残り少ない今シーズン頑張りましょう

 feelingsの名の通り、2年近くなったア式生活で感じてきたことを書きます。



まずはサッカーについて。


2年間リーグ戦を戦ってきて感じたことは色々ある。
けどそれをまとめるなら「勝つのは大変」の一言になる思う。
これはよく言われることだしずっと前から分かっていたけど、去年と今年では別の大変さを感じた。


都1部で戦った去年は、単純に相手より多く点を取るのが大変だった。
こっちが苦労して1点取る間に相手に易々と2、3点取られるような試合もあったし、勝ち越しても追いつかれて再び突き放されるような試合もあった。


それに比べればリーグのディビジョンが落ちた今年は勝利を重ねているとはいえ、勝ち続けるという別の大変さがある。遼さんがよく言うように、相手より勝ち点が上だからといってその試合が有利な状態から始まることはない。その辺の認識の甘さが一橋戦では出てしまったと思う。コロナでチーム作りが一度途切れた不運は他も同じだとして、怪我人をなるべく出さずに毎試合勝利という結果を残し続けるのはどのレベルで戦うにしろ大変なことだ。今年のリーグ戦ではこうした勝ち続ける難しさを感じた。



これらの難しさを乗り越えて勝っていけるチームを目指す時、チームがどの段階にあるか認識することがまず大事だと思う。
簡単に言えば去年のように周りとの質や完成度の差を埋める段階なのか、今年のように自分たちの力を発揮することの方が重要な段階なのか。チームの段階を明確に区分できるわけではないけど大きく分ければこの二つになるだろう。

残り少ない今季に集中している今だけど、あえて来季に目を向けると、4年生が抜ける来季のチームは間違いなく前者からのスタートになると思う。仮に都の1部に昇格できたとしたら、他のチームと比べても劣らないのはゲームモデルと戦術ぐらいだろう。それだけで勝てるわけがない。しかも今年はリーグ戦が長引いたせいで新チームの準備期間が短い。期待と不安でいっぱいです、じゃなくて不安の圧勝。



ただ、サッカーで人を集めていない、周りから勉強だけだと思われていそうな東大ア式蹴球部が他の強豪を倒して関東に行くのが夢のある話なのは間違いない。厳しい戦いになるのは目に見えているが、都1部での挑戦はこの夢を実現するために必ず通らなければならない道になる。その過程を経験できるならとても幸せなことだ。そこで自分は何ができるかとかはここでは書かないが、とりあえずチームを強くし、勝たせる存在でありたい。





ここからはチームについて少し。


コロナによる活動停止、スタッフがいない再開後の練習でLB会やスタッフのありがたさを改めて実感した。恵まれた環境でサッカーができていることを忘れてはならない。OBの方の名前を間違えている場合ではない。

日々のサポート、ありがとうございます。


また、今年からア式のユニフォームに胸スポンサーがつき、「愛されるチームを目指す」というチーム目標も立てられた。

愛されるチームを目指す上で、勝つチームという側面を追求するのは一選手として当然。
その上で正直自分はあまりやる気を持てなかったピッチ外の仕事の重要性にも気づかされた。

広報のように分かりやすくチームのブランディングに関わる仕事だけでなく、部がより円滑に、より良い環境で活動できるように動いてくれる人たちの働きも知り、感謝すること。それが部員にも愛され、応援されるチームに繋がるはず。



今年はコロナの影響で応援もできず、スタッフも固定だったから、同じチームの試合として観戦している気にはなれなかった人もいたかもしれない。1年生とかは特に。
それでも他の人のfeelingsとか育成のログをたまに見ると、残り少ない今季、そして来季に向けて上を目指しているのが伝わってきた。


一つのチームという実感を皆が持って勝利を目指せる時が早く来てほしいと思う。





さて、最後は4年の先輩達への感謝を書きたいと思います。

こういうのはまだ一緒にサッカーできるうちに伝えた方が良いと思うので書いておきます。締め切りを破りまくった割にはちょっと字数が物足りないから書いとこ的なやつじゃないです。



自分が知る限りですが、この2年間ピッチの内外を問わずチームを盛り上げ、引っ張ってくれたこと、感謝しています。一緒にサッカーできるのも残り僅かになりましたが、目指すべき先輩像としてその姿を目に焼き付けます。
4年生はもうええわって思っているかもしれないけど、遼さんはもちろん、OBコーチも含めた今のメンバーでこの楽しいサッカーを続けられればと自分は思っています。普段の自分からはそう感じられないかもしれないけど、そう思っています。
残り少ない今シーズン、一緒に頑張りましょう。




という感じでここまで色々書いてきたけど、ここでどんな綺麗事を書いても正直大して意味は無いのは分かってる。
皆が言うように、大事なのは行動。
ここに書いたことも、そうでないことも実行していきたい。




リーグ戦の個人的な目標だった「毎試合得点!!」は第1節で儚く散ったけど、まだ得点のチャンスは狙っています。
力を込めて屁こいてるようにも見える自分のゴール動画、大好きです。
残り少ない試合数で一度でも多く見せられるよう頑張るので応援よろしくお願いします。


2年 杉山亮

コメント

このブログの人気の投稿

行き当たりばったり男、行き当たる。

これからが、これまでを決める

鹿島田聡のfeelings。