2017年8月4日金曜日

誇れること

運動会の他部の同期が引退しはじめた。そういう話を聞くと、3月後に迫った自分の引退のことも自然と考えてしまう。




大学に入学したとき、高校までで一生分のサッカーをしたつもりだった僕は、ア式に入るつもりなどまったくなかった。大学ではサッカー以外の何かを頑張ろうと思い、新歓期には色々回ってみた。しかし、これなら4年間頑張れそうだと思うものは見つからなかった。大学生の貴重な4年間をぐーたら過ごすのだけは嫌だったので、おそらくある程度は打ち込めるであろうサッカーをとりあえずやることに決めた。



6回活動があるこの部活での毎日はたしかに充実している。少なくともやることがなくて暇、ということはない。たしかに充実はしているが、この部での3年半の間に、果たして何かを成し遂げただろうか。



1年生のときは肉離れ、骨折と怪我をしてしまい、1年間でサッカーをやれたのは3ヶ月しかなかった。部の成り立ち方などまだ知らないことだらけだったので、運営面でも何もできなかった。チームも1部から2部に降格してしまった。


2年生のとき、リーグ戦に出られるような実力はなく、ただただチームを応援することしかできなかった。チームは1年で1部に復帰したが、お世辞にも貢献したとは言えない。


3年生のとき、少しずつ試合にも出させてもらえるようになったが、結局18試合2勝しかできず、再び1部から2部に降格した。




4年生になった今季、いまのところ9試合で243分の6位。個人としても0ゴール1アシストとチームの勝利に貢献できていない。試合に出させてもらっている以上、勝つことが求められる。いくらいいプレーをしても勝てなかったら意味がない。




残りの3ヶ月で何かひとつ胸を張って誇れるようなことをして、笑って引退を迎えたい。



4年 服部直弘

0 件のコメント:

コメントを投稿