投稿

続いていくストーリー

    玉川戦の終了の笛が鳴った時、自然とピッチに倒れ込んだ。   「やっとだ」   昇格の喜びはもちろんあったが、安心感や解放感が大きかった。 達成感でいっぱいだった 2 シーズン前の昇格決定時とは違う感情 2 年前よりみんな泣いていた気がする。   未だかつてないほどイレギュラーなシーズンを最終学年として戦ったこの 1 年を 改めて振り返りたい。     毎年 4 年生の存在はチームの核であり、自分たちが 3 年の時もそうだった。 後ろからチームを支える頼れる主将副将、中盤の要、ア式の心臓 彼らが抜け、毎年恒例のように新チームの練習はふわふわしていた。   「もう 4 年はいないんだ」「誰がチームを引っ張るんだ」「基準が低い」 またこの言葉、いつも通り   個人的には最終学年として迎えるシーズンには強い思いがあった。 初めて挑んだ 1 部の舞台、期待されていた中で怪我に不調に何もできなかった前期 後期も復調はしたもののチームに何か残せた訳ではなく敢え無く降格 本当に情けなかった、だからこそラストシーズンは全てを捧げるつもりでいた。   そう思っていただけにオフ前の練習の質の低さはフラストレーションが溜まったし ミーティングの最後に何か言っても手応えがなかった。 赤木とかはこの頃から相当なモチベーションでやってたのを覚えているけど   こんな感じの日々が続いたまま、東京都トーナメントも敗退し長期オフを迎えた。 オフ前の練習に不満を感じていた選手は同期を筆頭に多かっただろうけど、自分を含めてその状況を変えられたわけではなかった。 頭も身体もリフレッシュして新年の練習はいい雰囲気でやりたい、なんて期待していた。   このオフの間、東京都選抜の交流戦や遠征に参加させてもらった。 ア式にいるだけでは感じられない刺激を肌で感じまくった。 他県の選抜との試合を通して、自分はやれると思えた。 JFL のチームとの試合を通して、自分はまだまだだと思えた。 1 部リーグで戦った選手に言われた「東大はうまいけど怖くなかった」が悔しかった。 この経験で得たものを必ずア式に還元すると誓いオフ明けを迎えた。   驚くことにオフ明けからのチームの状態はかなり良かった。 俺が経験した 3 回の中でも、一番いいプレシーズン きっとみんなオフ中に色々思うところを整理してやるべきことを明確にしたんだ

ごめんね。

 「みんなに謝らなきゃいけないと思っていて、」 そう切り出した彼の息は少し震えていて、いつもより赤くなった目が真剣さをよく表していた。怒る時より、感謝する時より、自分は悪くないけどパフォーマンスとして謝らないといけない時より、自分が悪くて謝るのが一番堪えるのだ。 さて、私もみんなに謝らないといけないことがある。 少し長くなるかもしれないけどよかったら付き合ってほしい。 ===== ア式との出会いはふわっとしていた。練習を2回見学しただけで入部を決めてしまったので、新歓係の槇さんやみっつさんでさえ私の名前を把握していないほどだった。 「なんとなく」。 勢いで決めてしまったこの選択を4年間の働きで正当化する、そう入部式で誓った、はずだった。 同期スタッフの2人がテクニカルスタッフとトレーナーという専門的な役職に就いたおかげで、特にこれといった興味もなく入部した私に「その他雑務」みたいな仕事が回ってくるのは自然な流れだった。 そんなふわふわした私でも面白そうと思うくらい、ア式の活動はバリエーションがあった。 先輩のやること為すこと全部が気になって金魚のフンみたいに後をつけていたし、生意気にも「こうやったらいいんじゃないですか?」って提案をしたりしていた。 だけどあんまり「そういう感じ」にならないように、ア式に対して愛着を持たないように気をつけていた。「そういう感じ」になれば自分が頑張ってしまうのはわかっていた。お節介なところ、頼られるといい気分になって引き受けてしまうところは私の良いところでもあり、悪いところでもある。 ア式のためではなくて自分のその瞬間の好奇心を満たすため、というのを自分自身意識しながら、あくまで軽い気持ちで色々なことを進んで経験した。 でもまあ結局「そういう感じ」になってしまったのだ。 2年生の夏に、糸谷さんと彩さんから引き継いで学生GMに就いた。そして今年、2年半も持っていたこの役職を誰にも引き継がずに引退することにした。 今の1年生は私がやっていた学生GMという役職についてほとんど知らないと思うので少し紹介しておく。 私が入部する数年前(5,6年前?)にこの役職は出来たらしい。 「運動部のマネージャー」と言って一般的に想起される甲斐甲斐しい女子のイメージ。大学体育会の学生スタッフの役割がそこに留まらないのは近くで見ていれば当然わかるのだが、周りも本

大事なことは冒頭に

まず、はじめに去年は様々な人の多くの力で部活をやり抜くことができました。本当にありがとうございます。 丸山君、大田君、西山さん、八柳さん、富永さん、天野さん ほとんど会ったことないけど、(一回も会ってない人もいるな)本当に去年の春はお世話になりました。ありがとう。 4年間を振り返ると 中略 Feelingsに書くようなことはないですね。本当に。結構自分の中で振り返って真面目に考えたけど、どう書いてもつまらない内容にしかならないわ。 後輩へのメッセージは、、、 応援してます。頑張って! 以上 4年間お世話になりました。 鶴田智也 P.S 卒業feelingsは書き終わりました。が、流石に字数が足りない。字数稼がないと。みんな長いし。 4年間と言うのは日々の積み重ねだ。1日1日を大切にすることからとよく言われる。というわけで、俺の一日一日でも振り返るか 1/16(日) やっべー、遅れて明日までには出すって言ってたけどマジで内容思いつかない。メッセージ?、部員には引退の日までに伝えたいことは伝えたし、直接会える人には面と向かってお礼言いたいしなー。ブログでお礼書いたって伝えたい人読んでるかわからんし。後輩へ言いたいこと?今更ないよ。マジで具体的なことは言い尽くした。応援してます、頑張ってくださいぐらいしかいうことないよ。 と思ってfeelingsは後回し。伝家の宝刀、先送りである。(この必殺技使いすぎか、俺?) 1/16(日) 最近布団の位置を変えたから、目覚めが良い。お日様が当たって気持ちよく目覚める。そして、気持ちよく二度寝する。 結局、起きる時間は変わらない。でも、気持ちよく布団から出れる。  顔を洗って鏡を見ると、寝癖がひどい。でも、大丈夫、俺には最近買ったワックスがある。ワックスを手につけ、髪を整えれば、ほら! あれ、あんま変わんないな。おかしいぞ。うーん、ワックスの使い方にも色々あるのかもしれない。まあ、良いや。小さいことは気にしない。 家を出て、研究室の人たちに挨拶。そして、松岡修造日めくりカレンダーをめくる。(これは、研究室のクリスマスプレゼント交換会でもらったものだ。)今日は 心の信GO機で、GO! うーん、キレがないねー今日の修造は。ちなみに俺が一番気に入ってるのは シーサーになれ! である。どういう意味かは知らない。訳わからなさが面白かった。 さて、

死んだ試合を死なせたままにしないでほしい

I. はじめに 4年生の卒部feelingsラッシュの最中にしれっと登場させていただいてます。feelingsを書こうと思った理由は、僕がこの1年間わりと真面目に育成チーム(東大サッカー部のBチーム)の指導を頑張ったからだ。考えたことはアウトプットまでした方がいいって就活のとき読んだ本によく書いてあったし、いい機会なので1年間考えていたことを書いてみようかなと。僕はなかしんvlogのような個人ブログをやっていないので、図々しくこの場をお借りした訳である。 II. 始まり 確か最終節を日曜日に迎える週だっただろうか、内倉から来年の育成チームのコーチをしてほしい旨を正式に伝えられた。それ以前から、なんとなく自分はコーチをする流れになるのだろうなと察してはいたが、はじめからめちゃくちゃ乗り気だったわけではない。というのも、歴代のOBコーチの方々を見ていれば容易に想像できる通り、コーチはとても大変だ。1週間のテーマを決め、練習メニューを考え、練習後に選手とコミュニケーションをとり、翌日の練習メニューを決め、試合のメンバーを決め、練習と試合の映像を見直し、時には選手と一緒にビデオを観る。もしかすると選手のとき以上に時間とエネルギーを、自分のためではなく他人のために使わなければならない。自分という人間が極めて利己的だということを認識していただけに、生半可な気持ちでは務まらないと分かっていた。 そんな中、コーチを引き受けようと思った理由は主に二つある。 一つ目は、4年目でようやく掴みかけたサッカーが上手くできる感覚を、他の選手たちにも応用できるか試してみたかったから。これは言い方を変えれば、自分は選手を的確に導ける自信が多少あったからと言える。凡庸だった選手が、4年はかかったが、頭で考えたことをそれなりにプレーで表現できるようになった過程を、上手く言語化して伝えることができれば、どの選手も例外なく上手くできると思っていた。 二つ目は機会獲得。これからの人生の中で、サッカーチームを率いる経験は、普通に就職して普通に生きていればおそらくできないだろう。人工芝のグラウンドを持ち、同じ志を持って週6回集まってトレーニングするような、環境の整ったサッカーチームを指導できる機会は、選手としてのプレー機会と同様に滅多にないと思った。今までしたことのない新しい経験ができるかもしれないという好奇心

曲がりくねった道の先に

5年前東大に入ったがア式には入らなかった。そこまでサッカーをしたいと思わなかった。 4年前ア式に入った。大学2年の初めに途中入部。ア式1年として入部した。 入部式で若干変な空気になったのが懐かしい。 1年前サッカーを真面目にやるのをやめた。サッカーは何だかんだ楽しいものだと思えた。 ア式に遅れてでも入ったことは自分の人生にプラスだったのかはまだ分からないけど、 サッカーに全く触れなくなった人生よりは良い気がしています。 さて、大学において学年という概念はあってないようなものである。日本だと難しいかもしれないが、単位次第で早くも遅くも卒業できるべきだ。 そもそも学年が上がるにつれて、留年/休学する人は珍しい訳では無いので、学年はよく分からなくなっていく。 部活においても同様で、過度に学年に囚われるのは時代錯誤だと思うし、ア式は特にそういったことを是正しようと頑張っていると思う。 自分がア式に1年遅れて入ったことは、段々だれも気にも留めなくなっていく。が、それでもやっぱり入った時点で大学の学年が違うというのは変な感じがした。1個上の学年と同期との間くらいに1人浮いてるみたいな気持ち。 そして肝心なサッカー面である。遅れて入って試合にバリバリ出ていたのなら綺麗な美談になる。悲しいことに自分は選手としてはそうでもなかった。 ただでさえ(留年しないならば)1年間他の選手より期間は短い。だが、それを覆すほどの劇的な能力の向上をなすことはできなかった。結局トップの公式戦は愚かAにも上がれずに選手生活は終わってしまった。 最後の1年はもう学部生では無かったけど、やっぱり4年間やるのが良いかなって思って(同期が活躍するのはやっぱり見てて楽しいし)、テクニカルスタッフとして籍を半ば無理矢理置いてもらった。 テクニカルスタッフとしては大した仕事することができなかったけど、チームは昇格した、めでたい。 これが客観的な立場から見た自分のア式生活である。正直あまり誇れるようなものではない。 本心をいうと、もう少し普通なア式生活を送りたかった。 遅れて入っただけで、悪目立ちしてしまったし、それはまあ良いとして、何より最初から選手としてはリミットが一年短いという状態からのスタートとなってしまった。 なんで普通に入学時に入らなかったんだろうと度々考えてしまう。それと同時にそれならそのままサッカーをや