2018年1月13日土曜日

初得点

LBSでの今季最終節は12/24のクリスマスイブだった。ずっとゴールキーパーで試合に出ていたけれど、久しぶりにフィールドをやらせてもらえることになって、緊張しつつも張り切って試合に臨んだ。


試合後半、コーナーからこぼれたボールを思い切り蹴ったとき、そのボールがゴールキーパーの手をすり抜け、ネットを揺らすのが見えた。私のサッカー人生において記念すべき公式戦初ゴール。

あ、入ったんだ、とどこか他人事のように感じ、その後じわじわと喜びが溢れてきた。試合が終わると皆から口々に凄かったと言ってもらえて、照れつつも、嬉しく誇らしい気持ちだった。


初得点で感じたこと、それは改めてサッカーは点をとるのが難しいスポーツだということ。1点入れただけでこんなに盛り上がるスポーツはない。
そして点はなかなか取れないけれど、点を取るチャンスは絶対にあるのだと気づいた。それは誰においても。なんたって下手くそな私が決めたのだから。取れるチャンスを逃さず、確実に点を取ることが勝利へと繋がるのだろう。


関カレでは私はずっとゴールキーパーをしていた。ゴールキーパーはとても面白かったけれど、やっぱりフィールドも楽しい。どのポジションでもよりサッカーを楽しむために、もっとサッカーが上手くなりたい。たくさん試合がしたい。そして勝ちたい!


サッカー面で自分の課題はとても多い。練習でフィジカルや技術など未熟な部分ときちんと向き合って、2018年はよりサッカーに触れ、成長できる1年にしよう。


初得点はサンタさんからの贈り物
女子部 2年 松田 真優

0 件のコメント:

コメントを投稿