2017年8月30日水曜日

ア式にいること。

どうも、入部から3ヶ月半経ち合宿もちょうど終わったところでこfeelingsを書いています。タイトルにある通り、僕が最近考えているのは自分がア式に所属していることについてです。高校時代サッカーをやっていなかった僕にとってはア式に入ること自体が挑戦でした。そのため最初の2ヶ月ほどはア式に所属して部活に出ることで頭が一杯で、正直悪い言い方をすれば惰性だった部分があると思います。ですが、数週間前同期に「ただア式にいるだけならなんの意味もない。」という趣旨の話をされてから自分の中で考え方が変化し、今は自分が大事な大学生活を消費して部活に出ているんだと捉えています。こう考えると、「周りより下手でうまくいかないから練習に後ろ向きになる」ような態度が本当に割りに合わないことだと気付きました。割りに合わないことに気づいているのに、それを続けるのは馬鹿らしいので、もっと頭を使って日々を過ごそうと思います。萎縮して上手くいかないなら、多少鬱陶しくてもマイペースにリラックスして、自分の頭で考えてサッカーをやりたいです。それをすることが今の自分にとって消費している時間に見合った、ア式にいることの価値だと思います。






最近マイペースすぎて人を困らせる同期を笑って許せるようになってきた

一年 神辺須蓮

0 件のコメント:

コメントを投稿