2017年3月6日月曜日

上等

ア式に入部して10ヶ月ほど経った。しかし2回の骨折、2回の捻挫で計4ヶ月ほどプレイできていない。オフを考えると5ヶ月しかサッカーを満足にやれていない。高校3年間でした以上の怪我を今年1年でしてしまったことは非常に残念だがもうこの時間を取り返す術はない。怪我をしている時に考えることは常にマイナスの事になりがちだ。友達のサークルでの楽しそうな話を聞くたびになぜ自分は筋トレばかりしているのかという考えに苛まれる。福田さんがよく話される機会損失の話はまさに自分の悩みを代弁している



 つらつらとマイナスの事ばかり考えてしまっているがそれでも僕はこの部活に所属する。それはこの部活に入った動機をまだ忘れないからだ。高校1年の夏、3年生の二次予選進出をかけた試合での勝利以上に嬉しかったことはない。自分の代でも二次予選を成し遂げたかったが不甲斐ない負け方をしてしまったのが今も悔しくてしょうがない。この悔しさを晴らしたいという初心が今の原動力となっている。



 怪我をする度にマイナスの考えに陥ることはどうしようもないことだ。だとすれば克服する方法さえ身に付ければ怪我も有意義に使えるだろう。初心を忘れずにとよく言うが本当にその通りである。そして怪我から復帰する度にサッカーの楽しさを思い出すのだ。そして、こう思う。機会損失上等と。




1年 満永

0 件のコメント:

コメントを投稿