投稿

言い訳

「怪我をしない」 HPに掲げた今シーズンの目標が見事なフリとなり、入部から3ヶ 月で3回怪我をした。 僕が怪我人として外からピッチを眺める中、同期たちは確実に成長 していた。 いきなりトップチームのスタメンに抜擢される奴。少ないチャンス をものにして、ステップアップしていく奴。 昨日まで同じカテゴリーで練習していたはずの同期が、一人、また 一人と消えていき、僕が練習に完全復帰した頃には、自分一人だけ が取り残されていた。 つい数ヶ月前まで、同じスタートラインに立っていたはずなのに. . いや、実際はスタートから既に出遅れていたのかもしれない。 思えば、初めてア式の練習に参加した時、レベルの高さに度肝を抜 かれた。 だって、言っても東大よ?みんな勉強しかしてこなかったんじゃな いの? 練習初日で、その舐めた考えは一新された。 東大でさえ、自分が一番下手くそだとは思っていなかった。 どうやら、本当に勉強とサッカーを両立できる人たちがいるらしい 。 高校時代、本当の意味での文武両道は不可能だと思っていた僕は、 受験中心の生活を送っていた。 比率で言ったら、勉強7、サッカー3くらい。 いや、8:2くらいだったかもしれない。 とにかく東大に現役で受かることだけを考えていた僕は、そこそこ サッカーが強い高校に通っていたこともあり、当然ずっとBチーム に所属していた。 当時の僕は、それがベストな選択だと思っていた。実際Bチームで は毎試合出場できて楽しかったし、成績を維持するだけの勉強時間 は容易に確保できた。 しかし今思えば、僕は勉強を言い訳にして、サッカーに真面目に向 き合っていなかった。 受験を言い訳にして、Aチームに上がれない自分を正当化していた 。 本当に情けない。 運良く現役で合格できたから良いものの、もし落ちていたら、今度 はどんな言い訳をしていただろうか。 無事東大に合格した後、僕の大事なことランキング第1位から「受 験」が消え去り、自動的に「サッカー」が1位に昇格した。 だから大学入学後、ア式に入部することは自然な選択だったし、今 でも全く後悔していない。 (他のサークルの新歓に行かなかったことだけは後悔してるけど) ア式は本当に魅力的なチームだと思う。 良い意味で"浮いている''ア式が、Jユースや選手権常連校出身 ばかりのスポ薦軍団を

語るのはまだ早い

こんにちは。 2 年の植田です。   今回 feelings を書くことになったわけですが、 正直に言うと 気は進んでないです。 入部してから約10ヶ月経っても ア式で未だに何の結果も残せてない奴が自分のこと語り出しても なんかダサいなっていう か、 自分の変なプライドが邪魔する ん ですよね。 1回目の feelings 書いた頃は ぶっちゃ け 、最初の シーズン はコーチ陣が過大評価してくれたおかげ で割とうまく いってたのも あって 「来 シーズン は 最低でも Aに は 絡 め るや ろ 」みたいな慢心があった のは認めざるを得ないです。 せめて A への昇格とかリーグ戦出場とか最低限の結果 を出してから自分 のことはたっぷり語ろう と思います。 かといってこれで feelings は以上!なんて選択肢は多分俺には無い ん で、 まあ何かしらについて語らなきゃいけないわけです。   実は最初、今シーズン数人退部者が出る中で中高の同期が1人休部しちゃったのもあって「サッカーを続けることをどうやって肯定するか」とか「サッカーが嫌いになりかけたときにど のような行動を起こせばいいのか」 とかについて feelings の場を借りて自分の考えを書こうとした ん ですけど、 他の人 が既に 書いている ようなことばかりしか思い浮かばなかったの と、サッカーを続けることは肯定できてもサッカーを続けないことはあまり否定できなかったの と、やっぱりプライドが邪魔したの が理由でこの案はボツに。 そういうわけで、 最初自主的にf eelings を書くことを申し出たにも関わらずあんまり気が進まない状態になってしまった ん です。 某 feelings 担当者さん、ごめんなさい。   言い訳が終わったところで 本題に移るわけですが、さて何について書きましょう。 まあ今シーズンの自分といえば とにかく「怪我」かなって思うので、 これについて書こうと思います。   マジでこんなに怪我に苦しめられたことはないです。 シーズン始まって1週間で軽い肉離れやらかして、完治しないまま無理矢理復帰して、 謎の睡眠障害も始まり、 コンディションは完全に崩壊。ちょっとずつコンディション戻ってきたかなって思ったら今度は 分離症。 昔からの悩みだった膝と足首も再発 。それでも離脱しないから案の定怪我

未来の自分を黙らせろ

こんにちは。一年プレイヤーの折田舜です。さてこうして Feelings を書く機会をいただいたわけですが、さして気の利いたことも書けないので、 需要があるのかはわかりませんが 自分がア式に入ろうと思った理由、入ってみて思ったことなどを書いていこうと思います。 ア式に入ってからまだ日が浅いので、長々と僕の自分語りが続きますが、どうかお付き合いください さて、僕は小学一年生からかれこれ10年以上サッカーを続けてきたわけですが、実は中学一年生からまともに試合に出たことがありません。僕自身はサッカーが好きで、試合に 出れないのが 悔しくて一人で自主練をしたり してはいたのですが、本当に試合に 出れず 、中高の6年間で、「折田は 頑張ってるから 試合に出してやりたかった ん だけどな」という言葉を何度も聞いてきました。とはいえ僕が欲しいのはもちろんそんな言葉ではなくスタメンの座だったので、日々悔しい思いをしてきました。結局高校でもまともに試合に 出れず、 部活を卒業し、受験勉強が終わった時、ふと「なんのためにサッカーをしてきたのだろう」と思いました。頑張りが足りなかったのでしょうが、自分なりに色々やったにも関わらず試合にもまともに 出れなかった ことを思い返し、今までサッカーに費やしてきた時間は何だったのかと思ってしまったのです。 とはいえそんなことを思っても使ってしまった時間は返って来ないわけで、このまま大学もサッカーを続けるのかどうかっていう話になってくるわけですが、不思議なことに大学でア式に入ることへの迷いはありませんでした。 やはり今度こそ試合に出たいと思ってしまったのです。 迷い はなかった とは言いましたが、 この選択が正しかったかと聞かれれば、現状では自信を持って正しかったと答えられないというのが本音です。 ア式に入るということは、真剣にサッカーをやるということ な わけで、つまり自分のエネルギーや時間を大量に注ぎ込まなくてはいけないわけです。ですがそのことを考えたときに、ふと今までの自分はそこまでサッカーに情熱を注ぎ込んできたのかどうか、疑問を持ちました。当時の自分は全力でやっていたとは思っていましたが、 その頑張りに今の自分は 疑問を持ってしまったのです。そして今度こそ、未来の自分が疑問を持たないほど徹底的にやってやろうと決意を決めたのです。 この選択が正し

変化

こんにちは。女子部2年の加藤です。4月に途中入部しました。今回は2年生になった自分の環境の変化を受けて思うことを書こうと思います。 多くの大学生の方々と同様に、昨年はほとんどの授業がオンラインで大学に通う機会がなかったため、新しい出会いに恵まれませんでした。人とのつながりをあまり感じられず、深い関係性を構築できないままに、一人で黙々と授業を受け、課題をこなすだけの日々を過ごしました。新しいことを始める気にもならずなんとなく大学1年生が終わりました。 そのような生活を自嘲して「高校5年生」なんて呼んでいたのですが、さすがにつまらない、マズいと思い、2年生になるタイミングで大きく環境を変えることにしました。諸々の事情により部活をできるような状況になったのと、声をかけ続けてくださったア式の先輩方のおかげでア式に入部できたことに加え、駒場の中でも比較的重いらしいゼミに入ったことで、実際かなり生活が変わっていると感じています。 まず、ゼミでの学習や人との出会いは自分の進路の選択肢に大きな影響を与えています。ゼミに入ってみて、東大には学問を楽しむ人たちが多く集まる環境が当たり前にあることに驚いたとともに、そのような環境に巡り会えたことを嬉しく思いました。自らの意見を共有し、フィードバックを受けるプロセスの積み重ねが、自分の意見を強固にしたり、時には覆したりする面白さに気がつかせてくれたのがゼミの仲間達です。そのような刺激的な場所に身を置く中で、自分がこれから何を学びたいのかが少しずつ見えてきました。「他人という鏡を通してしか自分を見ることができない」ということを感じつつ、曇りのないきれいな鏡であるゼミ生の皆さんに自分の像を映してもらう機会がたくさんあることに感謝しています。(こんなところで言うのは良くないとは思いながら、ハイスペックすぎるゼミ生たちに囲まれているおかげで、自分の発表があまりにお粗末に見えて、まるで公開処刑になっていたことに苦言を呈しておきます。みんな個性的で素晴らしい人たちです。) そしてア式に入ったことは生活面でも意識面でも自分を大きく変えました。率直に大好きなサッカーができることが楽しく、充実した毎日を送ることができています。そしてチームに関して、昨年入らなかった自分に声をかけ続けてくださっていたのもそうですが、一人一人がお互いを思いやっているのがわかってき

challenger

はじめまして、一年生の石川です、あだ名はイシコです、 よろしくお願いします。 東京オリンピック 2020 がもうすぐ閉会しようとしている。 選手たちの真剣な姿を応援するのが本当に楽しい。 やっぱりスポーツっていいなと改めて実感した。 スポーツ選手はみんなかっこよく見える。 髪型がかっこいいからかなーと思い美容院に行った。 美容院でいつも通り、スッキリ、カッコよくしてください、 と漠然とオーダーして、自分の髪型に満足してる今、 feelin gs を書き始めてみて、唐突だが、 ア式に入れて自分は幸せ者だ!! と、率直に思っている。 ア式を初めて知ったのは、数年前の双青戦 ( 東大と京大の定期戦 ) だ。先輩が忙しい合間をぬって、 高校の練習によく参加してくれた。サッカー部の顧問である、 栗さん、通称赤ジャー、にあの先輩のようなプレーを目指せ、 双青戦を見に行ってこい、と言われて観戦しに行った。 もちろん先輩のプレーはすごかったが、歴史を感じる校舎、 人工芝のグラウンド、試合を支配するかのようなパス回し、 活気ある応援など、いろんなことに驚いた。 自分もここでサッカーをしたいなと思った。が、 自分の学力を考慮すると、だいぶ厳しい。 先輩と自分は学力面でもサッカー面でも次元が違うから、 自分とア式を結びつけることがどうしても出来なかった。 だが、 きっペーくんやミライによってア式が自分にとって近い存在になっ た。不器用な自分でもア式に入部できるんじゃないかと思い、 浪人した。 浪人はシンプルにきつかった。毎日長時間勉強し、 1 日の楽しみは 、友達との昼食と夕方のコンビニくらいしかなかった。 夜は自分へのご褒美として YouTube でモチベーション動画を 小一時間みていた。そこで見つけたのが、 近畿大学の卒業式での又吉直樹のスピーチ。 「嫌なことやしんどい夜が続くとき、 これは次にいいことがあるためのフリだ」 この一節に自分は勇気をもらった。 全力投球してみたら何かが起こるかもしれない。 これまでの自分の人生を振り返ってみると、挫折ばっかりだった。 だけど、どんな挫折も自分にとって良い経験値となり、 自分の人生をより豊かにしてくれてると思う。 今、やっぱり入部して良かったと思う。というのも、 サッカーを真剣に上手になろうとする選手たち、 質問をしたら親身に相談にのってく

ア式に入って感じたこと

ア式蹴球部に入ること、そこに迷いはなかった。 なんなら少しだけ夢が叶ったような気がした。 私は計画的に生きたことがない。 憧れや目標を定めて、それを追求することは苦手だ。 だけど、どうしても、ア式には入りたかった。 半分くらいはそのために高校卒業後の一年を費やしたといっていい。 なんでそんなに入りたかったのだろう。 私は特別サッカーの才能があるわけでもなく、 10 年選手であるとかいうわけでもない。 高校から始めたばかりのサッカーに、そこまで固執する必要もない。 今でこそ、サッカーがなかったら何もないような生活を送っているけれど、別に他の選択肢だって無限に近いほどあった。 でも、だって、楽しそうだったんだもん。 正直、色々な大学のサッカー部を見ても、入りたい!という衝動は起きなかったのだけれど、東大に女子サッカー部があると知った瞬間、あ、入ろう。と思った。 先輩方だって、ほとんど限りなく存在する選択肢の中で、ア式を選んでいる。 綺麗で可憐で頭脳明晰な女子大学生が、一生懸命サッカーをやっている。 いやいや、そんな人たちの集団って絶対面白いじゃん。 そう思ってア式に入った。 入部してまず感じたことは、ザ・多様性だ。 字面だけ見れば、なんだかありがちな感じがするけれど、これを維持することってすごく難しい。 「個性豊か」という言葉はよく耳にするけれど、それは異なる人間が集まれば必ずそうなるわけで。ここで言う多様性とは少し違う。 集団において一定の向かう方向がある中で、様々なルートでそこへ向かう人がいることを多様性というような気がする。 集団で行動する中で個性が犠牲になることはやむを得ないし、少しはそうでないと集団は崩壊してしまうかもしれない。 でも、ア式では皆が自分を削らないままで、集団としてのまとまりが維持されている気がする。それも多様性の幅がかなり広いのに。その両立がすごいと思った。 この状態が保たれるためには、各人が他者を尊重することが必要だと思う。 これは部が、というより個々人の人格の問題なのかもしれないけれど、ア式には他者を尊重する気持ちが溢れていると感じた。しかも皆それを意図しているようには見えない。 そして、他者を尊重すること、自分を尊重することは、循環するものだということも感じた。 他人の大事なものを認め、それを害さないことは、多様性を構築し、自分自身の大事

世界線

自分がア式蹴球部に入部した世界線と、 入部していなかった世界線と。 その間に、自分はどれだけの違いを作れたのだろう。 わがままを最大限押し通して、しがらみも衝突も必ず生じることを承知で、それでも受け入れてくれたこの部活に、自分は何を返せたのだろうか。 ア式蹴球部が自分を受け入れたことは、果たして正解だったのだろうか。 最初にア式蹴球部に興味を持ったのは入学した時にテント列で誘われた時だ。 ア式の試合動画を見て、GKを起点とする流れるようなパスワークで相手の守備を切り崩すスタイルに、(失礼ながら)東大でもこんなサッカーができるんだと素直に驚いた。 その後は何度か練習に参加もしてみて、ゲームモデルの存在を知り、こんな面白い、そして知的なサッカーを、こんなに恵まれた環境で思う存分できたらとても幸せだなと思った。 でも同時に、自分はやっぱりア式に入ることでの機会損失が怖かった。 元々自分は大学でサッカーをするつもりはなく、どちらかというと課外活動に力を入れるつもりだった。特に海外に出たいという思いが強く、ア式に入部すると海外に行くことが難しくなるのが、プレイヤーとして入部する上での最大のネックとなった。テクニカルとして何とか入部できないか相談もしたが、当時は夏休み期間の公式戦に出られないことがほとんど確実な状況で入部することは認められず、タグ付等の作業をア式の外部メンバーとしてやらせてもらってはいたものの、夏休みに入ったタイミングでその仕事も辞め、一旦そこでア式との縁は切れた。 こうしてサッカーとは無縁の生活を送る一方で、中東や欧州をバックパックしたり、色々なプロジェクトに首を突っ込んだりしていた。それらはそれらで非常に良い経験になったし、それらは今の自分の活動の軸になっているし、自分の選択に後悔はない。だが、そうした生活を続ける中で、やはり自分の中にポッカリ空いた穴がある感覚は拭えなかった。 高校同期のキャプテンでア式に入部した松波は、秋口には一年生ながらスタメンに定着し、ア式の中心選手になっていた。そのキッカケもあり、たまにア式の試合をYoutubeで見るようになり、相変わらず綺麗なサッカーをするなと思うと同時に、自分ができなかった選択をし、様々な犠牲を払いながらもピッチ上で輝く彼らに、サッカーの次に本気で向きあえる 「何か」を探して苦しんでいた自分は、とても嫉妬してし