2017年8月14日月曜日

やっぱりサッカーが好き


私がサッカーを始めたのは小学3年生の時。2つ下の弟の影響を受けてのことだった。基本の活動は男子ばかりのチームだったが、地域の女子チームにも所属していた。とにかくサッカーが楽しかった。


中学生になると、女子のクラブチームに所属しつつ、学校の男子サッカー部の練習に参加するようになった。勉強とクラブと部活と、忙しくてサッカーが嫌になることもあった。


そんな気持ちも手伝って、高校生になると女子サッカークラブが見つからず、男子と一緒にやるのも体格的に厳しいと思い、サッカーをやめた。新たに始めたスポーツはラクロス。サッカーと似ていてやりやすいと聞いたこと、部活の雰囲気が明るかったことが決め手だった。





ラクロス部の活動は高校のグラウンドの半面で行っていたのだが、もう半分を使っているのはいつもサッカー部だった。私の密かな楽しみは、サッカー部から転がってくるボールを蹴り返すこと。体育がサッカーだと、その日は1日上機嫌。離れてみて、自分がどれだけサッカーが好きか気がついた。




そういう思いに気づいた頃、耳にしたのが東大に女子サッカー部ができたということ。私の志望校は東大になった。








 合格発表の日にア式女子のビラを貰い、春休みのうちから体験練習に参加。新歓期間の序盤に入部を決めた。



入部して3ヶ月。少しずつサッカーの動き方を思い出してきたが、まだまだ自分のプレーに不甲斐なさを感じることが多々ある。秋からのリーグ戦に向けて、体力も、技術も、試合勘も向上させなければならない。この夏は成長の夏にしたい。







忘れてはいけないのは、サッカーが好きという気持ち。


女子部1年 小倉優香

0 件のコメント:

コメントを投稿