投稿

2020の投稿を表示しています

去年の経験

「今日の失敗は明日の成功があって初めて意味を持つ」とある人は言う。
だから今の自分にはまだ過去の苦い経験を肯定化することはできない。

それでも、過去の苦い経験を振り返って整理しておくことは明日の成功のためにもとても重要だと思う。だから振り返っておく。少し長くなってしまったけど読んで欲しい。











2019年シーズンはとても苦しいシーズンだった。チームとしても1部残留を果たせず2部降格となってしまったが、自分は、リーグ戦に出場することはおろか、ベンチにさえ一度も入ることができなかった。

「東大まで来てサッカー部にいること」に意味があるのかという、いわゆる「機会損失」について考えさせられたシーズンだった。









2018年後期リーグの最終節。日野さんが累積警告で出場停止、大和さん・槇さんが怪我で離脱、大谷が足をつるという多くの偶然が重なって、ラスト8分ながら初めてリーグ戦のピッチに立つことができた。





2019シーズンはもっと公式戦に出たいと思った。中沖さんの代が引退してからの10月のカテゴリー分けではAチームに入ることができ、その思いは強くなった。











けれど、2019年2月1日、スタートアップ合宿の前日、新シーズンのカテゴリーが発表されてBチームに落ちた。

落とされて初めて自分の甘さに気付かされた。Aチームにいた頃の自分の心構えをすごく後悔した。
自分はそれまで何回かAチームに入ったことがあったが、その度に割と早くBチームに落とされていた。だから本来は危機感を持ちながら取り組まなければいけなかったはずなのに、心のどこかで「もう落ちないだろう」と思ってしまっていた。別に練習で特別良いプレーをしていたわけでもなければ、下手なりの積極性を見せていたわけでもないのに、そう思ってしまっていた。
落とされるまでそんな自分の甘さに全然気が付かず、落とされた瞬間にたくさんの後悔が襲ってきた。











落ちた当初、Bチームのメンバーに対する要求なんて挙げだしたらキリがないから、周りばかりに目を向けるのではなく自分のことだけに集中しようと思っていた。
だから、ゲンが凄く周りに対して厳しく要求しているのを見て、Bチーム全体のことを気にしてくれていて凄く有り難かったと同時に、もっと自分のことに集中すれば変なストレスも感じずにうまくいくだろうに、と思っていた。




でも今振り返ってみて、もっとゲンのように周りを巻き込むべきだったのではないかとも…

そう生きたいからだ。

なぜ僕は大学生になってまでサッカーをするのだろうか?



大学生には使えるリソースが非常に多い。 たくさんの時間も使えるし、経済的にも親に支えられている、社会的責任が少なく失敗しても自分の糧にできる。
でも、この四年間が終わったら社会で生きていかなければならない。 やりたいことだけやって生きていけるなんて思ってない。 現実的に、着実に、親孝行のために、将来守るべき家族のために生きていかなければならない。 何かしらの職を手につけ、責任を請け負って生きていかなけらばならない。


それなら今のうちに準備しておいたほうがいいな。 なるべく自分がやってみたいと思えることを、興味があることを将来やっておけるように、社会のことを知っておこう。 なるべく将来自由に生きていけるだけの財力と時間が欲しいから、どうやったらその域に達することができるのか、先人たちはどうやってきたのかを今のうちに学んでおこう。 いろんな人と会って、自分に足りない能力は何なのかを掴んでおこう。 やるべきことは山ほどある。




それなら今のうちに遊んでいたほうがいいな。 ぼんやりとした将来だけど、絶対今よりは時間的拘束もmustのタスクもきつくなるにきまってる。 今のうちに友達とくだらないことやって馬鹿騒ぎしておこう。 今のうちに毎年のように旅行に行って、大体みんなが行きたがるような旅行先は経験しておこう。 社会人になる前に一通りやってみたいことはやれるはずだ。



そんなことはわかっていながら、僕は今日も明日も練習に行く。
友達に飲みに誘われても、練習があるからと体を休めることを優先する。
親にたまには帰省しなよと言われても、部活があるからと断ることになる。
大好きな愛犬の訃報が伝えられても、試合があるからとその最期を看取ってやることもできない。
自分がなりたいのは獣医師のはずなのに、なぜか必死にもっとサッカーをうまくなろうともがく。
四年間しかこのチームにはいないのに、なぜかこのチームを強くしようと毎日のように考える。







私が東京都リーグを運営する意味

都学連―正式名称は東京都大学サッカー連盟。ざっくり言うと東京都の大学のサッカーリーグを運営している組織。ざっくりいうとこれだけだが、40以上の大学が所属しているとても大きな組織で学生中心にリーグ戦の会場を集めたり審判の派遣依頼をかけたり選手登録の確認をしたりとさまざまなことをやっている。 幹事長―この都学連の運営に携わるだいたい40人の学生のトップに立つ人。

私は昨年の8月からこの幹事長という職をやらせてもらっている。これを書いている今は2月だからこの職についてちょうど半年が経った時でもあり、あと10ヶ月も任期があることに絶望している時でもある。

この半年間は本当にいろいろなことを経験できた。 各チームの監督が集まる場や、都学連の理事が集まる場で話す機会が何度もあった。大人の方と一緒に仕事をすることで社会の厳しさを学んだ。 どうすれば「より良い運営」ができるのか、仲間とたくさん話し合った。 サッカーに携わる大学生にカンボジアでの研修を提供したいと言ってくださった企業の方と実際にカンボジアに行き研修の下見を行った。 多分普通の大学生だったらできないようなことをたくさんさせてもらっていると思う。

けれども先ほど「絶望」と書いたように(書いてしまったように)、自分は幹事長という仕事が正直好きじゃない。そもそも優柔不断で、人のことを気にかけられるほど自分に余裕がなくて、人に嫌われるのが怖くて、打たれ弱い時点で組織のリーダーに向いてない。 でもどうせやるなら残りの10ヶ月は、今までの半年とは違うものにしたい。そう心から思うから自分が幹事長である意味を探してみたいと思う。


まずなぜ自分は幹事長を辞めたいと思ってしまうのか。

分からないことが多すぎたからなのかー 諸事情あって幹事長の仕事が何かもよく分からないまま急に幹事長になった自分は、全て手探りでやってしまっていた。だからこの半年は本当に分からないことに直面することばかりだった。 これを1番痛感したのは台風19号の襲来でリーグ戦を延期するか否か決めなければならなかった時だと思う。グラウンドを持っている部活が少ない都学連で延期を決定するのはかなりの英断だが(全試合消化できるだけのグラウンドを集めるのは本当に難しい)、最終節で昇格降格や順位決定が大きく関わっていたため延期を希望する大学も多く結論がなかなか出しづらかった。最終決定をするのはもちろん学生の私…

勝ちたい。認められたい。

昨シーズン、東京都一部リーグ9位。東大は昇格した年にあっさり二部に降格した。

個人としては、3ゴール5アシスト。プレシーズンに面談で言われた

「周平とともが毎試合それぞれ一点はゴールかアシストを決めればなんとかなる」

という遼さんの期待からすればなんとも不甲斐ない結果となった。

もっと一対一に勝てた。

もっと守備で強く行けた。

チームがミスで落ち込んでいるときにもっと鼓舞できた。


何より、もっと点を取りたかった。今年こそは必ず。


さて、本題に入ろう。あのシーズン、辛く、考えさせられたのは、このfeelingsで書こうと思ったのは、こんな個人的な勝負の話ではない。東大ア式というどのチームよりも頭でサッカーを考え、悩み、臆病になりながらもそれでも自らの理想を追いかけてシーズンを戦ったチームの話である。


最近ではどのユニットミーティングでも、どうしたら『周囲から愛されるチーム』になれるかという話題が出ているだろう。ここでいうチーム(ここではピッチレベルの11人を考える)において大事なのは、誰かがミスをして、誰かがカバーして、誰かが点を取るみたいな内部の相互作用だけじゃなく、応援してくれるチームメイトや見に来てくれる人に何を伝えられるかという外部への影響みたいなところだろう。この外部への影響という観点では、はっきり言って試合の結果自体はそれほど関係ない。重要なのは選手一人一人の闘志であったり、勇敢さといったところだろう。これを踏まえた時、昨シーズンは闘志や勇敢さが足りていただろうか。プレスラインを切れなかった、一度止められたあとサイドで仕掛けるのを怖がった、例を挙げればキリがない。それ故、勝てなかった多くの試合で応援席に挨拶に行くのは、本当に情けなかったし、辛かった。だけど、どれだけ酷い試合をしても毎試合懸命に応援してくれたチームメイトがいた。あの横断幕はマジで震えた。応援の人たち、半年間ありがとう。


一方で、応援してくれる人の中では、こういった応援のチームメイトとは別に、より身近に傍観者なりの注文をつけてくる人がいる。(応援してくれているのを承知でここではあえて傍観者と呼ぶことにする)まあ、これは当然のことで、せっかく毎試合アウェイでもグランドに向かい応援しているのだから、不甲斐ない試合をしてれば注文がつくのは当たり前だろう。具体的にどういう注文かというと、
「(ビルドアップで)もっと前に出…

ブームから文化へ

イメージ
2019年、日本のスポーツ界での大きな出来事といえば、やはりラグビーW杯が開催されたことだろう。予選を勝ち進み、史上初めて決勝トーナメントへ駒を進めた姿に日本中が熱狂した。御殿下サッカースクールで子供たちがサッカーが終わった途端に夢中でラグビーをする様子を見ていると、ラグビーブームの大きさを実感する。
 W杯が終了した後もラグビーブームは止まず、選手がテレビやイベントでまさに引っ張りだこといった状態である。先日行われたパレードには、平日にも関わらず約5万人のファンが集結し、大きな盛り上がりを見せた。

 そんなラグビーブームの影で、数年前から日本で着々とブームになっているスポーツがもう一つある。それはフィットネスだ。
 昨年は筋肉は裏切らないが流行語にノミネートし、テレビでは筋肉体操やアニメ「ダンベル何キロ持てる?」が話題となった。また、最近エニタイムなどフィットネスジムが増えたなと感じている人も多いのではないかと思う。
 ビーフ佐々木クラシックという日本で行われているフィットネスの大会では、4~5年前は30人程度の参加者しかいなかったのが、今年は総勢800名以上が参加し世界でも有数の盛り上がりとなった。
 しかし、スポーツとしてのフィットネス、例えば個人的に好きなボディビルやフィジークは理解されていないことが多いように感じる。ボディビルの話をしても、あれは筋肉付けすぎ(褒め言葉)と返ってきたり相手にされないのがオチだ。
 そこで、よりボディビルに親しみを感じてもらえるように、ボディビルダーをサッカー選手にも例えながら少し紹介したいと思う。
 楽しい、楽しくないではなく、楽しもうとする心が大切であり、ぜひ読んでいる皆さんもご協力願いたい。そして自分自身がにわかファンであり、知識に間違いがあるかもしれないことを断っておきます。



 最初に紹介するのはロニーコールマン(左)とジェイカトラー(右)である。





 こんな筋肉を持った人が実際に存在するのかと衝撃を受ける人もいるだろう。すばらしく大きい胸、肩、腕、僧帽、腹筋、脚、そして血管や大腿四頭筋の筋がこれでもかと浮き出ていてすばらしい絞りである。
 2人はフィットネスの世界最高峰の大会であるミスターオリンピアにて1位の座を争った戦友である。ロニーコールマンはミスターオリンピアを8連覇し、幾度となくジェイカトラーの優勝を退けた。そして2006年と…