2017年1月18日水曜日

勝負強さ


20151stステージ無敗優勝し年間勝ち点二位になるもCS準決勝で負け年間順位3位。

天皇杯は9年ぶり決勝進出も決勝で負け

20162ndステージ優勝し年間勝ち点一位になるもCS決勝で負け年間順位2位。

私が応援しているチームはここ数年優勝争いに絡むもシルバーコレクターに終わり、勝負弱い、一発勝負に弱いと言われている。



ここぞというときに勝てる「勝負強さ」とはなんだろうか。メンタルが強い?運が強い?勝利への思いが強い?プレッシャーに強い?

選手の優勝への思いは強かったし、気持ちが足りないとか気持ちが優ったとかは結果論でしかないのかもしれない。でも結局、負けたら相手よりも勝利への思いが弱かったことにされてしまうのだ。



(ネットで見つけた言葉より)

勝負弱い人は勝負のときに過去の失敗を思い出す。心の逃げ道を作り恐怖心に負ける。

勝負強い人は勝ちを信じて今と全力で向き合い、それでもダメだったときの結果を受け入れる準備ができている。



負けても勝利への思いは強かったと自分で言えるくらい勝ちを信じないと、ここぞという試合で勝てないということなのだろう。





昨シーズンで一番悔しかったのは、後半3-1から3-4になり逆転負けした試合である。あのとき正直、恐怖心に負けた自分がいたこと、一瞬脳裏に最悪なシナリオが浮かんでしまったことを認めざるを得ない。勝負弱い人でしかなかった。最終順位表を見ながら、この試合に勝てていたら、、、と漏らしてしまう部員も少なくない。後悔先に立たず。



女子部の今年のリーグ戦の目標は「3部5位以上」である。

2014年 勝ち点13 4 / 2015年 勝ち点11 8 / 2016年 勝ち点7 9位)

昨年まで3位以上を目標としていたことから目標が低いと思われるかもしれないが、昨年の結果や主力選手の卒部を考えるとかなり高い目標ともいえる。毎年上位3、4チームが圧倒的な力をみせるため、その他のチームとの戦いが重要となる。つまり、ここぞという試合で勝ち切ること、勝ち点をもぎ取ることが大事だ。幸か不幸か3部は一番下のリーグなので降格することはないが、どこも最下位層を抜け出そうと必死であり簡単なことではない。



それでもここぞというときに勝てる勝負強いチームになりたい。



冬でもアイスは食べたい
女子部新三年 小尾 真里奈

0 件のコメント:

コメントを投稿