投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

おかえりとよだくん

イメージ
最近思うこと。お好み焼きを食べたときのみんなのリアクションが薄くなってる。  最初は「え!うまくねこれ!」な感じだったのが今では「うん、うまい」  まあ東野が「こいつのお好み焼きゆーてうまいで!」みたいなこと言ってくれるしよしとしよう。ここからいつものように東野ネタを書きまくってやろうと思ったけど「俺心広いな」が口癖の東野がキレるのでやめます。ちなみに「俺よりおもろいやついーひんな」とかもしょっちゅう言ってます。  最近ア式にミスチル好きが多いことを知りました。いろんな人に聞いたけど、みんな好きな曲って違うんですよね。それだけいい曲が多い。  というわけでミスチルランキングBEST10!  もちろん時々刻々と変化するランキングですけどね。
【第10位】 I’ll be
生きている証を 時代に打ち付けろ 貧弱な魂で 悪あがきしながら
この曲はとにかく歌詞がいいですね。あのゆったりとして激しさもある感じもいい。ちなみにシングルバージョンのI’LL BE も好き。アルバムバージョンは曲が9分とかあるし、前奏は2分あるしでカラオケはちょっと歌いにくいかな。







【第9位】 to U
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら  人を好きに もっと好きになれるから 頑張らなくてもいいよ  今を好きに もっと好きになれるから あわてなくてもいいよ
Bank band

めっきり寒くなりました。

こんにちは。

四年生が引退してしまってから初feelingsです。
毎日当たり前のように一緒に仕事をしていたのに、なんだかすこしグラウンドが寂しくなった気がします。
でも四年生が変わらずグラウンドに来てくださるのはほんとうに嬉しいです。
らんさんが私服でグラウンドにいたのはいつものジャージ姿に慣れているせいか違和感がありましたが、、
あゆみさんから「四年生が引退したら半年くらい心にぽっかり穴があくよ」と言われていましたが実際そうなりそうです。さみしいです。

半年後と言えばもう新入生が入ってくるのですね。こんな未熟な自分の下に後輩が入ってくるとか考えるとから恐ろしいです。
もっと勉強して成長しなければ。筋肉の名前や略字のアルファベットを覚えるのが苦手とかいっている場合ではないですね。
新体制になり、新人戦期間が始まってからは練習や試合にATが1年だけとか、今日の産能awayがそうだったみたいにほとんどスタッフが1年だけだったりすることが増えました。
四年生にATはいなかったので実質ATの人数は変わらないのですが、そういった機会が増えたことで仕事に今までとは違う一面がまた見えてきました。
まわりに注意を払って見ていれば自分のできることがみつかるはず。
わかっていても難しいです。一つのことをやっていると他のことが見えなくなってしまうのはわたしの悪いところです。
今何をすべきだったのか、人に言われるより考えて自分で気づくことが一番の成長になるのだと思います。
新人戦が終わるまでに自分の中にプラスの変化がみられるように、それを目標に練習に参加していこうと思います。


1年AT 石井瑞妃



2011 11/26

どうも、新シーズンの主将に就任した古賀久善です


もう長尾が書いたことに共感、納得してしまい
迂闊に下手な日本語で真面目なこと書けなくなったし
さらに東野が一人漫才をかましにかましたんで
迂闊に面白いこと書けなくなってしまった・・・

そんなことはどうでもいいのだが。




このオフ自分は福岡に帰った
関東決定戦を見れなかったのは残念だが
そのかわりに九州1部の大学サッカーリーグ戦を見てきた

九州産業大学VS宮崎産業経済大学

実力的には関東2部くらいのチーム同士の試合だった思う
どちらの大学にも中学の同級生が居たが、試合には出れてなかったのは残念だった

結果は3-1で宮産の勝ち

この試合を観戦していて印象に残ったのは
宮産の「守→攻の切り替えの早さ」

友達も出ていないし、知ってる人も少ないので
自分が一緒に中盤のプレーヤーとして戦っているというイメージで見ていたのだが
これがほんとに早い

相手に自陣ゴール前まで攻め込まれる
もちろん中盤の選手も下がって守る
そして例えば相手のセンタリングをGKがなんとかキャッチして相手の攻撃が終わる。

「ふぅーナイスキーパー」
となっていたのは見ていた自分だけで、
宮産の選手達はGKがキャッチした瞬間、攻撃に頭が切り替わっているのだ
イメージ的にはなるべく前のフリーの選手にボールをつける
という11人の共通意識があるように感じた
相手の攻→守の切り替えよりも早くポジションを取り、GKがSHなどにすぐにつける
ゴール前まで下がってた中盤が駆け上がり、DFラインも素早く上げ整える(SBも全力で駆け上がることも何度か・・・)

その時点でボールはセンターライン付近まで運べて、
相手は戻りきっていなくて特に中盤では数的優位になっている
そのまま速攻でもいいし落ち着かせて遅攻でもよしの状態が出来上がる
(あー日本語下手)

もちろんゆっくりGKが落ち着かせることもあるし
書くのは簡単でも実際やるのは相当の体力や全員の共通意識
個人技術、GKの技術・判断などが必要だと思うが
実際にこの形で何回か数的優位のままシュートまで行く形があって
これやってみたいなぁと思った

久保さんや三浦さんがいなくなった今年は
一発のパスで一人が抜け出るカウンターっていうのはほとんど出来ないだろうから
この、切り替えの早さによる人数をかけたカウンターみたいのを出来たらなぁ
み…

2回目!!

お久しぶりです。まあ、2回目なんですけどね・・・とまあブルック風な突っ込みから入ってみましたアキホです。ぶっちゃけ東野さんのがおもろすぎてなんか難しいんですよね。

今日は駒場祭でした。昨日から具合悪くていけないかなと思ってたけどアクエ飲んで寝まくったら昼ごろには動けるようになっていたのでそっから行ってみました。うちのクラスは店だしてないのでとりあえず友人探しの旅に・・どこのクラスも楽しそうでした。ホント日下の気持ちがわかる1日でした。あとやっぱテニサーは空気違いましたね。俺にはついていけないぐらいテンション高かったですよ。カカロットを見つけた時のベジータちゃうんかっていう言葉がなぜか今思い浮かびました。これぞ今を書くfeelingsなのかな。

ちゃうんかって最近よく聞くけどなんで関西人は関西弁を全面的におしだすんですかね。俺とか九州弁と山口弁のhybridですが(hybridって使うだけでなんかかっこいいきがするー実際はただの田舎者なのにー)あんま方言使わないようにしちょうっとに。でも実際不思議ですよねーー別に文句言ってるわけではないのであしからず。

ほんまおもんないですね秋穂のfeelingsは・・ていうかこういうの昔から苦手なんですよねーー。小学校の夏休み課題とかで読書感想文とかあるけど家族に見られては笑われてましたからこんなもんやと思いますよ俺の実力は。

ほんとみなさん拍子抜けだとおもってますよね

でもこの「拍子」っていう言葉実はサッカーにも通ずるところがあるんすよね(ちょっと強引)。拍子というのは実は日本文化特有の言葉で横文字でいうとリズム、テンポ、タイミング、サイクル、バイオリズムといった意味のすべてを含むことばである。かの五綸書の中でも兵法の拍子の事というタイトルのとこがあり、それによると道によって内容は変わるが何事にも盛り上がる拍子と衰える拍子があるらしい。

サッカーで考えるとまず走ることに関して人は一人として違う時点で人は特有の拍子を持ってることになるだろうし好不調の波も拍子といえるだろうし審判のジャッジも拍子だといえるだろう。メッシはほかの人と走るリズムを変えることによりあんなにドリブルで人をぬけるんだと思うし怪我するまであんなに活躍してたトーレスが今あまり調子よくないのも拍子だといえるだろう。

ここで自分のサッカーに話を変えたいと思う。自分は…

西野解任!?橋本退団!?フロントあほちゃうか

こんばんわ。
電車から降りようとしてくるとき訳も分からず後ろからあたってくる奴何なん?でおなじみの東野です。
まあ満員電車から降りるときとか、乗り換えで急いでんねやったらしゃーないけどさ。俺がこのシーンに遭遇するんはそんなこんでない電車から降りるときで、しかも当たってくる奴はやたらあたってきて急いでんのかと思ったらそのあとタラタラあるいてやがる場合がまーーー多い。マジ謎。勘弁して。



いやー、パクったな。すいませんイリさん。
でも「何なの?」を「何なん?」にしたから、盗作じゃなくてアレンジですねこれは。うん。。
なんで盗さ…じゃなくてアレン……いやまあぶっちゃけ盗作をしたかというと、文才のない俺でも盗作しまくればそれなりの文章になるということが前回のフィーリングスで分かったからです。
ようはイリさんのこのくだりが好きだったということです。
まとまってねー



話を変えよう。
フィーリングスか。。今感じていることか。。。
今感じていることはいろいろあるな。
帰り道に部荷物のヤカンを持ってトコトコ歩いてたらリーマンに爆笑されてマジむかつく、
とか
レポートやばい、どうしよう…
とか
芦田愛菜ってこんな愛想笑いしててつかれへんのかな、顔ひきつってるで…
とか
その点鈴木福の笑顔は自然でいいな!
とか
しょーもないことばっかです。
そもそも今というのは一瞬なわけでその間にいろんなこと同時のこと考えてんのか俺、いやっちょっと待てよ、やっぱ今というのは一瞬じゃなくて……
なんていう深い考察はあほな俺にはできないのでやめます。



でも、今一番感じているのは明日の早朝バイト遅刻しそーってことです。(そんなことかい!!)
最近遅刻多くなってきてさすがにこの間ちょっと怒られてしまった。反省。
ちなみに早朝バイトはまいばすけっとってことでやってます。
同僚はおばちゃんと東大生と怖い女子大生と片山です。
片山とは仲良く一緒に応募しよーっとなったわけではなくほんとたまたまです。
正直ちょっと気まずいです笑
いや仲悪いとかそんなことではなくてさ、みなさんも想像してみてくださいよ。
中学以来の友だちと一緒に糞真面目にいらっしゃいませーとかまたお越しくださいませーとかいうんですよ。まあ恥ずかしいですよね。



つまり俺はスーパーのおばちゃんをしてるわけです。つまりじゃないけど。
てことでせっかくなんでみなさ…

頑張って書いてたらもうこんな時間になった

最近めっきり寒いですね。やっぱ冬と言えば選手権の季節ですね。 後輩は結構前に負けたようですが、選手権の出場校も決まってきてワクワクします。高校サッカーってほんとにアツいですよね。あの音楽を聴くと胸が騒ぎます。 やっぱいまんところの大ニュースは前育が負けたって事ですかね。高校時代、一回だけ試合したことがあるんですが、早く終われと思った数少ない試合です。小島とかめっちゃうまくてほんとやめたくなった。あと、センターバックがU字工事にすごい似てた。群馬なのに。 あと、冬と言えば受験の季節ですね。暁星の後輩が何人か受けるようで、受かってくれればいいなあと思ってます。 では、今回は長く書くことが目標です。頑張ります。

さて、自分の前回のfeelingsを読んでみた。 ジュビロはいまも定位置に収まったままだ。前田さんも今年は得点王をとれそうにない。まあ二試合連続でハットトリックとかすればわかんないけど。 なんかねー、ジュビロは勝負弱い。ここで勝って欲しいってとこで負ける。だからこそ応援しがいがあるのか。 考えてみると僕の好きな選手は、前は柳沢、今は駒野と巷では叩かれる選手だ。そういうことか。まあいいや。 でもこれだけは言っておきたいけど駒野の体力はホントにすごい。地味だけどめっちゃ走ってる。ウッチーの三倍は攻撃参加してる。クロスの微妙さもそれがゆえに目立ってしまうのだ。そしてウッチーみたいにすかしてない。俺もすかしてるとか言われないように頑張りたい。



話は変わるが、プロフェッショナルの本田特集。そのストイックさにはほんと感心した。あと、あの髪型絶対キッセイに似合うと思う。 で、その後number読んだら本田のインタビューが載ってて「1番じゃなきゃ意味ない」って言ってた。まあこれはスポーツの世界で成功してる人からはよく聞く言葉だ。 やっぱ成功してる人はそういう考えなんかなあと思いながら、書籍部に行ってサッカー雑誌でブッフォンのインタビューを読んだら「スクデット?まだそんなこと言えないさ。たしかにうちは今季調子いいけど、インテル、ミラン、ナポリに比べれば戦力は落ちるからね」みたいなことを言ってて驚いた。 今季あんないい位置に付けてるのに優勝狙ってないのかよ、てかまず本田だったら今季の調子とか考えずに優勝って言うだろ、とか。 まあ、いろんな考え方があって良くて、一貫した姿勢をとれるかどうかが大事なのかなと思った…

引退していちにちめ

おつかれさまです。
今日の夜は御殿下にて成城との練習試合でした!
野中くん蒔田くんのラストゲームを、
鈴木康平くんのラストリハビリを、
観に行ってきました。
まあお昼寝してて野中くんの試合は見れませんでしたね
ごめん野中くん。あれでもめっちゃ走ったんだ。

昨日の亜細亜戦でわたしたちは引退しました。
勝って終わってほんとよかった。
三浦くんのゴールが入って泣きそうになって、
試合終了の笛で完全に泣きました。
勝ったのは嬉しかったほんとうに。
でも毎日のように一緒にいた人たちに会えなくなるのはかなりさみしい。
なぜだかわたしは東大生ではないのでア式がなくなると全く会わなくなります。
4年間のア式生活で、ほんとにかけがえのない、大切な仲間に出会えました。
同期にはもちろん、先輩後輩にも感謝しています。

思えば1年生の時サッカーがすきってだけで入部し、ア式のことなんてなにも知らなかった
おじいちゃんがLBなのは入部してから知ったんです笑
でも今までスタジアムで見てきたサッカーをこんなに間近で見れて、
しかも自分の関わっているチームがあるということは本当にしあわせなことでした。
そして素敵なひとたちにも出会えました。

先輩たちは、あたしが4年になってからも面倒みてくれました。
feelings書いたときや試合前後には必ずメールをくれました。
悩みがあれば聞いてくれて、ご飯に連れて行ったりしてくれました。
先輩たちがいたから4年になってもがんばれました。感謝してます。スタッフ会、たのしみです。

後輩たちにも何度助けてもらったかわかりません。
特にモチベーションビデオ、マッチデープログラム、ダンマク、
わたしはやりたいこと、いっぱいできました。楽しくア式生活送りました。
後輩のおかげです。ひとりじゃできませんでした。
迷惑いっぱいかけたけど、仲良くしてくれてありがとう。
後輩スタッフだけじゃなく後輩プレイヤーのみんなも
50mもあるダンマクを汗かきながらはってくれたり、
その他のことでもいろいろ無理なお願いをしてきたんじゃないかなって思ってます笑
すみません。ありがとうございました。

そして同期。
もう言いたいこといっぱいある。書ききれない。
でも本当に感謝してます。ほんとうに。
最初は全然仲良くなくて、プレイヤーの中で話すのなんて久保くんと太田くんくらい。
それもたまーーーに…

寒いですね・・・

前回初めてfeelingsを書いたとき、次の日部室で卓間に会うなり

「feelings短くね?」

と言われたので少しは長く書こうと努力してみます。





と書いてはみたものの、何を書こうかと考えても自分が普段なにも考えていないことを再認識してしまうだけのようです。

これは練習中にもよく思います。

例えば負けが続いてるミニゲームの合間の話し合いとかでも
先輩たちの話をきくだけで
自分の意見がいえない、というか自分の意見をもってない。

やっぱり普段のプレー中に何も考えてないからだな・・・

もっといろいろ考える習慣をつけないとずっと下のチームのままだ・・・



とかネガティブなことを書いてみたけど実は最近の練習はすごく充実してて

練習終わるたびに、今日も全然走れなかったとかミスばっかりだったとか
いろいろ落ち込むけど、不思議と次の練習が楽しみで

明日からオフになるのが残念なぐらい。





とまあ昨日終わった関東大会については触れずに書いてみたけど

一番言いたいことはやっぱり
4年生の皆さん本当にありがとうございました
という言葉で

4年生は全員尊敬できるという言葉がぴったりな人ばかりでいなくなると寂しいけれど
そんなことばっかり言ってられなくて

来年こそは関東へ・・・


そのために個人がするべきことは全員がトップチームに入るために本気でがんばること。


今日も気持ちよく勝っていいオフをすごしましょう!




結局全然長くないな・・・





  学連に決まった  一年 FW  三澤 龍志

別れと始まり

悲しい 虚しい つらい
別れたくない
離れたくない
やめないでほしい

まだ自分はなんの恩返しもできてない

ただただ苦しい


卒業していく先輩なんか今までもたくさんいた

ただこんなにも激しい感情は抱かなかった

優しくしてくれたから
尊敬してるから
大好きだから

だからこそ悲しい

もうそんな先輩たちは引退してしまう

失敗しても後始末してくれたり
励ましてくれたり
後ろから優しく支えてくれる先輩がいなくなる

自立
成長
そしてそのための努力

それが必要

先輩たちが心配しなくてもいいように 

先輩たちが目標じゃない


先輩たちを超えることが目標

手始めに新人戦で優勝しましょう


         松田裕生





たとえ明日世界が滅びようと君は今日林檎の木を植える

今日はお疲れ様でした。そして、4年生の方々は4年間お疲れ様でした。長かった秋季も終わってしまいました。あと1週間続いて欲しかったというのは全員が感じていることだと思います。

でも、よく考えたらもしかしたら3週間前に終わってたかもしないんですよね。勝った試合が1つでも引き分けだったり、引き分けた試合が1つでも負けだったら、関東大会には進めなかった。

そんな状況を乗り越え、関東大会に進んだからこそ得たものはそれぞれあると思います。4年生と3週間長くいられた。volareを使って練習できた。点を取った時の喜びを3回多く味わえた。勝つ喜びを1回多く味わえた。・・・

何が言いたいかというと、人間ってめんどくせーなっていうこと。人間は、結果が悪いと必ず後悔が残る。全力でやったから悔いはないとかっていうのはありえない。もっと悪い結果だった時を考え、得るものはあった、いい結果だった、後悔はないとなることはない。

では、後悔しないためにはどうすればいいか。結果を残すしかない。人間は結局そんなシビアな生き物だ。

3年生は来年、2年生は再来年、1年生は3年後、後悔せずに引退できるだろうか。つまり、関東2部に昇格し、そこでも通用するようなチームになっているだろうか。もしそうなれば、4年生の方々が持っているであろう後悔も、そんな後輩を育てたという結果が得られることにより、少しはなくなるのではないか。さらには、今のア式を作ってきたLBの方々の気持ちに応えられるのではないか。それが、4年生の方々にできる恩返しであり、伝統を受け継ぐっていうことだと思う。
結果にこだわる。

最近

の一押しといえば、吉高由里子である。
月9で毎週輝きを放つ彼女の魅力はどこにあるのだろうかと考えてみた。
そしてたどり着いた結論はというと・・・・・・・・


そう、あの舌っ足らずな声の可愛いさだと思う。
確かに顔もとても可愛い。しかしあの声が顔の可愛さを何倍にも引き立たせていると思う。
我の強そうなあの顔からあの声が発せられるギャップがまた良い。うんうん。


・・・ こんばんは。中川です。



また最近思っていることはというと、mixiニュースの「結婚できなさそうな女性の性格9パターン」とか、「女性が男性に求める恋人の条件9パターン」なんていうコラムって、そんだけパターンあったら大体の人当てはまるだろ!と思いつつも、面白いからつい読んじゃうんだよな~ って事とか、そろそろtwitterを始めないと情弱になりそうだなって事とかです。


・・・・・・う~ん絶対まずいなこのクオリティは・・・笑。4年生の引退試合の前日のfeelingsというプレッシャーに完全に負けている。





ネタもないので真面目に最近の自分のサッカーについて書きます。

今自分はとてもサッカーが面白い。それは今シーズン通して言える事だけれども、自分が成長していると思うし、自分の足りない部分を考えては埋めていき、また考えては埋めていき、っていう作業の中で自分に人に負けない長所を見つけられる瞬間があるからだと思う。毎日が本当に面白い。オフなんて正直必要ない。


なかなかA練に戻れないし、思い通りにいかないことも多いけど、自分のポテンシャルを信じて、こんなときにいかに自分に厳しく、かつサッカーを楽しめるかが大切だと思っています。


亜細亜戦、勝って終わりましょう!

ではでは。


薬の福太郎でバイトする広川に遭遇するのが最近楽しみな
2年 MF 中川雄貴

経営統合から学ぶ

2011年10月5日、世界は偉大な天才を失った。
彼の首尾一貫したポリシーは少々相容れない人も多く、紆余曲折を経たが、最終的には時代を転換させる新たなプラットフォームを世に根付かせた。

その発明家の生み出したプロダクツを利用している一人として、追悼の意を表したい。


3年FW 川瀬

-----

氾濫する情報の中、いかにして必要な情報を取り出すか。
現在の社会においての重要な課題であると言える。

 テレビをつければ一日中何かしらの番組がやっていて、ネットを開けばすぐにニュースが見れる。
TwitterやFacebookなどのSNSの台頭で、自分のTLにどんどん情報が流れ込んでくる。
漠然とTLを一から眺めて情報を得た気になっていても、雑多な情報があまりにも多く、情報の質が低下してしまう。

-----
◆必要な情報とは?
-----

それはそれぞれ各自がよく知っているはずである。

-----
◆どのように抽出すればよいか?
-----

てっとり早いのは、「検索機能」を活用することだろう。
自分の情報源に対して、どんな情報が欲しいのかはっきりしている場合、検索してやればいい。
例えば過去にしたあるメールを探そうと、受信ボックスやフォルダなどを一つずつ見ていくのはあまりにも労が大きい。
差出人や本文検索で目的のメールは一瞬にして見つかることができる。

-----
◆どんな情報かはっきりしない場合は?
-----

どんな情報かはっきりしない場合でも、だいたい自分の興味あるカテゴリーははっきりしているはずだ。
そんな人にはGoogleリーダーがおすすめである。
興味のあるブログやサイトのフィードを登録すれば、それらの更新情報がタイムラインとなって見ることができる。
登録するフィード元を、イノベーターやアーリーアダプターに限定すれば、質の高い情報が得られるだろう。
iPhoneなどを使っている人はReederを使うと大変見やすい。

-----

雑踏に紛れた光を探すことは、自分が「どうしたいか」という意思を持ってさえいれば、簡単なことなのである。

 -----

さて、本題に入るが、11月7日にNHN Japan、ネイバージャパン、ライブドアの3社は2012年1月1日に経営統合することを発表した。
ゲームのNHN Japanポータル/メディアのlivedoor検索/SNSのNAVE…

The Last Massage 〜海魚〜

こんばんは
TSUTAYAでDVD借りる時、わざわざ男の店員しかレジに
いない瞬間を見計らって並んだのに、呼んでもないくせにヘルプに来て
「お並びの方こちらのレジにどうぞ」ってどや顔して言う女なんなの?
でおなじみのfired fishこと鈴木康平です。

あと棚に戻す役を女にやらすのは本当にやめて。
あれは客への嫌がらせなのか、店員への嫌がらせなのか
それとも店長の趣味なのか…
とにかく得する人が誰もいない。
客は変に見栄はって本当に借りたい作品が借りれず
店員もなんかいたたまれない気持ちになるだろう。たぶん。。。
マジでどうにかして欲しい

この文章は  フィーリンクズの提供で  お送りしました
ここからは  フィーリングスの提供で  お送りします

というわけでここからは下を見ず、上を向いて書こう♪

前回のフィーリングスはさんざんな言われようでした。
同級生、後輩、そして保護者からもあれで最後のフィーリングス?
笑わせんじゃねーよ的な意見が続出してもう困っちゃったね。

なのでもう一度フィーリングスを書く機会が貰えたことが素直に嬉しいです。
そして道喜までフィーリングスが回らないのが少し悲しいです。
さらにこのフィーリングスが4年生最後であることがギガント恐ろシスです。

やっぱ4年の最後となるとプレッシャーが違いますね。
ここから先の内容が全然思い浮かびません。
さっきからDeleteボタンの使用回数が半端じゃないです。

まあ書きたいことは山ほどあるんですがそれを文章にするのはやっぱ難しい。
俺、文章で笑い取るの苦手なんだよ〜
てか実験で寝てねぇし〜 明日練習終わってそのまま山中だし〜
なんか野中の話になったのでここで一つ彼の秘密をばらしたいと思います。

野中は     ジャンケンで     チョキしか出さない

ただし、まれにグーも出します。これがまれにパーだったらまだ救いようが
あったんですが、よりによってグーなので救済は不可能です。
この発見がおもしろ過ぎて何人かにバラしたところ
ジャンケンにおける野中の勝率が急激に落ちました。
てかゼロになりました。
「あ〜もう最近全然ジャンケン勝てね〜 もう10日間勝ってねぇし〜」
 って嘆いてる姿が印象的でした。
てか10日も勝ってない時点で気付けよ…
そんなん普通にジャンケンしてたら有り得ないだろ… 

野中ごめんね(…

関東大会入れ替え戦第2節

今日はお疲れ様でした。
雨も降っていましたし、体調に気をつけてほしいと思います。
あんな遠くで、さらに雨まで降ってくるなか、応援の方もたくさん来てくださっていました。
ありがとうございました。
こんなたくさんの方に支えられて、ア式はいまここで戦っているんだと考えると涙がでました。
グラウンドで走る姿と、本気で応援してる姿とか、見れない人もいると思いますが、だけどいなくてもア式を応援してくれる方はたくさんいると思います。
来れない人の分まで、選手を応援して、最後のこのメンバーを目に焼き付けます。

最後のFeelingsなんですが、
今考えることは
とにかく
亜細亜に勝つこと。

4年MG小林

それども勝者はひとつ

雨なう。ついにやってしまった。「なう」デビュー。完璧。 何を隠そう今までこの「〜なう」という表現をつかったことはなかった。 まああえて使わなかった理由はとくに無かったけど、本当はめちゃくちゃ使ってみたかった。
なう、即ち今という言葉に関して昔から気がかりにになっているやつがある。 「今を生きる」とうフレーズである。 なんか響きてきにかっこいいが、ぶっちゃけよく分からん。 それはどういう状態なのか。どうやったら実現できるのか。 閃光少女的な感覚なのか。
(似たような言葉として「人もボールも動くサッカー」という言葉がある。 人もボールも動かないサッカーってあるのか。 けどいいチームは人もボールも動いているような気がする。 なんかそれっぽい言葉。)
今を生きるという言葉。
ちょっと前マンガをよんで共感できるものがあった。 『今という瞬間は今の「い」も言い終わらぬ間に過去になる。  一瞬先の未来こそが「今」。  一瞬後の未来を見据えてこそ今に間に合わせていける。』
『今を制して、次の瞬間に思いを馳せる』
『過去にも未来にも寄りかからず今のど真ん中の繰り返し』
といった内容の事がかいてあった。
深いいーー。
PS. 今日のプレゼンの笑いから判断すると明日は勝てます。データ的に。

ボタン式自動ドアの前にボタン式だと気づかずに 2秒くらい突っ立ってたときの恥ずかしさは異常だと思う 三年 入松川知也




漢字

相対的に見て、僕は上手くなっていない。思うように変われていない。

一人でいると、そんな思いが募ってくる。 わかっている。それは努力が足りないからだって。自分が甘いからだって。だから、続けるしかない。頑張るしかないんだ。


こうした問答がぐるぐると繰り返される。それが、最近の自分。 泥沼に浸かってしまって前へ進めないし、正しい進路もわからなくなるときがある。焦りや不安がいつも両肩にのっかっていて、首が回らない。周りを見る余裕がない。
ときには、あきらめがそっと顔を出して僕に手を差し出してくるから、その手を振り払うので精一杯。


ネガティブなことをただ漠然と考えて思考を止めてしまう。 あぁまた僕の悪い癖が出ているな。止まっちゃだめだ。

そう思っていたとき、あることが頭をよぎった。数か月前に知ったある事実。

      『「一」度「止」まることは「正」しい』ということ。

進めないことにいらだちを覚えていた自分をいさめるかのような言葉。大切なことは足元にあり、そこに今一度目を向けることが大切だということを教えてくれる言葉。

僕は人生初、漢字一文字に励まされた。
自分の能力に自信は持てなくても、この状況には悲観的になる必要はないのかもしれない。停滞しているということは、むしろ、スムーズに進んでいるときには見落としてしまう大切な何かを見つけるためのチャンスなのかもしれない。
足元が固まっている人の方が大きな推進力を得られる。そして、ここのところ地団駄を踏み続けてきた僕の足元はもうすぐ固まる。そしたらきっと僕は大きな推進力を持って前に進めるはず。

結局は、そう。今やっていることを信じて続けるしかない。


1年MF 三浦章太