投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

新歓

がんばりましょう 個人的には開成のCBとGKが入ってくれるようにがんばります そういえば、すね当て余っている人がいたら新歓試合での貸し出し用として使いたいので僕に渡してくれると嬉しいです 地震は大変でした これからもいろいろと大変でしょう 僕の親父は仙台の近くの田舎で単身赴任をしているのですが、家庭の事情で横浜にいたので被災せずに済んだのですが、すぐに仕事の関係でまだ復興のままならない仙台へ そんな親父と電話で話したところ被災地の悲惨な状況を語ってくれました 話を聞くとさすがにビビりましたね サッカーができるだけ充分贅沢なんですね なので7時から練習だろうと、そのために始発に乗らなくちゃいけなくてもサッカーを楽しみたいです サッカーの話を少し… やっぱりサッカーは楽しい 復帰したては特に実感します でも、復帰してやっとサッカーには慣れてきましたが、体力がまだまだですね さすがに今の体力じゃSBはツライです がんばります 最後に、この間読んだ本に 問題を見つけるには現実にノーということが大切だ と書いてありました 常に現状に満足せずノーと言い続けることが重要だと 自分に厳しくノーと言っていきたいです まだ2度目のfeelings 新2年 山口

お久しぶりです。

今回の東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 自分たちにはあまり大きなこともできないかもしれませんが、総務では、運動会を中心とした募金活動などを計画していきたいと考えているので、その際にはご協力よろしくお願いします。 今日は久しぶりにア式でサッカーをしました。 久しぶりに会うはずの人も多かったけど、あまり久しぶりという感じがしなかったのは少し不思議でした。 今日の練習は大井競技場。ア式でサッカーができるということに幸せを感じると同時に、 普段自分たちがいかに恵まれた環境でサッカーしているかということを改めて実感しました。 人工芝のグラウンド、照明設備、ジム、室内プール、シャワー付きの部室、練習後にも十分な時間があること。 今まで当たり前と思って、環境に甘えてたということを感じました。 これから先、おそらく計画停電が続く期間は、照明の利用ができず朝練になったりと、不便になる部分はどうしても出てくるとは思いますが、今年の目標「関東昇格」ということには変わりはないし、 そこに向かって全力でがんばっていきましょう。 練習中断中のことを少し。 まず、いきなり練習参加をお願いしたにもかかわらず受け入れてくれた京大の皆さんありがとうございました。公式戦前の重要な時期にもかかわらず、練習に参加させてもらえて、とても刺激を受けました。 そして夏の京大戦がすごい楽しみになった!絶対に負けられない、絶対に勝ちたいと思う。 試合もその後の懇親会も全力でいきましょう。 あと、ジェンガとあの空気の読めるサイコロはぜひもって来てください。笑 また部室でやりましょう! こっちは総務の仕事をしてて感じたこと。 今回みたいな事態が発生した時の情報の収集、伝達の難しさを痛感しました。 体育チームから得た情報を各部に連絡するだけの作業ですら、 できる限り早く伝えようと、大まかな決定を聞いたときに情報を流すということをすると、 情報の錯綜を招いてしまう危険性があるということを実感しました。 4年生には混乱を招くようなことをしてしまったと思います。すみませんでした。 総務部で情報を流す対象は運動会各部だったわけで、たかだか50くらいの団体しか登録されていません。そこに部活動についてという情報を流すという作業ですら困難だったということを考え

こんなときだからこそ

みんな元気ですか? いつも会ってる仲間に突然会えなくなってさみしいです。 さみしいさみしい! こんなときだからこそfeelings書きますo(^-^)o 火曜日以降は新4年playerに任せるとして。。 3月11日のあの地震のとき、 ア式は検見川にて合宿中で、 みんな一緒にグラウンドにいました。 途中から立っていられない揺れになってきて、 笑えませんでした。怖かったです。 騒いでごめんなさい。 あたしほんと地震だいきらいなんです。 平井さんが ぜーんぜん大丈夫だよー みたいな感じで余裕そうだったけど あたしはそんなこと言われても怖かったです。 建物の中だったらもっと怖かっただろうなーー みんな一緒でよかった。みんな無事でよかった。 でもお部屋に戻ってテレビをみてびっくり。 こんなにヒドイ地震だとは思ってませんでした。 合宿最終日の練習は中止になり、 朝解散してからみんなに会っていません。 来週の練習中止も決まりました。 中止期間、みんな何してるんですか? 元気ですか?笑 京都はなんだか楽しそうで、 羨ましい限りです。 坊主な彼が、 京都最高! と電話をくれました。 いいないいな。 こんなにサッカーがだいすきで、 サッカーに一途な彼らが、 早く御殿下でみんなでサッカーできますように、 原発とか、いろんな問題の状況が早くよくなりますように、 ほんとに祈ることしかできないけど。 私たち新4年生にとってはラストシーズンで、 今のこの中止期間は残念すぎます。 大事な時間がちょっとずつ過ぎてしまっていて、 なんだか歯痒いってゆうかなんてゆうか。 みんなといられる時間が減ってく(/_;) だけど、 こればかりはどうしようもない。 だからこの中止期間にできることはやっておいて、 練習再開したら、 私たちに残されたア式での時間を 濃いものにして、 後悔しないようにしよう。 この中止期間の分もいい思い出を作らなくては。笑 新4年会もちゃんとやろうね(^o^)やきにく! はやくみんなに会いたいです! 私はとりあえず都学連の決算を終わらせます! 決算なんて全然わかりません! 必死です! 終わったら褒めてください!ね! こだまでしょうか、いいえ、だれでも とか

ボーダーラインを踏み越えろ!

イメージ
こんばんは。今日は合宿準備お疲れ様でした。 最近花粉症の話題がよく出ますが、私は花粉症とは10年来の付き合いです。イネ花粉にも反応するので、春のみならず秋も花粉症になります。東京は田んぼが少ないせいか、去年の秋は大丈夫でしたが。植物たちの活発な生殖活動のせいで、こちらは体液の流出が止まりません。鼻水が脳みその一部って子供の頃信じてました。 今日は何の話かというと、私の母のことを少し書こうかと思って。 私の母は、妥協を繰り返して生きてきました。人生のターニングポイントでは、常に楽な方の道を選んできた。今はそのことをとても後悔しています。まず高校入試。母は中学でそこそこの成績だったのに、頑張って勉強してやっと入れるような学校を一般入試で受けるのを諦めて、レベルを下げて推薦入試で高校に入りました。これが第一の妥協。レベルを下げて入った高校なので校内の定期テストでは上位にいたようですが、自分より順位が下の人が進学クラスにいるにも関わらず大学入試に向けた勉強を頑張るのが嫌で普通クラスに在籍し、結局指定校推薦で偏差値30でもいけるという私立女子大へ。これが第二の妥協。大学では大して授業も出ずバイトと遊びに励み(バブル時代だったせいもあるかもしれないが)、大学3年生で第1子(わたし)を妊娠し10歳年上と結婚、大学4年生で第2子を妊娠、卒業後出産。それから離婚して、就職して、27歳で再婚して、28歳で第3子を出産。それから12年。母は自分のこうした経歴を時々私に話してくれます。「中学の頃に戻りたい。そうしたらちゃんと勉強して高校に入ったのに」とか、「大学のときにもう少し単位をとって学芸員の資格とればよかった」とか、後悔の言葉ばかり。そうして最後に決まって、「私みたいになっちゃだめ。妥協だけは絶対にするな」。そうやって育てられてきたから、私は妥協が嫌いです。「これくらいならまあいいか」なんてラインは存在しないと思うのです。頑張れば頑張っただけ上にいける気がします。「できる限り頑張ります」っていう言葉が嫌いです。「できる限り」なんて最初から限界を決めてるから。それってつまり自分が「できる」と思っている範囲を超えることは最初から諦めるってことじゃないですか。自分が「できる」ことの限界は確かに存在します。無限ではない。でも限界は常に変動するものだし、たとえできなかったとしても最初から

めざせ鉄人!

こんばんは、山川です。 もう三月。 今年度もあと一月になってしまいましたね。あっというまに過ぎた一年を振り返ってみると、よく怪我したなぁと思います。はやく保険請求しなきゃ 今年の目標の一つは大きな怪我をしないこと。 もちろん避けられないような怪我もないことはないのだろうけど、去年の怪我は避けられた怪我、軽傷で済んだはずの怪我が多かったと思う。 無理してやって悪化とかもあったけど、カバーが遅くて衝突→骨折とか、セカンドへの反応が遅くて衝突→ニクバとかサッカー的に避けられたはずの怪我も多々…情けないっすね とりあえず今シーズンは今のところ無事にやれているのは良いことかなと思います。 この先も筋トレで強い肉体を作って怪我なくやれればと思います。 話は変わって…早く貧血治したいです。 鉄剤を飲み始め三日。 完治はまだまだ先でしょうが、もしこれで人並に走れるようになれたら、サッカーが全くかわるんだろうなぁって変に希望もっちゃったりしてます。 とはいえ自分の課題が体力だけじゃないのは百も承知。練習→反省→試合→反省→練習の繰り返しでレベルアップしなきゃです。 とりあえず土日の試合、先週の悔しい惨敗の反省を活かし絶対勝つ! 走れるようになった暁には、血液検査を勧めてくれた浅井さんを神とあがめようかと思います。 新二年CB山川剛

目的と手段

来週の合宿では道喜さんほか数名と同じ部屋になった韓国代表右サイドバックの名でお馴染みの僕ですが、花粉の影響を僅かながら受けている実感はあります。あと何年かしたら耳鼻科にお世話になるんでしょうか。有山が必要以上にテンション下げて部室で寝泊まりするのを見るだけでつらいものがあります。 名前(呼び名)というのはその人物に対する認識の表れでしょうから、多少のストレスは感じながらも向き合っていかなければならないのは仕方ありません。後輩から面と向かって呼ばれていないのが救いです。 ここで、ひとつ前の投稿に突っ込みを入れておくならばヨードゥリトは無理矢理すぎです。あと新歓期にこのような極端な内輪ネタをやるのは一般の正常な感覚を持った新入生に引かれる恐れがあるのでお勧めできません。 さて本題です。オフが始まってからの自分の取り組みを評価し、今後の短期的な目標を設定する作業を近ごろ行いました。詳細は割愛しますが、その中に4月までに体重を60kgまで増やすというのがあります。しかしこれは本質的には目標として不適当でしょう。 何が言いたいかというと、体重の増加は当たり負けをなくして対人に強くなるという目的を達成するための手段の一つに過ぎないということです。手段が目的にすり替わってはいけません。 結論を述べると筋肉つけろってことです。結果として体重が増えれば万々歳ってだけのことです。そういうわけで要らないプロテインシェイカーがあったら家で使うので下さい。 それと合宿中、夕食後暇な方は食堂で簡単な仕事を手伝ってくれると助かります(大薗が)。 新3年 鈴木宏樹

あれから1カ月

こんにちは。道喜です。 最近の心配事と言えば春合宿ですね。やっぱりクロカンやるのだろうか、オフはあるのだろうか、楽しい部屋になるのだろうか、東野が部屋でうるさすぎて寝れなくなるのだろうか、じゃなくて、静かすぎて虚無感を感じないだろうか。 まあこんなことは覚悟の上でありまして、心配なのは花粉ですね。今年は去年の5倍だとか10倍だとか、去年でさえ春合宿では鼻が詰まって寝れなくなったりしたのに、今年はどうなることやら。まだ自分は軽い症状しか出てないから、森元だとか有山だとかはさぞ辛いんだろうなと。こうなったらグランドの端にボトルと一緒に箱ティッシュ置いといてあげてもいいんじゃないかと。マスクしながら練習してもいいんじゃないかと、心肺も高まることだし。(そういえば高校の時、先輩でマスクしながらロングランしてた人いたけどストイック過ぎて意味わかんなかったな。) とりあえず、ヨーグルト食べるだけでも花粉対策していこう。今のところ同部屋で花粉症らしき人は広川だけだから広川にだけヨーグルト買ってあげよう。ドゥリにはヨードゥリト買ってあげよう。(そういえば、この前の練習中に「ガッツリ、ドゥリ!」って聞こえた時はさすがに吹いたな。) ドゥリごめんね。でも新入生がある程度ア式に馴染むまではア式も国際色出していってもいいかな。 そんなこんなでシーズンインから1カ月が経とうとしています。先輩からは4年はあっという間だぞと言われましたが、その通りこの1カ月は早かった気がします。 年をとるにつれて時間が早く進むと感じるのは、新しい経験が少なくなってくるからだと言われています。ア式の仲間との時間をより長く感じるためにも、これからは常に新しいことを経験していきたいと思います。かの有名なドラッカーさんの言葉 「昨日を守ること、すなわちイノベーションを行わないことのほうが明日をつくることよりも大きなリスクを伴う。」 これを心に留めて歩んでいこうと思います。 とりあえずもっとうまくなりたい。今日も練習がんばろう。 新4年 道喜開視