投稿

10月, 2020の投稿を表示しています

踏ん張りどころ

この部活に入部してから何ヶ月たったのかもよく分からない。キャンパスで新歓されたわけでもないし、入部式があったわけでもない。いつの間にか部員になっていた。この特異な状況の中、選手・スタッフ合わせて26人もの同期ができたこと、このことだけでも幸せなことだ。4年後どのような関係性になっているか楽しみである。「いつの間にか」などと書いたが、高校生の時すでに、「合格したら入部しよう、合格しなくても来年合格して入部しよう」と考えていた。大学で真剣に打ち込めるものはサッカーしかないと思っていた。だが、それほどモチベーションの高かったはずの自分でも自粛期間はしんどかった。授業は永遠とパソコンの前、オンライントレーニングは素性のわからない仲間とともに。余った時間はだらだらと課題。自分の人生で一番充実感のない時期だった。やり切ったことといえばワンピースを全巻読んだことくらいだ。現在はまた種類の違うしんどさを感じている。幸いにもAチームに昇格させてもらえたが、いまだ1試合もメンバーに入れていない。同じ1年でリーグ戦デビューしている選手もいて焦りも感じている。チームの一員ではあるものの何も貢献できていない。練習でも自分で納得するプレーができることは少ないし、練習試合でもめざましい活躍はできていない。「サッカーができていなかった時期に比べればこの辛さは楽しいものだ」なんてすっきり割り切れるわけでもない。ここ最近ある人に言われ自分の心に響いた言葉がある。「ここが踏ん張りどころ」。久方ぶりに人生の踏ん張りどころが来ている。ここを越えれば確実に強くなれる。目指すべきは強い男。なんだかんだ言ってきたが今の生活は楽しい。練習は密度が濃いし、先輩たちは面白し、教習所も空いてきた。明日からも笑顔で過ごせるだろう。自分の飛躍を信じて頑張りたい。考えすぎない竹内拓夢

強いチームに

今まで、続けることになんの疑問さえ持たず、生活の一部として当然そこにあったサッカー。当たり前の日常を奪われた新型コロナウイルスの流行以降、この競技の楽しさをより鮮明に感じるようになった。

22人のそれぞれ意図を持った選手達と、それ自体は意図を持たないが選手達の意図に揺られ続ける不確実でかつ規則的な動きをみせるボールが、90分もの間連続してピッチ上で複雑な現象を生み出す。複雑で、ランダムさも兼ね備えた現象に対しては、その構成要素である一人一人の選手でさえも単独で立ち向かうことは難しい。


だが、ピッチ上で起きている複雑な現象は22個の目ならちゃんと多角的に捉えられるし、ピッチ上の好ましくない現象を打破する方法も11個の脳でなら考えられるし、22本の足でならその現象を望ましいものに変容させていくこともできる。11人が独立してピッチ上で事象を動かそうと模索するのではなく、11人が相互に作用する一体となってチームとしてピッチ上の現象を好ましい方に変容させていく。11人と11人とが、敵陣のゴールを目指して、現象をデザインし、変容させていく。この刹那的で連続的な駆け引きが繰り広げられる90分間はとてもとても濃密なんだと気付いた。


11人を1つのチームに変えていくことを可能にするのは、11人に共有されたゲームモデルであり、共有された経験であり、共有されたピッチ上での瞬時の認知と思考である。それらの共有のために、コミュニケーションをとることはサッカーにおいて必要不可欠だ。





コロナがだんだんと収まってきて、多くの人の尽力のおかげでサッカーができるようになってから、コミュニケーションの量・質を上達させろと指摘されることが続いた時期があった。この時期に、考えたことがある。


今でも鮮明に思い出される、緊迫感のある楽しかった試合では、自分の行動のベクトルは常にチームの勝利へと向かっていた。自分が良いプレーをすること、ミスをしないことよりも、チームが勝つことを本気で考えて行動していた。その時は、結果的に自分もいいプレーができていたし、自然にいいコミュニケーションがとれていた。


ア式に入ってからのことを考えると、余計なことを考えずただ一心にチームの勝利を追求できた試合はまだそう多くないことに気づく。


小さい頃は無心でボールを追いかけ、駆け引きを楽しみ、サッカーにどんどん夢中になっていった。だが年を重ねるにつれ…

先生、頑張り方を教えてください

2020年4月某日

AM11:00 起床ああまたこの時間か、身体が重い。午前中はもう何もできないか、とりあえず服でも替えようか。
PM12:00 朝食お腹が空いた。もはや朝食なのか昼食なのかわからなくなったご飯を食べる。FastをBreakするから朝食か。でもやっぱ僕は日本語話者だから昼食でいっか。午後は有意義に時間を使おう。
PM1:00 就寝ご飯を食べたらうとうとしてきた。これでは生産性もあがらない。一度仮眠でもとろう。
PM5:00 起床3時に起きるはずだったが、つい寝すぎてしまった。でも頭は冴えてるぞ、読みかけの本を終わらせてしまおう。
PM8:00 夕食もう夕飯の時間か。本はあまり読み進められなかったな、YouTubeってほんと恐ろしい。
AM1:00 就寝zoomで友達と話していたらもうこの時間だ。みんなと会えないけどこうやって話せるとやっぱ楽しいな。今日も結局なんもできなかったな、明日こそは朝から起きてちゃんとやろ。ほんじゃおやすみ。


AM11:00 起床ああ、またやっちった。



ーーーーーーーーーーーーーーー
はい、東大ア式蹴球部2年の石丸泰大です。初めて回ってきたfeelings、しょうもない書き出しで始めてしまったけどこのまま進みます。
冒頭の茶番は自宅待機中の過ごし方です。あの日々のことはあんまりよく覚えてないし、思い出したくもないけど、多分大体こんな感じだったと思う。毎日時間を無駄にしては夜になって後悔して、「明日はちゃんと過ごそう」と誓っては失敗して。
「自宅待機中こそ自分磨きのチャンス」のような言説を目にする度に、頑張ろうと思っても頑張れない自分に嫌気が差していたりした。


僕には短い人生なりに、
「これを頑張ってきた」
と胸を張って言えることがいくつかある。僕はこれまでの人生いったいどうやって頑張ってきてたんだろうか。

自分はいまセカンドチームにいる。毎回の試合でベンチ入りできるのはスタメン以外に7人。第6節を終えた時点でベンチ入りは未だに0回。自分がまだ試合で使えるほどのレベルにない事実を突きつけられている。
正直めちゃくちゃむしゃくしゃする。毎週末ピッチで躍動するトップチームの選手の姿を見ては悔しい想いをして、「今週こそは」と週明けからの練習に向かう。けれど思ったようなプレーができずにまた週末を迎える。

最近はこんなことで頭がいっぱいだ。頭で考えることばかりが膨れて…