脱・卒なく

 入部してから約1年半が経とうとしている中、初めてのfeelingsが回ってきた。自粛期間に主将のfeelingsを読んで、自分が足りないものにちゃんと向き合い、行動に移せていなかったこと、そしてサッカーのない自分が、日々がどれだけ薄っぺらくて空虚なものなのかを痛感した。自粛期間から今までに感じたことを拙い文章ですが書きました。


都内の新型コロナウイルス感染者数は減少傾向にあり、多くの方々の尽力のおかげで都リーグが開催されることとなった。しかしながら、育成チームにいる自分はリーグ戦のピッチ上にもベンチにも居場所はない。リーグ戦に絡めるレベルまで達していないのが現状である。公式戦で闘える選手になるべく、弱点を無くし、武器を伸ばしていくために努力しなければならない。


自分とトップの選手の差を大きくしているのはウィングに最も求められる個の力だと思っている。短い期間だったがAにいた頃、武器だと思っていた攻撃でも違いを生み出せないことを実感したし、弱点である守備でも大きな差を感じた。その後は、穴埋め要員としてAの練習に混ぜてもらったこともあったが行動を変えられた訳でもなく、通用しないことに変わりはなかった。



自粛中、色々と考えることがあった。自分にとってサッカーとは何か、このままサッカーばかりやっていていいのか、将来何をしたいのか。サッカーのない生活を送る中で自分の空っぽさにも気付かされた。


でもやっぱりサッカーが好きだ。夢中になれること、真剣勝負ができる環境があることは人生においてとても大切だと思う。だからこれからもア式でサッカーを本気でやって行こうと決心した。




自粛期間中、自分の弱点は何なのか、自分の武器は何なのか改めて考えることができた。Aに上がるために、そして公式戦で闘うために、Aの選手と自分との差を大きなものとしている個の力を改善しなければならない。


守備では、かけるべきではない時にプレスをかけて穴を開けてしまうこと、一発で行ってしまい簡単に躱されること、主体的にプレスをかけ始められないこと、抜かれることを恐れて相手に圧がかかっていないこと。


これらの課題はどのポジションであっても改善しなければいけないことだと思う。
でもそれ以上にウィングというポジションである以上、世界のトッププレーヤー達がそうであるように質的優位をもたらせる選手であることが必要不可欠だ。



しかし現状、自分はトップチームレベルの相手ではなくても圧倒的なプレーをすることはできていない。



「卒なくこなす」



自分がときどき言われることだ。正直、どんなこともそれなりに卒なくこなせる自負はある。でもそれはピッチ内外問わず不十分だと思うし、平凡で特徴のない人間だと言われても仕方がない。



相手を完全に抜き去るドリブル、決定機を作り出すスルーパス、どんな場面でも決めきるシュート、相手を置き去りにするスピード、当たり負けをしないフィジカル、相手を出し抜くアイデア。世界のトップレベルのウィングは少なくとも1つは誰にも負けない武器を持っている。


自分も何か一つでも自信を持って断言できる武器を磨かなければリーグ戦に絡むことなど到底できない。


自分を変えるためには行動を変える必要がある。頭で分かっていても身体が動かなければ全く意味がない。ことサッカーにおいて、それは顕著だ。思考はできているからそれを行動に移せばいい。字面では簡単そうに見えるが思考を行動に移すことはとても難しいし、勇気がいる。これからのプレーで、それを示して行きたい。もっともっと行動を変えて、もっともっとサッカーに情熱と時間を投資して、さらに成長して行きたい。





三笘薫のような推進力や局面打開力のあるウィングになるために。


凡庸な自分を変えて非凡なプレーヤーを目指して。



2年  箕輪 統


コメント

このブログの人気の投稿

先生、頑張り方を教えてください

強いチームに

今思うこと