投稿

2020の投稿を表示しています

踏ん張りどころ

この部活に入部してから何ヶ月たったのかもよく分からない。キャンパスで新歓されたわけでもないし、入部式があったわけでもない。いつの間にか部員になっていた。この特異な状況の中、選手・スタッフ合わせて26人もの同期ができたこと、このことだけでも幸せなことだ。4年後どのような関係性になっているか楽しみである。「いつの間にか」などと書いたが、高校生の時すでに、「合格したら入部しよう、合格しなくても来年合格して入部しよう」と考えていた。大学で真剣に打ち込めるものはサッカーしかないと思っていた。だが、それほどモチベーションの高かったはずの自分でも自粛期間はしんどかった。授業は永遠とパソコンの前、オンライントレーニングは素性のわからない仲間とともに。余った時間はだらだらと課題。自分の人生で一番充実感のない時期だった。やり切ったことといえばワンピースを全巻読んだことくらいだ。現在はまた種類の違うしんどさを感じている。幸いにもAチームに昇格させてもらえたが、いまだ1試合もメンバーに入れていない。同じ1年でリーグ戦デビューしている選手もいて焦りも感じている。チームの一員ではあるものの何も貢献できていない。練習でも自分で納得するプレーができることは少ないし、練習試合でもめざましい活躍はできていない。「サッカーができていなかった時期に比べればこの辛さは楽しいものだ」なんてすっきり割り切れるわけでもない。ここ最近ある人に言われ自分の心に響いた言葉がある。「ここが踏ん張りどころ」。久方ぶりに人生の踏ん張りどころが来ている。ここを越えれば確実に強くなれる。目指すべきは強い男。なんだかんだ言ってきたが今の生活は楽しい。練習は密度が濃いし、先輩たちは面白し、教習所も空いてきた。明日からも笑顔で過ごせるだろう。自分の飛躍を信じて頑張りたい。考えすぎない竹内拓夢

強いチームに

今まで、続けることになんの疑問さえ持たず、生活の一部として当然そこにあったサッカー。当たり前の日常を奪われた新型コロナウイルスの流行以降、この競技の楽しさをより鮮明に感じるようになった。

22人のそれぞれ意図を持った選手達と、それ自体は意図を持たないが選手達の意図に揺られ続ける不確実でかつ規則的な動きをみせるボールが、90分もの間連続してピッチ上で複雑な現象を生み出す。複雑で、ランダムさも兼ね備えた現象に対しては、その構成要素である一人一人の選手でさえも単独で立ち向かうことは難しい。


だが、ピッチ上で起きている複雑な現象は22個の目ならちゃんと多角的に捉えられるし、ピッチ上の好ましくない現象を打破する方法も11個の脳でなら考えられるし、22本の足でならその現象を望ましいものに変容させていくこともできる。11人が独立してピッチ上で事象を動かそうと模索するのではなく、11人が相互に作用する一体となってチームとしてピッチ上の現象を好ましい方に変容させていく。11人と11人とが、敵陣のゴールを目指して、現象をデザインし、変容させていく。この刹那的で連続的な駆け引きが繰り広げられる90分間はとてもとても濃密なんだと気付いた。


11人を1つのチームに変えていくことを可能にするのは、11人に共有されたゲームモデルであり、共有された経験であり、共有されたピッチ上での瞬時の認知と思考である。それらの共有のために、コミュニケーションをとることはサッカーにおいて必要不可欠だ。





コロナがだんだんと収まってきて、多くの人の尽力のおかげでサッカーができるようになってから、コミュニケーションの量・質を上達させろと指摘されることが続いた時期があった。この時期に、考えたことがある。


今でも鮮明に思い出される、緊迫感のある楽しかった試合では、自分の行動のベクトルは常にチームの勝利へと向かっていた。自分が良いプレーをすること、ミスをしないことよりも、チームが勝つことを本気で考えて行動していた。その時は、結果的に自分もいいプレーができていたし、自然にいいコミュニケーションがとれていた。


ア式に入ってからのことを考えると、余計なことを考えずただ一心にチームの勝利を追求できた試合はまだそう多くないことに気づく。


小さい頃は無心でボールを追いかけ、駆け引きを楽しみ、サッカーにどんどん夢中になっていった。だが年を重ねるにつれ…

先生、頑張り方を教えてください

2020年4月某日

AM11:00 起床ああまたこの時間か、身体が重い。午前中はもう何もできないか、とりあえず服でも替えようか。
PM12:00 朝食お腹が空いた。もはや朝食なのか昼食なのかわからなくなったご飯を食べる。FastをBreakするから朝食か。でもやっぱ僕は日本語話者だから昼食でいっか。午後は有意義に時間を使おう。
PM1:00 就寝ご飯を食べたらうとうとしてきた。これでは生産性もあがらない。一度仮眠でもとろう。
PM5:00 起床3時に起きるはずだったが、つい寝すぎてしまった。でも頭は冴えてるぞ、読みかけの本を終わらせてしまおう。
PM8:00 夕食もう夕飯の時間か。本はあまり読み進められなかったな、YouTubeってほんと恐ろしい。
AM1:00 就寝zoomで友達と話していたらもうこの時間だ。みんなと会えないけどこうやって話せるとやっぱ楽しいな。今日も結局なんもできなかったな、明日こそは朝から起きてちゃんとやろ。ほんじゃおやすみ。


AM11:00 起床ああ、またやっちった。



ーーーーーーーーーーーーーーー
はい、東大ア式蹴球部2年の石丸泰大です。初めて回ってきたfeelings、しょうもない書き出しで始めてしまったけどこのまま進みます。
冒頭の茶番は自宅待機中の過ごし方です。あの日々のことはあんまりよく覚えてないし、思い出したくもないけど、多分大体こんな感じだったと思う。毎日時間を無駄にしては夜になって後悔して、「明日はちゃんと過ごそう」と誓っては失敗して。
「自宅待機中こそ自分磨きのチャンス」のような言説を目にする度に、頑張ろうと思っても頑張れない自分に嫌気が差していたりした。


僕には短い人生なりに、
「これを頑張ってきた」
と胸を張って言えることがいくつかある。僕はこれまでの人生いったいどうやって頑張ってきてたんだろうか。

自分はいまセカンドチームにいる。毎回の試合でベンチ入りできるのはスタメン以外に7人。第6節を終えた時点でベンチ入りは未だに0回。自分がまだ試合で使えるほどのレベルにない事実を突きつけられている。
正直めちゃくちゃむしゃくしゃする。毎週末ピッチで躍動するトップチームの選手の姿を見ては悔しい想いをして、「今週こそは」と週明けからの練習に向かう。けれど思ったようなプレーができずにまた週末を迎える。

最近はこんなことで頭がいっぱいだ。頭で考えることばかりが膨れて…

今思うこと

こんばんは。2年の真鍋です。もう締め切りを過ぎてしまっており、また、いま考えてることをバーっと書くのはめちゃfeelings に適してるなという考えで練習試合の帰りの電車の中でこのfeelingsを書いています。今日の試合は0-4 で負けて、あーまた何もできひんかったな、と悶々としています。ですが、考えてみればほぼ毎週、いやなんなら毎日の練習のあとにもかなりの確率でおんなじことを思ってるな、と。で何回も何回も毎日失敗してこのままじゃいけないと思ってるのに結局変われずにうじゃうじゃしてる。どうせまた寝て起きて練習行くときにはこの悶々とした気持ち忘れてヘラヘラ練習して、うまくできんかったって言うんやろうな。

急に話が変わりますが、自分は寮に住んでいて、自粛期間中に寮の人と一緒に器具を買ってベンチプレスとか筋トレをしてました。もともと筋トレやってたので最初はみんなよりちょっと出来てたんですが、その内僕がちょっとやる気でなかったり、みんながやる時間と合わなくてサボっている内に、全然小さくって、最初は腹筋すらまともに出来なかったやつに追い抜かされてしまい、他の人との差も全然なくなってしまいました。ちなみにそいつは160cmくらいやのに80kgのベンチ挙げてます。だから何が言いたいのかというと、普通のこと言うなよって思われるでしょうけど「継続は力」なりなんやな、ってことです。いや普通のこと言うな!!正しい努力を継続してたら成長できるし、逆にそれをしなければ成長できないっていう単純なルールがあらゆることに当てはまるんだろうなと思います。

そう考えて自分の行動を振り返ると、何もできひんかったな、っていう悶々とした気持ちを持っているのに、結局行動はあまり変わらず、だから当然結果も変わらないまま毎日同じことを繰り返しているな、と思います。何にしたって何かをやることはめんどくさいことやし、究極部屋でゴロゴロしてテレビとかを見る生活はめんどくさくなく、意識したり強制されたりしなければそういう方向にどんどん引きずり込まれていくでしょう。特に自分は意思が弱いので自粛期間の生活の流れで家でダラダラする時間がめちゃ増えたりしています。
でも、僕は、高校まででちゃんとサッカーやり切ったという感覚が持てず、今度こそは本気でやり切りたいという思いでア式に入りました。今の感じで中途半端に部活してても結局何も得…

脱・卒なく

入部してから約1年半が経とうとしている中、初めてのfeelingsが回ってきた。自粛期間に主将のfeelingsを読んで、自分が足りないものにちゃんと向き合い、行動に移せていなかったこと、そしてサッカーのない自分が、日々がどれだけ薄っぺらくて空虚なものなのかを痛感した。自粛期間から今までに感じたことを拙い文章ですが書きました。


都内の新型コロナウイルス感染者数は減少傾向にあり、多くの方々の尽力のおかげで都リーグが開催されることとなった。しかしながら、育成チームにいる自分はリーグ戦のピッチ上にもベンチにも居場所はない。リーグ戦に絡めるレベルまで達していないのが現状である。公式戦で闘える選手になるべく、弱点を無くし、武器を伸ばしていくために努力しなければならない。
自分とトップの選手の差を大きくしているのはウィングに最も求められる個の力だと思っている。短い期間だったがAにいた頃、武器だと思っていた攻撃でも違いを生み出せないことを実感したし、弱点である守備でも大きな差を感じた。その後は、穴埋め要員としてAの練習に混ぜてもらったこともあったが行動を変えられた訳でもなく、通用しないことに変わりはなかった。



自粛中、色々と考えることがあった。自分にとってサッカーとは何か、このままサッカーばかりやっていていいのか、将来何をしたいのか。サッカーのない生活を送る中で自分の空っぽさにも気付かされた。

でもやっぱりサッカーが好きだ。夢中になれること、真剣勝負ができる環境があることは人生においてとても大切だと思う。だからこれからもア式でサッカーを本気でやって行こうと決心した。




自粛期間中、自分の弱点は何なのか、自分の武器は何なのか改めて考えることができた。Aに上がるために、そして公式戦で闘うために、Aの選手と自分との差を大きなものとしている個の力を改善しなければならない。

守備では、かけるべきではない時にプレスをかけて穴を開けてしまうこと、一発で行ってしまい簡単に躱されること、主体的にプレスをかけ始められないこと、抜かれることを恐れて相手に圧がかかっていないこと。

これらの課題はどのポジションであっても改善しなければいけないことだと思う。
でもそれ以上にウィングというポジションである以上、世界のトッププレーヤー達がそうであるように質的優位をもたらせる選手であることが必要不可欠だ。



しかし現状、自分はトップ…

夏の終わりを告げるような微温い風とともに、

微温いよりも冷やっこいという形容が適切であろう風が吹く頃合いとなってきた。夏の終わりを通り過ぎ、秋がやってきた感じがする。秋は最も好きな季節だ。ちょっと涼しいぐらいがサッカーには丁度いいからというのもあるが、それだけではない。まず秋は食べ物がおいしい。柿と梨は果物界の私的2トップだし、秋刀魚、鮭、薩摩芋、南瓜なんかも旨い。他には、服装に無頓着な私だが秋服だけはちょっぴり好きだ。今年に限っては大学に行くことも少ないだろうし着る機会も減るだろうが。そして何より秋は紅葉が綺麗だ。都の木だからと銀杏が色づく様を目にすることが近年は多いが、やはり槭や椛が真っ赤に染まる景色を見ると心にすとんと落ち着く感じがする。名は体を表す、もとい、名は原風景を形作るといったところか。かつて自分の名の由来を両親に尋ねたところ、誕生時期に槭が紅葉していたからだと答えられたのを今でも覚えている。聞いた当時は安直だなと思いはしたが、当の本人は自分の名を非常に気に入っているため、結果オーライなのかもしれない。ということで、私の呼び名にまだ迷っている一年生がもしいれば、名前で呼んでもらえれば私はとても嬉しい。どうぞよろしく。



最近、自分のプレーが少しずつ良くなっている感覚がある。拓夢は早々にAチームに上がったし、育成内でも隆汰が好プレーを披露しており、同じポジションの新入部員には上手なやつが多かった。育成チームでの全体練習が始まった当初はB2チームに振り分けられたが、過去二年のB2カテゴリの沈み方を知っているが故の一抹の不安を抱えつつも、変に焦ったり落ち込んだりすることはなかった。それは、一種の諦めや開き直りの類によるもので、一般的にはあまり褒められたことではないとは思うが、結果的に今の自分には良い方向に働いたのだと思う。もしかしたら参考になるかもしれないので、書き残しておこうと思う。


再開後、自分でどうにかしようとするのをやめた。自分が下手なことも、自分の能力ではピッチ上の問題を解決できないことも、二年間で嫌というほど思い知らされたから。なにか問題が発生した時、弱点が露呈した時、自分の能力を伸ばすことで解決しようという気はもう無い。皆無というと流石に嘘になるが、基本的には無い。自分よりも優秀なチームメイトが隣にいるのに自分でどうにかしようとするのはあまりに馬鹿げていると言うほかない、と開き直った。1対1…

きっとうまくいく

「今日はいつも以上に周りを見ることを意識しよう」「今日は苦手な練習があるから少し憂鬱だけど気合い入れなきゃ」なんてことを考えながらグラウンドへ向かい、愉快な仲間たちと真剣にサッカーをする。そして「今日は焦っているプレーが多かったなあ」「今日はいつもよりパスの精度が良かったなあ」なんてことを考えながら帰路に就く。この何気ない日常が私は好きだ。何よりサッカーが大好きだ。そんな当たり前だった日常が、いや、当たり前だと思っていた日常が突然、目に見えない敵によって奪われた。新型コロナウイルスの流行により対面での部活動が停止してから3ヶ月程の月日が流れた。今日判明した新規感染者数、緊急事態宣言解除の判断基準、他の国の現状、専門家による今後の見解…毎日そんなニュースを気にしては、一体いつになったらまたみんなとサッカーが出来るようになるのか、このペースならあと少しの我慢で叶うのではないか、いや、新たな波がやってきて今年はもうリーグ戦開催すら望めないのではないか…色んな未来が頭の中を巡り、やりようのない不安に襲われる。最高学年として迎えた今シーズン、現役ラストイヤー。文京LBレディースという存在のおかげでサッカー人生の幕が閉じるという訳ではないのだけれども、やはり一つの区切りとして、かなり気合が入っていた。モチベーションは最高潮。なのに今私は仲間たちとサッカーをするどころか、ボールを思いっきり蹴ることすら出来ていない。誰がこんな状況を予想できただろうか?どうしてこんな状況になったのだろうか?考えても仕方のないことだけれど、毎日のように考えてしまう。そして悔しさが溢れ出てくる。そんなある日、SNSを流し見ていた時にふとこんな言葉が目に飛び込んできた。『「当たり前」の反対は「ありがとう」。ありがとうは漢字で書くと「有り難う」、有ることが難しい、つまり奇跡ということ。有ることが難しくないこと、それが当たり前。でも果たしてこの世の中に当たり前のことなんてあるのだろうか?』そっか、当たり前のように過ごしている毎日は実は当たり前なんかじゃない、奇跡が積み重なったものなのか。有り難いことなのか。私が大好きなサッカーを楽しく真剣に、不自由なく出来ていたのは、ア式女子に出会えたから、一緒にプレーしてくれる人たちがいるから、指導してくださる方々がいるから、環境を整えてくださる方々がいるから、本当にたく…

さて、人生の話をしよう。

今回伝えたいことは二点ある。 一つ目は「どうサッカーに向き合って欲しいか」 二つ目は「この4年間をどう過ごして欲しいか」
是非、自分には関係ないとシャットダウンせずに一度持ち帰ってみて欲しい。 無知の知という言葉があるが、自分の内側に目を向け、考えてこなかったことを知り、それを取り入れ、知に取り込むのは人間誰にとっても大事な作業だと思う。
一つ目については恥ずかしながら長々と前回のfeelingsで書かせてもらった。 短く書くと、 「自分がサッカーをしているのはサッカーの魅力に陶酔しており、その間失われるものをわかっていながらもそうしているんだ。そして僕らはこの舞台での勝利を切望している。ならば徹底的に勝利を追求しよう。自分が選んだ道での勝利が、自分が選んだ人生における道での勝利にもつながるはずだ。」
今も大差ない。自分たちが大学でサッカーをする理由は、誰もが過去体験した「あの瞬間」にもう一度出会いたいからだ。
その中で今回は「徹底的に勝利を追求する。」ということについて書きたい。
ここ最近好きな考え方は 「何事も正しい枠組みで考え、その中で行動する。」ことが万物の下にある原理であるというものだ。
全く頭を使わずに行動に移しても、思考のみで行動が伴っていなくても、当然のごとく求めているものは手に入らない。
ふと、スポーツ選手がどのように他と違うのかと考えてみる。まず第一に彼らの行動の量は他の追随を許さないだろう。その環境の誰よりも競技に陶酔し、行動量で他を凌駕する。 しかしこれだけではないことは容易に想像できるはずだ。 最近ではスポーツ選手の個人的な発信も多いので良くわかるが、彼らは自分なりの哲学を確立している。その哲学とは僕らのようにいちいち理論から論理的に考えられたものは少ないかもしれないが、まさに自分に目を向け足りないものを他から取り入れ、自分の哲学を”野性的に”作り上げているのだということが伝わってくる。
メディアで大口が目立つあの芸能人はどうだろうか。 自己ブランディングからかもしれないが、我々は切り取られた彼の一面を見聞きし「口だけ」「頭でっかちだ」などといった印象を受けやすい。 しかし彼が画一的な思考法だけでその立ち位置まで上り詰めたなんてことはあるはずがない。その思考を行動に絶えず変えてきた結果でそこまでたどり着いたのである。



さて僕らはどうだろうか? 考え抜かれた哲学に沿って、最大限の…

「好き」は強さになる

卒部フィーリングス。 書きたいことがたくさんありすぎて長くなってしまいましたが、後輩へのメッセージも込めて、自分にしか書けない自分らしい考えを少しでも伝えたいと思い、書かせていただきました。最後までお付き合い頂けると幸いです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――― 「好き」は強い。
引退して3か月が経ちました。離れてみて、そして就職活動などをする中でア式女子のことを誰かに話すたびに、改めてア式女子が心から好きだったのだと感じています。そして、好きなものがあることの大切さを痛感しています。 「正解かもしれないから、周りがやっているから、やらないといけないから」、、、 ではなく、 「自分がやってみたいから、楽しいから、好きだから」。 自発的に行動する方がモチベーションもエネルギーも高いはずで、自発的に行動する方が自身の行動に責任を持てるはず、納得がいくはず。自分を信用するのは難しいことかもしれないし、心の声に純粋に従うのは怖いかもしれないですが、大変な時や辛い時に自分が選んだ道だからという考えはとても力になってくれるはずです。私自身が悩んだ時にそうでした。そして自分で選んだ道だからこそ、周囲の方々が助けてくださり、応援してくれたのかな、と。 また、あるサッカー選手は口癖でよく「なりたい」ではなく「なる」、「やりたい」ではなく「やる」んだと言っていました。もちろんそこには責任や覚悟などもあるとは思うのですが、それ以前にそこには好きがベースとしてあると勝手に私は思っています。 今年で創部7年目になるア式蹴球部女子もどんどん大きな組織に成長していくでしょう。年を重ねるごとにどんなチームができていくのかが楽しみで仕方がないです。しかし、そこには必ず変化が伴います。 そんな中、ある程度自由があり、選択肢が無限と言っていいほど多くある大学生活の中で自分はなぜ今ここにいるのだろうと立ち止まる機会は必ず来ると思います。なぜあえて大変な体育会を選び、サッカーをしているのだろう、と。そんな時、ただただサッカーが楽しいとかサッカーが好き、もしくはア式女子という組織が好きとか同期や先輩が好き、などと思えればそれが支えになってくれるでしょう。それが今そこにいる理由なのでしょう。
「好き」は強さであり、無敵だ。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 「東大ア…

去年の経験

「今日の失敗は明日の成功があって初めて意味を持つ」とある人は言う。
だから今の自分にはまだ過去の苦い経験を肯定化することはできない。

それでも、過去の苦い経験を振り返って整理しておくことは明日の成功のためにもとても重要だと思う。だから振り返っておく。少し長くなってしまったけど読んで欲しい。











2019年シーズンはとても苦しいシーズンだった。チームとしても1部残留を果たせず2部降格となってしまったが、自分は、リーグ戦に出場することはおろか、ベンチにさえ一度も入ることができなかった。

「東大まで来てサッカー部にいること」に意味があるのかという、いわゆる「機会損失」について考えさせられたシーズンだった。









2018年後期リーグの最終節。日野さんが累積警告で出場停止、大和さん・槇さんが怪我で離脱、大谷が足をつるという多くの偶然が重なって、ラスト8分ながら初めてリーグ戦のピッチに立つことができた。





2019シーズンはもっと公式戦に出たいと思った。中沖さんの代が引退してからの10月のカテゴリー分けではAチームに入ることができ、その思いは強くなった。











けれど、2019年2月1日、スタートアップ合宿の前日、新シーズンのカテゴリーが発表されてBチームに落ちた。

落とされて初めて自分の甘さに気付かされた。Aチームにいた頃の自分の心構えをすごく後悔した。
自分はそれまで何回かAチームに入ったことがあったが、その度に割と早くBチームに落とされていた。だから本来は危機感を持ちながら取り組まなければいけなかったはずなのに、心のどこかで「もう落ちないだろう」と思ってしまっていた。別に練習で特別良いプレーをしていたわけでもなければ、下手なりの積極性を見せていたわけでもないのに、そう思ってしまっていた。
落とされるまでそんな自分の甘さに全然気が付かず、落とされた瞬間にたくさんの後悔が襲ってきた。











落ちた当初、Bチームのメンバーに対する要求なんて挙げだしたらキリがないから、周りばかりに目を向けるのではなく自分のことだけに集中しようと思っていた。
だから、ゲンが凄く周りに対して厳しく要求しているのを見て、Bチーム全体のことを気にしてくれていて凄く有り難かったと同時に、もっと自分のことに集中すれば変なストレスも感じずにうまくいくだろうに、と思っていた。




でも今振り返ってみて、もっとゲンのように周りを巻き込むべきだったのではないかとも…

そう生きたいからだ。

なぜ僕は大学生になってまでサッカーをするのだろうか?



大学生には使えるリソースが非常に多い。 たくさんの時間も使えるし、経済的にも親に支えられている、社会的責任が少なく失敗しても自分の糧にできる。
でも、この四年間が終わったら社会で生きていかなければならない。 やりたいことだけやって生きていけるなんて思ってない。 現実的に、着実に、親孝行のために、将来守るべき家族のために生きていかなければならない。 何かしらの職を手につけ、責任を請け負って生きていかなけらばならない。


それなら今のうちに準備しておいたほうがいいな。 なるべく自分がやってみたいと思えることを、興味があることを将来やっておけるように、社会のことを知っておこう。 なるべく将来自由に生きていけるだけの財力と時間が欲しいから、どうやったらその域に達することができるのか、先人たちはどうやってきたのかを今のうちに学んでおこう。 いろんな人と会って、自分に足りない能力は何なのかを掴んでおこう。 やるべきことは山ほどある。




それなら今のうちに遊んでいたほうがいいな。 ぼんやりとした将来だけど、絶対今よりは時間的拘束もmustのタスクもきつくなるにきまってる。 今のうちに友達とくだらないことやって馬鹿騒ぎしておこう。 今のうちに毎年のように旅行に行って、大体みんなが行きたがるような旅行先は経験しておこう。 社会人になる前に一通りやってみたいことはやれるはずだ。



そんなことはわかっていながら、僕は今日も明日も練習に行く。
友達に飲みに誘われても、練習があるからと体を休めることを優先する。
親にたまには帰省しなよと言われても、部活があるからと断ることになる。
大好きな愛犬の訃報が伝えられても、試合があるからとその最期を看取ってやることもできない。
自分がなりたいのは獣医師のはずなのに、なぜか必死にもっとサッカーをうまくなろうともがく。
四年間しかこのチームにはいないのに、なぜかこのチームを強くしようと毎日のように考える。