入部、お待ちしています。     3年 中山