2017年6月25日日曜日

とりま


ア式に入って前を向くための方法と自分と向き合う方法は数多く学べた。

興味があったからか、必要だったからか、たまたまなのか、はわからないけど。

本から、生活から。

言葉から、態度から。

尊敬から、反面教師から。







どんなときでも前に進み続けなければいけない。

「前」とは成長への一歩だし、それは勝利へ向かうべきで、本質からずれてはいけない。

理由はどうだっていいと思う。

本質的でも、うわべだけでも、偽善でも、虚勢でも。

とりあえず進み続けるべし。奥底に情熱があるのなら。







不安も期待も悔しさも、今は言葉にできる適切な形式も度量も見当たらない。

が、この二年間、気持ちも、技術も少なからず積み上がっているから、

自然と前を向いてるしいつだってポジティブだ。







価値を与えるも与えないも、すべて結果に委ねられてるから。

幸か不幸か、自分の満足度を測るア式での物差しは一つしかないから。

サッカーが好きだから。

このチームが好きだから。





やることは決まってる。









的な感じで。
3年 保坂 

0 件のコメント:

コメントを投稿