ネガポ辞典

橋本晃次郎(1年/MF/高松高校)


 最近ネガティブになることが多かったからかわかりませんが、1冊の本のことを思い出したので紹介してみます。その名も「ネガポ辞典」。ネガティブな単語やセリフをポジティブなものに変えちゃいましょうって感じの趣旨でつくられたんだとは思いますが、とにかくいろんなネガティブ単語とそれを変換したポジティブ単語が羅列されているという単純な本です。本当は東大生らしく小難しそうな、意味ありげな本を紹介したかったんですが、あいにく本をあまり読まないので無理でした。嬉しげに紹介してますが、この本自体も自分で見つけたものじゃなくて、中学一年の時の担任の先生がクラスで散々宣伝しとったんで、じゃあ読んでみるか、というかチラッとみてみるかって感じで手に取ったのが始まりです。本との出会いとか語るんは小学生の読書感想文の冒頭のお決まりパターンっぽいんでこれ以上はやめときます。

 

 さてここで、ネガティブな青年晃次郎くんが自己紹介をするとしましょう。

 

 はじめまして。香川県から来ました。橋本晃次郎です。僕はケチでせっかちで自己中やし、すぐなんでも諦めるし、飽き性やし、汗っかきやし、すぐ落ち込むし、わがままやけど皆さん仲良くしてください。

 

 自分で書いとって気持ち悪いけど、ネガポ辞典を活用すれば、、、

 

 はじめまして。香川県から来ました。橋本晃次郎です。僕はエコロジー活動に積極的で、時間を無駄にせんし、自分のこと大切にするし、切り替え早いし、いろんなことに興味あるし、ハンカチのありがたさに気づけるし、責任感強いし、自分の気持ちに正直になれるんで、皆さん仲良くしてください。

 

 これはこれで余計に気持ち悪いかもしれんけど、自分に自信を持てているということでいいんじゃないでしょうか。とにかく言いたいことは、いつもネガティブでいるよりかは、たまにはポジティブに捉え直して自分に優しくしてあげてもいいんじゃないかってことです。別にネガポ辞典買わんくても、心の中のマイ辞典でもいいですし、なんやったら無料アプリまであるみたいなんで是非是非。

 

 最後に彼女のいないア式の一年へ(自分含む)。彼女いない=運命の恋物語がこれから始まる らしいで。

 

コメント