2016年10月15日土曜日

あした


1016



東京都一部リーグ第18節 帝京大学戦



自分が、真剣勝負のサッカーの試合をする恐らく最後の機会だろう



何も失うものはない、持てる限りを尽くして全力で戦おう







なんてことは最後の試合に限らず当たり前のことだ。



最初っから失うものなんてなかったはずだ。



それなのに今年のリーグ戦で自分はどこか守りに入ったようなプレーに終始していた気がする。



残留争いのチームに負けられないとビビったのか。名門校やユース出身の選手にビビったのか。はたまた自分より遥かに成長する後輩たちにビビっていたのか。



いずれにせよ、小さなことに気をとられている小さなやつだったと思う。





あしたは情けない自分を変える最後のチャンスだ。



言われたことだけやり、ミスを避ける、そんなプレーで終わりたくない。小さくまとまるチームで終わりたくない。



それぞれが自分の得意なことで積極的に勝負してミスしたらカバーし合う。ごちゃごちゃしているけれど観てる人たちも、やってる自分たちも心の底から楽しいと思えるサッカーをしよう。



失うもののないやつらの底力を見せつけてやろう。





これが今の素直な気持ち。













不思議と落ち着いてる。あした良いプレーができる。そんなきがする。


4年 FW 長久保

0 件のコメント:

コメントを投稿