投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

心の変化

中高と同じように、新入生が入ってくるときは複雑な気持ちになる。 自分の場所を奪われるような気がするから。 チームのことを考えると上手い奴が入って欲しい、でも個人的には自分のポジションと被らない奴限定で。とか甘く考えてた。


今は違う。


上手い奴のプレーを見て、上手い奴と練習して、上手い奴と競争する。 そんで自分が上手くなって勝つ。


こういう気持ちが大事って気付かされた。 ってな感じでまた気い引き締めて頑張る。



2年 合田周平

ギアを上げる

あと半年少しで引退の今考えていることについて。



思い出話をさせてください。


入部2年目。当時1チーム体制だった社会人リーグでは出場機会がなく、秋の大学リーグでは今年こそ公式戦に出たいと意気込んでいた。 しかし初戦、スタメンだったものの自分のプレーのせいで失点し、ハーフタイムに交代。それ以降の試合ではほぼ出場機会がなくなった。
完全に戦力外になり、実力からして当然だったが、入部してから一番落ち込んだ。同期や後輩の活躍を見るのが辛かった。 当時は練習中もネガティブなことばかり考えて集中しておらず、指摘に対して泣き出して迷惑をかけることもあった。ほぼ毎回暗い気持ちで帰宅していた。

そんな中、大先輩のとってぃさんがごはんに誘い出してくださった。
とってぃさんは早稲田と東大という2つのア式女子を渡り歩いた方である。早稲田のア式女子は大学トップレベルの常勝集団で、とってぃさんは大学時代そこでサッカーをしていた。その後院生として東大に来て、プレイングコーチ的な存在としてこのチームを支えてくださっていた。
当日赴いた私は、きっと慰めてくださるのだろうなと情けない気持ちでいた。 すると、ある程度現状を話していたところで、ふいにこんなことを言われた。


「ミラノがサッカーを本気でやるのは大学の4年間だけだから、もっとギアを上げてやってみたら」


衝撃だった。 「辛い状況だけど頑張ってるね」ではなく、「いやもっと頑張れよ」と言われてしまった。
そのときは、傍目から見ても明らかに努力の足りていない自分が恥ずかしかったことを覚えている。 同時に、運動経験が無く、サッカーを本気でやったところで何が残るかわからないし、強度を上げたら怪我でもしかねないため甘い目で見られがちだったと思う(自分自身も不安があった)初心者の私に敢えてそんな言葉を投げてくれたことに、感動した。

それ以降、余計な自意識が抜け、グラウンドに行ってただただサッカーに向き合う、ということに集中できるようになっていった。


サッカーに対しての私の中のギアを上げてくださったとってぃさんに、心から感謝している。




さて。
遂に4年目になり、持っていた仕事を手放して余裕が生まれたここ2,3カ月、明確な目標や課題を設定しかねている自分がいた。こんなんでいいのかと内心焦っていたが、徐々に気付き始めた。 

私、ぜんぜんチームを引っ張れてなくないか?