2017年7月17日月曜日

日曜日


先の日曜日アミノバイタル杯の決勝を観戦した。決勝のカードは順天堂大学vs筑波大学ということで関東一部の優勝争いしているチーム同士の対戦となった。試合は前半の前半に筑波がいくつかのチャンスを作ったが決めきれず順天堂が先制しその流れのまま後半も進み結果2-0で順天堂大学が優勝した。

 出身が地方ということもあって、このように同世代の大きな規模の大会の決勝戦を見るのは初めてのことだったと思う。試合を見て感じたことは月なみのことしか言えないが,個々の技術が高いこと,切り替えの速さ,ビルドアップの質が高いことである。そして自分のプレーとの差が如何に大きいかを感じた。差に対して悲観的になっても仕方ないので,レベルの高いプレーを見てそれを自分のプレーへと昇華させたいと強く思うのだが,トップレベルの選手との差というのは一朝一夕で縮まるものではないしそれどころか普通の意識でやっていては当然のことだが力の差は離されるばかりである。

 また前期終わりのオフにユナイテッドの練習に参加させてもらった。同じメニューをしているからこそ感じることができるユナイテッドの選手のプレー,判断のスピードは本当にレベルが高かった。

 入部して3ヶ月が経とうとしていて,Aチームに上がりチームに貢献するという目標に対して,育成チームの試合に出れておらず何も貢献できていない現在の自分の状況を考えると思考がネガティブになることも多い。また他人のプレー見て上手い上手い言ってもしょうがないことも分かってる。まずは目の前の課題に対してシンプルに誠実にやるしかない。結局任意の目標に対して近道は無いし,結局練習するしかなく,そして練習の成果を試合で発揮できるようになってやっと目標が達成できる可能性が生じるのだと思うので毎回の練習で前回の練習よりも上手くなることを意識してやっていきたいと思う。



1 上野

0 件のコメント:

コメントを投稿