2017年6月22日木曜日

1からスタート


はじめまして!ア式女子部、新入部員の兵藤夏未です。



初めての投稿ということで、入部経緯について話そうと思います。





私は高校時代、ハンドボール部に所属していました。

何か新しいことがしてみたい!という気持ちで初心者から始まった約2年間は、非常に濃くて充実した日々でした。





しかし高35月、引退がかかった試合の前日。

もともと悪くしていた腰を悪化させ、分離症と診断されました。



試合当日はコートの中に立つことすら出来ませんでした。



試合の結果は健闘するも負け。

私は最後の試合で何も貢献すること無く引退となりました。



あの時の試合終了の笛の音、涙溢れる同期のみんなの姿、今でも鮮明に頭に浮かびます。





もちろん、ハンド部に入って部員のみんなと苦楽を共にしたことに後悔はありません。

でも、私の2年間は儚く終わってしまったなぁ、と悔しさでいっぱいでした。



それと同時に、ある目標に向かって一つのスポーツに熱中することはもう懲り懲りかな、と思っていました。





そんな私に転機が訪れたのは、ほんの数ヶ月後。





9月の文化祭が終わり、いよいよ受験勉強一本という頃。

とある女子の「昼休みにサッカーをしよう!」という発言から、週に1,2回、勉強の鬱憤晴らしも兼ねて女子でサッカーをする習慣が生まれました。



経験者のほぼいない、わりかし何でもありなサッカーでしたが、クラスの垣根を越えて行われるそれはプレーしているみんなを笑顔にするものでした。



気付けば私はサッカーの魅力にハマってしまい、

「大学に入ったら本気でサッカーがやりたい、もう一度、1からスタートして熱中したい」

そう思うようになっていました。





とまぁ、こんな感じです。

昔話を長々と失礼しました。





初心者ということもあって、まだまだ出来ない事ばかりです。

でもだからこそ毎回の練習で得られるものは大きく、成長を感じられる度に更にサッカーの魅力にのめり込んでいく自分がいます。





もっともっと出来る事を増やしていき、もっともっとサッカーを好きになれたらいいな、と思う今日この頃です。



1年 兵藤夏未

0 件のコメント:

コメントを投稿