投稿

自分と付き合う

 このブログを書いているのが、 2021年4月12日。東大の創立記念日で入学式が行われてい るので授業がなかった 。 ラッキー、と思うと同時に、 え、あの入学式からもう2年も 経 ったの? とショックを受ける。 気づいたら大学3年生で20歳。ほんとついこないだまで高校生だった気がす るのに 、成人もしたし大学生活ももう後半戦。周り の友達が いつの間にか就活の話をするようになった。幸い自分 は理系だし 、 親にも院に行っていいと言ってもらっているのでおそらく大学院に進学するが、自分たちがそろそろ社会に出る年齢だという 事実に正直焦る 。 コロナで1年間がすっぽり抜け落ちたような気もするが、それでも大学に入って何 か成し遂げられたのか、何か成長できたのか。自信をもって答えられることは今のところないように思う。 1日1日は、到底満足できるレベルではないけど、それなりに頑張って生活してきたのに 、 感じるのは漠然とした虚無感。 サッカーの話をすると、この前の週末に東京都リーグが開幕、最後から2番目のシーズンに同期の多くはAチームの主力として活躍する が、自分はずっと育成 。この前の土曜日も、去年まで関東リーグにいた青学と同期の選手がやりあってるのを YouTubeで昼飯を食べながら見た。 とまあここまで書いた文章を振り返って、なんかすげぇ暗い声で下向いてぼそぼそしゃべるような文章書いてんな、と感じてます。Feelingsで、ある程度の分量をマジメに書こうとするとどうしても反省、とか後ろ向きなことを書いてしまって、別にそれ自体は良くないことではないと思うし、自分みたいに結果が出せてない人はちゃんと自分自身を批判的に振り返って行動を変えていかなきゃいけないんで必要なことだと思います。 でも、 「 真鍋公介 」 として20年間生きてきて 少しずつ自分のことがわかるようになって、こいつはこういう後悔とかモヤモヤを正のエネルギーに変えられる奴じゃないな、とも思う。むしろそういう 感情を感じたときに、必要以上に重くとらえてしまって、結局それから目をそらしたり逃げたりしてしまうクセがある。ア式でも、正直ずっと何かにビビりながらサッカーしてたし、だからあんまり楽しくなかったし、上手くもならなかったし、部の人とのコミュニケーションにも積極的になれなかったと思ってます。だから、こいつ何甘えた

初めての自分語り

  feelings の担当が初めて自分に回ってきて、改めて他の人たちがどんな文章を書いているか、覗いてみた。やばい。自分がなんとなく思っていた事全部(考えてもみなかったようなことまで)自分より明瞭に、自分より魅力的に、しっかり言語化されちゃってる。締め切り 2 時間前。やばい。 、、、やっぱりはじめての feelings だし、自己紹介も兼ねて、(新歓のタイミングで入り損ねてア式に入るか迷ってる人や、受験生の人に向けて)どんな人間がどんな経緯でア式に入ったのか僕の経歴を書いていこうと思います。 小2の時に親に勧められ、スポ少のチームでサッカーを始めた。その後地元の公立中で三年間サッカーをやり切った僕は、高校に進んだ時も当然のようにサッカー部に入った。結果、完全燃焼することができなかった。埼玉のそれと質の全然違う東京のサッカー(言い訳)に苦しんでるうちに高 2 の秋で早すぎる引退。不完全燃焼のままダラダラと受験勉強をしているうちに気づけば浪人。都内の進学校から一浪して理科 2 類に合格という典型的な道を進んだ(因みに、浪人した方が人間として厚みが、、なんてことはないから現役生はがんばれ、浪人生もがんばれ)。そして入学後、自分に大学サッカーで通用するような実力などないことは分かっていたし、緊急事態宣言下で新歓がほぼなかったこともあり、部活やサークルは特に入らなかった。オンライン授業が始まり、家に籠りスマホ片手に授業を受け、アマプラを見て、高校の友達と夜な夜な通話してゲームをする生活を送った。夏休みも基本、外出を自粛し、たまに高校同期と遊ぶだけ。それは想像していた大学生活とかけ離れたものだった。そんな日々に飽き飽きしていたし、刺激的で熱中できる何かを常に求めていた。 やっぱり僕にとってそれはサッカーだった。 一度サッカーをしてしまうとやっぱりたまらない。遊びでフットサルをやると我を忘れて走り回る。終わってみると、体は疲れ切っていても、心にはもっとボールを追っていたいとどこまでも満たされない欲求が溢れてくる。 そんなわけで今、ア式蹴球部である。 ア式に入ると週に 1 日しかオフがないため旅行とかにも全く行けず、よく遊びに誘ってくれる友達には早くやめろよといっつも言われている。確かにずっと育成チームで、 A チームに上がって活躍する " 勝ち筋 " みた

備忘録2

ふと落ち着いて自分の今について考えてみると,なんとも言えない気持ちになることが多い . できるだけ面白くしようと頑張ってきたつもりだし , やりたいと思ってきたことはある程度達成してきた実感もある . でも , 「なんだかなぁ … 」という感覚がどうしても残ってしまう .   理由はずっと考えてきたけど ,  正直よくわからない . 自分に原因があることは間違いがないのだけど ,  原因特定はできていない . それでも ,  どうしたら自分の人生が面白くなっていく可能性が高いのかということが ,  少しずつ empirical にわかってきた気がする .  またも備忘録的に記しておきたい .     「面白くしようと頑張ってきた」と言ったが,そのきっかけを作ってくれたのはいつもその時に出会った “ 人 ” であるということが多かったなと感じる .   東大受験のきっかけを作ってくれた高校時代の友人 ,  レイソルに導いてくれた GK コーチ ,  なんか顔合わせから仲良くなった上クラの人 ,  僕をもう一度サッカーに引き戻してくれたア式の先輩方(まとめてすみません) ,  研究室の教授や先輩など …   どんな出会いも自分から意図して起こすことはできないわけで ,  (ここにあげられていない人も含め)これら全ての出会いは “ 偶然 ” あるいは “ 奇跡 ” である . できることであれば,このような出会いを意図して増やしていきたい . しかし,コントロールできることではないということは直前に確認したばかりである .     ではどうするか .   まずは違う環境やコミュニティーにいた状態では,そもそも出会える可能性がないわけなので適切な環境に身を置くことは大事だと考える . ただ,たとえ同じ環境で一緒に時間を過ごしたって,コミュニケーションをとって関係が生まれないと “ 出会い ” とはならないわけで . そういった意味で,関係が生まれていくための工夫も必要である .   “ 他者 → 自分 ” の方向性を持つことは基本的にコントロールできることではないので,新しい環境へ飛び込んでいくなど,自分からアクションを起こしていく “ 自分 → 他者 ” の方向での工夫が必要である . この文脈では “comfortable zone”  という言葉がよく使われるけれども

大人になる

二ヶ月ほど前に成人式を迎えた。中三の冬に同じ市内ではあるが引っ越しをした自分にとっては、小中時代の地元をゆっくりと歩くのはおよそ五年ぶりのことであった。 思ったより代わり映えのない景色とそこにあるわずかな移ろい、そのどちらにも幾らかの感慨を覚え、少年時代を回顧した。 僕は大人になれただろうか。 そう自らに問いつつ、成人した今の自分と比較してみる。 断片的な記憶から当時の思考を再現すると、今と大きな違いはないように思えてくる。 サッカーと出会って以来、チームの練習や試合で仲間たちと、公園で1人、スタジアムやテレビやyoutubeで、と色々な方法でサッカーと触れ合い、そのどれもがとても楽しくて、そんな楽しみを与えてくれるサッカーが大好きなところ。 ゲーム、アニメ、漫画、ドラマ、お笑い、音楽、読書など、どんな文化でも少し知るとすぐにはまってしまうところ。 特に漢字好きでもないのに突然「魑魅魍魎」や「黴」などの気色の悪い難読漢字を書けるように勉強したり、大して進めてもいないゲームの攻略本を読破したり、名探偵コナンで登場人物があらかた出る部分まで読むとそこで犯人を勘で予想し、事件や推理の部分をすっ飛ばし最後だけ読んで答え合わせをしてしまったりなど、どうでもいいようなことを急に知りたくなる謎の知的好奇心を持ってるところ。 実際今でも、部活に入って毎日サッカーしてサッカー見て、変わるがわるいろんなジャンルの文化にはまって、「良いお年を」って挨拶の「お年」っていつのこと指してるんだろとかどうでもいいことを真剣に考えて調べ出してと、これらは今も昔も変わらず持ってる部分である。 それでもやはりもう少し考えを深めてみると、今の僕には10代のうちに構築された、幼い頃にはなかったような心的傾向があることにも気がついた。 それは、自と他、自尊心、この二つについてのものである。 僕は、これまでの人生を通じて色々な人と出会い交流する中で、自分の感じることと考えること、そして他者が感じることと考えることの間には想像以上に違いがあることを知った。 共有してると思い込んでる世界は全て目や耳などを介して各々の脳で解釈してるにすぎないものであるのだからそれも当たり前のことである。 頭で考える分には当たり前だと思えるようなことで、僕自身理屈の上では小さい頃からわかっているつもりだったが、これをきちんと理解し始

迷ったら

試合には負けた。それでもこの試合は見ているものを熱くしてくれた試合。ピッチの中にも外にも頼もしい人がいっぱいいる、そうピッチ脇で見ていて感じた。  さてようやく原稿に手をつけたのが締め切りの2日前。提出物に取り掛かるのが締め切りギリギリになってからというのは20歳になっても変わらないらしい。(2日前なんてギリギリじゃねーよと言いたい人もいるかもしれないが)  これが初のfeelings。自分は去年までスタッフをやっていて今季から選手に転向したという、ちょっと珍しい境遇にあるのだから周りの人は書くネタなんて豊富だろうと思うかもしれない。スタッフから選手に転向しようと思ったきっかけ、そのような決断に至る過程などなど。。。しかし今は上手く自分の中で整理できていないし、それよりも書きたいことができたので別のことを書こうと思う。      自分はGKというポジションを務めている。その名の通りゴールを守るポジションであるが、このポジションは少々厄介で、自分よりも後ろにはゴールしかないためミスをしたら失点につながる可能性が高い。故にミスをしたらどうしようという後ろ向きな発想に行き着くことがある。そういうメンタルでプレーをする場合は大概ミスを連発する。ミスをした場合、フィールドプレーヤーから「それくらい止めろよ」といった類の言葉が飛んでくる。GKをしている本人は「あぁやっちまった」といった程度の後悔で済むなら全然良い方で、最悪の場合頭が回らなくなり、無口になる。    このように時には孤独にも思えてしまうGKというポジションだが、そんな自分に勇気を与えてくれるものは意外と周りにある。試合の時に全力でファイトしているフィールドプレーヤーたち。その姿に励まされ、自然とネガティブな考えはなくなる。ピッチ脇でフィールドプレーヤーよりも声を出しているobコーチ陣。一緒に盛り上がってくれるスタッフ陣。彼ら彼女らが目に入れば一緒に戦っているのはフィールドの選手だけじゃないと感じる。同じポジションのGK陣。彼らがいいセーブをすれば俺もと思うし、ミスった時には声をかけてくれる。他校で運動部に所属している高校の同級生。あいつも頑張っているからと勝手に元気をもらっている。    こういう人たちがいつも頭の中にいるわけではないから人は悩んだり、迷ったするんだろうけど、そんな時にはこの人たちを思い出そう。そ

笑って泣いて最後にまた笑おう

高校生の頃からサッカーを本気でやってみたいなと思っていた。だからア式女子への入部はあまり深く考えずに決めた。 1度だけ体験練習に行って、数日後のア式女子会で入部の意思を伝えた。先輩方はかなり想定外だったみたいで、ミラノさんやしゅうさんが「えっ、ほんとに?えっえっ」と動揺していた姿は今でも鮮明に覚えている。 こうして始まった私のア式女子としての4年間。 楽しいこと、しんどいこと、悲しいこと、嬉しいこと、色んなことが詰まった、あっという間の4年間だった。 ・1年目 できないことばかりだけれど、毎回の練習が楽しくて仕方なかった。先輩方から色んなことを吸収して実践に落とし込む、自分のプレーひとつひとつに一喜一憂する、そんなことの繰り返しで気付けばサッカーに夢中になっていた。 試合中は分からないことだらけで、先輩や周りの声に頼ってひたすら走ることくらいしかできなかったけれど、90分やり切った時の達成感がたまらなかった。 しかし関カレ期間中に膝を故障した。痛みを我慢しながらプレーを続けていたことも原因なのか、完治にはかなりの時間を要した。 練習中も試合中も、私ができることは筋トレをするかみんなのサポートのみ。同期がどんどん成長していく姿を見て、私だけ取り残されていく恐怖に常に襲われていた。 部活辞めたいなと思うこともあった(たしか以前のfeelingsで書いた記憶があるが)。 この時チームを離れる選択をしなかった私の意思を今更ながら褒め称えたいなと思う。 ・2年目 かわいい後輩ができた。けれど私は相変わらず怪我でまともにサッカーができておらず、後輩にまで追い抜かれてしまうのではないかという新たな恐怖が生まれた。 一つ変わったことといえば、この頃からボールと戯れることが増えた。藤岡さんに、「部活に来て、何が楽しくてリハビリだけしてなきゃいけないの?サッカーはそんなつまらないものじゃない。怪我が悪化しない範囲でもっとボールと遊んだらいいよ」みたいなことを言われたのがきっかけ。リフティングとか、簡単なボールタッチをしてたくさん遊んだ。 私のボールタッチが上手いと色んな人に言ってもらえるようになったのは、この期間があったからこそだと思う。だから藤岡さんの何気なく放ったこの言葉には本当に感謝しています。 やっとの思いで復帰できた頃には関カレも後半戦に差し掛かっていた。久しぶりの試合で正直

幸せな4年間に感謝

高校生の時、「東大に女子サッカー部ができたらしい」と知ったことで私は東大を目指すことにした。 そこから受験勉強、家庭環境の変化、大学生活、海外経験、就職活動、本当に色々なことがあった。 様々な経験を経て私の人生が大きく変わったこの数年間に、常に軸としてあったのがア式女子だった。 合格発表の日にア式女子のビラをもらって先輩と初めて話したこと、体験練習で当時4年生のかなさんが上手すぎて感動したこと、入部式で緊張しながら同期全員と顔を合わせたこと。わくわくでいっぱいだったア式女子での最初の日々は鮮明に覚えている。 小3でサッカーを始めたものの一旦高校でサッカーから離れていた私は、久しぶりに思い切りサッカーができることが楽しくて仕方なかった。 人工芝のグラウンドでボールを蹴ることができて、文京LBレディースでは元Jリーガーのコーチに教えてもらえて、関カレと都リーグでたくさん試合の機会があって、こんな恵まれた環境はなかなかない。 (補足しておくと、ア式女子部員は地域のクラブ「文京LBレディース」に全員所属しており、週4回の練習のうち2回は文京LBレディースの練習。中高生、他大生、社会人、ママさんなど多様なバックグラウンドの人たちと共にボールを蹴り、東京都リーグには2部と5部に2チーム体制で出場している。) 高校生の時に続ける環境がなくてサッカーから離れた経緯もあり、素晴らしい環境でサッカーができることにひたすら喜びを感じていた。 2年になってからは色々と意識が変わった。かなさんが引退して10番を継ぐことになったこと、新歓をして後輩ができたこと、来年は自分が主将と新歓長を兼任すると決まったこと、これらのおかげで主体的に部に向き合えるようになったと思う。 クラスもサークルも楽しかった1年の頃と比べて自分の中で部活の占める割合が高くなり、同期を中心に部員とぐっと仲良くなったのもこの年だった。 関カレでは1試合も勝てなかった。1年の時は2勝できていたからこそギリギリの試合を勝ち切れないことが悔しかったし、サッカー経験者が私1人だったから自分の力不足を感じた。それでも大学からサッカーを始めた同期がどんどん上手になったり、後輩がすごいスピードで教えたことを吸収したりしてくれるのが嬉しくて、こういうのもア式女子の素敵なところだな、と感じるようになっていた。 執行代となった年は新歓で大成功。