2007年12月15日土曜日

Sun friends

という名のテニスサークルが東大の駒場キャンパスにそんざいしているそうです。
それでこの間、授業に出てた時に近くにいたテニサーらしき人らが、

「サンフレがさぁ・・・・」

とかって言ってたわけですよ。







サンフレ・・・






サンフレっていったら・・・






やっぱりサンフレッチェ広島のことですよね・・・






別にそんなファンとかっていうわけでもないけれど、地元チームがJ2に降格しちゃうっていうのは淋しいですよね。きっと広島のサポーターたちは5年前のJ2降格の時と同じように、選手を引き留めてもらおうと貯金とかをクラブに寄付するんだろうと思うと、少し物悲しい感じがしみじみとしてきます。



そんな広島県出身の鈴岡です。
feelingsは早くも3回目であります。





ア式はシーズンオフを迎えます。今日は1年間の締めくくりとして納会が行われました。もう1年が終わってしまうわけですね。





思い返すと激動の1年でした。今まで生きてきた19年間の中で一番激動した1年だったし、一番忙しかった1年だと思います。1年前は受験生だったんですから。東大に来て、ア式に入り、そして京大戦や夏合宿をこなしてきました。ア式に入ってからは生活がとても忙しく、あっという間に時間が過ぎて行ったような感じがします。

5月からア式に入部して8ヶ月になり、初めてのシーズンオフとなります。今年を振り返ってみるとすこし達成感や充実感のようなものがあります。しかし、やはりそれ以上に反省や後悔といったものが残っています。自分なりに精一杯練習に取り組んできたけど、もっとああいうふうなことを意識して練習に臨んでいたらなぁとか、こういう点をもっと伸ばしておきたかったなぁとかっていうのが沢山あります。頑張ってきたつもりだったけど、技術面やフィジカル面でまだまだ課題が山のようにあります。そんな8ヶ月でした。

様々な反省や後悔。これをいかにして来シーズンにつなげていくかが重要なんだと思います。新しい環境で周囲になんとかついていこうとする1年でしたが、来年は2年目です。少しはゆとりができて落ち着くだろうと思うので、自分や周囲のことを冷静に見つめながらやっていければと思います。そして今年以上にサッカーに集中して、もっともっと上達して、本当に充実した1年にしたいです。

そしてその来シーズンに向けて、オフシーズンにしっかりとした準備をしていきたいです。もっとサッカーのことを学んで、体づくりをする。そしていいイメージをもって新シーズンにつなげていきます。




今年はありがとうございました。
来年も頑張ります!!

1年 DF 鈴岡 大明

2007年12月14日金曜日

ゴキブリ

とでも書けば日本中の人がこの日記を読んでくれそうな気もします。

今年の新人戦は残念でした。
勝ちたかった~!!
と今更になって悔しい気持ちがします。
僕のお得意の長い文章を書こうと思ったのですが昨晩書いてみるとあまりにも長くなって終わりが見えてこなかったので心が折れてしまいました。
昨晩に限らず最近心が折れてきています。何とかせな。
明日は納会ですね。山上会館でやりたかったです。
長かった今季もようやく終わりです。お疲れ様です。
大きな怪我も無く、楽しく過ごせて感謝感謝です。
来季も怪我無く楽しくサッカーできますように。
今日は12345限ですが、3限から出ようと思って来てみたら休講でした。というわけで部室でfeelings書いて4限寝て帰ります。でその後はくっそつまんないバイトです。誰か代わりに行ってくれ~(>_<)
熱海は明日来てくれるのかな~?このタイミングでの風邪とかもはやギャグ以外の何者でもないっていう。

まあ最近はこんな感じです。

2007年12月11日火曜日

月9

「ガリレオ」が今人気らしいですね。少し前に1度見ました。

原作は東野圭吾さん、ストーリーの展開に意外性があって個人的にはかなり好きな作家の一人です。

他に『白夜行』や『手紙』、『秘密』などを書いてますが、自分は『宿命』『容疑者Xの献身』なんかが好きです。

ガリレオを見てちょっと残念だったのは、あまりにも主人公湯川がかっこよかった・・・(俳優がいいから当たり前だけど)

自分が原作を読んで作り出したイメージとだいぶギャップがあって、なんだか馴染めない感じです(もう少しふけていて、小汚い感じだと思ってた)。

やっぱり一度持ったイメージを払拭するのって大変だと思う。イメージって人の行動を内部からかなりコントロールする。

だからどういうイメージを持つかは重要だ!

むろんサッカー然り。やっぱり、どんなにうまくプレーしようと思っていても自分の中でいいイメージを持ってないと実行できないし、いいイメージを持つためにはサッカーのことをたくさん知っていなくてはいけない。やっぱり、うまい選手は今まで培ってきたイメージも一流のものなんだと思う。千布がミーティングで言ったように、サッカーの勉強をしするのは大切。ということでオフにもう少しサッカーの知識を蓄えよう。もちろん学校の勉強もやりますが。

今シーズンもあとわずか、来年につながる練習で締めましょう。

頭が少し軽くなった3年中島でした。

2007年12月9日日曜日

はじめまして☆

今日もお疲れ様です。
はじめまして。1年マネージャーの藤村美穂です。
先週正式入部しました。よろしくお願いします(;_;)☆

今日は暖かいなぁ~と思っていたら、紅白戦の途中から急に寒くなったり…
やっぱり冬ですね!

そして一つ大問題が…
美帆と美穂…(笑)

昨日順子さんを筆頭にみなさんが考えてくれて私は「みーちゃん」になりました(^^;)
昔はよくそう呼ばれてたけれど、大学生になってまでこんなウサギのような可愛い名前で呼ばれていいのか。。。
疑問です(゜-゜)

もしもっと良い案があったら教えてください。

オフまであと少しですね。
ちょっと寂しくなりますね(>_<)

あ~よく寝た

おはようございます。気づいたら夜になってました。埼玉のジェントルマンこと白井です。
寝てる間に日商の12番が一発レッドしてました。
やっぱ挑発とかするのって良くないと思うし僕はそういう非紳士的な行為はしたことないってかできない人間なのであれは夢だったっぽいです。
つーことはPKで負けたのも夢だったっぽいな。よかったよかった。


まぁでもこれじゃfeelingsにならないんでその夢で見た試合について思ったことを書きます。

まず一番感じたのは、サッカーって難しいってこと。
点を取ることの難しさ、守りきることの難しさ、勝つことの難しさ。
どれも秋季を観戦しながら他人事みたいに思ってた以上にリアルで、まだまだ自分は力不足でした。

もうひとつ感じたのは、当たり前だけど負けたら悔しいってこと。
受験でも、サッカーでも、負け続けてきた俺だけど、やっぱりいくつになっても負けたら悔しい。
もっと体寄せられたんじゃないかとか
後半の最後はリスクかけてでも上がるべきだったんじゃないかとか
とにかく勝つためにもっとやれることあったんじゃないかって今更ながら思います。


この1ヶ月間、新人戦チームでやってきていろいろとうまくいかないことも萎えることもあったけど
もう少しこのチームでサッカー、したかったです。ほんとに楽しかった。
応援してくれた3年生、OBの皆さん、スタッフの方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
特にインゼミなんて言っておきながら本当は東洋大板倉キャンパスに前日入りして3回戦の最高の応援席を確保してくれていた高松さんには合わせる顔がありません。マツさん、ごめんなさい。

来年こそは。


みなさんほんとうにありがとうございました。

1年MF 白井英介

2007年12月7日金曜日

勝つ!

最近スーパーゴール集とか見てても、オフェンスのうまさに感心する前に、ディフェンスはこうしたら防げたんじゃないかと考えてしまう深田です。
ところで、僕がなぜサッカー部に入ったかというと、やはりサッカーは楽しいからです。
ボールをゴールに入れるだけの単純なスポーツなのにこの上なく楽しい。
けれども、いいプレーをしなくてはならない、ミスをしてはならないというプレッシャーの中でやっていると、うまくいかず嫌になることもあります。
むしろうまくいかないことの方が多いかもしれません。

本気でやらなくても、プレッシャーがない中で“楽しく”やればいいという人もいます。
しかし、苦しい時、辛い時を乗り越えて、厳しい戦いに勝ってつかんだ、「俺らやってやったぜ!」的な喜びは、その苦しさ辛さの何十倍、何百倍にもなります。
だからこそ、本気でやるサッカーは“楽しい”し、やめられない。

明後日の日商戦は厳しい試合になるでしょうが、一緒に頑張ってきた仲間を信じて、絶対に勝つ!
そして最高の喜びを味わってやろう!
やったるでー!

2007年12月4日火曜日

新人戦

が今週土曜日からスタートします。
残された時間は限られてはいますが、それは対戦相手も同じ条件です。
2、1年生の皆さん!日大商学部との初戦をぜひ!勝利で!!

最近の夜の練習は寒くなってきています。
わたくし、高校まで岩手県で過ごしていたので
まだまだ「寒くない!」と強がってます(笑)
今の環境でサッカーをしていると、
高校までのサッカーの環境が劣悪極まりないと思ってしまいます。
12月になると霜が日中の間に蒸発しないのでぬかるみになりますし。
その前に、雪がふってますね!?
雪が降ると練習ができます。
カチカチのアイスバーン上でのサッカーです!
練習の始まりの頃は足の熱でスパイクについた雪が溶けて濡れて冷えてくる。
練習が終わる頃にはスパイクのヒモは凍結!
部室のストーブでよく溶かしました。

今あるこの環境はスゴく快適で、東大に感謝です。

普段、何気なくそして当たり前のように思っていることに目を向けてみよう!
「感謝」「礼儀」「謙虚さ」
の心を忘れてないですか??
こんな心も試合で「負けたくない」「勝ちたい」といった
インセンティブ・モチベーションになると思います。
「恵まれた環境でサッカーしてるのに…!!」

  3年っ!あと11ヶ月!!
2、1年っ!あと110時間!!

Part-time Lover

3年目。新人戦は応援する側になってしまいました。

去年はすぐ負けてしまったので、今年の1,2年生にはどこまでも勝ち進んでほしいです。例え群馬まででも…(笑)

自分はあと11カ月、悔いの残らないように、怪我をしないように、一生懸命サッカーしようと思います。
4年生が抜けた穴を埋め、さらに上に行けるように頑張りたいと思います。

最近パソコンに向かいすぎて視力が悪くなっている気がするので、短いけど終わります。


3年 FW 中川 隆

2007年12月3日月曜日

Joyeux Anniversaire☆


こんばんは。
投稿が遅くなってしまいました。。

まずは昨日の練習試合の報告です。
home;対上智
 前半(45分) 東大1―2上智
    1分 上智
    21分 上智
    26分 高木(アシスト後藤)

 後半(45分) 東大0―2上智
    6分 上智
    43分 上智

 3本目(30分) 東大0―0上智



away;対一橋@一橋小平グラウンド
 前半(45分) 東大2―0一橋
    13分 中川(アシスト那須)
    43分 鈴木(アシスト千布)

 後半(45分) 東大1―1一橋
    6分 一橋
    19分 西(アシスト高松)

 3本目(30分) 東大2―0一橋
    24分 中川(アシスト高松)
    27分 小薗(アシスト中川)


さて、それから昨日は1,2年会でした。新人戦へ向けて…
と同時にタイミングよく、昨日から新しいマネージャーの仲間となった
藤村 美穂ちゃん
の歓迎のような感じとなりましたっっ
feelings上から改めてよろしくお願いします★
そして、新しい美穂ちゃんの愛称募集中です。
前の美帆ちゃんを変えるっていうのもアリです。

昨日の帰りのもっちと深田クンと。栗の季節。は過ぎましたね。

2年AT半田でした。

2007年12月2日日曜日

3回目

 の投稿にして、初めてけが人としてでなくフィーリングスを書く実島です。まあ、捻挫して一時的に離脱した時には、やっぱりけが人が自分の定位置なのかとへこみかけましたが、思ったより早く戻れて良かったです。
 さて、長いリハビリ生活から復帰して一ヶ月半。最初の頃は普通にサッカーができるだけで楽しくてしょうがなかったですが、ちょっとずつ落ち着いてくるにつれてじわじわと実感してくる自分の下手さ、あまりの下手さ。特に試合をやる機会の多い最近は、簡単に裏にパスを通されてしまうこと、パスミスの多さ、サイドハーフとうまく連係が取れないことなど、ことあるごとに本当にいろんな課題が湧いて出てきます。こういう風に守りたい、攻めたいというビジョンはあるのに、実戦で思うようにそれを出せない歯がゆさ、焦りを強く感じています。
 それでもやっぱりサッカーは楽しい。実戦の中で課題を感じることは、当たり前だけど実際にサッカーしないとできないわけで、課題について考えてかないとどうやって成長するべきなのか見えてこないわけで、今は自分の足りないものをはっきり感じられるだけに成長できる余地がたくさんあるように思えます。
 新人戦ではなかなか出場機会は来ないと思いますが、どんな形で出番が回って来るかわからないので、それにかけてしっかり心身の準備をしときたいと思います
1年 DF 実島 崇之

2007年12月1日土曜日

価値観

って人それぞれ違うものですよねっ☆
みなさんの今一番大切なものは何ですか?
明日聞くので考えてきてくださいねっ☆
ぼくは睡眠です
なぜなら一限が週四回もあるからです
やっぱり東大生たるもの文武両道といきたいところですよねw
というわけで木曜は寝てしまいましたーorz
じゃ今日もそろそろねまース☆

佐藤に乾杯!!

じっとしていたらたたかれて、素直に進めばつぶされる2年の高木でした

2007年11月27日火曜日

グランドで待ってます!

こんばんは。
新しく主将になった千布です。今シーズンも応援や支援のほどよろしくお願いします。
新人戦が近く、三年も最高学年になったということで、みな新鮮な気持ちでがんばっています。

さて毎日ほぼ同じ練習を繰り返しているわけですが、毎日様々な課題が見えてきます。
ロングボールが蹴れない日、ショートパスがずれる日、トラップが決まらない日、ジャンプヘッドのタイミングが合わない日など実に多種多様です。
これらの調子が悪いとできない様々な課題はすべて ”身についてない技術” に他なりません。

しかしプロではないので、これらすべてを完全に身につけることは不可能に近いです。
だから今特に重視していることは、毎日の練習で ”課題を絞り、狙いをもって” 取り組んで、少しでも自分の理想に近づける努力をするということです。
ただ漫然と日々の練習に向かうのではなく、工夫や意識で毎日を意味あるものにしたい。
秋に勝つために。
とにかく今年の悔しさを忘れず、一年間がんばっていきます。

現役が上手くなるためには、いろんな人の手助けが必要です。
OBコーチの手助けもその一つ。
今年ずっとみてきてくれている、OB二年目の先輩は今日もしっかり現役の支援をしてくれました。
また引退したばかりで、体力自慢のOBの某AさんやIさんは、いまだにほぼすべての現役より走れていて、非常にいい刺激を与えてくれています。
引退してなおア式に尽力してくれて感謝しています。

そういえば、日曜つくばでフルマラソンしたとかしなかったとかいうOB一年目のK月さん、その粘り強いディフェンス、素敵な滑舌、素敵な声、重心の低さ、最近見てないです。週5で見たいです。
繰り返しになりますが、グランドで待ってます!

3年 DF  千布勇気

2007年11月25日日曜日

「僕がアンポンタンです!」

今日の試合結果を報告致します。

【1、2年生】御殿下グラウンド
東京大学 3-4 成城大学

○得点経過
1本目 4分【成城大学】
     5分【東大】得点者:久木田 (←松谷)
    13分【成城大学】

2本目 1分【東大】得点者:高木
     4分【東大】得点者:久木田
    16分【成城大学】

3本目 24分【成城大学】


【3年生】@明治学院大学
東京大学 1-4 明治学院大学

○得点経過
1本目 0-0

2本目 18分【明学】
     31分【明学】
     35分【明学】

3本目 10分【東大】得点者:中川

寒さも本番を迎え、2007年も残すところあと一ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
4年生が引退してから1ヶ月がたちました。
多数派で圧倒的な存在感を持っていた4年生がいないとやっぱり寂しいです。
4年生はじめM1やM2の先輩方やOBの皆様がグランドに顔を出してくださると、いつも以上にニコニコしちゃいます。
部活からは離れていても、ア式のことを思ってくれてるんだなーと嬉しくなります。

最近、3年生がめっきり頼もしくなりました。
新人戦間近ということで、1、2年生の気合が違います。
プレーに気持ちの強さが現れている気がします。

そんな周りの劇的変化に適応できていませんが、自分もとうとう最高学年になってしまいました。

新人戦まで 残り2週間を切りました。

東京都トーナメントまでは20週間(オフも含め)

春季対抗戦まで23週間

そして秋季リーグ戦までは41週間です。

最近は、3年生中心に選手が一人一人ねらいを持って日々の練習に励んでます。
自分もできるだけ意識を高く持って、引退までの一日一日を大切にしていきたいと思います。
今年の目標は、できるだけ選手の目線にたって、MG、AT一丸となって、選手と同じ方向を向いて進んでいけたらいいなぁと思います。
同学年のめちゃめちゃ頼りになるマネ長の子を筆頭に、できる後輩たちに頼りながら頑張っていきたいです。
いろんなことがスムーズに行くように、チームの潤滑油になれたらいいなぁと思います。

題名は中山雅史選手の名言です。

Jリーグの試合中、チームメイトの選手が審判に対して「アンポンタンがっ!」と暴言を吐き、審判がカードを出そうとした時のとっさの一言です。
思わず審判も笑ってしまい、カードは出さなかったらしいです。

最後に、新人戦の1戦目は秋季で戦った日大商学です。
噂によるとなかなかいい選手がいるみたいです。
でもうちのチームには、スーパーエースがいるし、視野が広くていろんな選手を使える選手もいれば、突破力がピカイチの選手、一対一に強い選手、危ないときに必ず止めてくれる頼もしい選手もいます。 一番遠い子だと、時間にして2時間半、片道2000円かかるけど、でもそんなことは関係ないです。
東洋に連れていってほしいです☆
長くてごめんなさい。最後までご拝読ありがとうございました。

3年 (MG) 野呂順子

2007年11月24日土曜日

秋というよりはむしろ冬

二十四節季では小雪がすぎ、すっかり大陸性高気圧がだいとう
ではなく台頭(たいとう)してきました。
季節が変わっても相変わらず怪我人の佐藤です。
今回は漢字が苦手な方にも読んでいただけるように、難しい漢字にはふり仮名をつけます。

新人戦出場という淡(あわ)い夢がはかなく破れ去って、一時はかなりの鬱(うつ)状態でしたが、まぁなんとか乗り切りました。
今日は昨日の温浴効果のせいか調子が良かったです。
でも調子に乗るとよくないので地道に頑張ります。
「良薬口に苦し」です。
これが言いたかっただけです。

1年DF佐藤裕人

2007年11月23日金曜日

がそんし



今日の帰り道にあった看板です。


「届け!用紙!」だなんて、意味はよくわからんけどなんと熱く切実なメッセージか!


とひとしきり感動したあと、履歴書だの申告書だのといった「届け用紙」を指してることに気づいて


とてもがっかりしたけどとりあえずデジカメで撮っておきました。


でもそういえば、ファックスが紙を物質的に転送する機械だと勘違いしていて


何回試しても反対側からブブブブっと原稿が出てくるのにすっかり怒ってしまい


メーカーに熱烈なクレームつけた人がファックスの出回り始めの頃にいたという話を


子供のときに母から聞かせてもらった覚えがあります。


まさに「届け!用紙!」。


さて新人戦体制が発足して少し経ち、これまでにいくつか試合を経験しましたが


曲がりなりにも2トップの一角として先発している僕にはまだゴールがありません。


重圧。


焦燥。


不安。


寝不足。


唐突な冬本番。


追い討ちをかけるように久々の残虐ファイトな火曜日。


筋肉痛。


筋肉痛。


そして筋肉痛。


というわけで明日はみんなと日帰り温泉旅行に出かけてきます。


若かりし日に我孫子(あびこ)をがそんしと読んだ2年の後藤でした。

2007年11月20日火曜日

今思うこと

どーも高松です。



新チームが始まって一ヶ月半が経ちました。これまで一個上の学年にいろんな面で引っ張ってもらっていましたが、これからは自分が最上級生としてそういう役割をしなければいけません。これから、このチームで約1年を過ごす中で楽しいこともあれば、つらいこともあるでしょう。つらいことに直面してチームがうまく行かない時に、自分がチームの力になりたいです。



そのようになる為にも、この1年はどんな状況でもポジティヴでいたいと思います。チームの力になりたいと言っても、個人的にやれることはただ日々の練習を一生懸命やるということだけです。練習でいいパフォーマンスができなくてもマイナス思考にならずに、うまくなるための糧にすればいいというプラスの気持ちで1年間を過ごしたいと思います。残り1年やれることは全てやります。





明日はUー22日本代表の試合見に行きます。なんだかんだで勝ってくれると信じてます!

2007年11月18日日曜日

もしもし

こんにちは、マネージャーのニゲメユウコです。
今日は日大文理との練習試合でした。
結果報告致します。

東大 1-3 日文
<得点経過>
前半18分 久木田
   25分 日文
後半16分 日文
   22分 日文


人工芝が手にまとわりつくようになりました。静電気の季節です。
秋です。
食欲の秋です。
疲労回復には豚肉がいいとか、体力増強には牛レバーとか、お肌には茄子、カボチャやニンジンもお肌によくて、寒いときは大根で、目にはブルーベリー、花粉症にはヨーグルト、恋にはココア、風邪には生姜・・・などなど耳にしますが、全て本当なのかはよくわかりません。つまりは好き嫌いせずバランスよく何でも食べなさいってことですね。秋ですし。
なので最近では苦手なものも食べるようにしています。茄子も納豆も食べちゃいます。
「良薬口に苦し」です。



2年(MG)ニゲメユウコ  

2007年11月17日土曜日

俺のHP、極小値を更新。

こんばんは。一年の久木田紳吾です。
先週は一週間ずっとウイルス性腸炎に苦しめられ続けました。腹痛があってお気に入りの銀チョコロールも食べれないし、もはやおかゆくらいしか食べれませんでした。点滴を2日連続で受けました。でも部活は休みませんでした。しかし、部活は測定があったり、時期的には新人戦へのスタートということもあって体力的にも精神的にもしんどかったです。東京に出てきて苦しかった日々ランクダントツの1位ですね。ちなみに2位は夏の二部練and合宿。
その一週間病気に気を取られすぎてストレッチなど体のケアをあまりしてなかったので今もコンディションは良くないですが、新人戦も近いので早くベストコンディションに持っていけるように努力しようと思います。色々迷惑かけてすいませんでした。

新人戦は秋季リーグと違ってトーナメント戦なので、負けたらそこで終わりです。悔いのないプレーをして、良い結果を出せるよう頑張っていきましょう!!

もっと書こうと思ったけど、ベストコンディションにもっていくため、寝ます。

1年 久木田紳吾

2007年11月16日金曜日

大和からの天下統一

本日feelingsを書くことになった岩田です。個人的なサッカーに対する最近の思いを簡潔に書きたいと思います。少々お付き合い頂ければ幸いです。この1,2ヶ月成長しているという実感が以前より感じられないように思います。以前は、振り返るたびに自分が変化したことが肌で感じられたのですが、近頃は、調子の波の方が成長による変化を上回っているようです。自分の課題は自分で分かっているつもりなので、余計にその課題を克服できない自分に苛立ちと焦りを感じ、気分が沈んでいく毎日であるように思います。今一度自分を見つめ直し、自信を回復し、この自分にとって高い壁を乗り越えていきたいと思います。その先には飛躍があると信じて…。 

2007年11月14日水曜日

こんにちは。3年の高橋信行です。


4年生のかたが引退され、新チームになってから一週間が経ちました。人数が少なくなったぶん一人一人がチームに活気を与えられたらいいなと思ってます。引退された方も是非活気を与えに来てください。


僕たち3年生に残された時間もあと一年間です。その中で何ができるでしょうか。すぐに明石さんのようなスタミナや伊藤さんのような技術を身につけることはできないけど、そのような理想像を意識することはできます。人間「こうなりたい」と思って練習すればある程度近づけるのではって気がします。あと一年間しかありませんがまだまだ変われると思います。


一年後胸を張って終われるように全力を出し切ります。


3年 MF 高橋信行

2007年11月11日日曜日

練習すべし

遅れてすいません。疲れてたという理由で勝手に今日書くことにした身勝手な1年の大内三千生です。

最近寒くなってきて、お腹の調子がすぐれない上に、鼻もつまって非常に不愉快この上ないです。しかも4年生が引退したせいで、遅い時間になると部室に1年生しかいなかったりして、非常に寂しいし。以前は部室で残ってるとたかさんが「おまえらまだいたの?」とかいってきたりももさんたちが部室でゲームしてたりして、なんとなくにぎやかだった部室も今やがらーんとした空虚な空気で覆われているような感じします。
でもまあそのうち慣れるはず。

昨日3年生と紅白戦をやって負けました。俺はCBをやったんですが、視野が狭すぎる上に左足がいまだに下手すぎるために、プレーが単調になり、蹴るしかなくなるようなことが多くなってしまいました。秋季前に苦手な左足を甘んじて練習するとか言ってこれだから救いようがない。今日の紅白戦でもおそらく左足は5タッチ以下。まじ練習しろよ。他人に練習しろとか言う前にまず自分から練習するべきだろ。俺は下手くそだ。それは認めて、これから先上手くなろう。まじ死ぬ気で練習するぞ。

1年 右サイドバック 大内三千生

feelings

こんばんは!1年ATのオガマです。


昨日はホームカミングデーで、雨の中大勢のOBの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

秋季が終わりはや二週間。私達は来月から始まる新人戦に向けて始動しています。

今日は昨日に引き続き、1・2年チーム対3年チームの紅白戦が行われました。

これからどんなチームになっていくのかとても楽しみです。



今日私は不覚にも、部室にくるまで自分が今日のfeelings担当だということに気づいていませんでした。

不覚、というのも、私はこのfeelingsの大ファンだからです。

読んでいて思わず笑ってしまうものから、感動させられたり、真面目に考えさせられるものもあり、選手の個性が出ていて面白いと思います。もう名作のオンパレードって感じです。

来週からまた更新が再開されるようなのでとても楽しみです。


日に日に寒さを増していますが、頑張っていきましょう!



1年 AT 小蒲

2007年10月30日火曜日

卒業論文

新しくア式OGになりました
元マネ長の桑原 万里絵ですm(_ _)m
ラストfeelingsとなります
つたない文章ですが
皆に伝えたい私の気持ちです



ついに引退してしまいました
今年の秋季が始まった頃は
『これから2ヶ月かぁ。。。長い道のりだぁ。。。』
などとのんびりなことを思っていましたが
いざ終わってみると
本当に早かったです

とは言え
日曜日を境に
『さぁ、今日で部活は、はいっ、おしまいっ!!!』
と言われても余り実感がなく
気分的には
まだまだ続いている気がします
たぶんしばらくは
薬局でポカリの値段チェックをしてしまう気がしますw
きっと
試合をフェンスの外で見たり
OG扱いをされたりしていく内に
徐々に実感が湧いてくるんだろうなぁ。。。
と思います

思い返せば
私は2年の時からなので
ア式には3年間お世話になりました
入ったばかりの頃は
オフサイドも知らないようなペーペーでしたが
最後には9人の可愛い後輩が出来
マネ長になっている自分が居ました。

とはいえ
自分が凄い皆をカリスマ的に引っ張っていったなんていうカッコいい事では無く
本当に 同期である3年生二人の心強いサポートがあったからこそ
今日まで無事にやって来れたと
本当に二人には感謝をしています

また
3年生だけでなく
やんちゃな2年生や一生懸命な1年生という
本当に可愛い、でも時にはビックリする位頼もしい後輩たちに
私は恵まれていたと思います

正直思い返せば辛い事も沢山ありますが
でも、
今は皆とマネージャをやってこれて、本当に楽しかったといえる自信があります
なので
もちろん皆と離れるのは寂しですが(日曜日は予想通号泣でしたp_<,)
どこか晴れやかな
清々しい気持ちでいっぱいです
本当に皆、ありがとうございました!!

そして
選手の皆。。。
4年生には 途中入部にも関わらず
温かく受け入れてくれて本当に嬉しかったです
皆とは、書ききれ無い程の思いでと感謝があります
3、2、1年生の皆は 沢山話せた人、あまり話す機会がなかった人といますが
それでも
皆からほんの些細な事でも
名前を呼んで用事を言ってくれたり
真面目な相談をしあったり
時にはふざけたりしてくれた事は本当に楽しかったし、嬉しかったです
ありがとうございました!!

何度も何度も『ありがとう』と言っていますが
まだまだ全然足りず
本当に皆に感謝しています
選手、マネだけでなく
マネージャーを影ながらいつも気にかけて下さった監督
選手じゃないのにいつも体調に気を配って下さった鈴木さん
栄養のプリントや、最後には私の個人的な怪我の相談も親身に聞いて下さったトレーナーの皆さん
仕事を教えてくれた、先輩マネさん
時には、相談を聞いてくれたOBの方々

そして
私がア式に入る切っ掛けを作ってくれた皆さん

今の私がここでこうしていられるのは
皆が居てくれたからだと思います
ア式に入っての3年間は学ぶ事が多く
特に、皆を通して何かに一生懸命になる事の苦悩と
だからこそ達成した時の喜びの大きさを知ることが出来た素敵な3年間でした
もう引退してしまいましたが
この3年間は一生忘れない私の大切な思い出です
皆に会えて 皆と一緒のいられて とても幸せでした

最後にもう一度。。。
本当に
本当に
本当に
ありがとうございました!!!

これからは
ア式の熱いイチ、ファンとして
皆の活躍を応援して行きたいと思います!!!!

2007年10月29日月曜日

サプライズ

フィーリングスがこの形式になってからは初めてでかつ勝手に書いています

2007年10月27日土曜日

1年目

こんばんは江連です。

早くも3巡目です。

とうとう明日1年目の秋季リーグが終わってしまいます。

半年前には明日のことなど遠い先のように思っていました。

ただ痩せることにひたすらでした。

半年前の写真と今の自分を見比べると半年がどれほど恐ろしい期間かと思い知らされます。

4年生のみなさんには引退後もせひ定期的に運動することをおすすめします。

1日1本の缶コーヒーもじわじわと体重増加に影響します。

食べる量も徐々に減らしたほうがいいです。

ベルトの上に贅肉がのるようになってからでは手遅れです。

半年前はとてつもなく長いと感じた大学でのサッカーも後3年かと思うとそんなに長くないような気もします。

後、150回近くフィットがあると考えると長いような気もしますが…

来年はプレーで秋季に貢献できるように1日1日の練習を大切にこれからも頑張っていきたいと思います。

とりあえず明日は最後の最後まで体がはれるように万全の体調で望みたいと思います。

途中で眠くならないように今日はもう寝ます。

(1年 DF 江連豪)

6ヶ月

もう出会ってから6ヶ月も過ぎてしまいました


時のたつのは早いものです


そんな彼も今では茶髪です


いろんな思い出があります


4月の新歓期に俺3年だからよろしくと言っていたタシマ


マークされるとOKじゃねぇっっ!と言うタシマ


準備しなくて三千生にきれられたタシマ


いつも襟がたっていたタシマ


ライナーちゃうわ!!で一世を風靡したタシマ


ちょっとだけ遅刻したかもしれないタシマ


親分に見られていたタシマ


ほんっと今日だけのタシマ


エール係だったタシマ


サッカーに情熱がなくなったタシマ


今日も食堂で一人のタシマ


明日も頑張りましょう!!

2007年10月25日木曜日

モダン・タイムス

“モダン・タイムス”を観て初めてチャップリンを知ったとき、「こいつは天才だ!!」と驚いたものです。

こんばんわ。
3年の鈴木亮平です。

秋季開幕と同時に怪我から復帰したのも、もう2ヶ月近く前になります。
この2ヶ月感じてきたのは、悔しさ。
この一言に尽きます。
自分が想像していた以上に、長期離脱によって失ったものは大きいものでした。
いかに日々の練習が大切かということも痛感しました。
正直、去年の自分だったらできるはずなのに、などと思うこともしばしばあります。
ですが、それを言っても仕方ありません。
過去のことは過去のこと。
今の自分自身をみつめて、練習するだけです。

天才チャールズ・チャップリンは「あなたの作品で一番の映画は何ですか?」と聞かれてこう答えました。



"Next One."



常に上を目指し、1日1日成長しようとしなければいけないですね。
僕に残されているのはあと1年。
Next Day. Next Month. Next Year を意識して練習に励んでいきたいです。


さて、今週末で4年生は引退です。
気持ちよく4年生を送り出したい。
みんなそう思っているはずです。

それでは、試合に出る人も、出ない人もみんなで答えましょう。
「東大ア式蹴球部、今期最高の試合は?」


"Next Sunday!!"


鈴木亮平(3年MF)

2007年10月24日水曜日

感謝

お疲れ様です。
4年主務の碇です。

引退まで残り1週間を切りました。
あと、4回の練習で後輩達に何か感じ取ってもらえる、そんなプレーを少しでも多くやりたい
と思ってます。

28日でア式現役を終えると同時に、部活でのサッカーを終えることになります。
自分の8歳から14年間のサッカー人生を振り返って、
サッカーを通して様々な人に出会え、学び、成長できたことに、
今本当に感謝してます。

僕のサッカーの原点、鞆SCそして福山JFCでの仲間との出会いが、
今までサッカーを続けてこれたモチベーションになりました。
指導してくれた壇浦先生、貝原先生、村上先生のおかげでサッカーの楽しさを知りました。
ありがとうございます。

中高、広大福山時代、岡本先生にはサッカーの厳しさ、やりとおすことの大切さを学びました。
共に戦った同期7名、あの日々は生涯の宝物です。
ありがとう。

そして、ア式。

問題児集団だった僕らを最後まで指導してくださった鈴木さん。
ありがとうございます。

ア式OBの代表として、共に戦ってくださった監督、服部さん、福田さん、薮内さん。
ありがとうございます。

部員の怪我、コンディションを見てくださった、山下さん、平井さん、二瓶さん。
ありがとうございます。

最後まで走れるチームを作ってくれた小野さん。
ありがとうございます。

ア式現役が思い切ってプレーできる環境を作ってくださったLB会の先輩方。
ありがとうございます。

まりえちゃんを筆頭にして、選手を支えてくれたマネージャー、ATのみんな。
ありがとう。

「選手に復帰する」そんな幹事長のわがままを許し、支えてくれた都学連学生幹事のみんな。
ありがとう。

そして、4年間一緒にア式でサッカーをすることができた同期のみんな。
色んなことがあったけど、一緒にサッカー出来て良かったよ。
ありがとう。

残り1試合。
一橋戦勝って今年のリーグ戦締めくくりましょう!



最後に、
14年間サッカーを中心に生活して、しまいにはサッカーのために留年した
サッカー馬鹿の息子を見守ってくれた
父さん、母さん、
ありがとう。

来年はちゃんと就職します。

2007年10月21日日曜日

秋季-第8節

こんばんは。
2年ATの半田です。

今日の試合結果を報告致します。

【秋季-第8節】
 東京大学 1―3 明治学院大学

 前半;
  32分 明治学院大学 31
 後半;
  24分 東京大学 8吉田
  31分 明治学院大学 10
  45分 明治学院大学 10    


今日も皆様からの応援ありがとうございました。
残念ながら負けてしまいました…
来週はついに4年生の最後の試合になるわけです。
まだ出会ったばかりなのでそんな実感は全くわきません。
支えてもらったり、アドバイスをもらったりで
私たちATがなんとかここまでやってくることができました。
早いかもしれませんが、ありがとうございます。

そんな気持ちを込めて、来週は体調を整えて練習に行きたいと思いますっ
あっ、今日3人でエイトとヒールロックの特訓もしました!
テーピングを頼んでくれている選手の方、頑張りますね★

今日はお疲れさまでした。

2007年10月20日土曜日

中日の優勝よりウッズの乱闘

帰りの電車の後楽園駅で落ち込んだ巨人ファンの大群が乗り込んできやがりました。

こんばんわ、ボール係副将の松谷です。ちなみに主将は藤井です。



先日の紅白戦で久々に右ハーフをやらせてもらいました。
なのに、内容も結果も非常に残念なもので、せっかく舞い降りたチャンスを全く生かしきれませんでした。とってもとってもへこみました。ダメな俺。
本当に右ハーフでいいのか?ボランチとか左サイドハーフのほうがいいんじゃないか?
勝手にいろいろ悩んでしまいました。

でもやっぱり右ハーフにこだわりたい。今年はもう間に合わないかもしれないけど、来年の秋期こそは「右はやっぱ松谷じゃないとな」ぐらいの存在になってたい。秋期に燃える俺。
まずは新人戦、あわよくば一橋戦に出場して見せつけてやろうじゃあねぇか。
勝手にいろいろ考えてます。

要するに、頑張ろうってことです。



こんな独り言はどうでもいいんです。


明治学院。
スカウティングと先週の担架、2回明学の試合を見ましたが、強いです。1人1人の技術高いです。

だからこそ、メンバー入りした選手だけでなく応援のひとも、チーム全体が勝ちに向かって一つにならないといけないわけで。
昇格、3位狙いにはもう落とせない。残り2試合、やるしかない。
そのために俺は一生懸命応援します。チームを励まします。盛り上げます。全力を尽くします。日本一声を出すチームにだってなってやります。

今の4年はかなり強い、正直1部からの降格組にも全く遜色ないぐらい強いです。少なくとも俺はそう思ってます。新人戦優勝とか。
だから、ってわけでもないかもしれないけど、最後は明るく引退してほしい。



明日も俺はボールに空気入れます。でもあしたは出血大サービスで気持まで入れようと思います。1プッシュごとに勝利の念をこめて。



長くなりすいません。遅くなりすいません。
書きたいことが書けたのかどうか、不器用ですからわかりませんが、マジで勝ちましょうってことです。
マジで勝ちましょう。
絶対勝ちましょう。

おやすみなさい。


 3位死守ゅーーーー!!



1年 MF 松谷

4年間を振り返って

去年の秋、石黒さん達の代が引退し、僕達の代になりました。
自分が最高学年になって初めて、それまでの三年間、自分がア式を通して、自分なりにではあるが、色々な面で成長できたのも、先輩やコーチ、トレーナー、マネージャー、OBの方々などの、努力があったからだと気付きました。サッカーの上手さに関係なく全てのプレーヤーを成長させるための気配りや、お互いいい環境の中で、話し合いや切磋琢磨出来るような雰囲気があったからこそ、自分なりにサッカーも少しは上達したし、サッカー以外の面でも、少しはましになったのだと思います。そして、その様な環境は、近因や遠因の違いはあるにせよ、周りの方々に支えられて初めて実現できたのだと思います。
例えば、先輩方がわざわざOBコーチとして来てくれたりしたのは、先輩達の、更にその上の代から受け継いだ思いに対する感謝と、その思いを次の代に伝えていかなければという思いもあったからではないかと思います。だから、自分もそのような環境を作れるように、自分の得意な所で、出来る範囲でこの1年は努力しました。そして、現役には、このような素晴らしい成長の場で更に成長し、その感謝の気持ちを次の代に伝えていってくれれば、嬉しい限りです。


もう一つ、この4年間で最も記憶に残ったシーンがあります。それは、優勝した新人戦2回戦、朝鮮戦大学戦での1コマです。2-0とリードした後半、朝鮮大学が怒涛の攻撃を仕掛けてきました。全員が守りに入り、かなりきつい時間帯でした。自分は、朝鮮の勢いをそがなければと思い、ボールが来たら一人で朝鮮大の陣地に突破を仕掛けようと思っていました。しばらくして、伊藤Tがディフェンスし、こぼれた所を自分がちゃっかりかっさらい、2タッチ目で10メートル位のランウィズを仕掛けました。トップスピードに乗っている時、周りから、「出せー」と言う声が聞こえました。ふと顔を上げると、右サイドに明石、左サイドに水沢、真ん中を伊藤Tが駆け抜けていました。すでに43の状況でした。この瞬間、自分は勝利を確信しました。このチームなら、何点取られても取り返せるし、押し返せると思いました。そして、自分が突破する事を予測し、少なくとも信頼し、前に走ってくれた事はとても嬉しいことでした。「サッカーは芸術よりも美しい」とある芸術家は言っていましたが、少し解釈は違うかもしれませんが、このプレーは今でもとても美しく思えます。
ちなみにこのプレーの結果は、明石→伊藤Tと渡り、伊藤Tが一人かわし、ペナルティーエリア内のライン際でセンタリングを上げました。そして、ゴールまであと
2m位の位置で、「これ勝ったかも」とちょっと油断していた自分が痛恨の空振りをしてしまい、さらに空振りに驚いた水沢も空振りをするという結果でした。


更新遅れてすいません。青木でした。

2007年10月17日水曜日

紅白戦

こんばんは、3年DF、最近は右足ロングシュートが売りの齋藤です笑

明日は紅白戦。

4年生との練習回数も限られてきた今、明日の紅白戦に意気込んでいる人も多いと思います。僕もそんなヤツの一人です。

3年生としての今の自分の課題は、4年生がいなくなってもア式のプレークウォリティを維持・向上させるために残り数少ない4年生との練習を真剣に取り組むこと、最高学年になったとき自分達でチームをまとめられるようにプレーでもメンタルでも周りに認めてもらえるよう行動すること。紅白戦は、今述べたことにを追求する上で3年の自分にとって大きな意味を持っていると考えています。

最近3年生のミーティングを重ねるにつれて自分の中で「上の学年」という意識ができてきて、同時に自分のプレーも変わってきていると感じています。

個々のプレーについて、さっきの1対1では簡単に振り向かれたから、次はもうちょっと寄せてみよう、というようなのが意識のある練習だと思っていたけど、鈴木さんやキャプテンが常日頃言う「意識」は、今述べた反省とか教訓の意味だけでなく、プレーに取り組む姿勢、やる気?みたいな意味もあるのではないかと思います。最高学年になる前に自分が変わらなくてはならない、というような危機感があるから、今は練習に対する姿勢が自然と矯正されて徐々に良い傾向のパフォーマンスを発揮できるようになってきているのだと思います。

秋季リーグも残りわずか、各学年ともそれぞれの立場から今の状況を考え、明日の紅白戦、土曜の練習試合、そして日曜の明学戦に取り組みましょうっ。

2007年10月15日月曜日

遅くなり申し訳ない

こんにちわ、1年の藤井です。タイトルにあるように本来土曜日に書くべきフィーリングスを月曜日に書いてしまい、すみません。遅くなったのに理由はありません。ただ忘れてただけです。本当にごめんなさい。



昨日の試合、みなさんお疲れ様でした。勝てて本当によかったです。この調子で残り2節も頑張っていきましょう。



試合が終わった後、僕は立教と明学の試合の担架係りをしました。とても素晴らしい試合でした。両チームともとてもレベルの高いサッカーをしていました。何で明学は上智に負けたんでしょうか?とても信じられません。明学はスタメン全員が下痢でもしてたんでしょうか。いや、それにしても・・・。立教の11番の技術には目を見張るものがありました。彼のプレーには人の心に働きかける何かがありました。今日の日本国憲法の授業のときにしんちゃんからお前もああいう選手になれ、と言われました。何言ってんだよ。そりゃ無理っしょ。そんな簡単なことじゃねーよ。でも上手い選手のプレーを見て、それを目指すことは大事なことだと思います。明日から始まる練習のなかでどうすれば自分もあんなプレーができるのか考えながら練習に励んでいきたいと思います。少しでも上のレベルを目指して、そうして培ったものを試合で活かして、そんなことばかり考えている今日この頃です。

第7節




 
1年ATの丸井由貴です。
本日も寒い中、応援ありがとうございました。
  
 
  
 
今日の試合結果をお知らせします。
 
 
秋季リーグ 第7節
 
東京大学 4-1 日大商学部


  1    前半    0

  3    後半    1
 
 
20分 東大 10伊藤貴 (PK)

46分 東大 10伊藤貴 (アシスト 9木野本)

48分 日商 22 (アシスト 12)

77分 東大 10伊藤貴

80分 東大 10伊藤貴
 
 
 
2ヵ月にわたる秋季も残り2試合になりました。
次は明治学院大との試合です。
来週も、応援よろしくお願いいたします。

 

 
あっという間に夏休みが終わり、秋になりました。
本当に早いです。まだ、先週の事がハッキリ思い出せます…
 
今日は、フィジカルコーチの小野さん、トレーナーの山下さんと平井さん、
たかさん、あきさん、太田さん、奈緒子さん、みちおくん、紳吾くん、あや、私で焼肉を食べました。
楽しかったです!おいしかったです!!
 
  
  
写真は、上から、
・今日、公式戦初4ゴールを決めた、たかさんのPK
  
 
・後半の様子
  
 
・焼肉の時に主役だったあきさん、手は太田さん
です。
 
1年AT 丸井由貴

2007年10月11日木曜日

なまず一匹¥500

僕の部屋には水槽が2つあります
そのうち一つにはクチボソという小さな鯉のような魚が大小2匹泳いでいました
一昨日の休日に小岩でナマズの稚魚を買ってきました
クチボソの体長の2倍ほどもなかったので
先客を食べるようなことはしないだろうと同じ水槽に入れときました
次の朝小さい方のクチボソがいなくなりました
さすがに大きい方は食べられないだろうとそのままにしておきました
今日の朝とうとうその水槽はナマズ1匹だけになってしまいました

どうも小薗です。
そんな魚好きの僕は今農学部の水圏環境科学科というところで勉強しています
けして魚のスペシャリストというわけではありません
海の環境のことや物質循環のことなども勉強しますし、僕が進みたいのはそういう分野です

もちろんお魚さんの勉強もします
今日もウナギの浸透圧の実験がありました
採血したウナギを家に持ち帰ってかば焼きにしたりしました


さて、 そんな実験のために僕は水曜の練習に出ることができません。
今の時期まともな練習ができるのは水曜だけですし、
うまくなるということとアピールするという両面でこれは大きなマイナスになります

しかし学科の忙しさを言い訳にしていてはいけません
火曜、木曜、土曜のフィット、紅白戦、練習試合で出し切る

そして何より大事なのが結果にこだわること

周囲の状況がどんな時でも自分がどんな状況におかれてても
集中してこつこつ結果を出していけば
いつか大きなチャンスが巡ってくる 
などと感じているこの頃です

というわけで明日の紅白戦がんばります
ウナギいっぱい食ったし


キャプテン決めなどで来期に目がいきがちですが

まずは残された3週間に集中して

頑張っていきましょう

3年小薗健太

2007年10月9日火曜日

気持ち

声を出すとどうなるか知ってるかマイト?
キツいときも頑張れるんだ
気持ちが折れないんだ
楽しくなってくるんだ
そして
チームの気持ちがひとつになる

              ~リアル5巻、ナガノミツルの言葉

もう最初で最後のfeelingsになるんですね。
4年の門田です。

もう残り3週間だと思うと、やはりつらい。
自分ができることは全てやろう
残せるものは残していこう
と思ってはいるものの、何ができているだろうと悩みます。

そこで、今日は「気持ち」について書こうと思います。

気持ちを出していこう
気持ちのこもったプレーをしよう
なんてよく言いますよね。

そんな時、皆はどんなことをしていますか?
ディフェンスで最後にすべる、めちゃくちゃ走る、勝負を仕掛ける
各自いろいろあると思います。
俺はそこで、誰よりも声を出そう、なんて考えます。

そこで冒頭の引用が出てくるわけです。
声ってのはホント大事で、
それによって助けられることは多い。
声が聞こえるから、すべれたり走れたり勝負できることもあります。

でも、自分のプレーにいっぱいいっぱいになったり
疲れたり気持ちが折れたりしてくるとそれが出なくなってくる。
だからもう一回頑張ろう、と声を出そうと思うわけです。

そしてもうひとつ。

これ以外にも
ラインをコントロールしたり
守備を指示したり
相手がきてることを知らせたり
ボールを呼び込んだり
とにかくチームで連携をとろうとすれば
声ってのは出さないわけにはいかない。

うちのチームは
下が強くなって上を押し上げないといけない
下から上に出てくる選手がいなきゃいけない
と良くコーチや監督がおっしゃられていますが
それは勉強やってきて、サッカー上手いヤツが多くない中で
どうやったら上手くなっていけるか、
ということと関係していると思うのです。

周りが上手いとそれに慣れようと人は上手くなる。
それは高校から大学に来たときの経験などから
皆も一度は覚えがあると思います。
逆に周囲にあわせたり現状に満足すると伸びなくなる。
だから俺たちは皆で上手くなっていかなければならない。
チーム全体が上手くなれば、結果自分も上手くなれるのだから。
常にひとつ上を目指して、上のレベルでやることが大事なのです。
そこで、声出しに話が戻ります。

声を出せば自分がどうしたいか伝わるし
声を出してもらえれば自分が何をすればよかったのか考えられるし
声を出せばより良いプレーができるわけです。
なにより、声というのは走れなくても出せるし、
下手でも出せる、最も簡単なのに確実な方法なのです。
そして声を出すことでチームメイトはレベルアップし、自分がレベルアップし、
チームがレベルアップしていくのだと思います。
だから恐れずに、声を出して気持ちを見せていって欲しい。

声はこれだけ大事だからこそ、出さなければならないけれど
その分考えて出さなければならないし、出し方もあります。
チームの雰囲気をよくするための声が罵倒になっては意味ないし、
自分のことだけ考えて、独善的なものとなってはそれは効果がありません。

でも、冒頭の気持ちを持って出した声ならば、
基本そんなことはないんじゃないかなんて思います。
だから俺はいつでもどんなときでも声を出せるチームこそが
うちの目指すべきものなのじゃないかと思っています。
そしてそれこそが東大の原点だと思うし、
それが今まで先輩たちが培ってきた、気持ちのこもった、
走る東大のサッカーってヤツなのではないかと思うのです。

長くなりました。
自分が言いたいことが上手く言えているかはわかりません。
でも、次回の練習から少しでも声を出すことを意識してくれるとうれしいです。
自分は残り3週間、この気持ちが皆に伝わるようにもっともっと頑張りたいと思います。
気持ちをみせていきたいです。
では、最後に。


まず手始めに日本一声を出すチームになろうやマイト



4年 MF 門田大範

2007年10月8日月曜日

遅くなってすみません。。

《秋季リーグ 第6節 結果》

東京大学 1-2 立教大学

【前半】1-1
4分  立教大学 ⑦(アシストなし)
11分  東京大学 ⑨木野本(アシスト:④太田)

【後半】0-1
16分  立教大学 ⑥(アシスト:⑪)

昨日もたくさんのご声援ありがとうございました。
残り3戦、引き続き応援よろしくお願いします。




2年MNG小林です。
早いもので、気づけば金木犀の香りも漂いはじめ、すっかり秋になってしまいました。


…思いのほか早いです。
ただなんとなく流されるように過ごすのではなく、
能動的に、今出来ることを精一杯こなしていきたいと思っています。


今は色々あるけれど、やっぱり楽しいです。
優しい先輩、しっかり者の後輩、そして素敵な2年生...
こんなにいい環境にいることができて、ハッピーです。


お世話になった4年生の引退まであと1ヶ月もありませんが、
私ももっと頑張ってサポート(そんな大それたこと、という感じもしますが)
していきたいです。



それでは、お付き合いいただきありがとうございました。
寒くなってきましたが、お体に気をつけてお過ごしください。




けどなぜでしょうか。
私のfeelingsの前が2回連続で鈴岡君なのは。


 2年(MNG)小林ゆか

2007年10月6日土曜日

決戦の時!!

 こんばんは、最近髪を切って坊主になった1年の鈴岡です。
早くもfeelingsは2回目であまり書くことが思い浮かばないです。
最近思ってるんですが、2年生プレーヤーのfeelingsが止まっているような気がするのですが・・・






そういえば、このところmixi上で僕の偽物が出現しているっぽいです。偽物なので注意して下さい。本物の僕はmixiやってませんから。






 それはそうと、今日はア式1年の中でも屈指の仲の良さだと言われている白井さまと小蒲さんの2人が誕生日を迎えられたそうです。おめでとうございます。これからも頑張っていきましょう・・・






 さてもう気が付くと入部してから6ヶ月目に突入しています。前回は大変なことになったあの京大戦の前夜にfeelingsを書いたわけですが、その直後に始まった夏休みがもう終わろうとしているわけです。二部練や合宿では暑い中できつい練習をこなしてきました。前回のfeelingsでは暑い中でも自分に負けずに頑張っていこうと書いていたのですが、達成できたのだろうかとこのところ考えています。自分なりに精一杯やってきたが、まだ自分はできないことがかなり多くて前途多難といった感じです。少しでもチームに貢献できるようになりたい。そのためには日々の練習の中で1つ1つの細かいことを意識して正確にこなしていかなければいけない。同じ練習でもただこなすのではなく、毎回新鮮な気持ちで取り組んでちよっとでも新しいことを見つけていきたいなと思う。秋季が終わったら4年生が引退してしまうわけで、今と同じメンバーで練習できるのはあと少ししかないのだし。1つでも多くのことを習得していきたい。






 そう、そして明日はいよいよ秋季リーグ第6節の立教大学戦です。このところいつも言われている通り、今年の秋季リーグでの東京大学ア式蹴球部の明暗を分ける一戦だと思います。今までとはレベルの違う強い相手。しかし、ア式の強みであるチームワークを最大限に活かしたサッカーをすれば必ず勝つことのできる相手だと僕は信じています。ここで勝って勢いをつけて、悲願の東京都1部昇格へ。僕は応援する立場でしかないですが、明日はいつも以上に応援していきたい。






 明日はチーム全員で勝利を目指しましょう!!

 それではおやすみなさい。

  1年 DF 鈴岡 大明

2007年10月4日木曜日

ガンバリ国連特別顧問、なんていい名前…。

中国では、福田首相がのび太君に似ていると人気上昇中だとか。マンガ好きの麻生元幹事長としては胸中複雑なところでしょう。


こんばんは、最近復帰した3年の大沢です。やっぱり観るよりもプレーする方が楽しいですね。自分のイメージ通りに動けたときなんか特に。


さて、秋季も折り返しを過ぎ、主力には警告や疲労が蓄積してくるころです。こういうときこそ、新たな戦力(シンデレラボーイ?)の出現が必要です。


「チャンスは全員にある」とよく言われますが、やっぱり与えられるチャンスの数は違うと思うんです。

主力の調子にもよるし、ポジションによっても違うし、BよりAの方が鈴木コーチにみてもらう時間は長いだろうし。

でも、重要なのはチャンスが多かろうが少なかろうがそれを生かせるかどうかってトコです。
試合だって相手の3倍シュート打っても負ける時は負けるんで。それと同じです。

最近Bチームと合同の練習も多いですが、たとえBでも少ないチャンスをexcuseにせず、一旗揚げてやろうっていう選手にはやっぱり怖さを感じるし。これはお世辞でも上から目線でもなく、実際感じることです。

逆にそういう意味では、同ポジションの先輩2人が離脱した直後に自分もケガをしたのは、チームに迷惑をかけた以上に一選手として情けないですね。千載一遇の好機をフイにしたことになるんで。

だから次の好機は石にかじりついてでも掴んでやるという気持ちでプレーしてます。


ネチネチクドクド色々書きましたが、つまるところ3年生(以下)ももっと今年に懸けていいんじゃないか、ということです。今年の結果で来年の舞台が変わるんで。


厳しい現状ですがみんなで起こしましょう、いわゆるひとつのメークドラマ。




(僕の嫌いな)巨人も優勝したことですし…。


大沢 拓巳(3、MF)

2007年10月3日水曜日

仕事

こんばんゎ☆
4年の百谷デス o


唐突ですが、本当にスミマセン。

全く更新されず、誤植だらけのホームページを管理しているのは他でもない私です。
OBの方々から寄せられる愛のある苦情も、変態主務を通じて伺っております。
本当にスミマセン。
僕の分まで、後任の藤安クソには是非とも頑張って頂きたいと思います。
皆で藤安クソを応援しましょう。

頑張れ~!藤安クソ~~!!


仕事を全うする、ということは本当に難しいなと最近つくづく思います。
ホームページ大臣のことではありません、あくまで1選手としての仕事です。
皆は、

自分の仕事は?

と聞かれて即答できるでしょうか?僕は出来ます。


サイドで攻撃の起点を作ること。
ボール受けたらガンガン勝負仕掛けること。
クロスボールを上げ続けること。
質の高いプレスキックを蹴ること。
FKを直接ねじ込むこと。
対面のサイドバックにスライディングをかますこと。
きつい時に声を出すこと。


しかし今年の秋季はどうでしょうか、なんも出来てません。
それはなんでか。
怪我とか理由は関係なく、とにかくまず練習で自分の仕事が出来てないからに他ならないわけです。
「練習で出来ん事は試合で出来ん」ってよく言うけど、
ガチ勝負の秋季では、練習で出来ないと試合ではやるチャンスすらもらえないわけです。


鈴木さんは最近よく「やるしかない」って言ってるけど、
「やる」ことがわかってないと、お話にならんわけやし、
俺みたく字づらでは分かってるつもりでも実際にやれんと、お話にならんわけです。

怪我の連続でチームには迷惑しかかけてないけど、こんな俺でも何とかチームを変えたい。
なので、これを読んだ人は是非もう1回自分の「仕事」を考えて欲しい。
1人1人やることって違うはずやから。
んで明日からの練習で思いっきり体現して欲しい。
52人(?)全員変わったら絶対に奇跡も起こる。
明日から俺もその先駆けになれるようにホンマに頑張る。
ホンマに頑張る。
皆頑張ろう。
奇跡起こそう。

俺はまだ鈴木さん胴上げ諦めてないです。

2007年9月30日日曜日

19℃

9/30 秋季リーグ 第5節




東京大学 VS 創価大学

 3   -   2



前半
33分  東京大学  PK伊藤貴

後半
2分  創価大学  13
8分  東京大学  吉田  (アシスト 伊藤貴)
17分  創価大学  17
27分  東京大学  木野本 (アシスト 伊藤慶)





1年マネージャーの高木です。
  
 今日は記録係だったので、本部からの応援でした。
記録の仕事中、先輩に助けてもらってばかりでした。
ミスもありました。
反省。
 明日から10月。
いつのまにか9月も終わってしまいます。時間はどんどん過ぎていきます。
後悔するのは嫌なので、今できることを全力でやりたいです。


 今日の最高気温は19℃だったそうです。
 明日の最高気温は20℃らしいです。

2007年9月29日土曜日

サッカーと小枝

どーも。
巷ではパスミスが多いと評判の白井です。
将来の夢はスタメンとって練習後にATと卓球することです。
ちなみに今回は縦読みとかやってません。どうせ気づいてもらえないし。

私事ですがティーンエイジャーとして過ごすのも残すところあと1週間となりました。
ボールを蹴り始めて17年目の4月、プレーヤーとして最後に本気でサッカーする場にア式を選んでからもう半年。
気づけば夏も終わっていました。
4年がいるうちにAチームへ!なんて息巻いていたもののなんやかんやであと1ヶ月、Aの壁は見た目より高いっぽいです。

自分のこととかチームのこととかやめていった1年のこととか、この半年でいろいろと考えさせられました。
いろいろ考えてわかったのは、やっぱり自分は死ぬほどサッカーが好きで、ア式でプレーヤーとしてのサッカー人生を終えた後もこの球技からは離れられそうにないってことです。
たまに練習に来てくれるOBコーチや先輩を見てると、自分の知らないア式の先輩方もサッカー死ぬほど好きだったんだなってちょっとうれしくなります。

あと少しで引退してしまう4年も、たぶんみんな勉強よりも卓球よりも何よりも、サッカー大好きなんだと思うんです。
あんなにきついフィットを4年間も続けるなんてよほどのサッカーバカじゃないとできません。

サッカー好きに悪い人はいない。ぜったい。淫行とかしちゃう元日本代表もいるけど。
そういう意味で、こんなにいい人がそろってる集団日本中探しても他にないと思います。

だから、そんないい人たちが気持ちよくサッカーできるように、明日はちょっと張り切って応援しようかなって思います。




まぁでも、やっぱりはやくプレーでチームに貢献できるようになりたいですね。

ひさきた頑張れ。


1年 MF 白井英介

2007年9月27日木曜日

少しずつ

こんばんは。三年の南です。

三年間あっという間でした。
サッカーが上手くなりたいと思って、リバウドに誘われ入部したのが昨日の事のようです。
一番つらかったのは魔の生協事件。キュウさん怖かった。


最近暇なときは好きなアーセナルの試合をよく見ます。
DFラインからショートパスをつないで相手を崩していくサッカーは感動します。
その中でもセスクのプレーは好きです。

あんな風に上手くなりたい。 


パスを正確に出せるようになりたい。

左右どちらでも蹴れるようになりたい。

周りをいつでも見れるようになりたい。

球際で負けない様になりたい。

ドリブルが上手くなりたい。


あと一年とちょっとですが

一つずつ練習の中、試合の中で出来ることを増やしていけるように、初心を忘れずに頑張ります。

2007年9月24日月曜日

マネージャーのベンチ入り

3年マネージャーの木本です。

秋季リーグ第4節の試合結果を報告します。

東京大学 1-1 成城大学(2部3位)


得点経過

 前半23分 成城大学
 後半28分 東京大学 44久木田紳吾

第4節を終え、現在6位です。今日は引き分け、このまま良い流れに乗って欲しいです。

試合の時、マネージャーにはベンチに入るという仕事があります。仕事内容は普段している事とはほとんど変わらないのですが、公式戦ではマネージャーはベンチに一人しか入る事が出来ません。ベンチに入れる時はいつも一緒にがんばっているマネージャーが近くにいなく、一人ということとみんなのベンチに入りたい気持ちを背負って、他のマネージャーの分までもがんばらなくてはと思います。なので、慣れている仕事にも関わらず、ベンチに入るときはいつもとても緊張します。

私は今回ベンチでした。ベンチに入っている時はいつも以上に選手を近くに感じ、みんなのがんばりがすごく伝わってきます。みんなのがんばりを身近に感じ、これからも選手たちがよりサッカーをしやすい環境を作り、一緒に勝利を目指してがんばりたいと思います。

2007年9月22日土曜日

夏休みももう終わり

 なんか変則的な順番になってますが、とりあえず土曜は一年なので書きます。

 二か月もあった夏休みもいつのまにか残りわずかです。ほぼ毎日練習があり、あわただしく過ぎて行った感のある夏休みでしたが、やはり学期中に比べれば時間に余裕があるわけで、ボーっとしながらいろんなことを考えたりもしました。そこで思ったのは、ア式みたいなところでサッカーに打ち込めるっていうのはのはすごい幸せなことなんじゃないかってことです。は?なんだそれって思う人もいると思います。

 自分の高校のサッカー部は正直けっこう甘い部で、みんなあんまり意識高くなかったし遊びの延長みたいな感じの練習でした。自分自身もこんなんでいいのかな、もっと頑張れるはずじゃないかな、と思いつつもなんとなく周りの雰囲気に流されて、妥協しながらやっていました。

 ア式の選手たちはみんなそれぞれサッカーにすごいこだわりを持ってるし、向上心があるし、しんどい練習にも前向きに取り組もうっていう雰囲気があるし、先輩たちはいろいろアドバイスしてくれます。いい加減な部活しか経験してこなかった自分にとってはかなり新鮮です。そんないい雰囲気の中、毎日練習できるのはすごい幸せなことなんじゃないかって思うんです。

 一瞬のうちに過ぎていった今年の夏を振り返ると、浪人でもんもんと過ごしていた去年の夏を思い出します。ア式で充実した時間を過ごしている今の自分はあの頃からは考えられないくらい幸せなんじゃないかと。一つのことに真剣に打ち込む幸せがア式にはあると思います。

 4年生はあと一ヶ月半で選手としてのア式の生活は終わりです。僕たち1、2,3年生は4年生がいなくなってもア式のいい雰囲気を作っていけるようにならなくちゃいけません。4年生の幸せな時間の最後に勝利の華を添えるために、僕たち1,2,3年生が成長していくために、残りの6試合をチームが一つになって戦い抜きましょう。

 
 
 

2007年9月20日木曜日

世界の中心でハムが裂ける

もりかわより旬悦のほうが好きな佐藤です。
HPの調子が悪かったので五日遅れで書いています。

まさかfeelingsの二順目のときにもけがしているなんて夢にも思わなかったのに加え
最近チームの負けが込んでいて、そんな中でプレーで支えることができず歯痒い思いをしているのに加え
復帰のめども立ってないのに1日4回くらい「いつ復帰すんの」とか聞かれたら
自分みたくガラスのハートの持ち主は滅入ってしまいます。

しかしまぁfeelingsの回転の速さでわかるように、1年は少ないですね。
しかも俺とサネはいていないようなもんだとかいう噂もあるようだし、さらに少なく感じます。
横綱だって怪我を押してサッカーする時代なのになんででしょうね。

そんな中、先日鈴木さんがおっしゃた「与えられたことをやるしかない」という言葉は心に響くものがありました。
なので僕も周囲の人のいうことを気にしすぎたり、先のことを憂いてみたり、女の子と二人でHEROを六本木に見に行った先輩のことを冷やかしたりしないで、与えられた任務(=リハビリ)を無心にこなして念願のBチーム入りを果たしたいです。

今週はいい形で勝って気持ちよく1年会を迎えられますように。

2007年9月13日木曜日

遅くなってすいません、四年の宮城です。
最近、初めてを読みました。いつからかジャンプでは必ず読む漫画が少なくなり、たまに全部の漫画を読んで面白い漫画は次のジャンプでも見ることを繰り返していました。しかし一話読んだだけではの面白さに気づけませんでした。なんて文字の多い漫画なんだと。。読んだ事あるところもたまにあったりして、懐かしさなどを感じながらも読み進めていくうちに、結末が頭に浮かびました。どっかで読んでたんでしょうかね。
それでも十分面白かったです。

さて、四年なので僕はあと二ヶ月でサッカーが終わっちゃいます。
あっという間でした。ここまで全力で頑張れてこれたのか、とよく後悔したりしているので、少なくとも残り二ヶ月そんなことを思う余地もないくらい頑張ろうと思います。

2007年9月12日水曜日

秋季を迎えて

 3年目の秋季が始まり、色々感じることがあります。
 1年のときから自分なりに大小の目標や課題を考え努力してきたつもりだが、なかなか思うようにいかない。練習や試合の度に次々と課題が現れるし、ミスも少なくない。常に何とかしなければと取り組んではきたが、今思えば特に1、2年のときはどこかに「いつかはできるようになるだろう」とか「2年、3年あればあの選手に追いつけるだろう」という甘えがあったかもしれない。けど実はもう3年目も秋季が始まってしまい、大学サッカーもあと1年と考えると危機的です。目標が高すぎたのかもしれないけど、2年半の間にできるようになるだろうと思ったことは半分もできるようになってないし、上手い人達との差も縮まってない。秋季が終われば、色々アドバイスをくれ、胸を貸してくれた4年も引退してしまう。もちろんこの2年半で良くなったと思える部分もあるが,今までの成長速度であと1年では到底先は見えているし、後悔することになるでしょう。端から見ればバカバカしいかもしれないが、運動会の部に入って色々犠牲を払ってサッカーをしている以上、払っただけのものは得たいし、選手として自分が到達しうる最高のレベルまで上達したい。もっと自分に足りないものを謙虚に考え、高い意識や目標を持って練習に臨まないといけないし、人より練習しなければいけないと思います。
 さて、秋季は2戦目で土がついてしまいましたが、あと7戦で優勝のチャンスは十分あるし、これからの一戦一戦、一日一日が本当に重要だと思います。個人的には一昨年、昨年と決定機を外してしまい、結果としてチームの足を引っ張ってしまいました。今季は少しでもチームの勝利に貢献し、そしてサポートして下さる方々に応えられるよう頑張ります。まずは次の試合に集中して、明日の練習でいいアピールをしたいと思います。

3年 DF 水澤

2007年9月11日火曜日

東京大学ア式蹴球部のサポーターです。

秋季リーグ第2節
東京大学VS上智大学

〈前半〉0―1
15分 上智大学 11番ゴール18番アシスト

〈後半〉0―0

〈結果〉0―1



残念ながら負けてしまいました。しかし次の試合まで一週間しかありません。次は勝ち点3を手に入れましょう!!!!



前回のfeelingsで書いたコトをネタとして引っ張られfeelingsを書くコトの大きさを痛感しました2年MNGの櫻井優里です。投稿遅れて申し訳ないです。



最近、私はア式の練習や試合を見てると声を出してチームを盛り上げるのは大切なんだなぁと感じます。

前にテレビであるサッカー解説者が試合中に声を出して盛り上げる事について「試合中どんなに声を大きく出してもサポーターの応援の声でかき消されてしまう。だからあんなのはパフォーマンスにすぎないのだ。」と言っていたのを聞いたことがあります。
確かに日本代表やJリーグの試合ではいくら声を出しても聞くのは難しいでしょう。
しかし、私たちア式サッカー部そして大学サッカーの試合では選手同士が声を聞き取り合うことができます。
これはとても良いチャンスだと思います。
声を出すことによって意思表示にもなるし自分自身のモチベーションを上げるコトができるのではないでしょうか。そして、それがチームの一体化につながるのです!
試合中だけではなく練習中もそうです。
特に私はあの地獄のフィット中、チーム内で声を出している人は輝いて見えます。

声を出して一緒にチームを盛り上げていきましょう!!

最後に…
最近、学連のお仕事でU-22のお手伝いばかり行き職権乱用などと囁かれていますが私はお仕事で行っているのであって水野選手を近くで見るためではありません!!
そして1番好きなチームは「東京大学ア式蹴球部」です!!!!

2007年9月8日土曜日

秋季の目標

どうも、一年MFの久木田B紳吾です。

aikoいいよねみたいな発言をした時からBというミドルネームがつきました。意味わかりません。

しかも僕は持田香織の方が好きです。川嶋あいと聞き比べてもやはり持田香織の方が好きです。歌もだけどあののほほんとした雰囲気に癒されるのです。


さてさて、今日は同じ一年の鈴岡が遅刻をしてしまいました。

とここまで書いておいて別にコメントすることもそんなにないので次へ行きます。ドンマイ鈴!



秋季リーグが開幕するちょっと前に秋季リーグの目標を立てようと思い、ア式に入部してからのことを思い返したんですが、本当にア式に入って良かったなと思いました。確かにかなり走るし、きつい部分もあるけど、指導者や先輩、そして同学年の仲間はみんないい人たちばかりで、とても日々が充実しています。本当にア式の方々には感謝してます。
だから目標を「とにかく勝利に貢献する」というシンプルなものにしました。自分が何アシストして何点取るとかはどうでもいいから、とにかくチームが勝てるように一生懸命頑張ろうということです。それがア式への恩返しだと思ってます。

開幕戦は数をかけなくても決定機を作れていたので、守備に力を入れました。これからもそのつどチームにとって自分ができる最善のプレーをやって勝利に貢献できればいいなと思います。

また、四年生とは知り合ってまだ5か月くらいですが、この大会が一緒にプレーできる最後の大会だと思うと本当に悲しいです。もっと一緒にサッカーをしていたいです。 でもそれは残念ながら叶いません。 だから、秋季リーグでの試合を一つ一つ大事に戦っていこうと思います。悔いのないように。

明日はいよいよ第二戦、みんなで頑張って勝ちましょう!!僕も勝利に貢献できるように頑張ります!!絶対勝ちましょう!!!

2007年9月7日金曜日

終わりの始まり(オールフィクション)

こんばんわ。4年BMWの明石です。

まず、OBの皆さまをはじめ、開幕戦に来てくださった方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。皆さまのご声援と、今までの多大なご支援があってこその勝利でした。本当にありがとうございました。引き続き、最終節まで応援よろしくお願いいたします。



さて、あまりブログには似つかわしくない世紀末な題名をつけましたが、要は最後の大会が始まってしまったなーってことです。

今まで、牧さんの代、上土居さんの代、夜は女ラクとレッツ・パルティ!な石黒警部補の代と、三回の秋季大会を経験してきましたが、江連も僕も思うようなコンディションで大会に臨めず、体を張ったギャグでチームを盛り上げようとして逆効果を生むばかりでした。


ということでコンディションは大事でなんですね。


台風で農グラ練が休みになった今日は、せめてもと思い、全学年に声をかけて御殿下での自主練を企画してみました。

部員たるもの、スタメンたるものはなおさらのことですよ。自主練しないなんてありえないですからね。

で、最終的にミニゲームができればよい程度だったので、まあ4年に声かけるだけでいいかな?でも一応全学年に声かけとこう。あ、でもミニゲームするには人数多くて困るよみたいなことになったらどうしよっかなみたいな心配もあったりなかったりででもまあやっぱりそういうのはよくない、そういうのはよくないですよ的なね、シェキナベイベイ的な感じで下の学年にも一応、かなり一応の部分を強調したい感じで声をかけた次第なんですよ。


参加者はなんと11人。イレブンですな。まさに。東大の。
まったく!万里絵ちゃんとのデートよりも当然自主練を優先するべきスタメンだけしか集まらないなんて!スタメン以外の人たちのモーティヴェイスンはどうなってるんですか?!

予想スタメン

    望月②
松谷① 後藤② 明石④
 久木田① 白井①
村上②     大内①
  深田② 南田②
    吉田②



まあ、当然ながら、現実ってそんな甘くないですよね。

ミニゲームは大盛り上がりでしたが、個人的にはミスだらけの企画になってしまいました。中でも致命的なミスが三つ。4年1人。3年0人。あと終了後の中食昼食で後藤と半ちゃんの鉄板ネタで盛り上がりすぎて、ドロップキックを低い弾道で本部テントに蹴りこむ…

久木田「いやさすがに4年はかなり来てると思ったもん。まあキノさんは来なそうだけど」
江連「宮本さんまじでデートしてるんですか?」
後藤「最近3年の○さん、ノロさんへのからみでそれどころじゃないっぽいですよ」
村上「千布さん最近ゲームシャツ以外の姿見たことないっすよ」

待て待て若人たちよ。
君たちの言いたいことはよくわかる。4年ももう一度初心を振り返り、心も体も裸になって、やり直すべきなのかもしれん。でも副キャプテンの人選ミスが否めないのに振り返ればそいつをキャプテンに推したやつが結構いたんだぜ。
そして3年はもうそろそろ諦めようよ。船本も口ばっかだよだけどわかりきってることじゃん。野呂ちゃんもわけわかんない写真大公開しちゃってるよだけど彼女ちょっとキノと通ずるとこあるから。来年キャプテン吉田。







最後に

今日チーム高揚化計画(この暇な書き込みもその一部)のトリとして院試に落ちるというウルトラファインプレーを見せた宮城神を讃えて私の挨拶とさせていただきます。

2007年9月5日水曜日

おっぱっぴー

お初です。船本です。3年です。


最近おっぱっぴー大好きです。
合宿での江連のいただきますから一向に頭から離れません。

さて、秋季は9試合あります。
まだ1試合しか行われていません。
残りはまだ8試合もあります。
そのうち1試合でも出れたら…
10分でも5分でも出場機会が与えられたら…
そんなときのために練習します。がんばります。

桜木花道も
「オレに今できることをやってやるよ!!やってやる!!」

じゃあオレも今できることをやってやろうじゃないっすか!
今できること…
1対1など対人で抜かれない。
体張ってシュートを防ぐ。
チームを盛り上げる!! etc

結果としてスタメンになったり、途中出場したりして、
直接チームに影響を与えることはできないかもしれない。
でもやれるだけのことはやっておこう。

そうポジティブに、前向きに練習に取り組みたいですね。

あしたはおそらく紅白戦です。
キノさんとの1対1の局面が多いでしょう。
キノさんは速いです。うまいです。


でもそんなの関係ねぇ!!

おっぱっぴーにがんばります。

2007年9月4日火曜日

終わりの始まり

 こんばんわ。4年GKの水口です。

 まず、OBの皆さまをはじめ、開幕戦に来てくださった方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。皆さまのご声援と、今までの多大なご支援があってこその勝利でした。本当にありがとうございました。引き続き、最終節まで応援よろしくお願いいたします。



 さて、あまりブログには似つかわしくない世紀末な題名をつけましたが、要は最後の大会が始まってしまったなーってことです。


 今まで、牧さんの代、上土居さんの代、今は新宿の悪と闘う石黒警部補の代と、三回の秋季大会を経験してきましたが、いづれも僕は出場できず、ピッチの外からのサポートしかできませんでした。


 昇格の喜びを体験できたのは一度だけ、一年生の秋でした。


 そんな自分が、今となっては開幕戦のスタメンで、背番号1を付けている。「もう」と「やっと」という感情が入り混じっています。


 今の3年生以下は、昇格の喜びを味わったことがありません。僕ら4年生も、優勝の喜びを知りません。彼らのためにも、自分のためにも、絶対優勝する!と意気込んで開幕戦に臨みました。






 まあ、当然ながら、現実ってそんな甘くないですよね。

 結果は勝利でしたが、個人的にはミスだらけの試合になってしまいました。中でも致命的なミスが三つ。失点シーンでのポジショニングミス。後半終了間際、相手のフリーキックをキャッチミス。直後、ドロップキックを低い弾道で本部テントに蹴りこむ…

 情けない限りです、はい。

 後悔しても仕方ないし、反省して次の日に頑張る。それしかないですよね。

 "All That Matters is Tomorrow. We Just Keep on Fighting."

5年前の「ナンバー」に、カーンの写真と一緒に載っていた言葉です。本人の言葉かどうかは知りません。


 "Keep on Fighting"のために僕に残された時間は7週間。終わりが始まりました。


 第二節の相手は、鷲を校章に戴く上智大学。鳴かず飛ばずのまま叩き落すために、今日の練習も頑張ります。




 "Blue is the colour, football is the game
 We're all together, and winning is our aim
 So cheer us on through the sun and rain
 'cause Chelsea, Chelsea is our name "

 最後の一行を除けば、ア式にも似合う応援歌だと思います、個人的には。 

2007年9月2日日曜日

ついに開幕しました!!

こんばんは。3年マネの野呂です☆二回目のFeelingsがまわって来ました!!なかなかペース早いですね(汗)
まず秋季リーグ戦、第一節の試合結果を報告いたします。

東京大学 2-1 日本大学生物資源科学部(2部7位)

【得点経過】
前半20分 日大生資 32 (アシスト21)
前半22分 東京大学 22明石篤 
後半11分 東京大学 6菊月達也 (アシスト9木野本朋哉)

たくさんのOBの方や、ア式関係者の方々が見守ってくださる中、開幕戦を白星で飾れたことは、とっても大きなことだと思います。

試合が終わって、勝ちが決まった時には最近感じた中で、NO.1の〈嬉しさ〉が心の底からこみあげてきました。

今回の秋季リーグ戦のために、故服部監督の奥様はじめ、OBの皆様より、大変立派な横断幕をご寄贈頂きまして、誠にありがとうございました。
まだ始まったばかりですが、皆様の励ましのもと、この波に乗って、一昨年の【新人戦再来】になったらいいなぁ☆なんて思ってます。

最近、「チームの勝利に貢献するために自分にできることって何だろう?」ということを、よく考えます。
サッカーができるわけじゃないし、実際的な意味で貢献することは無理です。
部にとって、選手にとって「よりよい環境を作っていくことかな~」とも思いますが、人によって「よい環境」っていう定義も異なるし、そんな大それたことできてないし、実際できないですし…。
でも何もできないって思ったら、そこから得られることは何もないし、考え出すとすごく難しいです。

「大きなことは、わたしたちにはできません。わたしたちにできることは、小さなことを大きな愛をもってすることです。」(マザー・テレサ)

この訓えをヒントに、MGとATで作ることになっている恒例のミサンガにめっちゃ願掛けをしました。
合宿中に1日1個のペースで作っていったのですが、1個網目を結んでいく毎に、「勝てますように。」って願掛けをしていったので、きっと、1個のミサンガに、「180回の勝利祈願」が入ってます。

(こばなし:ミサンガを、4年間の分ストックしてくれてて、さらに、切れたミサンガを練習のときの靴に結び付けて、使ってくれている4年生の選手がいて、それを発見したときは、感動してしまいました。)

勝ちに直接貢献できなくても、「何かできることないかな~」って日々模索中です。
とりあえず、自分にできるちっちゃなことを、一生懸命がんばりたいなぁと思います。

最近のマイブームは、生後3ヶ月になる、甥っ子を笑わせることです☆
なかなか笑ってくれません。
いつも手足をパタパタ動かしてるので、将来有望なサッカー選手になるのではないかな♪と思います。

都学連のHPがリニューアルされましたので、ご参照ください。
⇒http://www.f-togakuren.com/
野呂順子(3年 MG)

2007年9月1日土曜日

秋季に燃える俺

僕の名前は三千生と書いてみちおと読みますが、携帯やパソコンで変換しても三千夫とか三千男とかになって、非常に不便です。そこで、「さんぜんせい」って入れると三千世…あれ?結局だめなんです。
また、僕の名字は大内なのですが、英語で書くとouchi!(痛い!)です。
そんな悩みを抱えつつ、銀杏BOYS(ただのばかバンド)にはまりつつ、つい先日19歳になった1年の大内三千生です。

さて、明日でついに秋季リーグが開幕します!僕は2部練の1日目で肉離れをしてしまい、「明日には復帰します。」といい続けて結局まだ怪我人を続けています。まだ治らねぇのかよ俺!しかし、まだ秋季リーグに1秒でもいいから出るという目標は失っていません!そのためならどんなつらい怪我人メニューでも甘んじて受け入れましょう。苦手な左足も練習しましょう。

今回が4年生にとって、最後の秋季になるわけですが、そうすると、この秋季が終わると4年生は引退してしまうんですよね。まだ出会ってからたった5ヶ月ですが、それは非常に寂しいと感じます。しかし、それはどうしようもないこと。だから、僕は4年生の最後の大会を精一杯心の底から応援することで、4年生を元気付けようと思います。この秋季が最高の思い出になるように。

明日は大事な1試合目!これに勝って勢いづいてそのまま優勝しちゃいましょう!
試合で実際に戦うのはフィールドに出れた人たちだけだけど、勝ちたいという気持ちは怪我人であろうとメンバーに入ってない人であろうと同じですよ!
勝ちましょう!絶対に!がんばりましょう!悔いの残らないように走りまくりましょう!

1年 DF 大内三千生

2007年8月30日木曜日

遅れてすいません。

こんばんは。3年の西です。ほんとは昨日書くはずだったんですが、載せることができませんでした。ごめんなさい。

最近思っているのは、自分っていう人間と付き合っていくのは難しいなってことです。ある日は全く体をケアしなくても体が軽かったのに、別の日にはきちんと休んでも体が重かったり。また、あるときは力を出せるのに、あるときには力が出せなかったり。そういう自分とようやく向き合えるようになってから、もうずいぶんと経つけど、前進したり後退したりの日々です。

ただ、こういう風に迷っていくことで、少しずつではあるけど、成長できるんじゃないかなって気がします。

入部当時はエゴの塊みたいだった自分が、今では時には部の仕事をやったり、時には人に素直に感謝できたり、時には人のために動けたり。変わるもんですね。

今はまた厳しいときですが、とりあえず今できることをやっていくしかないっぽいですね。

今自分にできること・・・それは早く寝て、明日の練習に備えることです。てことで、お休みなさい。

もどってきました

合宿中に熱中症になって途中退場して、中耳炎にもなって今週頭にやっと戻ってきました。
feelingsは2度目の熱海です。
合宿といえば去年も怪我人で始まって、復帰できると思ったところでものもらいができて
大したこともできずに終わったものです。
来年、再来年もこれと似た展開になるのを恐れているところです。
来年のことを言うと鬼が笑うとかなんとか言いますが、割と本当に恐れてます。
そういえば2年の誰かに、再来年は死ぬんじゃね?とか言われたことをふと思い出しました。
さすがに死ぬことはないと思ってますが。

ところで、前回のfeelingsには合宿を無事にこなすことが目標だとか書いてました。(07/06/22参照)
完全に失敗してます、はい。
ということで、これからは目標を立てても公言しない方向でいこうかな、と思います。
むしろ下手に目標を立てるから失敗してるんじゃないか、と思い始めてますので。
そういうわけで(?)これからまた頑張っていきます。

2007年8月28日火曜日

もうすぐレポート締切です

こんばんは、プロフィールでは171cmとなっていますが、最近また伸びて180cmになりました。嘘です、4年の畑中159.5cmです。
帰りの電車で何を書くか考えましたが、家がけっこう遠いので自分の半生まで振り返っちゃいました。長々と僕の足のことを書こうと思います。

部のみなさんご存知の通り、僕には短めの太い足が2本ついてます。これは有名なスポーツドクターF林さんのお墨付きです。ここでエピソードワ~ン!

2年前に左足首を手術した時の話です。麻酔の効いた僕の足を看護婦さんに持たせる時、名医F林さんは言いました。
「短いけど重いから気を付けて。」で看護婦さん、「ア、ほんとだ~。」
半身麻酔だったのでバッチリ聞こえてました。でも目を閉じていたのと、T字帯という切れたフンドシ1丁で大開脚(すね毛剃毛済み)という非日常なポーズのため、リアクションはできませんでした。
入院中は先輩方をはじめ同学年の仲間が訪ねてきてくれて、心が救われたのをよく覚えています。退院後もトレーナーさん達のおかげで充実したリハビリができました。ありがとうございました。あと名医F林さんにも感謝してます。彼のゴッドハンドのおかげで、後遺症もなくバリバリ動き回れています。

もう一人、名前は忘れましたが感謝してもし尽くせない名医がいます。
現在二部の我が部の一部のみなさんはご存知の通り、僕の短く太い左の足の、太ももの辺りには、長めの縫合跡があります。体の長さ対決で唯一負けたことがない部分です。表面だけでもけっこう長いし、実は3層に分けて縫合したので合計42針の手術でした。はいエピソードトゥー!

僕のサッカー人生は3才の4月に始まりましたが、その年の9月に大きな分岐点が訪れました。
先祖の墓参り中に不謹慎にもはしゃぎまわっていた、僕と妹と、時々いとこ。年上の僕の提案で、3人で板状の墓石にまたがり、「バイク~!」そして左に重心を寄せて、「カーブ~!」
そこからはハイビジョン映像で記憶に残っています。墓石が倒れ後ろの2人が投げ出され、僕の左足が下敷きに。駆けつけた母に抱えられ水道へ。その途中で見てしまった傷口…。普段おっとりした母は元看護師で、想像もつかないほど迅速に応急処置をしてくれました。普通の親だったら太ももがパックリ開いた我が子を見て、すぐに流水消毒なんてできないはずです。そして普通の子だったらこんな経験したらマザコンになるでしょうが、僕の場合は支えてくれる家族全員が対象です。ファミコンと呼んでください!

名前を忘れた名医のおかげで、まったく後遺症はありませんでした。短いですが2本の足で、ここまでサッカー人生を歩んでいます。名医に、家族に、指導者達に、仲間達に、この場を借りて感謝します。残った手術跡のおかげで、ひとり暮らしin狭山の寂しさは和らぎ、つらい練習も乗り越えてきました。特に今年の二部練では何度スリスリしたことでしょう。
プレーヤーとしてのサッカー人生もあと少しです。今できる恩返しをこのチームに捧げたいと思っています。今日不覚にも半生を振り返っちゃったので、過去の分の恩返しも上乗せして出血大サービスします!練習を盛り上げ、切磋琢磨し成長し続けて、チームの目標である一部昇格に貢献したいです。
以上、長々と失礼しました!おやすみなさい。僕は今から英国ロマン派詩人のレポートに挑みます。
 
4年 畑中計政

2007年8月26日日曜日

もうすぐ秋季です

フィーリングスが早くも二回目なマリエさんです。
女性陣は、人数が少ないので、回りが早い(>_<)

さて、合宿が終わり一週間が経ちました
早いもので、私のア式生活も残すところ後二ヶ月です。。。(そして、卒論提出も後二ヶ月(T-T))

今日はその秋季の前哨戦!
相手は、去年そして今春敗北していた宿敵玉川(>_<)
相手が相手だったに加えて
何よりも来週から秋季と言う事で
みんなのボルテージも最高潮!!

良い波に乗って欲しいとマネージャー、トレーナー陣も応援に熱が入ります!

試合は全部で2試合
気になる結果は…

全勝〜♪
相手チームからも
『つ、強くなったな』
とのお褒めの言葉をいただきました(^0^)/

今年はこの波にのって
大願の優勝
悲願の一部昇格
を是非成し遂げて欲しいです!!

私達マネージャー、ATも日々の紫外線に負けずに
みんなの夢実現に向けて
お手伝いして行こうと
改めて決意を固めましたp(^^)q





【試合結果】
Aチーム@御殿下グランド(40分ハーフ×2)

対戦相手:玉川大学(東京都一部)

一試合目
2対1
一点目:明石←菊月
ニ点目:伊藤T

ニ試合目
2対0
一点目:吉田←太田
ニ点目:中川←吉田

Bチーム@首都大学
対戦相手:首都大学(30分×4)

1本目:1ー2
得点者:松谷FK

2本目:1ー0
得点者:金山PK

3本目:0ー1

4本目:0ー2

2007年8月25日土曜日

二回目です

こんばんは
いただきます係の江連です。
ゴールラインに並んでという言葉が怖くてしょうがない江連です。

なんともうfeelingsを書くのも二回目です。
1年は少ないのでもう2順目です。
1年は9人なので早くも2順目です。
さびしいです。
9人なので基本的に誰がどこで何をしているのかが容易に把握できます。
さびしいです。

さて明日は首都大との試合で南大沢まで行きます。
かなりオッパッピーな遠さですね。
でもそんなの関係ねぇ!!

明日は・・・
熱中症でダウンしないように
途中でエンスト状態にならないように
相手にナイスパスを出さないように
自分のゴールにぶち込まないように
などなど色んなことに気をつけて試合に臨みたいと思います。

ではでは明日も頑張ります!

江連豪(1年DF)

2007年8月23日木曜日

あと10日

こんばんは、2年の吉田です。
今年もはやいものでもう合宿が終わり、秋季まであと10日となりました。
昨年の秋季リーグは外で応援することしかできなかったので、今年はもっとチームに貢献したいです。
そして、秋季リーグが終わるまでに4年生からできるだけ多くのことを吸収できるようにがんばりたいです。
まだまだ暑い日が続きそうですがみなさんがんばりましょう。

熱海、早く元気になれよ!


2年 MF 吉田航太朗
東京大学ア式蹴球部3年の那須です。
部員の皆様、合宿お疲れ様でした。2部練、合宿と辛い2週間ではありましたが、この苦しみが2週間後に迫った秋季リーグにおける好成績につながるものと確信しております。
さて私のfeelingsですが、①部活の事②部活以外の事③まとめ、という構成をとろうと思います。

①部活に関して
早いものでもう3年になってしまいました。秋季リーグが終われば4年が引退し我々3年が部の最年長になるわけで、最近焦燥感や緊張感、不安などをより一層強く感じております。さて、先輩という者はグラウンド内及び外の両方で後輩の模範たるべきであります。それはグラウンド内では当然サッカーのプレーという形を取り、グラウンド外では遅刻をしない、仕事上のミスを犯さない、後輩や先輩、同輩への心配りを忘れない等、その人の品行という形となって現れるように思います。入部以来私は多くの先輩方(牧さんの代、上土居さんの代、石黒さんの代、伊藤貴さんの代)を見てきましたが、多くの方々がこの両方に置いて高いレベルにありました。我々現3年もそのような偉大な方たちに続くために努力が必要です。サッカーがうまくても品格に欠けてはならないし、どんなに品格がすばらしくてもサッカーがうまくないと後輩達に尊敬されない。尊敬を集める事が出来なければ上に立つものとしてア式蹴球部という組織をうまくとりまとめることができなくなり、ただの烏合の衆と堕し、チームとして力を発揮できなくなる恐れがある。おとなしい代だとよく言われる3年ですが、過去の先輩方も参考に、どうすれば下はついてきて、どうすれば下はついてこなくなるのか、深く考え、行動する必要がありそうです。
②部活以外のことについて
私の所属は理学部の化学科というところです。化学と名の付いた学科は工学部や農学部にもありますが、理学部化学科の特徴はひたすら化学するということです。理学部ですから応用より理論に重きを置くように思います。2年生は進振りの時期かと思いますが、興味ある方は聞いてくだされば何でも答えますので遠慮なく質問してください(最近のア式は物理工学科が人気のようですが)。
将来の夢は研究者になることです。大学に残るとか国公立の研究所に行くとか色々と道はありますが、いずれにしても自分の研究室で自分の好きな研究をしたいなあと思っています。お金にはあまり興味がありません。最低限必要なお金さえあれば研究に没頭できる気がします。(まだ若造なせいか、現実を直視していないのかもしれません。)
普段から気をつけているのは「専門バカ」にならないようにするということです。小宮山総長もしばしばおっしゃっていますが、現在各人の専門の深さと狭さが著しくなっています。同じ化学の世界でもちょっと専門が違えばもうお互い理解できないという状況が当たり前になっているのです。そういった中で、自分の専門以外の領域も、深く学ぶ事は出来ないにしても、教養程度にかじることを普段から心がけています。
③まとめ
昨日はオフにもかかわらず4対4の対人をやりました。マーカーが常に変わるめまぐるしい展開の中、なかなかいいプレスをかけられず終わってしまい、悔いの残るものとなってしまいました。そんな中やはりS木君のアグレッシブなプレーは光っていました。合宿でも光っていた彼のプレーは尊敬に値します。彼のプレースタイルは簡単にはたかないで相手に堂々笑顔で突っ込んでいく感じです。残り3人は傍観するしかありませんでした…。

どうも真面目に書きすぎたようです。夜も遅くなり明日も部活があるのでここいらで終わろうと思います。

最後に
こんな暑い中すごく冷たい水を入れてくれるマネージャー、合宿でお世話になったトレーナーとアシスタントトレーナー、練習を見て下さるOBの方々、一緒に練習している選手たち、そして通院しながらもグラウンドに来て指導してくださる鈴木コーチに本当に心から感謝しています。これからも色々と迷惑をかけるかと思いますが、よろしくお願いします。

2007年8月12日日曜日

NO SUBSTITUTE

こんばんは!1年アシスタントトレーナーの小蒲です。
今日行われた練習試合の結果を報告致します。

◆Aチーム 対Diego@御殿下グラウンド 
 1本目 0-0

 2本目 1-0  
  36分【東大】久木田

 3本目 4-0
  4分【東大】中川(アシスト太田)  
  15分【東大】吉田(アシスト太田) 
  37分【東大】太田  
  39分【東大】大沢


◆Bチーム 対東京農工大学@農工大グラウンド
 1本目  1-1
  13分【農工大】
  44分【東大】後藤

 2本目  1-2
   6分【東大】木野本
  36分【農工大】
  42分【農工大】

 3本目  2-0
   3分【東大】西
  25分【東大】高松(アシスト金山)

 4本目  1-0
  21分【東大】高橋


私はBチームのアウェイについて行きました。
ATとして、試合を見るときはただ目でボールをおうのではなく、選手同士が接触したところを注意深く見たり、走り方や様子がいつもと違う選手がいないか…など、気を付けて見ていなくてはいけません。
ですが情けないことに、気がつくと普通に試合観戦している自分がいます。

入部してもう3ヶ月が経過しました。
相変わらず自分のわからないことの多さに焦りを感じ、当たり前のことをできない自分に苛立ったりしています。
けれど、目の前にあるできることを確実にやり、頑張ればできるようになることを努力していくのが成長できる一番の方法ですよね。
気づかせて下さった先輩方、ありがとうございます。

明後日から夏合宿が始まります。
厳しい5泊6日になると思いますが、水分・栄養・睡眠をしっかりとって、乗り切ってください。
最後になりますが、タイトルは私の好きな言葉です。
選手のみなさんには、NO SUBSTITUTEなプレイを期待しています。

一年 AT小蒲

2007年8月11日土曜日

最近思うこと

こんばんは、「高校の頃右サイドハーフでした」って言うと「へー、ボランチだと思ってた」ってよく言われる松谷です。



最近思うことを書いていきたいと思います。


1、

4年生と一緒に練習できる期間があと残りわずかです。
思い出すのは自分が高校の頃、自分の最後の大会にむけての練習で最高学年と下の学年で大会に向けての気持ちがなかなかそろわず苦労したこと。
たしかに試合に出てる選手とメンバーにも入れない選手で意気込みが違ってしまうこともあるかもしれませんが、そんなことで足を引っ張ってはもったいない。
つまり、自分も最後の大会ぐらいの意気込みでがんばります、ってことです。


2、

とはいえ、そんな4年生から吸収できたものは一体何だろうかと最近疑問を感じています。
入部して早3ヶ月、これまでは体のキレを戻したり練習についていくことでいっぱいいっぱいだった気がします。
Aチーム定着とかぬかしてるのに今まで一度も上がったこともなく、最近ではボランチとサイドハーフのどちらで生きていけばいいかもためらいつつあり、道に迷った感があります。

最近の結論、頑張るだけです。
1つ1つの練習を頭と体をフルに使い、先輩のプレーを盗み、声を出して味方を励ましチームを盛り上げ、1日1日少しずつ成長を続ければいつかは道が開けてくるんではないか、と信じることにしました。



3、

母親の誕生日に何をプレゼントすればいいのかわかりません。誰か案をください。リアルな悩みです。



まあこんなところです。文面に至らぬ面があるのはご了承ください。

最後に。

先の二部練、お疲れ様でした。
明日は農工と練習試合、高校の時の友達がいるので何としても勝ちたいものです。
来週は合宿です。また頑張りましょう!!

絶対Aチーム昇格!そして一部昇格!!

 おやすみなさい


一年 MF 松谷こうへいへい

2007年8月10日金曜日

二部練

今日で三日間の二部練が終わりました。

かなり暑い日が続きましたが、とりあえずお疲れ様です。

練習の後、4年の明石さん、宮本さん、菊さんと2年の後藤、吉田で飯に行きました。

最初から最後まで笑いっぱなしでした。

来週からは合宿です。今日はゆっくり休んで疲れをとっていい合宿にしましょう。

2年 村上達哉

2007年8月8日水曜日

なぜ、大学でサッカーか?

こんにちは。教育学部は3年で、GKをやっている中野誠です。

サッカーをするには時間とお金が必要なのはいうまでもありません。
サッカーに価値観を持てない人にとっては無意味なものであることは否定しません。
でも!毎年こうして部員が入部し、とことんサッカーをやる!というこの空間とこの瞬間がたまらなく好きです。
サッカーを厳しく楽しくやっていくのはスゴく心地いいものだということは他の部員さんも感じているのではないでしょうか。

今回feelingsを担当するに際して、先輩〜大先輩の方までのものを振り返って読んでみました。
サッカーに対するアツい思いを注入されました。ぜひ検索してみてください。

自分は「なぜ、大学でサッカー」をしているのか?…2つの理由があります。

1つ目は「多忙の充実」です。
暇な時間は確かにいらないとは言いません。
だけど、自分は忙しい方がなんだか充実感を感じます。
私事で恐縮ですが、納税する程度働いています。

2つ目は「サッカーがめちゃめちゃおもしろい」からです。
チームで戦い、チームで勝利を目指す。
勝つことは、簡単ではありません。
吐き気がするほど走るようなこともあれば、暑い日の練習もあります。辛いと思うことの方が多いのかもしれません。
そんなの楽しいはずはありません。もちろん、おもしろくもありません。
それでも楽しいです!おもしろいです!
サッカーは!
やっぱり勝つからおもしろいわけだし、
おもしろいから、辛い練習も頑張れるし努力できる。
努力できるからこそ、試合に勝っておもしろさを感じることができる!
そして、勝つからおもしろいわけだし、
おもしろいから、・・・


今月でちょうどashikiに入って1年です。
貯金をX百万してから入部しました。
不況のあおりが父を直撃したため、減る一方です(笑)
でも、減ることに抵抗はないです。サ価ッ値カ観ーですから!!
なんだかんだで、40ヶ月くらいブランクありました。
そのぶんも、秋季リーグと残す1年のサッカーライフで出し切ります!

1年も!2年も!!3年も!!!4年生も!!!! 頑張りましょう☆        おしまい

2007年8月7日火曜日

秋季優勝への至上命題

 「今日ついに復帰テストをしました。

ア式内外でいくつもの異名を持つ魔王「明石篤」を

キープでけちょんけちょんにしてやりました。

これで僕も明日からは全参加です。明日から練習頑張りたいと思います。」


ってな感じのフィーリングを2時間前まで書く予定だった4年の杉山です。


 今日の復帰テストは残念ながら失敗してしまいました。見苦しい姿をみせてしまいましたが、

みんなの「頑張れ」の一言で、また頑張る気持ちが出ました。

明日からはみんなが2部練でつらい練習をする中、僕は日陰でのんびりすることになりそうですが、

みんなは怪我のないよう、そして熱中症にならないように気をつけて頑張ってください。


 さて、今日はBチームに向けてメッセージを書きたいと思います。

僕は4年間ずっと、Bチームで練習していて、この夏の時期になると毎年

「やる気があるのか」

ってな感じで怒られています。

その原因はなんなんだろう?といつも考えます。

昨年やすさんもいっていましたが、危機感が足りないのです。

うちのチームはみな練習試合にも使ってもらえるし、

最近ではホームとアウェーで試合を組んでくれています。

しかし、それに甘えてしまうところが僕自身にもあり、

それではいけないのです。



 これから秋季が近づくにつれて、Aチームの練習の比重は増えていくと思います。

ABのどちらにいるかがとても重要です。

この2部練と合宿はきついですが、アピールの場でもあります。

Bチームにとってはチャンスです。

きついとき、つらいとき、「Aに上がって試合に出るんだ」という気持ちを思い出して、頑張ってもらいたいです。

 秋季は昨年から2ヶ月で9試合とハードになり、

昨年も出場停止や怪我人などで、スタメンが固定されることはありませんでした。

とすれば、やはり、Bチームのレベルアップが優勝への至上命題です。

この1ヶ月チーム全体で競争していい状態で秋季を迎えましょう。

僕も早く明石を倒して、練習に参加します。


長くなりましたが、これで終わります。

2007年8月6日月曜日

怒られるって○○(`д´)

今日は武蔵大学との練習試合でした。
 〈試合結果〉
    東大-武蔵
 1本目 1-0
 2本目 1-0
 3本目 0-2
 4本目 2-1
 
今日はとっても暑かったです。こんな暑い日がこれから続きますが暑さに負けず少しでも冷たい水を出せるように頑張ります!!


 
はじめまして。2年マネージャーの櫻井優里と申します。投稿遅くなってすみません。
私がア式に入部してあっという間に1年が過ぎました(;゜Д゜)))
しかし、この1年間は私の今まで生きてきた中でベスト3に入るぐらい濃い1年でした。
皆さん、素晴らしい1年をありがとうございました。


さて、タイトルにした「怒られるって○○」の○○にはみなさん何が入りますか?みなさんにとって「怒られる」とはどういうコトでしょうか?



私は「怒られるって愛情表現の1つ」と考えています!!


こんな風な書き方をすると語弊が生まれるので解説します。

私の考えとして何も思ってない人、どうでもいい人には怒る必要がないと思っています。相手の事を思ってるから本当の感情が出てしまうのではないでしょうか。そんなのありがた迷惑と思う人もいるかもしれません。しかし怒られる方も嫌だけれど、怒る方も嫌だというコトを忘れないでいただきたいです。その嫌という気持ちを我慢してまで、相手と本気でぶつかり合いたいから怒るのです。私はこの考えをみんなにわかってもらいたいとは思っていません。ただこんな考え方もあるんだと知ってもらえたらと思い書きました。

私は、部活でもそうでない時にも「そんな怒らないで!」などとよく言われてしまいます(>_<)
それにはこんな考えがあったからと理解して頂けたらとうれしいです。
歪んだ愛情表現しかできないのです。「愛のムチ」ってやつです。


長々と最後まで読んで頂きありがとうございました。
もっとおもしろく書きたかったのですが次回にとっておきます。
そんなわけでこないだ吉田くんにバラされましたが私もイタリアントマトでバイトしています。



2年 (MNG) 櫻井優里

2007年8月4日土曜日

こんにちわ。ア式1年の藤井です。8月に入り梅雨も終わり、いよいよ本格的に夏が到来したなといった感じです。御殿下グラウンドでも蝉の鳴き声が聞こえてきます。


個人的には復帰テストにも合格し、これからさらに気合いを入れて練習に励もうと思っている所存です。


そうはいってもやはり御殿下の暑さはやばいです。あの黒色のゴムチップが熱をためこんで放出するせいです。もしゴムチップの黒体放射の振動数と水蒸気や二酸化炭素の双極子モーメントの変化の振動数が一致していたら事態はかなりまずい事になります。そうだとすれば本来放出されるべきエネルギーの一部がグラウンドに戻され温度がますます高くなるからです。そうではないことをねがいます。


まあ熱いのはみんな同じだしこの暑さに負けないように頑張ります。

2007年8月3日金曜日

六本木ヒルズで皆で映画見た。

れんじつ暑い中練習お疲れさまです。
おかげさまで無事二年生の南田です。
なんとなく最近感じるのは自分自身
るんるん気分で練習しているということです。
どんどん上手くなって
はく程走って
かぜにも負けず
せいいっぱい頑張りましょう。

有言実行派になりたいのでこれにて完結(簡潔)

2007年8月1日水曜日

English=Soccer

最近、毎日天気予報をチェックしている気がします
3年の中島です。


日曜日はお疲れさまでした。

前回に比べると多くの方が来ていたようでよかったです。

結果は雰囲気的に予想通りというか、妥当な感じではないでしょうか

次回が楽しみです・・・



参院選。


それはさておき、前回これを書いたのが1年生のときだったので、それから二年が経ったと考えると時間が経つのは早いですね

そろそろ卒業後の準備にとりかからなくてはいけないんですが、最近の噂では自分にはTOEFLが必要らしいです

そんなこといわれても、自分の英語力を考えると
去年は滑り込みだったし(詳細は伏せます)、最近カテキョで教えていても怪しいしで、今から憂鬱この上ない

でも高校生のときを振りかえると、当時はそんなに英語が嫌いでも、苦手意識もなかった気がするし、やっぱり大学に入って勉強しなくなったからなんでしょうか?

そう考えると昔出来たことが出来なくなるってなんだか悲しいですね。昔習慣づいていた事もやめれば衰えるのみではなんだかもったいない気が。

でもこれってサッカーにも当てはまる。
今一生懸命練習して身につけたことも、引退してしまえばいずれ失ってしまうでしょう。
せっかく4年間かけて作り上げたものがなくなるのは残念だけど、
いつかなくなるのであれば今のうちに多くのものを築き上げたほうがいい。だって、そうすれば消えるのに時間が長くかかる気がする。

そんな感じで明日からの練習も頑張りましょう

今日は疲れたのでもう寝ます、おやすみなさい。


そういえば高校のときにこんな言葉を習った気が・・・

To be to be ten made to be .




かの有名なライト兄弟が言ったとか、言わなかったとか。

グルメリポート

こんばんは。
遅い時間の投稿ですみません。
4年の木野本です。
はい、副将の木野本です。
はい、レストランでウェイターをしている木野本です。

丸ビルのレストランでバイトを始めたこともあり、
2ヶ月ほど前から、定期の駅を本郷三丁目に変えました。

そこで、数少ない本郷三丁目ユーザーとして、
今日は本郷三丁目付近のグルメリポートをしようかなと、
というか、します。

早速ですが、
5位、ダージリン(インドカレー) 
    赤門前、ナンが上手いです。

4位、FIRE BURGER
    本三の駅から春日通りを少し行ったとこ
    ボリューム満点です。少し高いけど。

3位、ぶどう亭(洋食屋さん)
    ランチで食べたビーフストロガノフが忘れられません。
    ビーフストロガノフかな?忘れた。

2位、ゆで太郎(そば屋さん)
    多分、チェーン店。だけど好きです。
    かなりのハードユーザー。
    
1位、加賀屋
    ということにしておきましょう。お世話になっているので。

こんな感じでしょうか。みなさん是非一度行ってみてください。
あと、他に美味しい店知っている人教えて下さい。よろしくです。

では、おやすみなさい。
明日も頑張りましょう。

最後になりましたが、今年の目標は得点王です。
・・・木野本でした。   

2007年7月30日月曜日

もっちー元気~??

こんにちは。
昨日の懇親会に没頭したため今日になってしまいました。。。
そして、2時間かけて作成したのに今うっかり消してしまいました。
そうこうしてこんな時間になってしまい、申し訳ありません。
申し遅れました、2年マネージャーの小林です。

◆京大戦結果◆
  3軍戦 1-1 (前半29分 大内  後半3分 失点)
  2軍戦 0-0
  1軍戦 1-1 (前半20分 伊藤貴  後半44分 失点)

結果は以上のように全試合引き分けでしたが、シュート数は東大のほうが大きく上回っていました。

ちなみに、レセプション以降のシュート数は・・・同数ということにしておきましょう。
いずれにせよ、あちらにもこちらにも、素晴らしい能力を持った人はたくさんいたわけです。


さて、今年でマネージャー5年目になり、今では審判証まで持っている私ですが、いまだに「だめだなぁ。」と思うことがたくさんあります。
というか、わからないことがたくさんあります。
たとえば、水や氷を渡すタイミング。
今集中しているのに声をかけてしまっていいのか、とか、結構迷うんです。
こういうことをぱぱっと出来る先輩や他のマネージャーは本当すごいなぁって思います。

あと、選手には迷惑をかけてばかりです。
本当、すみません。
部活中も、それ以外のときにも…。
それにもかかわらず、選手の方々は話してくれたり、時には心配してくれたり、それに「ありがとう」って言ってくれたりもします。
みんな素晴らしい人たちだと思います。

けれど、ダメなやつと思い続けないでください!
私、成長しますから!!
なんせ今がこんなですから、伸び率はすごいはず(´∀`)
そうして、帰ってきたもっちーをびっくりさせちゃいます♪


まぁ、成長できればの話ですが。



つまらない話にここまでお付き合いくださってありがとうございました。
秋のリーグ戦まであと1ヶ月。素晴らしい結果を残すお手伝いを少しでも出来ればと思っています。

最後に、私事で恐縮ですが… 姉が結婚します! おめでとう☆☆

2年 (MNG) 小林 由佳

2007年7月28日土曜日

明日は京大戦!

今テレビでアジアカップ3位決定戦の日韓戦が行われています。まだ両チーム無得点で試合は動いていません。絶対に負けられないライバルチーム同士の戦い… 明日の京大戦もそういった戦いではないでしょうか。絶対に勝ちたいところですね。



こんばんは、入部して約三か月になる一年の鈴岡です。最近体重も落ちてだいぶ体が動くようになった感はあるのですが、まだ大学サッカーのレベルに対応できていない現状です。スピードや当たりでなかなか勝てない。個人的な課題はほかにもかなり多く前途多難といった感じですが、練習や自主練に積極的に取り組んで基礎レベルのことをしっかりこなせるようになり、その上で自分の色を出していけるよう頑張ります。このチームは雰囲気もよく、申し分のない環境が整っていると思うので、多くのことを学びとっていきたい。



ところで夏休みまであと少しとなりました。最近はかなり暑いです。聞くところによるともうすぐ梅雨明けが発表されて本格的に夏が始まるそうですが…



ずっと前から思っていましたが、夏場のサッカーはやはりきついです。午後からの試合となるとぶっ倒れそうになって集中するのも難しい中でプレーしなくてはなりません。八月には二部練や合宿が組まれており、かなりきつそうです。しかし、夏のサッカーは悪いものではありません。むしろチャンスなのではないでしょうか。僕は高校時代に次のようなことをクラブの顧問の先生に言われてきました。



「夏場のサッカーはきつい。こういう状況の中でプレーするとき、自分の敵は相手ではなく、自分自身である。自分自身に勝つというのは簡単なことではない。だが逆に言えば、きつい中でもしっかり走って自分自身に勝つことができれば、強い相手にでも自ずと勝つことができる。夏場のサッカーは技術的に優れたチームが必ずしも勝つわけではない。だからチャンスなんだ。」


確かにそうなんではないでしょうか。暑くてつらいけど、それは相手チームにとっても同じこと。そんな中で少しでも頑張ったほうが勝利に一歩でも近づけるのではないかと思います。この言葉を信じて、これまできつい夏の練習もなんとか乗り切ってきました。今年の夏は今まで以上にきつい夏になるとは思いますが、頑張って自分に負けないようにしていきたいです。



明日はいよいよ京大戦です。高校の頃から東大と京大が年に一度試合をするらしいということは聞いていてました。そのころは自分が出るだろうとは想像できなかったし、いざ自分が出るとなると不思議な感じではあります。大事な試合なので、是非いい試合をして勝ちたいですね。とりあえず僕が出る三軍戦は一番最初なので、後につなげるためにも、絶対に勝てるようにしたいところです。



投稿が遅くなってしまいましたが、明日は早いのでそろそろ寝ます。おやすみなさい。


1年 DF 鈴岡大明

2007年7月27日金曜日

日本代表

東大ア式2年、望月進司です。

このフィーリングスが掲載されている頃には自分は1ヶ月間の休部をしている途中だろうと思います。アップしてくれたよっしー、サンキュー。

今日は、自分が大学に入学してから今までの、1年間と少しの時間を振り返ろうと思います。

正直、当初大学生活ってやつはしんどいものでした。日本に来て初めての一人暮らしを始め、身寄りはいないし友達はいないしお金がなくて、学校で会う人達は今まで会ったことの無いような人達で、話をしていてもウケは取れないし笑えないし、何だか馬鹿笑いすることが本当に少なくなっていました。

そんな時に行ってみたのがア式の体験練習で、基礎練とセンタリングシュートをしたときに、「あ、これはなんか懐かしい、楽しい。これは俺も知ってる。」そう思いました。そして、同期の連中についても、「あ、こいつらも、なんか懐かしい、こいつらと話してると楽しい。」そう思って入部を決めました。

でも入部した後も全部が上手く行くようになったわけではなくて、しんどい時期が続きました。きっと色々分からないことが多すぎたんだと思います。結構落ち込んだり、浮き沈みしたりして、それが溜まって体調をひどく崩してしまいました。それをどうにかしようとオフ中に無理をして怪我をしました。

怪我は思った以上に重くて気分も治らず悪循環にはまってしまい、気力は萎えました。その頃友達が2人辞め、自分も揺れを感じる時期がありました。

変化を求めて日米学生会議に応募しました。日米学生会議では毎年会場をアメリカと日本で交互に変えながら、各国の大学生が一月の共同生活をして、日本とアメリカの関係について考え、その考えを色々なかたちで発表・発信します。以前から実行委員長の方に勧められていて、自分も高校生の頃からいつか絶対参加したいと思っていたものです。将来何らかのかたちで日本とアメリカの間に立ちたい僕にとって、どんな授業やインターンよりも有意義だろうと思いました。ただ、その時はまだ、その後のことを考えることは避けていました。

山下さん、平井さん、にへいさん、先輩達を信じてリハビリを続けると、体は次第に動くようになり、4月頃になってまたサッカーが出来る状態まで回復しました。3度目の復帰テストに受かったときは死ぬ程嬉しかったのを覚えています。試合に出ると、やりながら笑いたくなるくらい楽しくて、終わると先輩に褒められたりもして、人前で泣きそうになりました。

その頃日米学生会議から自分が日本代表に選ばれたとの返事が来ました。でもその時はもうその後のことについて迷いはありませんでした。また無茶をして怪我が再発してしまいましたが、今回は大丈夫です。

一ヶ月間、日米関係に興味を持つアメリカの大学生と日本の大学生と過ごして、OB達の話しを聞いたりして、自分の具体的な進路を決めて帰って来ます。皆に迷惑ばかりかけ、心配ばかりかけていて、本当に申し訳無く思っています。そしてこんな自分を抱えてくれている皆に、本当に心から感謝しています。帰ってからは、もう時間を無駄にはしません。

この1年間と少しで何を学んだかというと、それは「組織」の意義だと思います。上に立つ人間はどう振舞えば下の人間はついてくるのか、下の人間はどう動けば組織全体のためになるのか。つまりは広い意味でのチームワーク、練習や試合をしている時間の外でもずっと続くチームワークは何かということです。それがここにはあると感じます。それを逸脱した行動をとることを申し訳無く思っています。

そしてもう一つ学んだことがあって、それは好きな連中とサッカーして、良いプレーができているときが一番楽しいってことです。

帰ってきてからは少しでもチームの力になれるように体を張ろうと思っています。その決意はできているつもりです。

8月22日から、よろしくお願いします。

東大ア式2年・望月進司

2007年7月25日水曜日

羽生

今、羽生が入りました。日本は逆転できるのでしょうか?

それはさておき、今週は京大戦があります。

そして、今日本が負けました。TVを見ていたらまだこれだけしか書けていません。
セルヂオも松木さんも残念そうです。ボクも非常に残念です。
やはり、3連覇というのは難しいんですね。先日も全英オープンでウッズが3連覇を逃しました。
別にゴルフに興味があるわけではないですが、テストで忙しい中見てしまいました。
完全に失敗でした。生活のリズムは悪くなる一方でした。
まぁ、フィットを何とか乗り切ることができてよかったです。

そして今日は紅白戦。
Aチームとの対戦。正直、不安でいっぱいでした。果たして復帰して2週間もたっていない自分がどれだけやれるのかと…結構小心者なんです。
南米やアフリカなんかの、チャンスを与えられたら傲慢とも思える程に「自分が、自分が」、とアピールする姿勢を見習いたいものです。
結果は0-2で負け。
でしたが、意外とやれてるかも?!
明日は絶対勝ちたいです。


そして京大戦も…


実は、負けず嫌いでもあります。


やはりTVを横目に見ながら書いていたので、こんな時間になってしまいました。

そろそろドーナツが恋しいですね

3年(FW)  中川 隆

2007年7月24日火曜日

背負うもの

最近、院試やら卒論やらと忙しくなってきましたが、サッカーに影響は出したくない。どうも。4年の菊月です。お金も時間もある中で、そのほとんどをサッカーと勉強のみに費やしていて、まぁ最後のサッカー生活はこんな感じでも悪くないなと思ってる今日この頃です。

さて、そんな僕ですが、さすがにサッカーと勉強だけして生きてるわけではありません。なんか疲れてきたら川嶋あいを聞きます。
いやぁ、癒される。
耳ではなく心に響くあのメロディー。歌声。紅白に出ない意味が分かりません。アイウィッシュ時代も良かったのになぁ。

さて、そんな僕ですが、さすがにサッカーと勉強と川嶋あいだけで生きてるわけではありません。なんか暇になってきたら携帯を開きます。そしてメールをチェックし、何も来てないことを確認し、アプリを始めるのです。その名も「フリッキー」。変なひよこを色々操作するアクションゲームです。
僕、なかなか上手いです。
1日必ず1回はやってますからね。全ステージの攻略法も発見しましたしね。さて、そんなこんなでスコアはなんと全国で4位。しかし、まだ上には3人もいる。負けたくない。負けられない。日々特訓してます。にしても、4位になってから1万点さらにアップさせたにもかかわらず依然4位というこの状況。3人はかなりやりこんでいると思われます。しかし俺は負けない。引退までに必ず1位になってやります。

さて、そんな生活を送ってます。すいませんお母さん。

お詫びに今年1部に上がります。必ず。

2007年7月22日日曜日

もうすぐ夏休み

こんばんは。丸井由貴です。


今日は御殿下での練習と学芸大学との練習試合がありました。
御殿下での練習は紅白戦をやりました。
 
 
「AT」は今年から出来ました。
私自身何もわからないところからスタートしましたが、
最初の頃に比べると出来ること、わかることが増えてきたと思います。
 
 
今日はATのことを紹介したいと思います。
ATは名前のとおり、トレーナーさんの手伝いをします。
また、トレーナーさんがいないときに代わりになります。
 
 
まだまだ代わりにはなれてません・・・
少しでも代わりが務まるように、頑張ります。
 
 
 
仕事はこんなことをやっています。
 
テーピング
トレーナーさんや先輩方に教えてもらいながらマスター出来るように頑張っています。
 
時間計り
体幹の時間などの時間を計っています。
 
チェック
正しいフォームで出来ているか、痛みがでてないか、ケガをしていないか見ています。
 
アイシング
ケガの悪化を抑えるためにも、正しくアイシングが出来るようにします。
 
 
まだまだのことがほとんどですが、夏休みを利用して勉強します!
 
 
 
いつも一生懸命を心がけて、これからも頑張ります。
そして、もっともっとサッカーを好きになろうと思います。
 
 
丸井由貴(1年AT)

2007年7月21日土曜日

戻って来い!!

よろしくお願いします。復帰して久々のサッカーを満喫している白井です。
しばらくリハビリをしていたため体のキレが戻らず、今日の練習では
たまぎわで競り負ける場面が目立ちました。
つまらないパスミスも多かったように思います。


おおきい声を出して盛り上げようとしても、自分のミスからボールを
とられたり失点したりすると気持ちの切り替えが
むずかしいので練習中であるにもかかわらず一人でへこんだり
らくたんしてしまうことが多く、自分の未熟さに呆れる毎日です。


まぁ、そうは言ってもサッカーはどんな娯楽よりも楽しく、もう15年も
つづけているので 、怪我人生活で失った体のキレもすぐに戻して
なつの終わりまでには「白井ってちょっとうまいよな」って言われるように
がんばって精進していきたいです。


ただ漠然とボールを蹴っていても上手くはならない。
しゅうちゅうして内容の濃い練習を積み重ねることだけが上達への道。
まるせいゆルーレットって試合でなかなか使いませんよね。


経験を積む事でしか補えない差もあるでしょう。この先、「ごめん」では
済まされないミスを犯す事もあるかもしれません。でも上手くなるためには
のんびりとはしていられません。
単純な練習であっても意味を見出し、「1年のうちに一番うまくなってやる」
位の気持ちで明日も頑張りたいと思います。














1年(MF)白井英介

2007年7月20日金曜日

KYRとYRP(と私。)

G  D B7 Em
夏が過ぎ 風あざみ
C G Am7
誰のあこがれに さまよ・・・

ハッ!失礼しました!このところギターをかじっていたもので・・・

遂に順番が回ってきたfeelingsということで、書こうと思えばいくらでも書けるのですが、ここは慎重にエアリーディングして、皆さんをハッピーにすることを追求したいと思います!!

という訳で3点、提案させてください。

1.http://jp.youtube.com/watch?v=8fB25B9UAxY

2.車上強盗の多発するブラジルでは、「私はお金を持っていない」ということを犯人に納得させるべく、あるものを車に常備しておくことが勧められています。あるものとは一体何でしょう?

3.YRPとは?

ではまた。


ところがこれではfeelingsになっていません。

という訳でこの前感じたことを書かせてください。

今シーズンに入り、何度も他チームとの練習試合を行なってきましたが、その中でやはりうちよりも強いチームと試合をすると、得るものは非常に大きいと思います。

阪南、立正、日大、早稲田・・・
                                                       うわて
どのチームも強く、誰がどう見ても個々の能力、連動した動きなど様々な面で一枚も二枚も上手です。

養和との練習試合の翌日、「サッカーの質が違う。相手が東大に入れないように、お前らにあの質のサッカーはできない」と鈴木さんがおっしゃったのが忘れられません。

だから何だという訳ではありません。

その「何」に入る言葉は一人一人が決めることなのです!!

僕はやはりあの質のサッカーの方がやってて楽しいだろうと思うので、積極的なパス回しへの参加、正確なフィード、的確な声出しなど、もっと上のレベルを目指したいと思います!!

ではまた。コメント待ってます!!


ところがこれでは誰が書いたのか分かりません。

という訳で2点、提案させてください。

1.挨拶はしっかり「こんにちはー!」と言ってはどうでしょう?「ちわーす!」という挨拶は稀に「ふじやーす!」と聞こえるので是非やめていただきたい。

2.「ふじやす(『や』にアクセント)」ではなく、「ふじやす(『じ』にアクセント)」と呼んでみてはどうでしょう?「ふじやす(『や』にアクセント)」は稀に疎遠な響きがするので是非やめていただきたい。

私は日々、このようなことをフィールし、かつシンクアバウトしているのです!!

2007年7月18日水曜日

菊さんに負けた

こんばんはDF歴10年以上になる千布です。
早いものでもう僕らも3年になりました。試合や練習では中心的に引っ張っていかなければなと思います。
そのためにはやはり何よりプレーで「模範」になりたいものです。僕もそうでしたが先輩のプレーからいろいろ学んできたからです。

今日の練習は一対一の対人がありました。
勝ち負けが完全に自己責任となる練習であり、誇張して言えば、相手より自分が上手いか下手かを決める練習であるともいえます。
だから僕はこの一対一で絶対負けたくないと思っているし、もっとも集中しながら取り組んでいます。
しかも全部、相手が誰であろうと勝たなければ、という意識でやっています。

試合では相手に9回勝っても1回負けてしまうと、1失点。
DFをやっていて楽しいと感じる瞬間は、相手に自由にさせなっかたり、無失点でおさえたりするときです。自分が相手に負けて1失点した試合はチームが勝ったとしても、個人的な満足や楽しさは到底得られません。反省するばかり。

今日の一対一では先輩の菊月さんに股抜きできれいにやられてしまいました。
その後、同じ佐賀県民であり後輩の吉田に簡単に裏をとられました。
とても悔しかった。
そのほかにも簡単にシュートを打たれる場面などがあり、まだまだ「模範」にはなれない、と自分の力のなさを痛感しました。
もっと練習してあいつは抜けないと言われるようなDFになりたいです。
そうなればもっとDFというポジションを楽しめる気がします。
菊月先輩にも勝てる気がします。

というか、明日菊月先輩に勝とうおもいます。
覚悟しといてくださいね。

    3年 DF 千布勇気

1点

こんばんは
最近復帰した金山です。
僕的にも前田の代表落ちは残念でした。
復帰してあんなに活躍できるのはすごいです。
僕はやっと体が徐々に戻ってきたところです。

最近は雨が多く、なんともいえない天気が続いています。
今日は台風オフの影響か、フィジカルトレーニングの今日でも
2分20秒×1本
2分2週×2本
、と2分2週は少なめで
手のボール回し×4本
アジリティ×1セット
基礎練20本
半面のミニゲームでした。
久しぶりのミニゲームでは2敗と気持ちいいものではありませんでした。
こんな気持ちはしたくありません。
まずは京大戦勝利。かつ1点。
そして、夏の厳しい練習を乗り切り、秋期リーグの勝利にひとつでも貢献したい。
1点、1点の重みはでかいんです。攻めも守りも。

のしあがちゃるけん!!!
この気持ちもおかしいかもしんないですが、
「何か」秋期で残すためにがんばっていきましょい!!


と、思ってるしだいです。

おやすみなさい。゜(-_-)zzZ。。゜゜

2007年7月15日日曜日

台風

は結局それていったようです。
それでも今日は練習が休みになってしまいました…

ア式に入って2ヶ月、ATになって1ヶ月。
どういうわけか氷からおりて、どういうわけかア式に入りましたが、
まだア式の人には自分の中で完全になりきれていません、多分。
しかも一年間通った氷の上がそろそろなつかしいです。

それでもATとしての目標はあって、
リハビリの選手がまた怪我をすることがないような体作りを手伝えたらな、
と思っています。
そういう選手のモチベーションを保てるようにしたいな、とも。
とにかく今年初めてできたATっていうこの仕事がやれることを
見つけて身につけていきたいです。
そんなわけで明日は、トレーナーさんたちとの交流を深める機会を
せっかくいただいたので行ってこようと思いますっっ

台風も過ぎて学校も休みのoffをみなさんも充実させてください。。。

半田(2年AT)

2007年7月14日土曜日

なんで

一年の中で江連だけプロフィールが掲載されてるのでしょうか。髪を切り江連の趣味を一段と充実させている実島です。

さて早いもので僕ら一年がア式に入部してからもう三か月近くがたち、夏学期ももうすぐ終わろうとしていますが、入部した当初はまさか夏学期のほとんどをリハビリに捧げるとは思っていませんでした。

「あとちょっとで復帰できそう」と周りに言い出してから一か月くらい経っていますが、今は本当にあとちょっと復帰できそうです。インステップでも軽く蹴るくらいならだんだんできるようになってきました。

他の一年が試合にも出始め着々と経験をつんでいってるのを見ると、取り残されてる感に襲われてしまうこともありますが、最近はこの時期にケガしてしまって逆に良かったと思うようになってきました。僕はもともと体力はない方なので、最初からフィットとか通常の練習に参加していたら、遅かれ早かれどっかで怪我していたんじゃないかと思うんです。一年のこの時期に体幹とかみっちりやれて、走りもケガの状況に合わせて徐々にあげていってという機会を持てたのはラッキーだったんじゃないかと思います。

京大戦にはどうにか出場したいと思っています。



台風どうなんでしょう

台風

が近づいてきてますね。僕の生まれ故郷、奄美大島は直撃をくらったみたいですが、どうやら親戚はみな無事のようです。一年の実島崇之です。


2007年7月12日木曜日

猫ふんじゃった

先ほど猫を誤って踏んでしまい、凶暴になった彼女にガチでかまれ、いやな色の血が流れてきました。



さいきんこんなこと多いなぁと思いました。二年の高木です。



早いもので一年以上がたちまして、ぼくもずいぶんかわったなぁと思います。



若者らしい野心が芽生えなくなりつつある今日この頃です。



最近では通院が日課で、そこでの先生との会話が日々の潤いになっております。



怪我をすると視野がひろがるとは先生の仰っていたとおりで、でもあんまり広がりすぎると体育会的にはよくないなぁと思います。

今日なんかはちらりと「二ヶ月コース」なんていう台詞も聞こえたような。あせらず治したいと思います。

ロハス!

いろいろ手間取って

12時を回ってしまいましたが、feelings書いていきたいと思います。



牛乳をリュックにこぼされたとしても、特に気にしないどちらかと言えば温厚な3年の高松です。



まあ、いろいろ書きたいことはありますが、いろいろ書いてもしょうが無いので、一つの事について書いていきたいと思います。







自分がここに入った理由は、雰囲気が良かったからでした。



でも、当然のことながら、実際に入ってみると、楽しいばかりではありません。



僕は、ミスが多く、みんなの足を引っ張ってばかりで、怒られるために行っているようなもんでした。



しかも、ミスをしても下を向いてはならず、声を出さなければなりません。大変だし、つらいし、もうやめたいと思ったことも確かにあります。



それでも、親切な先輩(赤木さん)にいろいろ教えてもらいながら、自分もみんなに追いつこうと思ってがんばっているうちに、少しは上達もし、この場所が楽しいと思えるようになりました。



今では、自分の生活リズムの一部になっているし、大事な仲間もできました。ここは自分を形成してくれているもののひとつになっています。

















そんな感じで僕はイタリアントマトでバイトしてます。

                                        高松 敏(FW 3年)

2007年7月10日火曜日

2年目なんですけど

こんばんは、4年の太田です。




「3年からア式入るとかどーなの」的な空気を一切読み取ることができず、

ま、

「やる気ありゃあ大丈夫やろ」的な空気を、むしろ自分から出そう

とかなんとか考えてたのも、もう1年3ヶ月前ですか。早いですねぇ。



去年の夏ごろから始まった学年ミーティングで

「俺たちの学年が仕切るようになったら途中入部は断ろう。
少なくとも、大会がからむ6~10月の入部とかありえなくねぇ!?」

という話題が挙がったときは、本当にドキドキしました。

久っ々に胸がドキドキしました。



4月に入部しててよかったぁー。





何度も言うようですが、

僕は途中入部です。しかも3年からです。

部活に本気で打ち込めば打ち込むほど、

もう少し時間がほしいなぁという思いが強くなります。



ただ、

少なくとも、途中入部だとしても

もう一回サッカー真剣にやってみよう、という決断を下せたことは

僕の人生にとって

大成功だったんじゃないかと思うわけです。




毎日毎日好きなこと好きなだけやれて。

うまくなりたいから毎日に何かしらの目標があって。

チームメイトがいるからフィットとかも妥協せずがんばれるし。

たまにはまぁ、

めっちゃ怒られたり、怪我したり、うまくいかなかったり・・・

するにはするんですけど、

とりあえず充実感があるという、夜、ベッドに入る前の感覚。



いいっすね、サッカー。



大会まで後2ヶ月きりました。

組み合わせも発表されました。

アツい大会になりそうで、今から楽しみです。


みんなで笑って終われるように、

明日もがんばりましょう。





4年(DF?)太田裕一

2007年7月8日日曜日

暑さに負けず

3年マネージャーの木本宏美です。今日は創価大 学との練習試合で、5対2と東大が勝利しました。入部して、今年でもう3年目ですが、いつも一生懸命きつい練習をこなしている選手たちを見ているの で、どんな試合でも、みんなが勝つことはとてもうれしいです。

また、今年から部室に製氷機がつきました。最近は暑い日が続き、冷たい水が出せるように日々奮闘中です。試行錯誤を繰り返し、はやく解決策を見つけたいです。私は水を入れ替えるために 歩き回っているだけで、暑いと感じているのに、選手がその中で、走り、サッカーをしているのを見ると本当に大変だなと思います。なので、今年は、水がお湯にならないことを目標にし、他のマネージャーと力を合わせて、一生懸命練習している選手たちに、少しでも冷たい水を飲んでもらって、練習を快適にこなせる手助けができればと思っています。

今年は、新しく2人のマネージャーが入り、練習毎に彼女たちの成長を感じています。そんな二人に刺激をされつつ、これからもさらに暑くなっていきますが、頑張っていきたいと思います。

2007年7月7日土曜日

21.8

今日帰りに電車を待つとき暇だったのでフリーペーパーをめくっていたら、誕生花と花言葉が載ってました。
僕の誕生花は「オーニソラム」でした。いったいどんな花でしょうね
花言葉は
ここに書いちゃうとつまらないので興味ある人は勝手に調べてください。
今の僕と真逆だなぁというのが率直な感想です。

名乗り遅れましたが1年の佐藤です。
ポジションは怪我人です。
いい加減復帰したいです。
みんなが辛そうな練習をこなしているのを見ると、焦燥感に駆られます。
怪我をすると体はもちろんきついんですが、個人的にはメンタルが一番つらいです。
以前にいとうKさんが書いてくれたようにはなかなかいかず、サッカーするために入部したのに何やってんだろうとか思ってしまいます。まだまだ青いってことですね、僕も。

そんななか唯一みんなと一緒にできるのが筋トレで、モチベーションは結構高いです。
月曜日にも駒場でやっているんですが、最近来てくれる1年の数が単調減少しています。
僕の求心力のなさを数値化しているみたいで、もう悲しいを通り越してだるいです。
あさってもやるから来てくださいね。お願いだから

こんな感じで花言葉をちょっと意識しつつfeelingsを書いてみました。
タイトルの数字は何?っていう質問には答えられません。
だって、測定ミスだとわかっていても体脂肪率が21.8だったなんて口が裂けてもいえませんもんね(えっ?)

佐藤裕人(1年DF)

2007年7月5日木曜日

前田の代表落ち

に萎えている2年深田です。名波の日韓W杯代表落ちの次くらいに萎えてます。

さて、僕がア式に「ポジションはボランチです」と言って入部してから1年以上がたちました。
気づけば完全にDFと化しています。
DF=守るだけのつまらないポジション、と思い込んでいたのですが、
やってみるとそうでもない。
今ではDFもなかなか楽しいんじゃないかと思いはじめました。

自分のやりたいポジションじゃなくても、腐らず必死にとりくめば、
得るものは確実にあると思います。
(ボランチへの思いを捨てたわけではありません!!!)

そういえば、明後日で僕も20歳です。
なので今日の練習が恐らく10代最後のサッカーでした。
感慨深いものがありますが、20代のサッカーも頑張りたいと思います。

今日はシリアスに

最近髪を短くしました。



もちろんそれは2週2分で有利になるためです。


結果、2分2秒くらい。

先週より確実に早くなっている!!

けど、規定タイムに入ることができなかったので、今後の作戦を考えてみることに…


そういえば、先日、夜の原宿で凶暴化した俊足M澤になぜかリアルに追いかけられました。

が、原宿駅~明治神宮前駅まで逃げることができた!

しかも疲れていることを忘れてM澤と戦うことができた!


やはり生命の危機を感じると確実に早くなるんです。
疲れを忘れちゃうんです。



そこで思いついたのが、フィットのとき頭の中で音楽を流したり、美味いものを想像して走るのをやめて、後ろから迫り来る奴を凶暴化したM澤だと思って逃げればいいじゃないかという安易な作戦。



ここまできて気づいたこと、シンガリを走る私の後ろから迫り来る奴が誰もいないこと。


地道に頑張ります。




三年 高橋信行
最近髪を短くしました。


もちろんそれは2週2分で有利になるためです。



結果、2分2秒くらい。先週より確実に早くなっている!!
が、規定タイムに入ることができなかったので、今後の作戦を考えてみることに…



そういえば、先日、夜の原宿で凶暴化した俊足M澤君に追いかけられたとき、かなりの長距離を逃げることができた!しかも疲れていることを忘れてM澤君と戦うことができた!



やはり生命の危機を感じると確実に早くなるんです。

そこで思いついたのが、フィットのときいつもは頭の中で音楽を流したり、美味いものを想像して走っているけど、後ろから迫り来る奴を凶暴化したM澤だと思って逃げればいいじゃないかという安易な作戦。




ここまできて気づいたこと、シンガリを走る私の後ろから迫り来る奴が誰もいないこと。


地道に頑張ります。

今日はシリアスに

2007年7月4日水曜日

襟足

襟足が伸びてきたのでそろそろ散髪に行こうかなと考えている伊藤です。

癖毛なので髪が伸びてくると寝癖が大変なことになります。

そういえば今日同じような髪質の人が部室で人に襟足を切ってもらっていました。

散髪料金の節約だそうでその考えは理解できるのですが、素人に切ってもらうということをうらやましくは思いません。




それはおいといて、あと2ヶ月でリーグ戦が始まろうかというときにようやく今日ケガから復帰しました。

どうやら今年は京大戦に出れそうです。まだ1回しか出たことがないので楽しみです。

最近暇な時間が多いのでスコアブックを見たりして自分の記録を集計してみました。

出場時間、シュート数、得点数、アシスト数をです。







思っていたより点をとってました。

今年はもっと点をとりたいものです。

秋のリーグ戦での5点を目標にがんばろうと思います。

それではおやすみなさい。

4年 伊藤

2007年7月1日日曜日

今日から7月

今日は東京海上との練習試合がありました。
結果は...東大の勝利!!
梅雨真っ只中にも関わらず、終始晴れていてよかったです。



今日から7月です。
自分がア式のマネージャーになって約2ヶ月。
まだまだ至らないところがたくさんあって、反省することが多いです。

つい最近も、電車の中で6歳前後の少年に怒られました。
もっと成長しなきゃ!!と日々思います。



これ以上何をかけばいいのか分からないので、終わります。

担当は、1年マネージャーの高木美帆でした。
今日の担当は、1年マネージャーの高木美帆です。



今日は東京海上との練習試合がありました。

試合の結果は...東大の勝利!!

梅雨真っ只中にも関わらず、天気は晴れときどきくもりでした。



さて、今日から7月です。

自分がア式のマネージャーになってから2ヶ月がたちます。

まだまだ至らないところがいっぱいあって、反省も多いです。

つい最近も、電車の中で6歳くらいの少年に怒られました。

もっと成長しなきゃ!!と日々思います。



これ以上何を書けばいいのか分からないので、これで終わります。


2007年6月30日土曜日

一年もとうとう10人になりました

早いもので一年生の内もう三人もア式をやめてしまいました。
理由はそれぞれあると思し、もうどうこう言う気はないけど、正直10人は寂しいです。
しかもやめたのはみんなゴミ係の人で、残ったゴミ係は僕を含め二人です。かなり迷惑です。

てことで、部員を増員するために「ア式ブランド」なるものを確立し、ア式のイメージアップにつなげようという運動を展開しようかと一年の何人かで考えてます。 まず、部ポロにハーパンでア式のバッグを持って駒場、特に食堂をうろつくことでア式の存在をみんなに意識させます。そのスタイルで颯爽と歩く姿がかっこいいと思う人がいたらこっちのもんです。 とまあ今考えてるのはここまでです。
あとどんなにイメージアップしてもとりあえず一部に上がらないとどうしようもないので頑張りましょう!!


最後に個人的なことについて。このままの体ではどうしても怪我が多くなってしまうので、筋トレ頑張ります。入学時から続けてきた体重増加計画は順調に進行中で、3キロちょっと増量しました。
一人暮らしにもほとんど慣れ、ア式の練習にも慣れてきたのでこれからもっと頑張っていこうと思います。よろしくお願いします。


一年、MF 久木田 紳吾

2007年6月29日金曜日

『シュリ』はいい映画です!

 6月28日のfeelingsを書くことになった岩田宗一郎です。

「feeling」の名の通り、最近自分が感じる事について書きたいと思います。と、言っても、近頃の六者協議での北朝鮮の傲慢さとそれに対する寛大すぎる措置について書くわけにもいかず、やはりここは最近の自分のプレーについて書きたいと思います。
極めて個人的な内容になると思いますが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。


 最近、練習後に家でストレッチをする(スピッツを聞きながら)ことを覚えまして(結構疲れが取れるようです)、いつもストレッチ中や寝る前に、その日の自分のプレーはどうだったのか、良かった点はあったのか、悪かった点ではどうすべきだったのか、といったことを振り返るのですが、よく今日の練習中の自分は傲慢な部分があった、と思います。「傲慢」といっても、威張り散らしているわけではなく、ミスをした時にやる気をなくしてカバーしなかったり、そのミスを指摘するOBコーチや他の選手の声に対して反発心を持ったり、といったことです。
具体的な場面を例に挙げると、1対1や2対2の対人練習において、ゴール前でドリブルをして相手に取られた時に、「ゴール前だぞ、考えろ!」という声に対して、明らかに自分のミスだし、それは自分でも認識できているにもかかわらず、気持ちが盛り下がっていくと同時に『うっせぇわ!そんなことは分かってる。』と心の中で反発する自分が確かに存在するのです。もちろん毎回そのように思うわけではないのですが、思うときがあるのは事実です。
このような傲慢な態度で練習しても上手くなるはずがない。悪影響はあっても好影響はあるはずがない。と家でよく反省するのですが、いざ練習に入ると自分の精神をコントロールしきれない時があり、自分を見つめて、傲慢な自分がいると感じても、(ナルシストなので)そのまま精神が回復するのを待つだけになったりするのです。
 では、なぜ(どのような時に)そのような傲慢な精神が自分の中に芽生えてくるのだろうか?
もし自分がいいプレーを連発し、ミスも無く、良い精神状態で練習していれば、そのような感情は芽生えないはずです。つまりある程度自信はあるのに、それに見合うプレーができず、精神的に悪い時に芽生えると思われます。しかし、絶好調の日ばかりではないはずです。必ずミスが多い時もあります。そういう時にこそ、やる気をなくすのでは無く、ミスから学び取っていかなければ選手として成長しないように思います。
そして、ミスが多い時にも顔を上げて次に向かうには、高い向上心と周りの選手の声が重要であると考えます。ミスをしても、ここでやる気をなくしたら上手くなれないと考えれば、または他の選手の励ましの声があれば、悪い精神状態に陥る可能性は減るように思います。
   
 スポーツにおいて精神状態というのはとても大切だと思うので、技術や身体能力だけではなく、精神面においても成長したい。そのためにも練習中どのような不満があっても、またミスをしても、決して下を向かず、更には、他の選手がミスをしても、その選手がいい精神状態になるような声を出していき、選手としても人間としても成長していきたいと思います。

 これからもセンスと向上心と努力で経験の差をカバーしていこうと思います。(ナルシストですいません)


  以上長々と個人的な話をお読みいただきありがとうございました。あと提出が遅れて申し訳ありませんでした。

2007年6月27日水曜日

マーダーボール



どうも。3年の鈴木亮平です。





「マーダーボール」とは車椅子ラグビーのアメリカ代表のドキュメンタリー映画です。


最近観た映画の中では抜群に面白かったです。


観終わった後、拍手をしたくなるようなめちゃめちゃいい映画でした。


サッカーやってる人にはかなりオススメです。





それはさておき、皆さん上の写真はどこで撮ったものかわかりますか。
今年の12月に開通する首都高速中央環状新宿線のトンネルの中です。
月曜日に授業で見学に行ってきました。
開通前でまだ工事しているトンネルの中に入れるということで、珍しく早起きしていきました。
東京の地下にこんなのがあるのかと感嘆しました。
トンネルの作り方には2種類あるようで、1つは地表面からトンネルを通す位置まで掘ってから、トンネルを作ってまた埋めていくという開削工法。
もう1つは、モグラのように地中を掘っていくシールド工法。
シールド工法だと、写真のように丸いトンネルになります。



シールド工法のトンネル、僕の体にもあります。
シールド工法的にネジをぐりぐりと左足の甲の骨に入れました。
現在、骨がくっつくのを待ちながらリハビリやってます。
けが人はモチベーションを保つのが非常に難しいですが、昨日慶さんが言っていたように、怪我で休んでいる期間はある意味チャンスです。
体作りができるし、外からプレーを見ることで自分のプレーを見直すことができます。
けが人の皆さん、あせらず元気にがんばっていきましょう。


最近3年生になったので課題やらレポートでひどく忙しいです。
明け方まで課題をやっていることが多くなりました。
そんな時、僕を癒してくれるのが「めざにゅ~」の杉崎美香。
彼女の笑顔に癒されてからぐっすり眠ります。
笑顔はいいですね。
ということで、今週も“笑顔で”がんばりましょう。


鈴木亮平(3年MF)

2007年6月26日火曜日

新しい携帯が欲しい(by池田)

はじめまして。4年の伊藤慶一です。この4年間ではじめての執筆です。

いつのまにやらfeelingsがblog化して、

かつての諸先輩方の熱い思いを載せたfeelingsとはどこか違う感じになってしまっています。

僕としてはかつてのキヨさんの文やウワさんの文の熱さとかが好きだったので

なんか違和感があったり。



なかったり。




ところで、つい最近までチームには怪我人が続出していて、

ここ2,3週間で何人か復帰したものの、それは結構な数のリハビリ集団が出来上がっていました。

もう、Aチーム、Bチームとかよりも大所帯でした。

今日はそんな怪我の人にむけて書こうと思います。



僕も去年一年間サッカー部にいながらほとんどサッカーができませんでした。

グロインペインという怪我のため長期間離脱してリハビリをしていたからです。

その怪我の間にチームにはいろいろな変化がありました。

監督が二回変わったり、OB会の体制も変わったり、僕らが最高学年になったり。

かなり大きな変化だった気がします。

でも、実際のところ、自分がサッカーをしてないと、チームの一員だという気持ちが薄れ

その変化にはあまりついていけず、

全部他人事のように思えてしまうことがあったり、

俺は何をやっているんだろう、とか考えたりする事もありました。

もうどうしようもないやつですよね。



でもとりあえず、僕がその間考えた数少ないことで、

後輩に伝えられることといえば

『怪我をしたときにしかできない事をやって、何かプラスαのものを持って帰る』

という気持ちを持っていこう、ということです。

復帰間近の人なら、皆のフィットよりきついメニューでおいこんだらロングランは早くなれるし、

まだ時間がある人なら、トレーナーの人に相談して、一から肉体改造してやろう、

など、いろいろあると思います。

自分の目標を持ってやってみてください。

で、復帰したらまた一緒に練習しましょう!



ちょっとでもこれを読んでモチベーションがあがってくれたらうれしいです。

怪我人(スギ)、ガンバレ!!

あ、アキ待って!!もう帰るって!

2007年6月24日日曜日

もしもし

こんにちは、マネージャー2年のニゲメユウコです。
今、設計課題のアイディアを練ってました。ちなみに今回のテーマは「店舗との併用住宅」なので、水族館風のペットショップ(熱帯魚とか)を作ろうと思っています。いいアイディアがあったら教えてください。


昨日と今日、試合の記録をしました。記録中はよそ見できないので大変です。そろそろ一人で記録できるようにならなきゃなとは思うのですが。。。


もうすぐ愛犬の13歳の誕生日です。すっかりおじいちゃんになってしまいましたが、可愛さは衰えません。メロメロです☆
そんな愛犬にメロメロな私は、そろそろ教習所に通おうかと考えています。乗りたい車がマニュアルなので、頑張ってマニュアルで免許を取ろうかと。

書かなきゃいけないことはまだまだあったような気もしますが、忘れてしまいました。次に回ってきたときはもっとちゃんと書こうかと思います。
おやすみなさい。。。

迯目佑子(2年 MG)

2007年6月23日土曜日

だめな俺

1年の大内三千生です。よろしくお願いします。
最近幸運にもAチームでプレイさせてもらってたわけですが、つくづく自分はだめだなと感じます。
水曜日はもう対人の練習で5対5ぐらいになると疲れて消えてたと友達にだめだしされ、木曜日は左足のトラップがかすで、どうしようもなかった。何してんだろ俺。マジ俺うざい。
そして、今日(土曜日)はパスミスでチャンスを何度かつぶしてしまった感があります。試合終了後、先輩に「もっと声を出せ、急いでボールを追え、腰が高い!」などのだめだしを喰らいました。ごもっともです。アドバイスありがとうございます。どんどんけなしてください。参考にするので。
お粗末なプレーを僕がするたびに言ってくれるとうれしいです。
こんな俺だけど、もう少しAでやれたらなと思っています。ただこのままじゃやばいお(;・ω・)

まあ自分のことばっか言うのもあれなので、同じ学年の人たちのだめだしでもしようかな。
おまえらメーリス乱用すんじゃねぇよ。ふざけんなマジで、めんどくさい。
S君E君反省しなさい。

あと今日の試合についても少し。
スローインのときもう少し連動して動いてほしいです。あともらえなかったら一回抜けるなどをして、動きなおしてほしいです。(あとビデオきちんととってほしいです)お疲れ様でした。
今週もがんばっていきましょう!

大内 三千生(1年DF)

2007年6月22日金曜日

帰宅したら日付が変わってた

こんばんわ、ア式2年の熱海(あつみ)です。
ロベカルはトルコのフェネルバフチェへの入団が決定したそうで。
カリアリのスアゾはインテルに行くのかACミランに行くのかよくわからないそうで。
世界クラブ選手権には南米からはボカが来るそうで。
まあ、そんな自分には関係ないことはおいておきまして。
タイトルの通り、帰宅すると0時を過ぎていました。
部室を出たのが22時10分頃だったので予想通りではあったんですが。
帰宅で何が辛いかというと家までの15分程度を自転車で登り続ける帰り道!
とりわけ火水木と練習の疲れが溜まっている木曜なんかはもう…
今日もなんとか家まで帰ってきた、っていう感じです。
なんか少し雨まで降ってきてましたし。
そろそろ部活について。
とりあえず、練習はきついです。
実力的には下から数えれば多分片手で十分だと思うんで、もっと頑張らないといけないんですが…
なにぶん怪我をしやすいのであまりやりすぎると1歩進んで2歩以上戻ることになってしまうんですな。
ということで、今の目標は怪我せず夏合宿に突入して、怪我無く乗り切ることです。
継続は力なり、という言葉もありますし。
まあとにかく、これからも頑張っていきます。
さすがにそろそろ寝ます。おやすみなさい。

おまけ 最近、モーニングのGiant Killingが気に入ってます。1巻買おうかな…

2007年6月20日水曜日

自宅からfeelings

初めまして、こんばんは。
今日のfeelings担当はア式入ってもうすぐ1年、工学部3年齋藤信(「まこと」ですっ)DFです。


今日、AからBに落とされました。。。
が!!
自分に足りない所はつかんだつもり、このまま凹んではいられない。
どんなプレーも体のバランスで、うまくいくかミスになるか左右され、
練習は明確なイメージを持って取り組むことで何倍も効果が上がる。
練習中も試合中も、考えることだけでばてるヤツはいない(と思う)。
対人でもミニゲでも、どんな形での守備、攻撃をしようとするのか、考えた事を話し相談し試行錯誤して、としていけば自分も良くなるし、チームも良くなるかと。
実力不足は明らかなので地道に練習だ。


あっ、岩手のとーちゃんかーちゃーんっ!!
ア式のTEAMのメンバー紹介の所で信の欄がナイって言ってたけど、
ちゃんとア式で練習してるし、東京でいじめられてるわけじゃないから安心してよー。

では、明日も頑張りましょう。シターッ。
齋藤信(3年DF)

まじめ

こんにちは。4年の池田暁彦です。



昨日のうちに投稿しなくてはいけなかったのですが、なかなか何も思いつかなかったので遅くなってしまいました。というわけで今日は僕がこの4年目になる部活生活の中でいったい何を得てきたのかを考えてみようと思います。しばらくお付き合いください。

そもそも僕は1年生のはじめ部活に入ろうとは思っていませんでした。なぜかというと、僕にとって高校までのサッカー部はとても楽しかったのですが、同時にもう体力的にきつい思いをするのはもうヤダ、とも考えていたからです。とりあえずはサッカーサークルに入ろうと思いました。






(略)





そんなわけで今の僕があるのはカナダ人のチェ・ポン、パキスタン人のバン・ロディン、イギリス人のコーフィールドの3人のおかげだといって過言ではありません。この場を借りてお礼を述べさせていただきます。


「本当にありがとう!不思議体験を!ありがとう!!」











これでも4年目。いけだあきひこでした。

2007年6月17日日曜日

★拝啓 ア式をいつも暖かく見守ってくださっている皆様☆


梅雨入りの発表がなされたにも関わらず、太陽の眩しい日が続き、日ごとに暑さが増してまいりましたが、皆々様お元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
と……ここまで、「手紙の書き方文集例」を使ってみましたが、そろそろボロが出てきそうなので、普段使っている言葉に変えさせていただきます。
今日のFeelingsは三年マネージャーの野呂が担当させていただきます☆

今日はうだるような暑さの中、13時から御殿下グラウンドにて、いつものように午後練がありました。OBの皆様のご尽力により最近、部室に設置していただきました製氷機の活躍には目覚しいものがあります。選手に冷たい水を出すことができたため、おかげさまで熱射病、熱中症になる選手もなく、無事一日の練習を終えました。
また、今日はH13年度卒の小川さん、H17年度卒の牧さんから、スポーツドリンクの差し入れをいただきました。いただいた「命の飲料水」を、練習後に飲んだ選手は、みな生き返っていました。
細やかなお心遣いをいただきまして、誠に有難うございました☆
今日は、主に学連のことについて、最近思ったことを書かせていただきます。
主務の碇さんは、東京都大学サッカー連盟で「幹事長」という最重要ポストについており、大会運営から、審判、記録講習会、東京都サッカー協会の試合運営の手伝いにいたるまで、数々のお仕事をこなされていますが、私はそこで学生幹事をしており、最近は審判部でお仕事をさせていただいています。
審判部の仕事は、主に、
1、試合会場の調整
2、東京都サッカー協会へのオフィシャルの審判派遣依頼
3、試合前日、審判への確認の電話がけ
4、警告、退場者管理
などなどです。(一橋の幹事の先輩と、日大のよくできる後輩がほとんど仕事をしてくださっています。)
同学年のみんなに誕生日プレゼントでもらった、大切な大切なサンバイザーをグラウンドに忘れてきてしまうような、うっかり者の私が、警告、退場者管理をしているのは、自分でもかなり心もとないです。
が、しっかり者の学生幹事の後輩がサポートしてくれているので、きっと大丈夫です!!
心配ありません!!

初めに、審判部に移るように言われた時は、私には無理だー。どうしよう…
と思ったのですが、碇さんや、他大の学生幹事に迷惑をかけつつ、なんとか頑張っています。
試合前日の主審の方への確認の電話のときは、できるだけ丁寧な対応を心がけています。
それは、主審が東大に有利なジャッジをしてくれるよう、秘かにもくろんでいるからです。
審判部になってから電話代が月々三倍になりましたが、ア式のためなら気にしません。

ここからが本題です。
警告、退場者を管理しているときに、つい最近まで、東大の選手がカードをもらっていると、「あーあ」と思っている自分がいました。
それは東工大の選手で、フェアプレイをモットーに、カードをもらわないことを生きがいにしてプレイしている選手がいて、その人が学連の中ですごく有名だからです。
しかも、一般的にカードには、「汚いプレー」というイメージがついてまわっているからです。

でも、最近3年生のある選手が、
「カードをもらってでも、止めなければいけない局面がある。」
と言っていた、その一言を聞いて、考えが180度変わりました。

ヒーローは、悪者がいなければ存在しえないし、物事は、二項対立で捉えられがちだけど、どんなことにも理由があるし、たとえ「汚い」と思われても、それだけ強い気持ちを持って試合に臨んでいるということはすごいことだなと思いました。

他にも、
「怪我をしてでも止めなきゃいけないこともある。」
っといっている選手もいて、今まで、何も見えていなかった自分が恥ずかしくなりました。

見えないところで、こんなにも強い気持ちを持って、日々の練習に臨んでいる選手に、尊敬の念を抱きました。このチームのマネージャーができてほんとに幸せだな。と思いました。
(とはいえ、審判部の者がカードをもらうことを奨励するなんて、言語道断なので、ここだけの話にしてください。)

最後に、ほぼ毎日練習に顔を出してくださる、藪内監督はじめ、東大サッカー部のOBの皆様や、日曜日に毎回見に来てくださる、近所に住んでいるおじいさんや、選手の家庭教師先の子など、たくさんの方がグラウンド外でエールを送ってくださり、また、見えないところで支援してくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも東大ア式蹴球部をよろしくお願いいたします。

最後の最後に、一番上の写真は私の宝物の写真です☆
これは、いつも手帳に挟んで携帯してます。実は大学の友達や高校の友達に秘かに自慢してます。
みなにはお世話になりっぱなしです。いつもありがとうございます。



2007年6月16日土曜日

千の風になって~♪

流行ってますね。
うちの両親はカラオケのために日々特訓中のようです。
最近では街中で秋川雅史さんヘアーの人も見かけるようになりました。
最近ではめっきり痩せたと評判の江連です。

僕は復帰テストをクリアして部分参加するようになってから1週間くらいになりました。
まだ部分参加なので今日の試合には出られませんでしたが来週からでられるように頑張りたいと思います。
このままボール拾いのプロフェッショナルになる気はないので…

入部してからはや1ヶ月半!
今はサッカーができる喜びで毎日が満たされています。
今年1年はとにかくこれからの4年間のためにしっかり体を作ることを考えてやっていきたいです。

これから僕はどんどんうまくなっていく予定です。
乞うご期待!!

江連 豪(1年DF)

2007年6月14日木曜日

洗濯を途中で放棄


とうとう梅雨入りが発表されたそうで。
二年の後藤です。
今日買ったばかりの赤いモレリアⅡです。

新しいスパイクを買ったら足になじませるためによく履いたまま寝たりします。
でもこのモレリアは限定カラーとかなんとかで本当にジャストフィットのサイズしか残ってなかったもんで
一晩中履き続けでもしようもんなら小指が壊死しかねないので今日はやりませんが。

去年の10月、発作的に部室にブチ込んでから始まったア式での日々も半年以上が経ちました。
追いコンでドラを叩き、フィットで叩きのめされ、遅刻して社会的袋叩きにあい、
そんな数々の残虐ファイトをくぐり抜けて今ではすっかり火曜日が来るのが怖くなりました。
ア式に入るまでサッカーを走るスポーツとして認識してこなかった妙なサッカー少年だったので、
ボールも人も止まらずに動き続けるア式のサッカーはまず辛いです。
そしてとても楽しい。
サッカーの新しい面白さ、それもきわめて本質的な、というか基本的な面白さを発見した思いです。
それでも火曜日は怖いです。最近では水曜も木曜も同じぐらいかそれ以上に怖くなりました。
そんな恐怖心に打ち勝ち、一日も早く走力をア式スタンダードにまで引き上げて、
ア式サッカーを自分のサッカーとして体現できるプレーヤーになるために精進しなくては。
がんばります。
火水木と皆さんお疲れ様でした。
僕は明日授業が5限のひとコマしかないので心ゆくまでお寝坊さんです。
おやすみなさい。

2007年6月13日水曜日

のだめ⑱が出た

どうも、初めてfeelings書きます 心身、公私ともにいまいちな小薗(コゾノ)です。

この頃、毎日の練習の中でつらつらと改めて感じることに集中力の大切さというものがあります。
日曜の練習試合、僕が出た3、4本目はとても情けない結果に終わり、昨日今日の練習でもミスを連発しチームを盛り上げる上級生という身にありながら下を向き黙りこんでしまう始末。

試合でも練習でも自他共々のミスによる苛立ちから集中力を保つことができなかったのが一番の反省点だったと思います。

もともと人間ミスをするもの。チームの中でミスが続くことも珍しくない。

周りがミスしても苛々に頭を奪われることなくミスした人を励ますくらいの余裕を持つ
自分がミスしてもすぐに頭を切り替えて次のプレーに集中する 山王戦残り4分の桜木の様に
 
そーゆーことができる子に…なりたいな...

てなわけで明日の練習頑張ります。

小薗健太(3年MF)

2007年6月12日火曜日

好きです

好きです、養老乃滝。明石です。

今日は御殿下ジムで筑駒の後輩でもあるWORRIORSキャプテンの和田君とすれ違い微妙な会釈をした後、家庭教師先で犬とふれあい、家でテレビを見ました。

「ん?」
「すりすり」

「ガバッ!」
「うふふ」

じゃねえんだよぉぉ!もこみちぃぃ!

今週も頑張ります。

明石(4年 FW)

2007年6月11日月曜日

こんにちは。1年生のとき筑駒feelingsで衝撃のデビューをかざった明石です。

早いもので、そんな僕も4年生となり、最後のシーズンも約半分を終えました。


サッカーについて言えば、チームNo.1ステイヤーとしてこれからも走り続けるだけです。応援よろしくお願いします。


最近OB会との連携が深まり、部室マネージャー(BM)としても様々な支援をいただきうれしい限りです。BMという呼称は僕の(親戚の)愛車がBMWであることとは何も関係がありません。確かに大学生としてはオーバースペックの飛び道具かもしれません。ですがそれだけで人の心とは、動かせるとは限らないのですね。


今僕が着手している部室改革のテーマは「コミュニケーション」です。宮本が木野本を「キャパ不足」と評し、木野本が宮本を「コミュニケーション能力不足」と評し、万里絵ちゃんが頬を赤らめたあのミーティングで、

2007年6月10日日曜日

毎週日曜日は...

マネージャーが担当のfeelingsです

今週は4年マネージャーの桑原が担当します(^^)ノ
今日はマネというか、私的な視点で
日頃(今日?)思っているあんな事やこんな事を書いてみようかなぁと思っています〆(@_@)

とは言え
ただ今23時49分
後11分で月曜日になってしまします(^^;)イソガネバ....

さて!
今日は1時から東大の御殿下グラウンドにて玉川大学と練習試合

ですが

ドシャ降りの大雨∑( ̄□ ̄)
もちろん人工芝のグラウンドでは中止などありません
正に『雨にも負けず、風にも負けず』なのです

そして肝心な試合の方なのですが
残念ながら負けてしまいました....

でも、負けてしまった試合でも今日は嬉しい事が2つありました

1つは
1本目の試合で4年生の青木君のシュートが綺麗に決まった事
押されている試合でも
勝ちに繋がるゴールでなくても
チームが力を合わせて勝ち取った1点は
見ている私にとっても『スッカ』とする最高の瞬間!
それがさらに『スパッと』決まったとなると感動ものです
『どうだ!!皆は本当は強いんだぞ!!』と言う感じですw

2つ目は
鈴木さんとOBコーチの方が4年の木野本君を
『ヘディングが以前に比べてもの凄く良くなっている』
『一本目から出ているとは思えないよ』
と誉めていた事
自分が誉められてる訳ではないのですが
頑張っている選手を見ていてくれる人がいる事はとても嬉しいです(*^ー^*)
もちろん今回に限った事ではありません
以前試合した相手チームが
『東大マジ強いんだけど!!』
『勝てる気しね~』
と言っているのを聞いて
『まぁな( ̄ー+ ̄)』
と(何度もくどいですが)自分ではないのに何だか誇らしく感じてしまいましたw

だから
良く『負けが続くとガッカリしないの??』などと聞かれますが
確かに試合に負けたら悔しいですが
選手にはガッカリなんてした事ないのです(*^ー^*)

さて
恥ずかしい話はここまでにして
選手のグラウンド外でのちょっとしたお話を最後に...
今回は4年の菊月君
グラウンドではヒーロー
部室ではちょっと。。。。。
の菊(笑)
今日はトロピカナーをのんでいたのですが
パッケージのラベルの写真に繋ぎ目が無い事に感動しておられましたwww
もし、果物を並べて撮った写真でペットボトル一周を覆うと、端と端は絵が合わなくてズレルはず!!
でも、これはズレずに綺麗に一周絵が並んでいるのです
普通の人なら気にせず捨ててしまうのですが
そこに興味を持てる菊はやっぱり凄いのかもです!!



PS:ただ今0時52分
   間に合いませんでしたorz
   長々と読んでいただきましてありがとうございました><

2007年6月6日水曜日

そろそろ蒸し暑い季節ですが…

 どーも、3年の大沢です。毎日更新すると言いつつ初日から更新されなかったFeelingsではありますが、今日は3年生の番らしいので僕が書かせてもらいます。

 チームとしての今シーズンの目標は、言うまでもなく1部昇格ですが、ここで個人的な目標を立てたいと思います。



 ずばり、今年こそ2桁アシストを達成するということです。


 秋季出場とかスタメン奪取とかそういったことは、上のような結果を残すことでついてくると思うので、なんとしてもこれは達成したいと思います。


 あとは、アツくなり過ぎないように、常に’本質’を考えてプレーしたいと思います。

                                                      終わり
 #17大沢拓巳(3年、MF)

再指導

2007年5月27日日曜日

拝啓 ア式サポーターの皆様

この度春季対抗戦4試合を終えましたので、ご存知の方も多いとは思いますがご報告をさせていただきます。

第1節 日大文理 1△1
第2節 上智大   2●3
第3節 立正大   1●9
第4節 日大    2●3

結果だけを見れば散々モノでしたが、得た収穫、課題はとても大きな大会だったと思います。
やはり1番大切なのは秋季リーグで結果を出すことですから、
残された3ヶ月余りを大切にし、チーム一丸となって優勝を目指したいと思います。
本年度はなかなか結果が出ていませんが、最後まで応援よろしくお願いします。


最後にこのfeelingsについて。今後は
4年生→3→2→1→マネ
という形で毎練習日ごとに更新できるようにしたいと考えています。
ご期待下さい。

百谷将佑(4年 MF)