2017年5月26日金曜日

最近思うこと




最近は情けなさを感じてばかりです。







4年生になって就活が始まり、セミナーなどに行くとよく聞くのは、就活は企業が学生を選ぶ場ではなく、企業と自分のマッチングの場であるということです。このマッチングのために就活でよく聞くワードの企業研究や自己分析が必要になってくるわけで、要は企業のやっていること、求めるパーソナリティと自分のやりたいこと、人間性が一致することが重要だってことです。まあ当たり前のことですよね。







ア式という組織で考えると、ア式蹴球部は体育会系サッカー部で、当然目指すものは勝利であり関東昇格を目標として闘っている。サッカーエリートではない東大生がユースや強豪高校出身者ばかりの大学を倒すという困難な目標のため、ピッチ内外から情熱と理念を主体的に実践できる人材を求めている。

新入生のやりたいことは、本気でサッカーをやりたい、何かに熱くなりたい、勉強を頑張りたい、遊びたい、などなど様々で、人間性もそれぞれでしょう。

そのなかでア式の姿と自分の思いの共通する部分が多い新入生がア式を選んでくれるのだと思うし、自分もそうでした。







そして最終学年になった今、もしビジネスマンなら会社の中心で働き、企業の必要な人材になっているだろう。しかし、自分がア式に求められる人材になれているかと問われるとイエスと答えることはできない。ピッチ外でチームの強化に関わってきたかもしれないが、プレイヤーとして最もチームに貢献すべきはピッチ内であり、チームの勝利である。そこに貢献できていない今の自分を思うと情けなくなってくる。そして一部昇格を目指すチームが厳しい状況にあることを思うとますます気落ちしてくる。







ただそんなこと言っている場合ではない。

18試合のリーグ戦で、終わったのはたった4試合のみ。チームを勝たせるチャンスも一部昇格の可能性もまだまだある。

このまま引退するわけにはいかない。後輩に東京都一部の舞台を残さずに1年を終えるわけにはいかない。



まずはこの1週間全力を尽くしましょう。









4年 北西





新歓打ち上げで牛星のレシートを見たら、注文点数100点でびびった


0 件のコメント:

コメントを投稿